2017/04/26

中国の小学校に「腐敗」出現、クラス委員になるため児童が同級生に賄賂を渡すアルヨ~!

P4

※ 画像はイメージです。

中国の小学校に「腐敗」出現、クラス委員になるため児童が同級生に賄賂―中国メディア

2017年4月25日 13時40分 Record China

 2017年4月24日、中国の反腐敗を扱った社会派ドラマ「人民的名義」が高視聴率をマークしているが、大人社会の「腐敗」が子ども社会にも出現している。澎湃新聞網が伝えた。

 北京に住む女性はここ数日、小学1年生の息子が毎日お菓子を持ち帰ってくることに気が付いた。事情を息子に聞くと、「友だちの宿題を代わりにやった報酬としてもらった」と話したという。中国青年報の調査によると、同様のケースは珍しくなく、クラス委員を選出する際によく見られる。

 小学3年生の息子を持つ女性は、息子がクラス委員になるためお菓子でクラスメートを買収しようとした出来事を語った。息子はクラス委員の投票日の1週間前から大量のお菓子を学校に持って行くようになり、友だちに配っていた。ところが1週間後、息子は暗い表情を浮かべ帰宅した。事情を聞くと、当日クラス委員の投票があり、息子は残念ながら落選したという。

 息子は
「1週間お菓子を配ったのに台無しだ」
と怒りをあらわにし、母親は
「他の人から認められるためにはたゆまない努力と蓄積が必要なのよ」
と諭したが、息子は
「そうか!じゃあ、次はもっと早めからお菓子を配ろう」
と勘違いしていた。こうした現状に中国の心理学専門家は、
「中国は今転換期に差し掛かっているが、社会の変化は恐ろしくはない。重要なのは子どもとって重要な存在である親や教師がいかにして正しい方向に導くかだ」
と指摘している。(翻訳・編集/内山)

http://news.livedoor.com/article/detail/12981951/

 

 中国は素晴らしいですね。

 中国にワイロはつきものですね。

 大人の社会がワイロをやめないと、子供の社会も変わらないでせう~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/25

日本人のフリする韓国人ニダ~!

G9

※ 画像はイメージです。

中国で韓国人への暴行事件が増加。日本人のフリする在中韓国人も【中国・韓国大ゲンカレポート】

2017年4月24日 8時52分 日刊SPA!

 日本を仲良く叩いていたはずの中国と韓国が今、THAAD配備を巡り大ゲンカをしている。現地で今、いったい何が起きているのだろうか!? 今回は中国からのリポートを紹介する。

【中国と韓国がモメる「THAAD問題」とは】

 北朝鮮の攻撃に備え、韓国は在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)の配備を昨年夏に決定。中国本土も探知範囲に入ることから中国政府は猛反発し貿易報復措置を実行した。2月に入り、韓国ロッテが配備用地を提供したことを受け、報復を活発化させた

◆中国政府が「反韓機運」醸成!暴行事件も起こっていた

 「中国社会は韓国に対して一致団結して制裁を加えることを決めた」

 3月2日に掲載された中国国営メディア『環球時報』の社説は、攻撃開始の“号令”だった。

 日韓ともに紡績関連企業が多数進出する江蘇省南通市では同日、韓国車2台が破壊されるという事件が発生。1週間後には河南省鄭州市の広場で、韓国製の清涼飲料水を箱ごとブルドーザーで粉砕するという反韓デモが行われた。

 在韓米軍の弾道弾迎撃ミサイルシステム「THAAD」の配備に加担した「張本人」のロッテグループも、大きな代償を支払うこととなった。『南方都市報』によると、中国で展開するロッテマート99店舗のうち、3月22日時点で87店舗が閉店状態だという。うち20店舗は自主休業だが残りの67店舗は「消防上の理由」で当局によって営業を停止にされた。

 中国のSNSでは、百貨店の韓国コスメ店舗で中国人夫婦がプロモーション活動を絶叫して阻止する動画や、北京市内のレストランで韓国人客が追い出される映像が拡散されるなど、反韓感情の高まりが見て取れる。

 韓国・聯合ニュースによれば、複数の韓国の学校が中国への修学旅行をキャンセルしているという。もちろん、生徒への危害が加わる可能性を考慮してのことだ。

 しかし、現地在住の韓国人への暴行事件はすでに起きている。駐上海大韓民国総領事館によると3月27日、上海市の路線バス車両内で、現地在住の韓国人女子高生が20代後半の男からセクハラ行為や後頭部を殴られる被害を受けた。男は女子高生に対し「静かにしろ。俺は韓国語を学びたい」と話したといい、韓国人であることを知った上での犯行だったようだ。

 北京市在住の日本人駐在員(37歳)も、韓国人が中国人に吊るし上げられている場面を目にした。

 「3月中旬に、『北京の六本木』といわれる三里屯の屋台で、韓国人の2人組の男が酔っぱらった金持ちのドラ息子風のグループに絡まれ、『THAAD配備についてどう思うんだ?』とすごまれていた。『僕たちバカなんでわかりません』と答えてる姿がかわいそうでした。今にも殴られそうな感じでした」

 こうしたなか、3月23日に湖南省長沙市でサッカーW杯アジア最終予選の中韓戦が行われたが、スタジアムには8000人の治安要員が投入され、一触即発の事態に備えた。北京市在住の韓国人女性(33歳)もこう話す。

 「韓国領事館から、スポーツバーなど外で観戦するなという通達が出ていた。試合は中国が勝ったんですが、韓国人が多く住む望京エリアでは、これ見よがしに戦勝パレードをやっている集団がいた。『韓国野郎、出て来い!』と叫び声も聞こえ、拳を上げているヤツもいて外に出られる状態ではなかった。もし韓国が勝っていたら、暴動が起こっていたかもしれない」

 また、国籍を知られればいつ攻撃を受けるかわからない状況の在中韓国人たちは、ある防衛策を講じているという。

 「公共の場で話すときは、『ソウデスネ』とか『カワイイ』などといった中国人でも知っている日本語を語尾に脈絡なくつけ、日本人のフリをするようにしている。ひと目で韓国人とわかるようなファッションやメイクも控えている」(前出の韓国人女性)

 一方、広州市では3月中旬から営業を休止する韓国料理店が出てくるなか、こんな話も。

 「韓国料理店だったのに、いつのまにか日本料理店に鞍替えしてました。ウエートレスはチマチョゴリ風の衣装を着てたのに、今は甚平を着てますよ。’10年の反日デモのときには多くの日本料理店が破壊されたので、中国人オーナーの気持ちも理解できます」(同市在住の日本人自営業者・42歳)

 尖閣問題で反日機運の高まった7年前と比べると、なんとも皮肉な話である。

― 反韓中国と反中韓国 ―

http://news.livedoor.com/article/detail/12976142/

 

 韓国人は素晴らしいですね。

 反日のくせに日本人のフリをするとは、面の皮の厚い奴らですね。

 反日なら堂々と、チョーセン人であると主張して殺されてほしいですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/24

米国が北朝鮮に軍事進攻した場合には、中国も軍事介入すべきだアルヨ~!

D11

※ 画像はイメージです。

中国紙が軍事介入主張 「米韓侵攻なら」政権転覆想定

産経新聞 4/23(日) 7:55配信

 【北京=藤本欣也】中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は22日付の社説で、米国が北朝鮮の核関連施設などを限定攻撃する場合、中国は軍事介入する必要はないと強調する一方、米国が北朝鮮に軍事進攻した場合には中国も軍事介入すべきだと主張した。

 同紙は、核・ミサイル開発を継続する北朝鮮に対し、米国が関連施設を空爆するなど「外科手術式攻撃」を選択するような事態には、中国は「外交手段で抵抗すべきで軍事介入する必要はない」と指摘。

 しかし「米韓両軍が38度線を越えて北朝鮮に侵攻」し北朝鮮の政権転覆を目指すような場合は、「中国はすぐに必要な軍事介入を行うべきだ」と主張した。同紙の「軍事介入」が何を意味するかは不明だ。

 中国では朝鮮半島有事の際、中朝国境に押し寄せる可能性が高い大量の難民対策のため、「国境付近に緩衝地帯を設けて難民の流入をコントロールすべきだ」(軍事評論家の馬鼎盛氏)との意見は多い。

 また、韓国による朝鮮半島統一や、北朝鮮に親米政権が樹立される事態は避けたいのが中国の本音でもある。

 最近、中国人民解放軍の元上級大佐が「中国軍部隊を北朝鮮に派遣し、駐留させるべきだ」と論文で主張し、反響を呼んだ。

 環球時報は、北朝鮮が核実験に踏み切れば「原油の輸出規制」を行うよう中国当局に求めるなど、対北強硬論を唱えてきた。習近平政権内の一部の声を反映しているとの見方もある。

最終更新:4/23(日) 7:55

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000052-san-cn

 

 中国は素晴らしいですね。

 朝鮮半島の危機をあおらせたら、中国が世界一ですね。

 中国は北朝鮮を自国領土だとでも思っているのでせうかね~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホテル2軒で、客室のシーツや枕カバーを交換していなかったアルヨ~!