« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/31

有毒薬品問題で調査結果公表、パナマ側に責任転嫁

0

※ 画像はイメージです。

有毒薬品問題で調査結果公表へ=中国

5月31日13時2分配信 時事通信

 【北京31日時事】中国国務院新聞弁公室は31日、中米パナマで中国製原料を使ったせき止めシロップを服用した市民が多数死亡したほか、シロップと同じ有毒物質が含まれた中国製歯磨きが発見された問題などについて、同日午後に記者会見を開き、調査結果を公表すると発表した。

 会見には国家品質監督検験検疫総局の魏伝忠副局長らが出席。国際社会で中国製の薬品・食品の安全に懸念が高まる中、今後の対応策などに関しても説明する。

最終更新:5月31日13時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000088-jij-int&kz=int

 

関与否定、パナマ側に責任=有毒原料「薬品使用知らず」-中国

5月31日18時0分配信 時事通信

 【北京31日時事】中国政府は31日、中米パナマで中国産原料の含まれたせき止めシロップを服用した100人以上が死亡したとされる問題について、有毒物質をスペインに輸出した北京の貿易会社がパナマで薬品として使用されたことを知らなかったとの調査結果を発表、中国側の関与を否定した。記者会見した国家品質監督検験検疫総局の魏伝忠副局長は「パナマの業者が(物質の)用途や品質保持期間を勝手に変え、薬品の補助原料に利用した」と述べ、責任はパナマ側にあるとの見解を示した。

 一方、魏副局長は、パナマでせき止めシロップと同じ有毒物質が含まれた2種類の中国製練り歯磨きが見つかった問題に関しては「毒性の低い物質」との分析結果を発表。大量に摂取しなければ問題はないとの見方を示した。

最終更新:5月31日19時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000137-jij-int

 

 中国が、責任転嫁することはある程度わかっていましたが、ここまで無責任とは驚きます。

 中国の輸出品は、買ってはいけないですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

李前台湾総統の靖国参拝、強くけん制=中国

2

※ 画像はイメージです。

李前台湾総統の靖国参拝、強くけん制=中国

5月31日18時0分配信 時事通信

 【北京31日時事】日本を訪問中の李登輝前台湾総統が靖国神社参拝を希望していることについて、中国外務省の姜瑜副報道局長は31日、「日本政府が中国側の厳正な抗議と重大な関心に真剣に対応し、実際の行動をもって歴史問題と台湾問題を適切に処理するよう望む」と述べ、参拝許可を強くけん制した。

最終更新:5月31日18時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000138-jij-int

 

 さて、中国側のこの発言の意味はどうなるのでしょうか?

 仮に李登輝前台湾総統が靖国神社参拝を希望していることについて厳正な抗議と重大な関心を持っていることまではよいとしても、「実際の行動をもって」「適切に処理する」とはどういうことなのでしょうか?

 李登輝前台湾総統が靖国神社参拝するときは実際に行動して参拝しないように強制しろという意味にしか思えません。

 つまり中国はファシストだということのようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミサイルを迎撃する高出力レーザー兵器は先制攻撃のための兵器?

Rba1_10

※ 画像はイメージです。

〈論調〉高出力レーザー兵器開発を非難

 日本の反動層が大気圏に進入して目標物に向かうミサイルと大気圏外で飛行中のミサイルを迎撃できるMDシステムを樹立することだけでは満足せず、発射直後にミサイルを迎撃できる高出力レーザー兵器まで研究、開発しようとするのは「防衛」の口実のもとでわが国をはじめ他国にミサイル先制打撃を加えようとする危険な目的を追求していることを示唆している。

 彼らがわが国の「脅威」について騒ぎ立てるのは、東北アジア地域で軍事的覇権を掌握し、海外侵略野望を実現するためである。

 日本の反動層が米国を後ろ盾に、アジアの「盟主」に変身しようとするのは妄想である。東北アジア地域で軍事的覇権を掌握し、アジア再侵略の道へ進もうとする日本にもたらされるものは恥ずべき破滅だけである。(労働新聞5月22日付論評)

朝鮮総聯機関紙[朝鮮新報 2007.5.31]

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/05/0705j0531-00002.htm

 

 朝鮮半島に届かないミサイルを迎撃する高出力レーザーを開発することが、なぜ先制攻撃をしようとする話になるのでしょうか?

 あまりにもでたらめすぎて意味不明です!

 北朝鮮ってバカですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危ない刑事?

Two_german_policemen_with_their_guns_dra

※ 画像はイメージです。

最高に危ないデカに、市民はあきれ顔 ― 河南省シン陽市

5月31日8時57分配信 Record China

 2007年5月30日、河南省シン陽市に最高に危ない警官が登場した。場所はシン陽市と鄭州市の境界地点。ひったくり犯が多発する時期と言うことで、1台のパトカーが警戒のため、巡回していた。パトカーの側面には垂れ幕が貼られ、「ひったり犯は即射殺!」と大書してある。

 記者がパトカーの警官に聞いたところ、このパトカーと垂れ幕が抑止効果となればのこと。そういいながらも記者の求めに応じて、ピストルを見せ、「本当に目の前でひったくりされたら、撃っちゃうかも」とにやり。

 付近住民にこの危ない警察の評判を聞いてみたところ、いまいちの反応だった。「口ばばっかり」「巡回を名目に暇そうにしているだけ。待っていないでひったくり犯を捕まえに行って欲しい」との厳しい言葉が並んだ。(翻訳・編集/KT)

最終更新:5月31日8時57分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000005-rcdc-cn

 

 警官は油売ってないで仕事をしなさい!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセモノ天国とニセモノ経済?

Black_money

※ 画像はイメージです。

<中国>「ニセモノ天国」続く 地方経済の中核に

5月30日22時44分配信 毎日新聞

 映画や音楽ソフトの海賊版など知的財産権保護への取り組みが不十分だとして、米国が中国を世界貿易機関(WTO)に提訴したことを受け、WTO小委員会による審議が近く始まる。中国政府は偽ブランド取り締まりの努力を訴えているが、ディズニーなどに酷似したキャラクターがあふれる遊園地が非難を集めたように海外の目は依然厳しい。中国の市場は依然、「ニセモノ天国」の状況が続いている。【北京・大塚卓也、上海・大谷麻由美】

 中国政府は、偽ブランド商品や海賊版ソフトの最大の生産・流通拠点という汚名を返上するため、商標や特許など知的財産権保護にかかわる法律を次々と改正、「法律と執行制度はほぼ整った」と強調する。だが、中央政府でつくった法律も、地方政府など執行機関の末端に近づくほど徹底されていない。

 大きな要因と指摘されるのが、手口がますます巧妙化していることだ。日本や韓国の企業に被害が多い電器製品では、製造業者が偽物の商標を付けて出荷するのはまれだ。「正規に似せた『SONY』『Canon』などの偽商標が、流通段階で付けられて販売されている」(日本メーカー幹部)ため、遺法業者の特定が困難という。

 「Panesonic」「Sanyou」など正規ブランドと微妙に違う偽商標品の場合、購入者が偽製品と分かって買っているため、取り締まり当局もほとんど放置している。

 拍車を掛けているのが地方政府による「地元経済優先主義」だ。偽物の製造業者が地域経済の中核を担い、雇用を抱えているほか、税収源になっている例も多い。「中央の号令も省以下の地方政府では形骸(けいがい)化している」(日本貿易振興機構北京センター)という。特に上海周辺の華東地区や、広東省などの華南地区など一大拠点とされる地域では「『偽物』がすでに産業構造に組み込まれている」との指摘もある。

◇ 昨年、3507人が有罪

 中国政府は4月中旬に知的財産権侵害案件の取り締まり状況を発表し、公安当局などが昨年1年間に国内で押収した海賊版出版物などの数はCDなどの音楽ソフト4800万枚、雑誌110万冊、ゲームソフト379万枚余りに上ったと取り締まりの成果を強調した。知財権侵害で2277件を刑事事件として処理し、3507人に有罪判決が下ったという。

 ただ、具体的なケースや比較できるデータが不明確であるほか、取り締まりが氷山の一角に過ぎないことは政府自身が示唆している。国家知識産権局の尹新天報道官は記者会見で、北京、上海、深センなどの一部の商業施設では当局が偽ブランド販売禁止の通達を出したにもかかわらず、消費者がニセモノ商品を買い求めて来ることを例に挙げ、取り締まりの限界に理解を求めた。

 来年8月に五輪開催を控えた北京では、市政府が開幕までに「良好な知財保護環境」を整えると宣言し、取り締まりを強化する姿勢を示しているが、「製造業者をつぶさない限り、ヤミ市場での販売が続くだけ」関係者)との指摘が多い。

最終更新:5月30日22時44分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000136-mai-int

 

 毎日新聞は中国を弁護するような記事を書いていますが、理由はどうあれニセモノ商品は許されません。

 国際社会で認められる国になるには、非常識な中国人の意識を変えさせなければいけないです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/30

一人っ子政策の強制執行で、新たな大規模衝突発生!―続々報

Img3850

※ 画像はイメージです。

中国広西自治区:一人っ子政策の強制執行で、新たな大規模衝突発生

 【大紀元日本5月30日】広西自治区博白県で地元政府の一人っ子政策の過酷な強制執行を巡る大規模の衝突事件に続き、同自治区のそのほかの3つの鎮でも5月29日、同様な衝突事件が発生した。あわせて3千人以上の農民が現地の「計画生育事務所」あるいは町役場を包囲し、公安警察と激しく衝突した。100人以上の農民が負傷、老人1人が警察に殴り殺されたもよう。

 今回の衝突は、容県の楊梅や、霊山、黎村などの三つの鎮で発生した。現地村民の証言によると、5月29日は現地の祭日で、3千人あまりの農民が抗議するために集結し、計画生育事務局の建物を焼き払い、自動車やバイクにも火をつけた後、現地の町役場を包囲した。集まった群衆は約1万人を超えた、1人が死亡したとの情報も流れているが、確認は取れていない。武装警察は大型バス数台で、現地入りした。多くの農民が負傷し、重傷者も少なくない。抗議者を追い払うために犬も放されたという。

 大紀元記者が楊梅鎮の町役場に電話取材したが、ある幹部は、「昨日の事件はすでに沈静化した。いま、上級政府部門に処理を委ねている。一部の農民が逮捕され、詳細な人数を知らない。放火事件も発生した。自分が一般の職員であるため、これ以上のことを知らない」と答えた。

 また、60歳代の老人が警察に殴り殺されたとの情報について、電話で確認したが、楊梅鎮派出所の関係者は事実関係を否認した。

 現地農民から寄せられた情報によると、地元政府の「一人っ子政策」の実行は非常に乱暴で、多くの農民が強く怒っている。計画生育事務局の関係者らは、政策に違反した農民から罰金を徴収したが、支払うことができない者に対しては、家財道具などを押収し、金目の物がないとわかると住居を破壊した。農民たちは、取り締まりが暴力的なため、抗議行動に出たという。

 一部の情報筋によれば、衝突が発生した地域において、昨日夜から戒厳令が実施されたという。

 ある農民は電話取材の記者に対し、「公安警察から、事件を外部に漏らさないよう脅迫された。そうしないと社会秩序を騒乱するとの罪状で逮捕する」と証言した。

 また、博白県での大規模衝突事件発生後、28人の農民が逮捕された。ここにきて、韓一村弁護士を含め北京在住の数人の弁護士は、勾留中の農民に法的援助と刑事弁護を提供するのを申し出、中国当局に対し、真相を調査し、違法執行する地元政府を処罰するよう呼びかけているという。

大紀元時報(07/05/30 17:37)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d61635.html

 

 とうとう戒厳令まで実施されました。

 中国国内では一年に11万件も暴動が起こっているそうですが、戒厳令まで実施されるのは珍しいのではないのでしょうか?

 とんでもないことになっていることだけは確かなようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセ薬の次は…?

Pill

※ 画像はイメージです。

「偽製薬会社」まで登場=ますます崩れる信頼-中国

5月30日16時0分配信 時事通信

 【北京30日時事】中国・上海市食品薬品監督管理局は30日までに、同市で合法企業として存在しない製薬会社3社が見つかり、偽薬を生産していると明らかにした。偽製薬会社」の発覚で、偽の薬が幅広く横行する中国製医薬品の「安全」への信頼がますます崩れることになるのは確実だ。

 問題の3社は「上海雲都製薬」「上海美益生物製薬」「上海申澳生物製品」。河南、山東両省などから「3社の医薬品の品質は疑わしく、真偽を確認してほしい」と依頼があったのを契機に、上海市食品薬品監督管理局が調査を実施した。

 同局は「消費者の合法的権益を守り、偽薬の製造・販売を取り締まるため、関与した組織・個人を厳重に処罰する」と強調した。

最終更新:5月30日18時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000103-jij-int

 

 ニセ薬の次は薬を作る製薬会社自体がニセモノというとんでもない話。

 「中国にないニセモノはない」とは言いますが、ここまで来るとあきれるばかりです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾独立「いつかは達成」

The_flag_of_taiwan

※ 画像はイメージです。

台湾独立「いつかは達成」 陳総統が期待感

5月30日16時20分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】台湾の陳水扁総統は29日、総統府とワシントンのナショナル・プレスクラブを国際映像で結んで記者会見を行い、今年9月の国連総会で台湾の正式加盟を申請する考えを示した。その上で、陳総統は「あきらめず奮闘すればいつか目標は達成できる」として、生涯のうちに“台湾独立”を達成する期待感をにじませた。

 残り任期1年となった陳総統は、記者会見で「台湾と中国は別の国」など、在米記者団を前に持論を展開。任期中の目標として、「自分が台湾人であり中国人ではない」と認識する台湾本土派の比率を「現行の68%から80%にまで高めたい」と語った。

 台湾はさきごろ、世界保健機関(WHO)に対し、「台湾」の名称で正式加盟申請を試みて失敗していた。中国の反対はもとより、オブザーバー参加から正式加盟に一方的に切り替えたことで、米国などの賛成も得られない状態だった。

最終更新:5月30日16時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000037-san-int

 

 すでに、中国とは違う歴史と文化を重ねてきた台湾。

 『中国の一部』と主張するのは、あまりにもナンセンスです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「靖国、参拝したい」

Yasukunijinja

※ 画像はイメージです。

「靖国、参拝したい」=時期は明言せず-李登輝氏

5月30日13時0分配信 時事通信

 30日から訪日する台湾の李登輝前総統は、成田空港に向かう機中で、同行した日本人記者団の質問に答え、靖国神社参拝について、「六十何年間会っていない兄貴がそこに祭られているのに、行かないというのは弟としても人情としても忍びないことだ」と述べ、初参拝したいとの希望を明らかにした。明確な時期については示さなかったが、「そのことは行ってから決めましょう」と語った。

 仮に実現した場合、中国が政治活動とみなして反発するのは必至だ。李氏の2歳年上の兄は1945年2月、旧日本軍人として、フィリピン戦線で戦死した。

最終更新:5月30日13時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000083-jij-int

 

 世界最大の圧力団体―中国共産党が、またヤクザのように脅してくるのでしょうか?

 脅しに屈したら、民主主義ではないですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセ薬を承認した汚職官僚は死刑!!!

Rrope

※ 画像はイメージです。

前国家食品薬品監督トップに死刑

5月30日8時0分配信 産経新聞

 北京市第一中級人民法院(地裁)は29日、医薬品の許認可に絡んで、収賄罪に問われていた鄭篠萸・前国家食品薬品監督管理局長(62)に対し、死刑判決を言い渡した。全財産も没収される。中国の食品や医薬品に対する不信感が世界的に広がる中、胡錦涛政権がこの問題に臨む厳しい姿勢をアピールした形だ。

 新華社電によると、鄭前局長は、医薬品の許認可権限を悪用、645万元(約1億円)のわいろを受け取った。鄭前局長は1998年から2005年まで国家食品薬品監督管理局長を務めた。

 中国では党・政府の高級幹部の汚職では、死刑判決でも執行猶予付が多かったが、今回の極刑は汚職官僚に対する見せしめの意味もありそうだ。北京 野口東秀)

最終更新:5月30日8時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000022-san-int

 

【中国】医薬行政トップに死刑判決、薬品不正承認で収賄

5月29日17時20分配信 サーチナ・中国情報局

 医薬品の承認を巡り便宜を図った見返りに現金649万元(約1億295万円)を受け取っていたとして収賄罪に問われた国家食品薬品監督管理局元局長の鄭筱萸被告(閣僚級)(62)の判決公判が29日開かれ、北京第一中級人民法院(裁判所)は死刑を言い渡した。鄭被告は控訴するものとみられる。29日付で英字紙シャンハイデーリーが伝えた。

 判決によると、鄭被告は1997年から2006年にかけ、改ざんしたデータに基づくものと知りながら医薬品を不正に承認した見返りに製薬会社8社からわいろを受け取った。不正な承認に基づく抗生物質を投与された患者が10人以上死亡したことから事件が発覚した。(編集担当:菅原大輔)

最終更新:5月29日17時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000026-scn-cn

 

 汚職官僚は死刑って、極端な対応をするのが中国の特徴。

 口先三寸で死刑にも無罪にもなります♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「政治舞台提供」に反対

Img82117

※ 画像はイメージです

台湾前総統の訪日を非難=「政治舞台提供」に反対-中国外務省

5月29日18時0分配信 時事通信

 【北京29日時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は29日の定例記者会見で、台湾の李登輝前総統が30日に訪日することについて「われわれは中国の重大な懸念を重視するよう日本側に強く要求している」と述べ、日本の対応を非難した。さらに「台湾独立勢力のために政治的舞台を提供してはいけない」と警戒感を示した。

 姜副局長は中国政府が日本側に抗議したことを明らかにし、日本側に「中日共同声明など3つの政治文書の原則を守り、実際の行動で台湾問題に関する約束を体現する」よう要求した。

 ただ、中国政府は李前総統に関して公式には「台湾独立分子」と批判しているが、「既に政治的影響力は低くなっている」(日中関係筋)として日中関係改善の流れを重視し、李前総統の日本滞在中の言動などを冷静に見守る方針だ。

【最終更新:5月29日18時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000108-jij-int

 

 すでに政治的影響力を失っている台湾の李登輝前総統の訪日を政治利用しているのは中国のほうだと思っているのは、ボクだけでしょうか?

 ヤクザのように恫喝する中国には違和感を感じます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/29

「現場で人が死んでも、家を建てろ」

開発業者が反対派住民襲撃=五輪会場付近、「死んでも建てろ」-北京

5月29日17時0分配信 時事通信

 【北京29日時事】2008年五輪の会場近くに位置する中国・北京市朝陽区北沙灘の住宅地区でこのほど、マンション建設に反対する住民が、業者側が雇ったとみられる鉄棒などを持った100人以上の集団に襲撃され、重軽傷を負った9人が病院に運ばれる事件があった。ある女性教師は「顔から血を流し、頭骨が陥没した」(住民)という。

 マンション建設ラッシュが続く北京の中でも、五輪会場周辺は五輪終了後も値上がりが予想されており、派手な建設工事の裏で、開発を急ぐ業者が暴力を使って反対住民に圧力を加えるなど影の部分も鮮明になっている。

 「現場で人が死んでも、家を建てろ」-。住民によると、襲撃を指揮した開発業者幹部はこう話していたという。

最終更新:5月29日17時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000095-jij-int

 

 中国人はえげつないですね。

 こういうことが平気でやれるのは民族性でしょうか?

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金正日の健康は?

金総書記、健康悪化? 韓国メディア「情報、信頼性高い」

5月29日8時0分配信 産経新聞

 【ソウル=久保田るり子】韓国メディアは28日、北朝鮮の金正日総書記(65)の健康悪化説を伝えた。有力紙「朝鮮日報」は情報当局者の話をして、金総書記の糖尿病や心臓病が悪化しているとの情報があり、政府が確認作業中だと伝えた。同様の情報を米当局も入手しているという。健康悪化説は過去にもあったが、今回は「信憑(しんぴょう)性が高い」(当局者)という。

 北朝鮮情報筋は同日、産経新聞に対し「中国から入った情報のようだが、急変するような話ではないと聞いている」と述べた。

 金正日総書記は最近、公式行事に3人目の夫人との息子、正哲氏(25)や正雲氏(23)を同伴しており、後継者選びへの動きではないかとの観測も出ている。韓国の聯合ニュースによると、2人は昨年4月まで軍幹部養成機関である金日成軍事総合大学で軍事学を学んだという。

 金総書記は一昨年末に後継者論議禁止を指示し、後継者問題には慎重と伝えられた。しかし息子らを行事に同行し始めたため、こうした行動は自らの健康状態と関係しているのではないかとの見方が浮上してきた。今年に入って金総書記の公式行事への出席が昨年の半分近くに減っていることも、健康悪化説に拍車をかけている。

最終更新:5月29日8時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000022-san-int

 

金総書記「健康異常ない」=韓国紙

5月29日11時0分配信 時事通信

 【ソウル29日時事】29日付の韓国紙・中央日報によると、韓国政府の情報当局者は28日、北朝鮮の金正日労働党総書記の健康が悪化したとする報道に関連して「さまざまなチャンネルで点検したが、金正日(総書記)の健康には異常がないと把握された」と述べ、報道を否定した。

 同紙によると、金総書記は正常に執務ができる状態で、最近も党・内閣・軍で大幅な人事異動を行うなど権力掌握に問題はない。

最終更新:5月29日11時59分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000033-jij-int

 

金総書記がトレードマークのサングラスを外したワケ

専門医が指摘する金総書記の「健康悪化」ぶり

 国家情報院のある関係者は28日、「北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記=66=の健康悪化説についての情報を確認中」と明らかにした。

 今回の健康悪化説は金総書記周辺から出た話だという。米国の情報当局が確認に乗り出した理由もそこにある。

 金総書記の健康悪化についてまず指摘されているのが心臓病だ。ある関係者は28日、「最近強い酒をやめて心臓に良いといわれるワインばかり飲んでいるらしい」と語った。心臓病は遺伝するといわれるが、金日成(キム・イルソン)主席も心臓まひで死亡した点が注目される。セブランス病院のある内科教授は、「金総書記が突然姿を見せなくなったとすれば、心臓に異常がある可能性が高い」「最近の金総書記はすぐに息切れして疲れやすく顔がはれる症状が出ているというニュースを見たが、どうやら心不全のようだ」と説明した。

 金総書記の最も最近の様子は先月25日の人民軍創設記念式当時に撮影されたものだ。この日の金総書記は普段着用していたサングラスではなく透明の眼鏡を掛けて登場した。糖尿が合併症を引き起こす段階になれば網膜の血管に悪影響を及ぼし視野が狭くなって色彩感覚が衰える。ある眼科専門医は「糖尿網膜症か何かで治療を受けたなら視野が狭くなって透明の眼鏡を掛けざるを得ない」と述べた。金総書記は金日成主席と同様糖尿や高血圧などを患っているともいわれている。

 とりわけ糖尿と高血圧を同時に患えば血管の筋肉が徐々にボロボロになり腎臓と心臓に悪影響を及ぼしている可能性が高い。慢性腎不全にまで症状が進めば腎臓で毒素を抽出して尿として排出する機能が低下し手足がはれて脱毛が進む。最近の金総書記の姿にはこのような症状がはっきりと表れているという。

 ソウル大学病院のある内科教授は金総書記の最近の写真を見て、「手のひらがはれているようだが、どうやら肝臓に疾患があるようだ」「腎不全と肝硬変がひどくなれば移植しかないが北朝鮮の医療技術では移植は無理だろう」と推測した。

 そのため金総書記が昨年1月の中国訪問時に北京の医療機関で診察を受けたという金昇圭(キム・スンギュ)前国家情報院長の国会での証言が注目される。

アン・ヨンヒョン記者

李智恵(イ・ジヘ)記者

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS 

http://www.chosunonline.com/article/20070529000013

 

 簡単に言いますと、韓国の3大新聞のうちの2紙『朝鮮日報』と『中央日報』がまったく反対の内容の記事を載せているということです。

 ライバル同士って大変なのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

生きている人間の臓器を強制摘出

Img78101

※ 画像はイメージです。

中国臓器狩り:死刑囚のほか、監禁されている人も臓器強制摘出=カナダ国際医師組織

 【大紀元日本5月28日】カナダで新たに結成された医師組織「臓器強制摘出に反対する医師の会」はこのほど、中国当局はこれまでに死刑囚の臓器摘出のほか、生きた法輪功学習者の臓器を強制摘出していると指摘した。同組織は中国で臓器移植を受ける患者に対し、「臓器を得ることで、一人の人間の死を招いた可能性がある」と警鐘を鳴らした。カナダのモントリオール・ガゼット紙(The Montreal Gazette)が5月18日に報道した。

 同紙によると、この国際医師組織は「国外の患者が中国で臓器を移植するには、監禁されている人の目の角膜や、腎臓、肝臓などを移植される可能性が高く、しかもこれらの臓器を強制摘出された人は死亡している」と警告、同業の医療関係者に対し、このメッセージを自分の患者に伝えるように呼びかけた。

 報道によれば、トロント大学で5月17日に開かれた公開シンポジウムで、同組織は「2000年から、中国当局は臓器入手の方法を変え、死刑囚のほか、監禁されている法輪功学習者の臓器を強制摘出するに及んだ」との見解を示した。

 一部のカナダ人患者は適合臓器を待ちきれずに、中国に渡り、臓器移植を受ける道を選択している。そのことについて、同医者組織の発起人の1人、ワシントン在住の医者トステン・テリィ氏(Dr. Torsten Trey)は「中国で臓器移植を受ける人は、もう1人の人間の死を招く可能性がある」と述べた。

 また、同組織は、医科大学や、病院に対し、中国の医師と研究者などに対する臓器移植の技術指導は控えるべきであると主張し、医学誌などに対しては、中国で行った臓器移植に関する研究論文の掲載禁止を提案した。

大紀元時報(07/05/28 09:32)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d36239.html

 

 

上海:腎臓移植の軍医、飛び降り自殺

 【大紀元日本5月28日】新華社24日の報道によると、中国透析移植委員会委員、上海第二軍医大学付属病院の腎臓内科副主任で、腎臓移植の権威である李保春・教授(男、44歳)が5月4日、同病院の12階から飛び降り自殺した。自殺の理由は、うつ病と伝えているが、病院側は同氏の自殺について、取材を拒否し、堅く口を閉ざしている。一方、海外中国語メディアで、同氏の自殺は法輪功学習者に対する臓器摘出に関連する一説の報道が出た後、李氏の自殺報道は、新華社のサイトから削除された。

 報道によると、5月4日午後4時ごろ、うつ病を患っていた李氏は、入院治療を受けている神経内科の2階から12階(彼が腎臓移植の手術を執刀する場所)に上がり、飛び降り自殺したという。

 臓器移植問題をスクープ報道する「瞭望東方週刊」の報道によると、病院内では、李保春の自殺はタブーになっているようだ。病院関係者らが「李保春」の名前を聞くとたん、堅く口を閉ざし、取材を拒否した。同病院の宣伝科の馬・科長も明確に取材を拒否すると表明した。

 内情を知る人によると、李氏は今年3月から、眠れなくなり、睡眠薬を服用しても効果がなかった。ある日突然転倒したが、精密検査を受けても、異常が見つからなかった。5月初めから、うつ病の症状が深刻になり、同病院の神経内科に入院したという。知人は、「彼は、名誉や、権力、社会的地位、家、車、幸せな家族をすべて手に入れ、仕事においても黄金期を向かえ、将来を嘱望されていた。なのに、自分が勤務していた場所から飛び降り自殺した。何を悩んでいたのか、だれもわからない。遺書もなにも残していない」と嘆いた。

 李氏が勤めていた第二軍医大学付属長海病院のサイトで公開していた資料によると、李氏は1986年に、第二軍医大学に卒業、米国に渡り2年間留学した経歴があり、博士号の学歴を持っている。自殺するまでには、上海第二軍医大学付属長海医院腎臓内科の副主任を務め、中国透析移植協会の会員、上海市中華医学会腎臓移植青年チームのメンバーなど数々の学会に所属、腎臓移植の権威であるという。同サイトは、同病院の腎臓移植は、待機時間が極めて短いことや、成功率が高いことなどをアピールしていた。

 「瞭望東方週刊」の同報道は、中国国内の新華ネットなどのサイトに相次ぎ転載された。しかし、5月25日、李氏の自殺が、法輪功学習者の臓器摘出と関連があるとする情報が海外中国語サイトで報道された。その直後、新華ネットは関連の転載をすぐに削除した。この動きがますます、外部の憶測を呼んでいる。

 生きた法輪功学習者の臓器の強制摘出・売買が中国国内で行われているという告発が2006年3月、明るみに出た。米国在住の中国人女性・アニーさんの証言によると、瀋陽市蘇家屯の病院に勤めていたアニーさんの元夫が2003年から、精神が不安定になり、毎晩悪夢にうなされ、ベッドのマットが濡れるほど寝汗をかいていた。テレビを見ているときも、目線が画面に集中していたが、彼女がテレビを消しても、気づかない。昼間なのに、「だれかに追われている、何かがいる。1人でいるのが怖い」などと意味不明な言葉を繰り返していた。不審に思っていた彼女は、元夫を再三に問い詰めた。元夫は、「2年前から、生きた法輪功学習者の目の角膜を強制摘出する手術を担当し始めた」「時には、毎日数人に対し、このような手術をしていた」などと告白したという。

 また、同じ病院に勤務していたアニーさんは、「元夫と一緒にこのような臓器強制摘出手術を担当していた医師がうつ病に悩んでいた。病院側に転勤を希望する医師が多かった。中には姿を消し、行方不明になった医師もいる」と説明した。

 アニーの証言が明るみに出た後、中国国内の「瀋陽市軍区のベテラン軍医」と名乗る者が、数回にわたり匿名で大紀元に情報を提供した。この軍医は、中国国内で法輪功学習者を監禁する秘密収容所が30数箇所あり、軍隊と軍の病院が彼らの臓器の強制摘出・販売に参与している」などと証言した。(記者・薛飛)  

大紀元時報(07/05/28 09:12)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d80174.html

 

 生きている人間の臓器を強制摘出している中国。

 命ぜられるまま移植手術をし、良心の呵責に耐えかねてうつ病になり自殺する医師。

 中国の闇はまだ深いです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金総書記に「健康悪化説」

金総書記に「健康悪化説」=真偽を確認中-韓国紙

5月28日10時1分配信 時事通信

 【ソウル28日時事】28日付の韓国紙・朝鮮日報は、韓国政府の情報当局者が北朝鮮の金正日労働党総書記の健康状態が最近、悪化しているとの情報を入手し、真偽を確認中だと伝えた。

 同当局者によると、金総書記は持病の糖尿病と心臓病が悪化したとみられている。金総書記の健康悪化説は以前から浮上していたが、同当局者は「今回は信ぴょう性が高い」と指摘。米情報当局もこの情報を共有し、確認作業を進めているという。

最終更新:5月28日10時52分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000026-jij-int

 

北朝鮮の後継者選びへ動き? 三つどもえの争いか

5月28日10時27分配信 YONHAP NEWS

 【ソウル27日聯合】北朝鮮で金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者を念頭に置いた動きが出始めている。金総書記が最近、公式行事に3人目の夫人との息子、正哲(ジョンチョル)、正雲(ジョンウン)氏を同伴しているためだ。

 ある北朝鮮の消息筋は27日、金総書記は後継者をまだ決定してはいないが、正哲、正雲氏のいずれかを指名するとの見方を示した。公式行事に出席させ、2人の素質を判断しようとしているようだと述べた。2人は昨年4月まで、軍幹部養成機関の金日成軍事総合大学で「主体の領軍術」など軍事学を学んでいたという。別の北朝鮮消息筋は、2人が金総書記が出席した公式行事で「主体の領軍術」を具体化した軍事理論を披露し、金総書記を喜ばせたと伝えた。

 2005年12月に後継者論議禁止を指示するなど、後継問題に慎重だった金総書記の最近の行動は、健康状態の悪化が関係しているようだ。金総書記は年初から今月27日まで23回の公式行事に出席しているが、前年同期の42回と比べると半分近くに減っている。

 ただ、2人とは母親の違う長男の正男(ジョンナム)氏と事実上4番目の妻で現ファーストレディーの金玉(キム・オク)氏の勢力が急浮上しており、後継者をめぐる激しい争いが予想される。北朝鮮には長男を優先する儒教の伝統が残っている上に、正男氏は中国と親密な関係を維持しているとされる。また、金玉氏は43歳と比較的若く、金総書記の政治に深くかかわるなど実質的な役割を果たしており、後継者構図に及ぼす影響が指摘される。

 北朝鮮の消息筋は、後継者についての話し合いが本格的に進めば、正哲・正雲兄弟と、正男氏、金玉氏による三つどもえの権力闘争が繰り広げられる可能性が高いと見ている。

最終更新:5月28日10時27分

韓国・聯合ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000008-yonh-kr

 

 このふたつのニュースがリンクしているのかどうかはわかりませんが、今北朝鮮で何かが起こっているようです。 後継者は本当に金正日の息子なのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国・盧武鉉政権とは?

【社説】北のミサイル発射問題は日本に聞いてくれと言う韓国政府

 日本の各報道機関は25日午後5時30分ごろ、北朝鮮が午前9時から10時の間に数発の短距離ミサイルを発射したと一斉に報道した。合同参謀本部は日本メディアによる報道があってから1時間30分後の午後7時に「今回の北朝鮮の短距離ミサイル発射は、北朝鮮がこれまで東海・西海(日本海・黄海)で例年実施している通常訓練の一環」という内容の、たった2行の報道資料を発表した。しかもミサイル発射の正確な時間やミサイルの種類、数、落下地点などについての詳細な情報はまだ発表していない。

 北朝鮮によるミサイル発射は、日本ではなく、韓国の安全保障を脅かすものだ。しかも北朝鮮は核開発施設の稼働停止・封印のための第1段階の処理を、いまだ予定通り履行していない。北朝鮮が核施設封印の約束を履行していない状況でミサイルを発射すれば、それはいつなんどき韓半島(朝鮮半島)の安全保障の脅威となるかわからない。そのため、韓国政府には北朝鮮のこうした動向について、国民に迅速に知らせる義務がある。

 それにもかかわらず、政府は北朝鮮がミサイルを発射してから9時間もの間、国民に知らせないまま放置した。韓国政府の対応によって生じた情報の空白状態を埋め合わせたのは、今回もやはり日本のマスメディアの報道だった。最近では北朝鮮がミサイルを発射しても、その消息はまず日本で報道され、韓国軍と韓国政府はそれでもまだぐずぐずした末に、やっと公式に事実関係を認めるというパターンができあがってしまった。

 北朝鮮のミサイル発射問題や核開発問題に関する盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の対応は、実にワンパターンだ。まず現政権は、北朝鮮のミサイルをミサイルとして見ようとせず、目をそらそうとする。北朝鮮が長距離ミサイルの発射を準備していた昨年6月、米国と日本が北朝鮮が「ミサイル発射」を準備しているのは明らかだとしていたにもかかわらず、韓国政府だけは「人工衛星の可能性もある」と的外れなコメントを出した。

 次に政府は、北朝鮮がミサイルを発射したことを否定できなくなると、今度は「たいした問題ではない」とし、問題を矮小(わいしょう)化する。盧大統領の「(北朝鮮のミサイルは)米国まで飛ばすには力不足で、韓国を狙うにしては大きすぎる」という昨年9月の発言が、その代表的な例だ。

 しまいには北朝鮮によるミサイル発射を懸念する人々を、まるで被害妄想家や空想小説のマニアであるかのように決めつけたりもする政府は北朝鮮が核実験を行う直前まで、その可能性を伝える報道を「ただの思いこみ」と決めつけ、自らを「重度の暗示」にかけさえした。

 ところがその政府は最近、国民はいちいち何でも知ろうとせず、政府が提供する情報をキャッチしていれば十分だとでも言うかのように、報道関係者から公職者を隔離するためにさまざまな取材制限策を作るのにまい進している。政府は、納税者である国民を、いったいどこまでこけにすれば気が済むのだろうか。

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070528000000

 

 北朝鮮の核ミサイルを勝手に『民族の核』と呼び、同じ民族である韓国に向けられることはないと根拠のない主張をする韓国。

 間違っていることに気がつくのは、ソウルが火の海になったあとでしょうか?

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

「中国脅威論を誇張」?

中国が「核先制不使用」見直しの可能性…米国防総省報告

5月26日23時39分配信 読売新聞

 【ワシントン=五十嵐文】米国防総省は25日に公表した2007年版の「中国の軍事力に関する年次報告書」で、中国が「核兵器の先制不使用方針」の見直しに踏み切る可能性があるとの見方を初めて示した。

 中国は従来の核戦略に変更はないとの主張を繰り返しているが、中国の空海軍力の近代化に対し、米国が疑念を強めていることが浮き彫りとなった。

 「中国は先制攻撃戦略を進めているか」。こんな題名で報告書に設けられた一節では、中国が精密誘導爆弾を搭載したスホイ30戦闘爆撃機、長距離航行が可能な潜水艦、無人機などの調達を進めていると指摘。周辺地域での紛争に備え、先制攻撃を仕掛ける体制を整備しつつあるとの見方を紹介した。

最終更新:5月26日23時39分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000113-yom-int

 

「脅威論を誇張」と批判=米国防総省報告に論評-中国党機関紙

5月27日21時0分配信 時事通信

 【北京27日時事】27日付の中国共産党機関紙・人民日報は、米国防総省が25日公表した2007年版の中国軍事力に関する報告書について「国際世論を誤解させる報告」と題する論評を掲載し、「事実を顧みず、わざと『中国脅威論』を誇張するものであり、全く成り立たない」と批判した。

 同報告書は中国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)など核戦力増強に懸念を示したが、人民日報は「中国は領土が広く、人口が多い途上国であり、国防費投入は長期にわたり低い水準にある」と反論「中国が保持する一定の軍事力は、自らの防衛で客観的に必要なもので、国家の安全と領土保全を維持するための正当行為だ」と指摘し、いかなる国家にも脅威とならないと強調した。

最終更新:5月27日21時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070527-00000089-jij-int

 

 アメリカが客観的に見て中国は不必要な軍事力を増強していると言ってるのですが、話しの通じないヤツラですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国有害製品輸出問題、国際社会の圧力に譲歩する可能性低い

中国有害製品輸出問題、国際社会の圧力に譲歩する可能性低い=アナリスト

 【大紀元日本5月26日】食品や医薬品などの中国製品に有害物質が含まれているとして輸出先の海外で商品撤去が問題になったが、中国当局はこれらの製品の安全問題について弁解している。中国の会社が安全基準を満たしていない製品を輸出していることに非難の声が高まっているが、北京のアナリストは、中国政府は対外政策の軟弱さを自国民に知られたくないため、国際社会の圧力に譲歩する可能性は低いとみている。

 最近、米国で中国製ペットフードによるペットの中毒死事件が発生してから、中国の有害食品の生産メーカーを非難する声が高まるとともに、中国からの輸入製品の安全問題に対する関心、特に食品の安全問題に対する関心が高まっている。

中国政府は非難に反駁

 中国政府は、輸出食品の安全問題に関する国際社会の非難に対し、「中国政府は消費者の安全について十分に注意を払っており、しかも、ずっと消費者の健康を守るために努力している」と主張し、反駁した。

 WHO(世界保健機関)の駐北京スポークスマンのブレント氏は、「中国は安全基準の面でいくつか改善が見られたが、製品品質の管理においてもっと有効な対策を打ってもらいたい。食品安全の面において、制度化された管理方法がとても重要なことであり、食品が食器に盛られた最後の段階で検査してはならず、生産過程の各段階で検査を行うのはとても重要なことである」と指摘した。

 ある中国政府官員は、「世界で最大の消費製品の輸出国として、中国は責任感がある製造者になるべきことを自覚している」と話している。

国民に強者のイメージを演じる北京政府

 米国VOAの報道によると、北京に駐在している政治アナリストのモーゼ氏は、「中国政府は同時に二つの役を演じており、一つは国際社会で従順なイメージを演じながら、もう一方は国内で強者のイメージを演じている。いかなる情勢の変化もすべて掌握中のことであると自国民に示している」と指摘している。

 まだ、モーゼ氏は、「中国の目的は、北京政府が国際社会の規範を守り、責任感がある政府であると表明すると同時に、外国に負けてはならず、国際圧力に屈して政策と基準を変えるような政府ではないと表明したい」と指摘している。

 さらに、モーゼ氏は、「中国政府は自分のルールに従って食品安全の問題に取りくむだろう。しかし、もし、さらにこのような製品の安全問題が発生したら、中国政府は緊急措置を打ち出して、生産メーカーに対する監督の強化を図るかもしれない」と指摘した。

大紀元時報(07/05/26 09:40)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d99999.html

 

 中国共産党独裁政権にとっては、人の生命よりも国家の威信が大切。

 この手の事件は、いつまでたってもなくならないでしょう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

支援は受け入れ、キリスト教はダメ

米カトリック宣教会の支援、北朝鮮が受け入れ

5月26日13時38分配信 YONHAP NEWS

 【ソウル26日聯合】ニューヨークに本部を置くカトリック宣教団体のメリノール宣教会が、北朝鮮での結核支援事業を認められた。自由アジア放送(RFA)が26日に報じたもので、北朝鮮政府が今月、同宣教会による結核支援事業を受け入れ、同宣教会から派遣された5人の訪朝団が12日から現地で小児結核病棟を訪問するなど活動を展開している。訪朝団のジェラルド・ハモンド神父は、同宣教会韓国支部長を務めており、1996年以降24回にわたり平壌を訪問するなど、北朝鮮の結核患者への支援をおこなっている。

 北朝鮮が同宣教会の支援を受け入れた背景についてハモンド神父は、「カトリックを含む外国人に対する真の開放が同機。次に北朝鮮住民に結核が広まっていることに対する懸念がもうひとつの同機だ」と話している。

韓国・聯合ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000015-yonh-kr

キリスト教徒は収容所送り―北朝鮮

韓国脱北者団体、北の人権蹂躙を報告

 【ソウル21日上田勇実】韓国の脱北者団体「北朝鮮民主化委員会」は21日、ソウル市内で記者会見し、近年、韓国のキリスト教会から派遣された宣教師によって北朝鮮住民が伝道されたり、脱北するケースが急増し、これを警戒する北朝鮮当局がキリスト教徒と判明し次第、強制収容所に送るか、秘密裏に処刑していると明らかにした。最高指導者の金日成・金正日父子を盲目的に崇拝させてきた北朝鮮で今なお続く宗教弾圧の実態を示すものといえる。

 同委員会が最近、北朝鮮で人権蹂躙(じゅうりん)の被害にあった脱北者約50人と北朝鮮住民らから得た情報をもとに明らかにしたところによると、北朝鮮の国家安全保衛部は2000年以降、キリスト教と関わった住民に対しスパイ罪を適用する方針を出し、特に最近は朝鮮族宣教師による伝道など中国を通じた布教活動の取り締まりにも力を入れていることが分かった。

 平壌国家安全保衛部に収監されていた脱北者二人は、収容所内にいたキリスト教徒とみられる2、3人の政治犯が「死ぬべき対象」とみなされ、あらゆる拷問を受けていたと証言したという。

 また同委員会は咸鏡北道、両江道、慈江道、平安北道など中国と国境を接する道(日本の都道府県に相当)の保衛部ごとに“地下監獄”が秘密裏に新設・運用され、政治犯などの容疑をかけては住民を三カ月以上にわたって拘禁したり、場合によっては収容所に送らずにその場で処刑することもあるという。

 同委員会の副委員長で耀徳政治犯収容所に収監された経験をもつ姜哲煥氏は、「核問題の影に隠れ北朝鮮の人権問題が見逃されている。言葉では変わらない金正日政権を動かすには圧力が必要」と語った。

韓国・世界日報 2007/5/21 15:47

http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/070521-154732.html

 

 キリスト教は否定しているのに、支援だけはちゃっかりいただく北朝鮮。

 そんな北朝鮮が悪いのか? そんなところに支援するメリノール宣教会が悪いのか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国=台湾対岸にミサイル900基

中国の衛星攻撃実験を非難=台湾対岸にミサイル900基-米報告書

5月26日1時1分配信 時事通信

 【ワシントン25日時事】米国防総省は25日、2007年版の中国の軍事力に関する報告書を発表した。報告書は、中国が1月に実施した衛星攻撃兵器(ASAT)実験について、地球軌道上の衛星を攻撃する能力を誇示したと述べるとともに、大量の破片を発生させ、有人宇宙飛行を危険にさらしたと非難した。

 また、昨年10月に日本近海に展開していた米空母「キティホーク」の近くに中国の潜水艦が浮上した事件に触れ、近接して活動する米中の艦船などの安全性向上の必要性を強調。さらに、中国が昨年10月までに台湾対岸に約900基の短距離ミサイルを配備し、年間100基以上のペースで増強していると警戒感を示した。

最終更新:5月26日1時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000001-jij-int

 

 いろいろ言う人がいますが、今や軍国侵略主義なのは中国であることは一目瞭然。

 現代のファシストは中国であることをかん違いしてはいけません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射

北朝鮮が25日午前、日本海に向けミサイルを発射=報道

5月25日18時15分配信 ロイター

 [東京 25日 ロイター] 国内の各メディアは、北朝鮮が25日午前にミサイルを発射したと報じた。共同通信は、複数の日米関係筋の話として、日本海に向けて短距離ミサイルを複数回発射したことが分かったと伝えた。

 一方、時事通信は、防衛省幹部によると、北朝鮮は対艦ミサイルを発射したと報じている。

最終更新:5月25日18時15分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000382-reu-int

 

北朝鮮発射のミサイルはシルクワームか=TBS

 TBSによると、25日午前、北朝鮮が東海(日本海)に向けて発射したミサイルは、射程100キロ程度の地対艦ミサイル、シルクワームとみられるという。

 現在、日本政府では詳しい着弾点やミサイルの種類、北朝鮮の意図などの分析を行っているとのことだ。

韓国・朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070525000061

 

 相変わらずならず者ぶりを見せつけている北朝鮮ですが、

 逆に言うともうこれぐらいのことしかできないというのが現実でしょうか?

 追い込まれた北朝鮮はもう何も出来ません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東シナ海:中間線主張は一方的

中国、日本側のいわゆる「中間線」を認めず

 外交部の姜瑜報道官は24日の定例会見で、東中国海問題をめぐる中日協議に関する質問に、次のように答えた。

 両国は温家宝総理の訪日時に「共同プレス発表」を発表した。両国の指導者は東中国海問題について、5つの重要な合意に達した。これには、東中国海を平和・協力・友好の海とする方針を双方が堅持する、最終的な境界線画定前の臨時的措置として、海洋法の諸問題に関する双方の立場を損なわない前提の下、互恵原則に基づいて共同開発を行う、双方共に受け入れ可能な広い海域で共同開発を行う――などの内容が含まれる。

 いわゆる「中間線」問題に関し、中国政府のこの問題における立場は非常に明確であり、これに変更はない。いわゆる「中間線」は日本側の一方的な主張であり、中国はこれを受け入れたことはないし、今後も受け入れることはない。中国側は、「中間線」を前提とした共同開発の協議を受け入れることはない。(編集NA)

中国共産党機関紙「人民網日本語版」2007年5月25日

http://j.people.com.cn/2007/05/25/jp20070525_71526.html

 

 中間線が日本の一方的主張とはどういう意味なのでしょうか?

 中国側が主張する沖縄トラフまでが中国領という主張のほうが一方的だと思いますが、中国には常識がないのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国産練り歯磨きに有毒物質は合法?

中国産練り歯磨きに有毒物質 米FDA調査

5月25日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】パナマやドミニカ共和国などで中国産の練り歯磨きから致死量の有毒物質ジエチレングリコールが検出され、米食品医薬品局(FDA)は中国から米国に輸入されるすべての練り歯磨きの調査に着手した。ロイター通信が報じた。

 ジエチレングリコールは車の不凍液に使われ、独特の甘みを持つ。中国企業は薬用甘味料と偽って輸出、パナマでそれを原料にしたせき止め薬を飲んで少なくとも100人が死亡した。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、製造したのは江蘇省丹陽市の2メーカーで中国当局も捜査を開始した。業者の一人が語ったところによれば、ジエチレングリコールは、コスト削減のためグリセリンの代わりに使われていたという。

最終更新:5月25日8時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000004-san-int

 

有毒物質を入れても合法? 中国産練り歯磨きに致死量の毒物

5月25日10時35分配信 Record China

 2007年5月23日、FDA(アメリカ食品医薬品局)は中国産の練り歯磨きからジエチレングリコールが発見されたとして、全面的な調査を開始した。報道を受け、中国でも各地の練り歯磨き工場での立ち入り検査が行われているもよう。

 今回きっかけとなったのは、パナマで中国産練り歯磨きから致死量のジエチレングリコールが発見されたこと。製造元の江蘇省丹陽市の成事家化有限公司は輸出専門の練り歯磨き製造業者。会社は中国では練り歯磨きに少量のジエチレングリコールを使用することは合法であり、安全だとコメントしている。

 ジエチレングリコールは腎臓や中枢神経に悪影響を及ぼす有毒物質で、過去多くの死亡事故が起きている。安価な甘味料・保湿剤として使用されるケースが多い。先日も中国企業が輸出したジエチレングリコールを原料とした咳止め薬が原因で、数百名の死傷者が出たばかり。現在、中国ではジエチレングリコールを規制する法律がなく、企業の自主判断に任されているという。世界各地で中国発ジエチレングリコールの健康被害が広がる中、早急な対策が望まれる。翻訳/編集・KT)

最終更新:5月25日10時35分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000008-rcdc-cn

 

 まず、有毒物質であるジエチレングリコールを規制する法律がない中国もおかしいですが、輸出先の法律に違反しているものを輸出するのも犯罪です。

 中国人ってどうしていつもこうなのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

生きたブタを八つ裂き!

動物虐待:生きたブタを八つ裂き、利川市長らを刑事告発  

 京畿道利川市の一部の市民が、韓国軍部隊の移転に反対する集会を開いた際、生きている豚を八つ裂きにして殺すというパフォーマンスを繰り広げ、物議を醸している。

 動物愛実践協会と韓国動物保護連合によると、利川市の一部市民によって結成された「軍部隊移転反対非常対策委員会」は22日、ソウル・竜山にある国防部の庁舎前で、特殊作戦司令部(特戦司令部)の利川への移転に反対する集会を開いた。

 その際、参加者の一部が、生きている豚をその場で殺すパフォーマンスを繰り広げた。

 まず、4本の足をロープで縛った豚を大きなおけの中から取り出した後、四方から引っ張った。そして豚は肉がバラバラに裂けた状態で地面に落ちた。豚を相手に、歴史の本に出てくる「陵遅処斬」(八つ裂きの刑)を再現したというわけだ。

 この日の集会には利川市、河南市の両市長・議員や京畿道議会議員などの要人が参加し、野党ハンナラ党の李揆沢(イ・ギュテク)国会議員も祝辞を述べた。

 動物愛実践協会や韓国動物保護連合など、動物保護関連団体は23日、趙炳敦(チョ・ビョンドン)利川市長と「利川市軍部隊移転反対非常対策委員会」の委員長を務める金泰日(キム・テイル)同市議会議長、竜山警察署のチャン・クァン署長、李揆沢議員らを、動物保護法違反容疑でソウル西部地検に刑事告発した。

 動物保護団体は「子豚を殺すというのは集会の目的や内容とは全く無関係であり、子豚は集会参加者の憂さ晴らしとして惨殺された。このような残虐かつ悪らつな動物虐待行為は、動物虐待を禁止する動物保護法第6条に違反するものであり、利川市長と市議会が法を犯して残虐な動物虐待行為を働いたものだ」と話している。

   カン・ヨンス記者 韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS 

http://www.chosunonline.com/article/20070524000032

 

 なんか韓国人ってあまりにも凶暴ですね。

 とてもまともな人間のすることとは思えません!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

一人っ子政策の強制執行に反発!―続報

一人っ子政策に反発!数千人が暴動に参加―広西チワン族自治区

5月23日15時4分配信 Record China

 2007年5月22日、県政府の発表によると、広西チワン族自治区博白県で起きた暴動事件は基本的に解決、落ち着きを取り戻したという。

 17日の午前、一人っ子政策に反対する住民が、県行政機関を取り囲み、施設や政府車両を壊すなどの暴動事件が発生した。当初数百人だった参加者は時を追うごとに増加し、最終的には数千人の規模にまでふくれあがったという。

 現地住民によると、事件の背景には、市民の一人っ子政策への不満があるという。博白県は、1949年の中華人民共和国建国時に50万人だった人口が現在では160万を超えている。50年で人口が3倍になっている。経済的に立ち後れた地域であり、「子沢山は幸福」という観念がいまだに強く残っているため、一人っ子政策はなかなか浸透しないことが原因と言われている。近年、県政府は大規模な宣伝活動・厳格な罰則の運用・法律の適用を進めていた。一説によれば、目標を達成するために、強制的に不妊手術・中絶手術を行ったとの噂まである。

 黄少明(ホワン・シャオミン)県長は、一人っ子政策に対する住民の不満を唆し、暴動を引き起こした不穏分子がいると指摘。すでに28人を拘留していると発表した。また現在、4200人にも及ぶ幹部が各農村をまわり、民心の掌握に勉めていると発表した。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月23日15時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000014-rcdc-cn

 

中国広西自治区:一人っ子政策の強制執行に、住民5万人抗議

 【大紀元日本5月23日】中国南部の広西チワン族自治区玉林市博白県で5月17日から20日までに、8箇所の鎮の住民約5万人が、地元政府の一人っ子政策の過酷な強制執行に対し大規模の抗議デモを行い暴動に発展、官民衝突事件が起きた。21日に当局は事件を鎮圧するために3000人の武装警察を出動させ、住民200人を逮捕し、住民の直訴を阻止するために、公安の武装警察を動員し厳戒態勢を敷いた。香港メディアによると、広西省博白県で地元政府に対して、住民による大規模の抗議事件が起きてから、当局はこの件に関する取材や報道を禁止し、インターネット上の関連情報がすべて検閲・削除され、 大陸メディア側も全面的に沈黙している。

* 農民は過酷な強制執行に抗議、武装警察が鎮圧

 香港紙「林檎日報」によると、博白県政府による「一人っ子政策」の強制執行が引き起こした地元住民の大規模抗議事件は5月17日より同県の数箇所の郷・鎮まで波及し、暴徒と化した住民たちは、政府庁舎オフィスを焼き、政府用の車、バイクなどの物品を破壊したという。地元当局は20日、貴港地区、北流地区および近くの容県より大量の武装警察を緊急動員し、同地区各地に厳戒態勢を敷いた。

 地元住民の話によると、村・鎮政府は無職の者を「工作隊」として雇い、地元の女性を強制連行し、中絶や不妊手術を行ったという。被害者は、女子中学生から60歳代の女性まで広く及んだという。

 住民の陳さんは、「博白県では今、「蘇建中(博白県委書記)を打倒し、黄少明(博白県県長)を銃殺せ」というスローガンが町中に貼られている。住民たちは追い詰められた結果、こうした行動を取らざるを得なかった」と心情を語った。陳さんの話によると、県委書記や行政府高官らは住民の目を逃れようと、地元から離れたという噂が流れているという。

 報道によると、22日までに確認された死者は少なくても7人で、内の2人は住民の暴力を受けた公安の者で、他の5人は抗議に参加した学生で、警察の放水を逃れ、将棋倒しの混乱中に踏まれて死亡したという。また、1人の鎮長が住民に怪我を負わされ、200人の住民が連行されたという。

 報道では住民の話を引用し、全県は3000人の武装公安警察を出動させ、今回の抗議・暴動事件に関わるすべての者を調査して逮捕しようとしているという。住民は「1937年に日本軍が進駐した時より恐ろしい。誰も出勤できず、外出ができない状態で、毎日がびくびくしていて、落ち着かない」と語った。

* 全県厳戒態勢、住民直訴を阻止

 報道によると、旺茂鎮は22日にも千人以上の住民が行政府庁舎を囲い抗議を行う事件が発生した。住民らは、政府庁舎の警備に当たる、銃を装備した武装警察と衝突したという。これに対して、当局は戒厳令を発令した。一方、那卜鎮では武装警官300人が行政府庁舎に駐屯したという。

 同県は現在、厳戒態勢が敷かれ、町中に停車している警察車両に、多くの公安が待機しており、県政府から200メートルしか離れていない場所には、大勢の私服公安警官および行政府の各部門関係者が巡回しているという。

* 上層の警告に敏感な地元共産党幹部

 広西自治区の出産計画(一人っ子政策)に関する今年の会議で、博白、蒼梧、融水、碟山(ディエシャン)などの県(区)の行政幹部らは産児制限の数値目標を達成することができず第二子を出産した住民が多いため、中央当局より強く警告された。今年9月までに改善するよう命じられ、改善がみられなければ、行政府幹部らが相応の処罰を受けるという。

 中央上層の警告に敏感な地元共産党幹部らは、担当者を各村へ派遣し、第二子以上を産んだ家庭に子ども一人あたり500中国人民元(約7800円)の罰金と社会扶養費を課す措置を強制執行したほか、第一子をすでに産んだ女性に対し中絶または避妊手術を強いたという。また、罰金が支払えなければ、住民の私財を押収し、金になるものがなければ、住民の家屋を破壊したという。地元関係者によると、この地域の住民は年間収入が数百元程度の貧しい農家が多く、ほとんどが罰金などを支払えず、また、当局の暴力的な取締りに耐え切れず、追いつめられた住民らは、必死に抵抗しようと各地で相次いで大規模な反対抗議行動を起こしたという。  

* 当局は情報封鎖、地元メディアは沈黙

 報道によると、事件発生後、当局はインターネットで流される情報を全面的に封鎖した。インターネットの掲示板やブログに掲載された関連情報が削除され、これまでに盛んに議論された評論、分析、応援などの貼付けメッセージもすべて消えたという。

 大陸メディアはこの事件に関しても沈黙をしたままである。広西日報、玉林日報ないし新華社、広東の新聞のメディアなどは、22日午後10時現在、今回の大規模抗議事件についての報道は一切ない。米国の「博訊」ウェブ・サイトによると、地元で取材している香港記者は、勾留されたが解放されたという。

大紀元時報(07/05/23 15:39)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d35850.html

 

 中国共産党政権のやることはムチャクチャですね。

 これが4000年の歴史を有する国のやることでしょうか?

 あまりにも幼稚です!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

われわれは「悪の枢軸」だ!

われわれは「悪の枢軸」だ!=金総書記側近が開き直り-02年米朝協議

5月23日15時0分配信 時事通信

 【ワシントン23日時事】「われわれは『悪の枢軸』の一員だ。米国の圧力を受けて武装解除すれば、ユーゴスラビアやアフガニスタンの(イスラム原理主義勢力)タリバンのようにたたきのめされる」-。北朝鮮の金正日労働党総書記の側近、姜錫柱第1外務次官が2002年10月に平壌で行われた米国との協議で、開き直りとも受け取れる発言をしていたことが分かった。

 ブッシュ政権1期目に朝鮮半島和平担当特使を務めたチャールズ・プリチャード氏が、23日までに発刊された著書「破綻(はたん)した外交」の中で明らかにした。

最終更新:5月23日16時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000086-jij-int

 

 確かに北朝鮮は論理が破綻してますね。

 どうしようもないならず者国家です!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国・生徒の前で自慰行為した40代高校教諭逮捕

生徒の前で自慰行為した40代高校教諭逮捕

 生徒たちの前で自慰行為を行った疑いで40代の高校教諭が逮捕された。

 ソウルA高校の教諭B容疑者は今年3月23日夜11時50分ごろ、ソウル市恩平区のある飲食店前の歩道で男女生徒9人が見ている中、ズボンを下ろし、自慰行為を行っていたところを通報され、警察に捕まった。

 これに対し、B容疑者は「当時現場で性器を露出していたのは認めるが、単なる路上での放尿だった」と、容疑を否定したことから釈放された。しかしその後、 B容疑者は20メートルほど行った地点で後ろを振り返り、警察官や生徒たちの方を向いてズボンのジッパーを下ろし、10分間にわたって再び自慰行為を行ったことから、現場で再逮捕された。これにより、B容疑者は同月30日、略式起訴され、罰金50万ウォン(約6万5000円)を支払った。

 教育と学校のための父兄連合(教学連)、正しい教育圏実践行動、自由主義教育運動連合などは22日、記者会見を行い、「B容疑者が信じ難い犯罪を犯していたにもかかわらず、その後2カ月間にわたって学校で担任として授業を行っていたこと自体が信じ難い」とした上で、学校に対し、再発防止に備えB容疑者を懲戒処分するよう要請した。

キム・ギョンウン記者 韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070523000038

 

 韓国の教育現場の状態がよくわかるニュースですね♪

 何をしたいのか意味がわかりません!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最悪の社員食堂

最悪の社員食堂、食中毒患者多発も会社は医療費支給を拒否―北京市

5月23日10時47分配信 Record China

 北京市海淀区のある工事現場では、2007年5月初旬から多数の現場作業員が下痢・腹痛を訴えた。現在までに10人以上の作業員が入院、その他にも多くの者が同様の症状を抱えているという。入院患者のうち4名は食中毒との診断を受けている。

 入院した労働者によると、現場の食事は会社が用意するとはいえ、食費は給料から差し引かれる仕組み。それにも係わらず会社は食料費をけちって劣悪な食品を使用したのではないかと作業員らは疑っている。

 現在入院中の作業員以外にも同様の症状を抱えている者は少なくないが、会社側は治療費の予算を使い果たしたとして入院費の支給を拒否。そのため病院にもかかれない状態だという。翻訳/編集・KT)

最終更新:5月23日10時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000008-rcdc-cn

 

 社員が健康でなければ、仕事もはかどらず、最終的に損をするのは会社側なのですが、中国人はそんな簡単なことも理解できないようです♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12歳の少年がめった刺しに!心臓の売却目的か

12歳の少年がめった刺しに!心臓の売却目的か―貴州省

5月23日5時44分配信 Record China

 2007年5月3日深夜、貴州省天柱県で12歳の少年が包丁でめった切りにされる事件が起きた。

 彭小海(パン・シャオハイ、仮名)くんは12歳の小学5年生。3日深夜、耳元で誰かが「起きろ」とささやいた。目ぼけ眼をこすりながら見ると、家に泊まっていた遠い親戚、呉声吉(ウー・シェンジー)がベッドの前にいた。ぼーっとしている彭くんに対し、呉は低い声で「ある人がね、君を殺せと言ったんだ」と言うやいなや隠し持っていた包丁を彭くんの胸に突き刺した。それも一度ではなく、執拗に7,8回も刃を突き立てた。あまりの痛みと恐怖に彭くんはすぐに意識を失いかけた。しかし呉はまったく手をゆるめない。彭くんを床に突き落とし、頭めがけて包丁を振り下ろした。彭くんは両手で必死に頭をかばい、致命傷は避けたが、指を数本失った。

 呉は動けない彭くんに対し、息があるか確認してきた。彭くんは朦朧としながらも必死で息を止め、死んだふりを装った。呉はそれで安心したらしく、彭くんの「死体」を片付けようと準備を始めた。

 しかし騒ぎを聞きつけた家族と近所の者がやっと駆けつけ、呉は取り押さえられた。警察の取り調べによると、ある者が子どもの心臓を50万元(約750万円)で買うと唆したと呉は供述しているという。本当にこのようなおぞましい要求を出した者がいるのか、それとも単なる呉の妄想なのか、現在、警察は慎重に捜査を進めている。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月23日5時44分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000000-rcdc-cn

 

 中国ってこの手のニュースが絶えない様に思えるんですが、一体どういう国なのでしょうか?

 中共政府だけでなく国民も腐りきっているのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

一人っ子政策で不妊・中絶手術を強制執行、反発暴動

一人っ子政策に住民反発=役場焼き打ちも-中国広西自治区

5月21日15時1分配信 時事通信

 【香港21日時事】21日付の香港各紙によると、中国広西チワン族自治区の博白県で19日「一人っ子政策」の厳しい取り締まりに耐えかねた数千人規模の住民が、役場を焼き打ちにするなどして暴れた。県内各地で同様の事態が相次いでおり、当局者が逃げ出す騒ぎになっているという。

 報道によれば、「一人っ子政策」の徹底を上級機関から指示された役場が、違反者からの罰金徴収を強化したり、不妊手術を強制的に受けさせたりしたのが発端。当局に臨時雇用された数十人から数百人規模の取り締まりチームが夜間、鉄パイプやハンマーで武装して村々を回り、既婚女性を連れ去って不妊手術を施していたとも伝えられる。 

最終更新:5月21日15時36分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000071-jij-int

 

「一人っ子政策」で不妊・中絶手術を強制執行、官民衝突激化=中国広西省

 【大紀元日本5月22日】中国広西省博白県で5月19日、当局が計画出産政策(一人っ子政策)を強行したため、官民衝突が起こり、博白県内各地では多くの住民が鎮政府庁舎を囲い、オフィスを焼き、政府用バイクや車などの政府施設を破壊した事件が発生した。情報筋によると、事件は現在でも鎮まらず拡大する一方である。5月20日まで、沙陂(サ・ベイ)鎮を含み、すでに8箇所の鎮政府庁舎が焼かれ、連日の官民衝突によって、すでに死者5人と負傷者数十人が出ており、住民側の損失は甚大であるという。一方、政府当局は、死者は出ていないと主張している。地元のウェブ・サイト利用者たちは、「博白県人民は蜂起する」とネットにて救援を呼びかけている。

 広西省博白県政府は、今年の8月末までに計画出産政策で、規定違反者に対しての罰金総額数億元(約十数億円)を徴収する目的と、不妊手術数千件の実行計画を達成するために、今年2月より、すでに第一子を産んだ県内の女性で妊娠した者には中絶手術を強制したほか、妊娠していなくても出産経験のある女性には強制的に不妊手術を施した。その対象は、女子中学生および60歳台の女性にまで及んだという。博白県内の10箇所の郷・鎮地区は、当局の計画出産政策の強制執行に対して抗議を行った。

 中国南部地区各ウェブ・サイトのブログによると、5月17日に頓谷鎮政府は住民に襲撃され、18日に水鳴鎮および永安鎮政府も住民による庁舎破壊事件があったという。さらに19日、沙陂鎮政府は住民数千人に囲まれ、庁舎オフィスが焼かれ、車やバイクなどすべて破壊されたという。県政府は当日に、貴港地区、北流地区および近くの容県より大量の武装警察を緊急派遣し、同地区の出入り口を封鎖した。さらに、実弾入りの銃器にて、大勢警察犬と共に各地区の巡回を行った。しかし、事件は収まらず拡大しつつあり、那卜鎮、大垌鎮(ダ・トン)、英橋鎮政府庁舎は全焼、当局の車、コンピュータ、書類などがすべて焼失した。一方、旺茂鎮、松旺鎮の出産計画政策担当者が暴力を受け死亡した。

 20日までの情報筋によると、沙河、頓谷、水鳴、那卜、永安、沙陂、大、英橋、文地などを含む各鎮農民が同時に地元政府庁舎に対して抗議し、庁舎オフィスを焼く事件が相次いだ。

 地元ネット利用者はブログで「自分は博白鎮出身の者として、本当にやりきれない気持ちだ。政府はまったくの奪略者だ。博白鎮の人民は蜂起して、もう人間ではない野蛮な博白政府関係者を打倒する」と憤りを表した。また、別のブログ利用者は、「博白の将来のために、我々は立ち上がるべきだ!」「情報と写真は米国へ流して、米国の人々に先頭に立ってもらおう。どうせ我々はもう中国人にはなりたくない。こうゆう中国人になっても意味がない、人々よ、立ち上がろう」と呼びかけている。しかし、残念ながら、ブログに貼り付けられた大部分のメッセージはすでに削除された。今でも中国国内のメディアによる同事件の報道はないという。

 情報筋によると、博白県のほかに広西省の文地地区においても、19日に、数千人が鎮政府庁舎を包囲し、当局の強制執行に対して抗議を行った。

 一方、抗議する住民たちは全県各地の住民たちと緊密に連絡を取り合っているとみられており、さらなる大規模の事件発生の可能性もあると予測される。  

大紀元時報(記者・蕭辛)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d27693.html

 

 一人っ子政策のためとはいえ、強制的に中絶させたり、避妊手術をしたりするのはあまりにもやりすぎです。

 暴動になって当然だと思いますが、このあとどうなるのでしょうか?

 中国国内で報道されていないのでこのままなかったことにする可能性もありますよね?

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/05/21

「金正日はさわやかで決断力あるリーダー」

Ape_red_2

※ 画像はイメージです。

鄭東泳元議長「金正日はさわやかで決断力あるリーダー」

 ウリ党鄭東泳(チョン・ドンヨン)元議長が22日、出版記念会を開く。

 タイトルは『開城(ケソン)駅でパリ行き汽車の切符を』だ。鄭東泳元議長はこの本で、統一部長官(2004年7月~2005年 12月)在任時に訪朝した2005年6月17日に行われた金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長との面談後日談を紹介した。

 次は主要内容。

 「彼はさわやかで決断力あるリーダーだった。南北通行問題については『金剛(クムガン)山観光時、個人乗用車に乗ってきてもいい』と言っていた。食糧問題については『実務者たちは南側に要求する方が楽だともいえるが、北にも体面がある。忙しい日が過ぎたら食糧増産を本格的に検討する』と正直に打ち明けた。私は金委員長から6カ国協議再開に対する答えを聞き出そうと手に汗を握っていた。結局『6カ国協議に出る用意ができているが、米国が馬鹿にしていて出ることができない』と言われた」。

 韓国・中央日報 イ・ガヨン記者 2007.05.21 11:50:34 

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=87659&servcode=500§code=500

 

 金正日が『さわやかで決断力のあるリーダー』だなんて、日本ではブラックジョークにもなりませんが、この韓国人の政治家は本気でそういっているみたいです。

 韓国が崩壊するのも、そう遠い日のことではないようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜいたく不動産広告禁止!

北京で「ぜいたく不動産広告禁止」、庶民の不満に配慮

5月20日23時12分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】「奢侈(しゃし)(ぜいたく)」「頂級享受(最高の楽しみ)」「豪宅(豪邸)」といった豊かさをひけらかすような不動産広告はダメ――。北京市工商局は「社会主義精神文明」に背く広告を調査し、修正を命じる通達を出した。

 19日付の北京紙「北京青年報」などが伝えた。「調和社会」の実現を目標に掲げる胡錦濤政権にとっては、不動産価格が高騰してマイホームが手に入らない北京市民が大勢いる現状で、彼らを刺激する広告は受け入れられないからだ。

 今の中国社会には、不動産物件だけでなく、洋酒からアクセサリー、自動車、ファッションに至るまで、ぜいたくムードをあおる広告があふれている。王岐山市長も今月9日、「富をひけらかす広告は首都の調和的な雰囲気に深刻な影響を与え、質素倹約を尊ぶ中華民族の伝統的な美徳にも合わない」と激しく批判していた。

最終更新:5月20日23時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000513-yom-int

 

 なんか根本的な間違いをしていると思います。

 問題なのは贅沢な商品の広告ではなくて、格差を生み出している中国政府の政策なのではないのでしょうか?

 こんなその場しのぎでは何の意味もないでしょうね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

中国の悲惨な強制中絶政策

 中国都市部の未婚女性、婚前交渉で中絶急増

 【大紀元日本5月20日】中国共産党が1979年より「一人っこ政策」を施行して以来、妊娠女性に対する強制的な中絶が、国際的に広く討論される政治的な課題となっっている。専門家らは、中国の中絶手術は、年間1300万件に達すると推測している。近年、中国未婚女性の中絶件数が急増しており、日に日に退廃する社会道徳の深刻さと結果を考慮せずに欲望だけで行動する価値観を顕著に現わしている。

* 中国未婚女性の中絶急増

 ニューヨーク・タイムズ紙13日の報道によると、ある女性(22)は、付き合った相手に付き添われて、中国青島市にある中絶診療所で、ここ18ヶ月の内、2回目の中絶手術を受けたという。

 この診療所は、中国国内にある数少ない未婚女性のための中絶保健診療所だ。ここ3ヶ月間で、すでに65件の中絶手術が行われ、その内の42人は少なくとも2度目の中絶手術であり、その中の1人は何と6回目の中絶手術だという。

 北京人民大学出産計画政策専門家の顧寶昌氏は、「中絶手術を受ける未婚女性が、ますます増えている。これは最近の顕著な傾向だ」と指摘した。中絶する人口の増加は様々な理由がある。中共政府は既婚女性の出産については集中的に政策を制定したが、未婚女性の性生活は視野に入っていなかった。中国において婚前性交渉は昔では稀であったが、現在では特に都市部においては珍しくなくなった。

 公立病院は、もっともポピュラーな堕胎場所だ。地区によって、その中絶費用もまちまちだ。都市の病院(例えば北京)での中絶費用は、約500元(約7800円)だ。実際、北京市の十カ所の病院で、未婚または既婚の中絶手術経験者8846人に対して、アンケート調査を行った結果、36%の調査対象はここ6ヶ月間で、少なくとも1回以上の中絶手術を行ったという。中国の保健衛生専門家によると、中絶手術には安全面に問題はないとしているが、数度の中絶経験がある若い女性は、不妊症などを発症する可能性が高い。

 * 急増する中絶手術

 中共が1979年から「一人っ子政策」を施行して以来、強制的な堕胎が国外において争議の論点になることがあったが、中国国内での堕胎は、実は80年代初頭の改革開放から急激に増え始めた。

 中国衛生部の数字によると、1990年に行われた国内の中絶手術は、1400万件にまで達しており、これまでの中絶手術件数のピークであった。2005年の最新統計数字では、710万件の中絶手術が行われたが、米国では2002年に129万件の中絶手術が行われ、中国側の数字に比べても7分の1にしか過ぎない。

 しかし専門家たちは、「中共当局の統計数字は完全ではない…何故なら、私立病院で手術を行ったケースや中絶薬を使用するケースは含まれていないからだ」と指摘した。中国の最新調査によると、年間の中絶手術は1300万件だと推定されるが、この数字の出所は不明だ。

 前述した数値では、未婚者と既婚者の区別はしていない。しかし、出産計画担当者は、既婚者の中絶手術件数は減少していると強調している。原因としては、すでに子供がいる一部の既婚女性の80%以上が長期にわたり、避妊薬を服用しているからだという。

 * 中国の悲惨な強制中絶政策

 タイムズ誌によると、広西省ではこのほど、今年の4月初旬、妊婦たち61人が、病院へ連行され強制的に中絶の薬を注射されたという。こういった事実が水面下から浮上したことによって、これまで人権活動家たちが訴え続けてきたことを証明した「中国政府は一人っ子政策を強制的に執行している」。

 ニューヨーク中国人権団体のニコラス・ベクェリン研究員は、「外界より中国の一人っ子政策の改変を求める声が高まっているが…北京当局は地方官僚の成績を判定するのに二つの基準を用いている。すなわち、昇進に関係する租税の徴収と人口調節だ。中共上層部から人口指標に関する圧力により、地方の官僚が妊娠した女性を強制的に中絶させ(後期中絶も含む)、強制的に避妊手術をさせる措置を取っている。中国政府は、民衆が忌み嫌う『一人っ子政策』が完全に失敗した事実を直視しできないでいる」と指摘。さらに、同研究員は、「一人っ子政策が良くない政策であるを公に認めれば、中国共産党政権にとって抜き差しならない逆風になる」と分析、政権安定のため同政策は今後も続けられるとの見解を示した。

    (記者・秦飛)

   大紀元時報(07/05/20 11:24)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d96922.html

 

 悪名名高い「一人っ子政策」を守るためには、本人の意思に関係なく強制的に中絶させると言う中国の現実。

 こんなに怖い国が地球上にあったんですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アンチウイルスソフトがウイルスを削除

 ウインドウズはウイルスですか? アンチウイルスソフトのバグで大被害

5月20日9時24分配信 Record China

 2007年5月19日、中国中央電視台(CCTV)は、アメリカのシマンテック社が提供するアンチウイルスソフト「ノートンアンチウイルス」のバグにより、多くのパソコンに問題が発生したと報道した。

 報道によると、18日以降、中国国内のノートンユーザーは、パソコンを起動してもOSが正常に起動しないなどの問題が発生したという。専門家によると、ウイルスソフトがアップデートした後、マイクロソフト社のOS「ウインドウズXP」のシステムファイルをウイルスと誤認、削除したことが原因だという。

 中国国内では、有名メーカーのパソコンの多くは出荷時点でノートンアンチウイルスをインストールしていることが多いため、大手メーカーのユーザーほど被害が大きいという傾向も指摘されている。今後、巨額の賠償事件に発展するのでは、と見られている。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月20日9時24分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000006-rcdc-cn

 

 ウインドウズXPってウイルスだったんですね♪

 早くVISTAにしろっていうことなのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

韓国次期大統領最有力候補

 李明博前ソウル市長 失言相次ぐ

2007-05-19 14:59:13 Updated.

 年末の大統領選挙で第1党ハンナラ党の有力候補の1人、李明博前ソウル市長が相次ぐ失言で論議を呼んでいます。

 李明博前ソウル市長は18日、ソウル九老区のベンチャー企業連合会を訪問した席で、中年女優4人が主演したコメディー映画を例に挙げ、「人気のさがった中堅俳優を起用して費用を節減し、ヒットさせることがベンチャー精神だ。出演料の高い若い俳優とは違って、中堅俳優たちは出演させてもらうことで感激しそうな人たちだ」という趣旨の発言をしました。

 李明博前ソウル市長はこれに先立って今月12日、中絶についてのマスコミのインタビューで「基本的には反対するが、体の不自由な赤ちゃんに生まれてくる場合は、容認できると思う」と述べて、体の不自由な人たちや関連団体が発言の取り消しと謝罪を求めて抗議集会を行いました。

   韓国・KBS WORLD Radio

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_detail.htm?No=27441

 

 こんな失言をする奴が次期大統領になってもいいのでしょうか?

 韓国に未来はないですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペテン師・李泳禧

[社説]南北について国民を誤って導いた李泳禧氏の有頂天

MAY 19, 2007 04:06

 南北閣僚級会談の北朝鮮側団長である権虎雄(クォン・ホウン)内閣参事は一昨日、南北間試験運行列車に乗って開城(ケソン)を訪れたいわゆる進歩論客の李泳禧(リ・ヨンヒ)氏に意味深長な賞賛の言葉を送った。権参事は、「94年の核拡散禁止条約(NPT)脱退の頃、状況が複雑な時に、李先生が民族的善意で文章を書いたことを印象深く覚えている」と述べた。権参事の発言は、クリントン米政府が一時、北朝鮮爆撃まで検討した北朝鮮核危機前後に表した李氏の主張を指したものだ。

 李氏はいくつかの文章で、「北朝鮮は、米国の核攻撃の脅威の中で、自衛手段として核を保有しようとしている」と一貫して北朝鮮を擁護した。李氏は、「米国―北朝鮮核問題のPTSD的特性」(92年)という文章で、「北朝鮮が核を放棄しても、米国の北朝鮮政策は修正されないだろう」とし、「いったん国際査察に開放されれば、それを再開することは事実上不可能だ。歯の抜けた幼い虎になる」と指摘した。何としても核を放棄するなという入れ知恵でなければなんであろう。

 一昨日、李氏は、北朝鮮の権参事の賞賛に鼓舞したのか、「(私が)20~30年間育てた後輩や弟子が、韓国社会を牛耳っている」と話したという。「後輩や弟子が大韓民国を牛耳っている」という李氏の言葉は、70年代と80年代、彼の本を読んで意識化した人々が、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で核心的役割を果たしていることを誇っているように聞こえる。実際、大韓民国の伝統性やアイデンティティを否定し、批判する左派政権の集団意識は、李氏の歴史観、統一観、体制観から始まった面が強い。

 李氏は北朝鮮に対し、「新しい国の革命と熱気が天を衝き、贅沢に暮らし権勢を享受していた者が一掃された社会」と美化した。李氏はまた、北朝鮮住民の実情について、「トウモロコシのおかゆだけを食べ」「栄養失調でやせ細った」などという言葉は、韓国側の権力が国民に注入した固定観念だと主張した。金日成(キム・イルソン)に続く金正日(キム・ジョンイル)世襲専制集団が、2300万の住民の上に君臨し、世界のあちこちで豪華な嗜好品を購入して贅沢な暮らしをし、多くの餓死住民を見捨てた事実について、李氏は一言も発言したことがない。このような李氏が民族を心配していると強弁するなら、飢え死にし、政治的に弾圧を受けて死んだ北朝鮮住民の魂が黙っていないだろう。

 日本の植民地支配からの解放後、北朝鮮の金日成政権が韓半島の分断を画策したソ連占領軍の指示と操縦によって登場したことは、旧ソ連などの資料によって明々白々であるにもかかわらず、李氏はこの点についてもまったく言及していない。逆に、北朝鮮の南侵による戦争の廃墟の上で果たした大韓民国の驚くべき成就には、徹底して背を向ける。

 李氏は、南北間の体制競争で北朝鮮が優勢な時は熱烈に統一を支持し、ソ連と東欧が崩壊し韓国の優勢が確固になった90年代からは、「現在の状態で統一すれば、不幸な事態が訪れる。徐々に道理に従って民族内部の力で統一を推進しなければならない。北朝鮮に余裕を与え、内部の民生問題を解決する機会を提供しなければならない」と豹変した(93年、セヌリ新聞インタビュー)。大韓民国が主導する自由民主主義市場経済体制への統一は望ましくないということではないのか。

 李氏は、中国の毛沢東が権力闘争の手段として実施した文化大革命を賞賛した。しかし、暴力と狂気の文化大革命で数百万人の犠牲者が出たという事実が伝えられると、「当時は資料が不足していた」と苦しい言い訳ばかりした。

 李氏は、南北社会を誤って評価し、多くの若者を誤って導き、国家アイデンティティを揺さぶったことに対し、後悔する様子がない。それどころか「後輩と弟子が韓国社会を牛耳っている」と喜んでいる。李氏が犯した過ちを一つ一つ取り上げる時が来た。

   韓国・東亞日報

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2007051913988

 

 北朝鮮のスポークスマンのような奴。日本にもたくさんいますね。

 「拉致問題はない」と言ったり、なぞの金の延べ棒が家から見つかったり、

 サヨクは自らのことをハト派といったりリベラルと言ったり進歩派と言ったり平和勢力などとも言ったりしていますが、

 彼らの主張通りにしたら、日本は戦場になります。

 一日でも早く日本でもスパイ防止法を制定して、こういうペテン師を逮捕しなければいけませんね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/18

「コピー天国」の背後にあるもの、著作権の正しい考え方

 「コピー天国」の背後にあるもの、著作権の考え方

2007/05/18(金) 13:54:03更新

MAO的コラム 中国語から考える 第27回-相原茂

 中国からのお土産、何がいいですか。そういわれても、あまり欲しいものがない。お茶もいらないし、パンダチョコもちょっとね。

 そこで最新の映画のDVDに思いいたった。これは大歓迎だ、欲しい!

 なにしろ最新のもの、日本ではまだ封切られていないものが手に入る。

 あげる方も都合がいい。1枚10元ぐらで安いし、かさばらない。そのうえ喜ばれるからいいことづくめだ。

 だが、これはほとんどが海賊版だ。

 映画を見ようと映画館に足を運ぶと、その前で段ボール箱につめて今上映中の映画のDVDを売っている。それが入場料よりも安いというから、これでは誰だってわざわざ映画館に入ろうとしなくなる。

 米国政府が、知的財産権の保護策が不十分だとして、中国をWTO(世界貿易機関)に提訴したのもむべなるかなだ。

 中国は「コピー天国」と呼ばれるが、むしろ著作権という感覚にうといのではないか。

 若い頃、よく中国のラジオを聞いた。名作朗読という番組があり、魯迅の「故郷」とか、老舎の「済南の冬」とか、文芸作品を朗読してくれた。

 ところが、ところどころ原文と違うのである。大筋はもちろん変わらないのだが、ところどころ、ちょっと文言的で耳で聴くと分かりにくいかなというあたりが、分かりやすく変えてある。一つの作品中にそういうところが何カ所もある。

 これを受けて、日本では「中国のラジオ朗読における原作と放送の相違点の考察」というタイトルの論文もあるぐらいだ。

 それだけの話だが、日本とは原作の扱いが違うという感想をもった。日本では、いやしくも名作と呼ばれるもの、勝手に手を入れて改変しては問題になるだろう。少なくとも著作権者である作家なり遺族の承諾がいる。ところが中国のそれは、例えば「作者の許可を得て、原作とところどころ表現を変えてあります」というような断りはなかった。

 そもそも中国は、著者よりも編集者のほうが偉そうだ。日本だと、私ごときものの文章でも、漢字をひらがなにひらく時でも、「と言う」を「という」に変えたいのですがよろしいでしょうか、そうわざわざ承諾を求めてくる。カンマ一つ文中に入れるのさえ、断ってくる。それほど著作権は守られている。しかし、中国は事情がちょっと違う。編集者が添削する感じで、自由に原稿に手を入れるのだそうだ。

 何しろ、大学の教授から出版社などの編集者に転出することはあるが、この逆の編集者から教授という方向の転出はないというお国柄だ。最近はどうか、聞いていないが、ついこの間までは確かにそうであった。

 だが、ここではそういうことよりも、著者の権利や作品の文学的な完成度よりも、みんなが理解できることのほうが大事ということだろう。著作権より、人々がそれを享受できることを優先させている。

 それで思い出すのはトウ小平の“白猫黒猫”理論だ。周知のように「白い猫であろうと、黒い猫であろうとネズミをとるのがよい猫だ」という、トウ小平流プラグマティズムの端的な現れとされる考え方だ。たとえばブランドもののバック。偽物であろうと本物であろうと、モノがはいって、持つ人がきもちがよければいい。

 著作権を云々していた日には、いつになったらよい品質の文化を享受できる日がくるのかわかったものでない。ともかく、国民の文化レベルを高めることができるのなら海賊版であろうと正規版であろうと、どちらでもよい。

 文芸作品も原文であろうと、平易にした修正版であろうと、それで教養が高まればよいのだから、いっそ分かりやすい方がいい。

 米国の提訴に対する中国のいい分は「オリジナルはあまりにも高すぎる、みんなが享受できる値段にすべきだ」というものであった。

 著作を改変された文学者には「原文はところどころあまりにも難しすぎる、みんなが享受できる表現にすべきだ」と言うだろう。(執筆者:相原茂)

【執筆者】 相原 茂(あいはら しげる) 中国語コミュニュケーション協会代表、株式会社アメイジア顧問。東京教育大学卒。NHKの中国語講座にも出演、日本における中国語教育の第一人者で、現在は中国語コミュニケーション能力判定テスト(TECC)を実施している中国語コミュニュケーション協会の代表として中国語教育の普及に尽力する。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0518&f=column_0518_003.shtml

 

   同一性保持権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 同一性保持権(どういつせいほじけん)とは、著作者人格権の一種であり、著作物及びその題号につき著作者(著作権者ではないことに注意)の意に反して変更、切除その他の改変を禁止することができる権利のことをいう(日本の著作権法20条1項前段。以下、特に断らない限り、引用法令は日本のもの)。

 著作物が無断で改変される結果、著作者の意に沿わない表現が施されることによる精神的苦痛から救済するため、このような制度が設けられていると理解されている。もっとも、元の著作物の表現が残存しない程度にまで改変された場合は、もはや別個の著作物であり、同一性保持権の問題は生じない(「パロディ事件」(第1次)、最高裁判所判決昭和55年3月28日)。

 また、ベルヌ条約上の同一性保持権は、著作者の名誉声望を害するおそれがあることを要件とした権利になっているのに対し、日本の著作権法では、そのような限定はされておらず、著作者の意に反することを要件とした権利になっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E4%BF%9D%E6%8C%81%E6%A8%A9

 

 いかに相原茂氏が中国が好きだからといって、著作権法を著しく犯す中国のやり方に対して、著作を改変された文学者には「原文はところどころあまりにも難しすぎる、みんなが享受できる表現にすべきだ」と言うだろう。」などと勝手に想像して認めるのはおかしいでしょう。

 このおっさん、バカじゃないのか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国版新幹線の障害

 弾丸列車「1か月検診」、備品持ち去られボロボロ―河南省鄭州市

5月18日13時33分配信 Record China

 2007年5月17日、鉄道高速化計画の目玉として登場した弾丸列車が走行を開始して1か月、定期点検のため河南省鄭州市の鉄道局検査場に戻ってきた。約100人の技術者が車体を検査したところ、無残なほどボロボロにされていることがわかった。

 ボロボロになった原因は乗客による備品の持ち去り。被害が最も多かったのは手洗い場のセンサー式蛇口。多数取り外されてなくなっていた。さらに緊急脱出用のハンマー。また密室であるトイレも被害が大きかった。便座の温度調節つまみやペーパーホルダーの軸さえ取りはずされ消え失せている実態には、ただもうむなしさが募るばかりだと技術者たちはこぼす。

 鳴り物入りで走り出した夢の高速列車だが、わずか1か月で満身創痍になって戻ってくるとはおそらく想定外だったはずだ。同局は今後、備品持ち去り禁止を表示するのか、乗客の資質向上を待つのか、判断を迫られることだろう。(翻訳編集・WF)

最終更新:5月18日13時33分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000013-rcdc-cn

 

 【中国】中国版新幹線:備品持ち去られ「狼少年出没」の悲惨

5月18日18時27分配信 サーチナ・中国情報局

 鳴り物入りで投入された中国版新幹線「和諧号」だが、約1カ月を経過して、乗客のマナーの悪さが問題になっている。備品の持ち去り、通風孔へのごみ、非常用ボタンへのいたずらなどで、現場スタッフもあきれ返っている。

 持ち去られた備品で目立つのは、緊急脱出用のハンマー、トイレ便座の温度調整つまみ、自動蛇口、果てはトイレットペーパーの巻き芯など。係員は「自動蛇口を持ち去っても、自宅では使えないはずだ」と首をひねる。

 また、荷物置きの下にある通風孔をゴミ入れ代わりに使う乗客があり、ガムなどがへばりついて空調が正常に機能しないケースもあるという。

 トイレ内に設けられた緊急通報用のボタンを好奇心で押す乗客も多く、鄭州鉄道局(河南省)の責任者は、「まるで『狼少年』だ。乗務員が通報を相手にしなくなるかもしれない。本当に具合が悪い人が出た場合、命にかかわる可能性もある」と心配する。その他、列車の緊急停止ボタンや火災通報ボタンを押そうとする乗客もいるという。

 また、蛇口の持ち去りでは、「床下には高電圧で作動している機器があり、水が漏れた場合、事故につながる可能性がある」と指摘。一部の乗客ではあるはずだが、マナーの悪さが高速列車運行の最大の「障害物」になっているようだ。編集担当:如月隼人)

 最終更新:5月18日18時27分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000032-scn-cn

 

 倫理感のない中国人とはいえ、ここまでマナーが悪いとは驚きます。

 中国に新幹線はムリだったのではないでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ブッシュ政権の韓国に対する無理解が反米感情あおった」

「ブッシュ政権の韓国に対する無理解が反米感情あおった」

米NSC次期補佐官フレイザー氏、ブッシュ政権を批判

 米国国家安全保障会議(NSC)の韓国・日本担当補佐官に内定しているカトリーン・フレイザー氏が2002年、ニューヨークに本部を置く「コリア・ソサエティー」が発行している季刊誌で、ブッシュ政権の韓国文化に対する無理解ぶりを批判していたことが16日分かった。

 韓国で2年間生活した経験を持つフレイザー氏は、02年春にコリア・ソサエティーの季刊誌に寄稿した文章で、「ブッシュ政権の韓国文化に対する無理解ぶりが、01年以来韓国で反米感情をあおるようになった」と指摘した。また、「ブッシュ大統領が02年の国政演説で、北朝鮮を“悪の枢軸”と名指ししたことに対し、韓国では否定的な反応が広がった。さらにブッシュ政権が北朝鮮に対する包容政策を拒否したことで、韓国国内の反米感情が高まった」と批判した。

 その上で、特にブッシュ大統領が北朝鮮を「悪の枢軸」と名指しした背景については多くの韓国人が同意したが、ブッシュ大統領の表現の仕方に対して問題視した、と述べた。

 また、フレイザー氏は寄稿文で、韓国人特有の「気分文化」に関して、「北朝鮮を“悪の枢軸”と決め付けた発言は、韓国人たちが人間関係の維持や意思の疎通において重要視する“面子”を傷つけ、“気分”を損ねた。もし、ブッシュ大統領がこうした文化について理解しているという姿勢を見せれば、韓国の人々の反応ははるかに良くなるだろう」と主張した。

 フレイザー氏はまた、「“気分”とは、ある出来事を受けて感じる印象や、人々の間に広がるムードを指す。韓国では“どういったことを実際にするか”ということよりも、“どういう風にするか”ということをより重要視する」と指摘した。対人関係において、良い「気分」を維持することが何よりも重要だ、というわけだ。

 その上でフレイザー氏は、「米国の韓国文化に対する理解の不足によって生じる反米感情の爆発は不必要であり、避けることもできる。米国の政策が、韓国の意思疎通の体系に対してもう少し敏感であれば、ブッシュ政権も韓国で対米世論を硬化させることなく、米国の利益を追求できるだろう」と結論付けた。

 2000年にペンシルバニア大で国際政治学を学んだフレイザー氏は、フルブライト記念財団による英語教師派遣プログラムの一環として、全羅南道木浦市のある女子高校で約1年間英語教師として勤務し、さらにソウルにあるフルブライト記念財団の事務所で1年間インターンとして勤務したことがある。

   ワシントン=崔宇晢(チェ・ウソク)特派員

   韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070518000032

 

 なぜアメリカのブッシュ大統領がそこまで韓国ごときにたいして気を使わなければいけないのでしょうか?

 あまりにもナンセンスです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成

 慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成

5月18日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=古森義久】日本軍の慰安婦に関して戦時中に調査に当たった米国陸軍の報告書に女性たちは民間業者に「一定の契約条件の下に雇用されていた」と明記されていることが判明した。同報告書は「日本軍による女性の組織的な強制徴用」という現在の米側一部の非難とはまったく異なる当時の認識を明示した。

 「前線地区での日本軍売春宿」と題された同報告書は米陸軍戦争情報局心理戦争班により第二次大戦中の1944年9月に作成され、米軍の「南東アジア翻訳尋問センター」の同年11月付の尋問報告に盛りこまれていた。73年に解禁され、近年も日米の一部研究者の間で知られてきた。

 当時の朝鮮のソウルで金銭と引き換えに徴募され、ビルマ北部のミッチナ(当時の日本側呼称ミイトキーナ)地区の「キョウエイ」という名の慰安所で日本軍将兵に性を提供していた朝鮮人女性20人と同慰安所経営者の41歳の日本人男性が米軍の捕虜となった。同報告書はこの男性の尋問を主に作成されたという。同報告書は「すべての『慰安婦』は以下のような契約条件の下に雇用されていた」と明記し、女性たちが基本的には商業ベースで「契約」に基づき、「雇われて」いたという認識を示している。

 同報告書はその契約条件について次のように記していた。

 「個々の慰安婦はその総売り上げの50%を受け取り、無料の移動、食糧、医療を与えられた。移動と医療は軍から供与され、食糧は慰安所経営者が軍の支援を得て、購入していた」

 「経営者たちは衣類、日常必需品、さらにはぜいたく品を法外な値段で慰安婦たちに売りつけ、利益をあげていた」

 「慰安婦の女性がその家族に支払われた金額を利子付きで返済できるようになれば、朝鮮への無料の帰還の便宜を与えられ、自由の身になったとみなされることになっていた。だが戦争の状況のために、このグループの女性はだれも帰国を許されなかった」

 「この日本人が経営した慰安所では女性1人の2カ月の総売り上げは最大1500円、最小300円程度だった。個々の女性は経営者に毎月、最低150円は払わねばならなかった」

 以上のように、この報告書は慰安婦の「雇用」や「契約条件」を明記するとともに、慰安婦だった女性は一定の借金を返せば、自由の身になれるという仕組みも存在したことを記し、「軍の強制徴用」とか「性的奴隷化」とは異なる認識を当時の米軍当局が有していたことを証している。

 最終更新:5月18日8時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000008-san-int

 

 米陸軍報告書に基づく、正しい歴史認識を持たなければいけませんね。

 リベラルだのハト派だのと自称しているペテン師にだまされてはいけません。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/05/16

海賊版出版社「許可得た!合法だ」

 【中国】「デスノート」発禁で海賊版出版社「許可得た!合法だ」

5月16日16時36分配信 サーチナ・中国情報局

 日本の人気コミック「デスノート」をめぐり、中国で奇妙な騒動が起きている。16日付の英字紙シャンハイデーリーは「青少年に悪影響を及ぼすとして、北京市政府は出版元に回収を命じた」と報じた。しかし日本の発行元の集英社では、そもそも中国で「デスノート」のライセンスを付与したことはないと説明した。

 北京市政府は「デスノート」が青少年の勉強時間を奪っているとして、中国での出版元の華齢出版社に回収を命じたという。これに対して同社は「当局から許可を得た合法的な出版だ」として拒否する方針を固めた。北京市政府は書店への立ち入り検査を開始し、約500冊を没収したとしている。

 一方、集英社広報室は「いわゆる海賊版だ」と説明、「弊社は全く関与していないのでノーコメント」と述べた。(編集担当:如月隼人・菅原大輔)

最終更新:5月16日16時36分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000024-scn-cn

 

 そもそも版権を持っている集英社から許可を得なければ合法であるわけがありません。

 中国人ってバカですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週に1回で85元の収入!

 【中国三面記事】これがわたしの生きる道

5月16日12時0分配信 NNA

 週に1回で85元の収入!――。パートの広告ではない。いわゆる売血。

 湖南省婁底市新化県、村人は毎週1回、仕事に通うように血液センターを訪れる。1回600ミリリットルで85元。1983年から売血を欠かさないという李さん。病気がちの夫、5人の子どもを食べさせるためには重要な収入源だ。年収4,000元(約6万2,700円)のうち、売血収入が約3,000元と大部分を占めている。勤続24年を迎え、かなり体調をくずしてはいるが、家族のためにも毎週金曜日の「出勤」を欠かすことはできない。

 豊かになったと言われる中国、スポットライトの当たらない部分で、血を売るしかない生活が営まれている。【12日・北京娯楽信報】<江蘇>

最終更新:5月16日12時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000026-nna-int

 

 「これが私の生きる道」って、明るく言われてもねぇ~。

 中国って社会主義なのに生活保護もないんですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェノサイド・オリンピック「中国が今やっていることは、1930年代にナチスがやったことと同じだ」

ダルフール紛争にからみ、米議会で「北京五輪ボイコット」発言

中国政府は対応に苦慮

 2008年の北京オリンピックにからんで、中国政府が対応に苦慮している。中国政府が最大の投資国であるスーダンのダルフール紛争で、影響力を行使しないことに欧米がいら立ちを見せ始めている。

 「1つの世界 1つの夢」のスローガンのもと、2008年8月に開幕を控える北京オリンピック。着々と準備が進む中「ジェノサイド(大量虐殺)オリンピック」との言葉が飛び交った。

 8日、アメリカ下院の本会議で、アラン・ウルフ議員は「中国が今やっていることは、1930年代にナチスがやったことと同じだ」、「オリンピックのボイコットを考えることは正しい」と述べた。

 アメリカ下院の本会議で飛び出た「北京オリンピック・ボイコット発言」。共和党の有力議員であるウルフ氏の一言で、対中国非難が一気に噴出した。

 108人の下院議員が署名した中国・胡錦涛国家主席あての書簡には、推進役のウルフ議員の署名が最上段にあり、以下108人の署名がずらりと並んでいる。この火種の原因は、過去4年間で20万人が殺害され、200万人以上が難民となっているアフリカ・スーダンのダルフール紛争で、書簡では「虐殺を支援しているスーダン政府に中国が巨額の援助を与え、虐殺を阻止するための行動をとっていない」と警告している。

 ウルフ下院議員は「中国はスーダン政府へに援助し、爆弾やヘリコプターを提供、アラブ人の民兵組織を招き入れ、殺害やレイプなど悪事を可能にしてきた」と述べた。

 2007年2月、胡錦涛国家主席がスーダンを訪問するなど、近年、積極的にアフリカ資源外交を展開している中国。中でも、スーダンには肩入れし、原油の大半を購入、大型油田開発にも携わっている。

 こうした背景から、中国は国連が検討する対スーダン制裁措置に一貫して反対の姿勢を示してきた。

 ダルフール問題は、フランス大統領選でも火花が散っていた。 5月初めに行われたテレビ討論会で、ロワイヤル候補は「オリンピックのボイコットも含めて、中国に対する圧力をかけるべき」と中国のダルフール政策を批判、国連の決議に賛成を求める場面もあった。一方、サルコジ次期大統領は「わたしの見方は、あなたと異なります。わたしは中国での開催に好意的です」と述べた。

 国際社会から非難を浴びる中国だが、15日に行われた定例会見では、「ダルフール問題に対する建設的、積極的な努力をアメリカ議員が正しく理解することを望む」と正当性を主張した。一方で、先週、ダルフール紛争に対応する担当ポストをつくるなど、批判の矛先をかわそうとする動きも見られる。

 台湾の聖火リレールート問題や施設整備の遅れなど、課題が山積みの北京オリンピック。 2008年8月、中国は「1つの夢」をかなえることができるのか、注目される。

   FNN[16日0時59分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20070516/20070516-00000691-fnn-int.html

 

 虐殺者に支援を続ける中国とそれを非難する欧米諸国。

 「1つの夢」とは、虐殺を肯定することでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/15

報道の自由、認めず

 北京五輪『報道自由』保障も… 『突発事件では当局が指示』

2007年5月15日 朝刊

 【北京=平岩勇司】北京五輪組織委員会は十四日までに、来年の北京五輪に向けた外国人記者の取材ガイドラインを発表した。「報道の自由」の保障をうたう一方、突発事件の取材は当局の指示に従う」とし、規制とみられる項目も盛り込んだ。

 ガイドラインは、中国政府が今年一月から来年十月までの限定で施行した新取材規定を具体化した内容。外国人記者の取材は「相手方の同意」さえあれば当局の許可は不要とし、「中国の政治、経済、社会、文化面の取材に適用する」と報道の自由を原則的に認めた。

 しかし「突発公共事件の取材に関して」という項目では「中国政府と関連部門は事件現場で臨時の抑制措置を取る」と規定し、「外国人記者は事件取材で現場管理人の指令と誘導に従わなければならない」と明記。突発公共事件」は新型肺炎(SARS)や大事故の際に使われる言葉で、二〇〇四年夏のサッカーアジア杯、日本-中国戦で起きた暴動も想定しているとみられる。

   東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007051502016198.html

 

 つまり結論から言うと、中国は報道の自由を認めないということですね。

 日本のリベラル系の論者は中国に対して抗議しなければいけませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の悪質な内政干渉

「憲法9条改正が核心」と関心=国民投票法成立で中国新華社

5月14日17時2分配信 時事通信

 【北京14日時事】中国の国営新華社通信は14日、憲法改正手続きを定める国民投票法が成立したことについて「日本政界に大きな食い違いがあり、特に憲法9条を改正するかどうかが一つの核心問題だ」と伝え、中国として日本の軍国主義化につながりかねない9条改正の行方に関心を示していることを示唆した。

最終更新:5月14日17時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000076-jij-int

 

<国民投票法>新華社が報道 軍国化警戒感

5月15日0時2分配信 毎日新聞

 中国の新華社通信は14日、日本で国民投票法が成立したことについて「(戦争を放棄した)憲法9条を改正するかどうかが核心だ」と伝え、日本が軍国化するのではないかとの警戒感を示した。1947年の現憲法施行以来、一度も改正されていないことを紹介し、日本の世論が憲法改正に肯定的であることも報道した。

最終更新:5月15日0時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000001-mai-int

 

 完全な内政干渉。軍拡主義・専制国家である中国になんら言われるようなものではありません。

 中国は、選挙で政治家を選べるようにするほうが先でしょう!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

100まで数えられますか?

 【中国】「100まで数えられない」と母親が4歳娘を絞殺

5月14日18時0分配信 サーチナ・中国情報局

 14日付の英字紙シャンハイデーリーによると、広東省恵州市の警察当局は12日、1から100まで数えられなかった娘(4歳)に腹を立て絞殺したとして殺人の疑いで母親を逮捕した。

 調べによると、母親は8日、宿題の手伝いをしていた際、娘を殺害した疑い。母親は遺体を箱につめてバスで運び同市郊外に遺棄。「夫に怒られるのが恐かった」と話している。

 警察によると、夫には「ショッピングセンターで娘がいなくなった」とうその電話をかけた。夫の通報を受けた警察が翌9日に遺体を発見した。警察は捜査の結果、母親がショッピングセンターに行っていなかったことを突き止め、問い詰めたところ、娘の殺害を認めた。(編集担当・菅原大輔)

最終更新:5月14日18時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000025-scn-cn

 

 1から100まで数えられないと殺されるんですね。

 ボクは数えられるのでよかったで~す♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街頭で○○ビデオが上映???

 失神者続出? 街頭でトラウマビデオが上映―湖南省長沙市

5月14日15時17分配信 Record China

 2007年5月13日、湖南省長沙市の繁華街にある大スクリーンで、帝王切開による出産のビデオが上映された。大量に流れる血に気分を悪くした者が続出した。イタズラかと思うほどショッキングな映像だったが、実は長沙市のある病院が母の日のイベントとして企画したもの。

 13日午前、繁華街にある大型スクリーンに、突如、病院の手術室が映し出された。手術室のベッドには1人の妊婦が横たわっている。その妊婦にメスを持った医師がゆっくりと近づき、手術を始めた。ビデオは帝王切開して赤ちゃんを取り出し、へその緒を切り、体を洗うまでの一部始終を数分にわたって映し出した。メスでお腹を切り広げるシーンなど、特に「刺激的」なシーンはモザイクがかけられていたが、それでも大量に流れる血に気分を悪くする者が続出。その場にへたり込む者も少なくなかった。現在妊娠中というある女性は「こんなに血が出るのなら絶対に帝王切開なんかしない」と覚えた様子。

 聞くところによると、帝王切開を映したこのビデオ、撮影したカメラマンも気持ちが悪くなって倒れたほどの迫真のビデオだという。この衝撃的なビデオの上映を企画したのは、長沙市のある病院。「母の産みの苦しみを見て、感謝の気持ちを持ってもらいたいだけ。出産という偉大な行為には苦痛も出血も避けられずについてまわるものです」とその意図を説明した。

 しかし、ある産婦人科医は「大部分の出産では帝王切開が行われないのに、わざわざ血がたくさん出る手術シーンを流したのは納得がいかない。主催者が少しでも話題にしようと衝撃的なビデオを選んだのではないか。一種の売名行為だ」と疑問を投げかけている。確かに母への感謝の気持ちを抱く前に、出産へのトラウマを持ったものも少なくなかったようだ。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月14日15時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000011-rcdc-cn

 

 街角で何を上映しているのでしょうか???

 中国人の考えていることがよくわかりません!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築後わずか10年の橋が崩落

建築後わずか10年の橋が崩落、鉄筋の品質に問題か―江蘇省常州市

5月14日15時35分配信 Record China

 2007年5月13日早朝、江蘇省常州市の橋が崩落した。負傷者は出ていない模様。

 レコードチャイナのカメラマンが現地を訪れたところ、長さ55m、幅12mという大きな橋の半分が完全に崩落していた。この橋は建築からわずか10年。日に5万台の交通量を有する幹線道路上の橋でもあり、設計では十分な強度が追求されていたという。

 現在、関係部門が崩落の原因を調査中。専門家によると、この種のフラット型の橋は内部の鉄筋が1本でもおかしくなると、それだけで全体の強度を失ってしまうと言い、使用した鉄筋の品質問題が原因だとの可能性を指摘した。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月14日15時35分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000012-rcdc-cn

 

 中国の建築技術はすばらしいですねぇ~。

 北京オリンピックは大丈夫なのでしょうか???

 とても楽しみです♪♪♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船が沈没しても知らんぷり

韓国貨物船ゴールデンローズ号沈没、16人不明

中国コンテナ船と衝突

 韓国人7人を含む船員16人が乗り組む韓国の貨物船が、中国海域で中国の貨物船と衝突・沈没し、船員全員が行方不明となった。中国海事当局は、警備艇や航空機などを動員し、二日にわたる捜索作業を行ったが、行方不明者を発見することはできなかった。

 13日の韓国海洋警察庁の発表によれば、12日午前4時5分ごろ(韓国時間)、中国大連港の南東側61キロ沖合の海上で済州船籍の貨物船ゴールデンローズ号(3849トン)が中国のコンテナ船金盛号(4822トン)と衝突、沈没した。ゴールデンローズ号には船長のホ・ヨンユンさん(58)をはじめ、韓国人船員7人とミャンマー人船員8人、インドネシア人船員1人の、計16人が乗り組んでいたが、全員行方不明になった

 ゴールデンローズ号と衝突した金盛号は、事故後大連港に自力で入港したが、事故発生7時間後の同日午前11時ごろにようやく中国煙台市海事局に事故を報告したと伝えられている。

 これにより、中国船の報告の遅れのため人命救出などの初期対応がなされず、事故が大きくなったのではないかとの批判が起きている。

 韓国海洋警察は「ゴールデンローズ号が中国大連港で鉄材コイルを積み、忠清南道唐津に向かっていた途中、深い霧のため視野を確保できず、金盛号と衝突したものと推定される」と話している。

◆ 韓国人行方不明者

ホ・ユンヨンさん(58)=船長、釜山市東区水晶5洞

ハン・スンボクさん(44)=1等航海士、釜山市蓮堤区巨堤洞

チェ・ボンホンさん(51)=2等航海士、慶尚南道鎮海市復興洞

チョン・ヘドンさん(58)=機関長、釜山市北区万徳3洞

イム・ギュヨンさん(44)=1等機関士、仁川市西区佳亭洞

ハ・ジウクさん(20)=2等機関士、蔚山市南区也音1洞

カン・ゲジュンさん(57)=調理長、慶尚南道鎮海市晴安洞

   仁川=ホ・ユンヒ記者

   韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070514000018

 

ゴールデンローズ号:事故報告の遅れで被害拡大か

 「事故が起きた後、報告だけでも速やかにしてくれれば、船員らを救助することができただろうに…」

 12日未明、中国・山東省煙台海域で衝突事故により沈没した済州船籍の貨物船「ゴールデンローズ号」の管理会社である釜山東区草梁洞のプグァン海運事務室には13日、行方不明になった船員の家族40人余りが押し寄せ、船員らの救助の知らせを待ちわびた。

 行方不明の船員のうち2等機関士のハ・ジウクさん(20)は、海事高校を卒業後すぐに産業技能要員(兵役の代替制度)としてこの船に初めて乗り組んだ。また船長のホ・ユンヨンさん(58)は、今月5日から6日にかけて全羅北道群山に入港、群山に訪ねてきた夫人や娘などの家族と楽しいひとときを過ごしたが、その一週間後に今回の事故に遭った。家族らは「加害船舶側の事故報告が遅れた経緯を徹底的に究明すべきだ」と訴えている。

 また、家族らは「船が緊迫した危険に遭遇した場合、付近の船舶がそれを察知できるよう自動警報装置が作動するはずだが、(実際には)作動しなかったことも納得できない」との疑問も提起した。

 一方、海洋警察庁と中国当局も「報告の遅れ」が事故を大きくした点に焦点を合わせ、事故原因を調査している。

 海洋警察庁によれば、ゴールデンローズ号衝突の知らせは、事故発生7時間後の午前11時ごろに中国・煙台市海事局に報告されたという。その後、午前11時50分ごろにゴールデンローズ号の管理会社であるプグァン海運側に事故が伝えられ、海洋警察庁は午後1時58分ごろにプグァン海運の報告を受け、初めて事故発生の事実を知った。海洋警察は事実確認を行った後、午後8時11分ごろに外交通商部など、韓国内29カ所の関連機関にファクスで事件を通知したと明らかにした。

 つまり、韓国海洋警察も外交チャンネルを稼働すべき外交通商部に6時間遅れて事故を通知したのだ。その外交通商部もまた、午後11時30分にようやくファクスを確認、事故対策本部を立ち上げたのは13日午前1時になってからだった。

 対応の遅れについて、海洋警察側は「初めてプグァン海運から事故の知らせに接した際は、“沈没した”との話はなく、“衝突事故があったので確認してほしい”という内容だった。そのため、具体的な事故の内容を確認するのに時間がかかった」と釈明した。

 また、海洋警察は「当初、中国船舶が7時間も遅れて事故を報告したのが問題だ。また事故直後、中国の金盛号が現場での救助義務をきちんと果たしていたのかについても疑問が生じる」と語った。海洋法に関する国連協約と国際海事機関(IMO)の海上人命安全条約(SOLAS)では、遭難信号を受信、または衝突事故を起こした船舶は、遭難した船員に対する救助任務に最善を尽くさなければならないとされている。

■ゴールデンローズ号沈没事故の推移(韓国時間)

▲12日午前4時5分=韓国の貨物船ゴールデンローズ号、中国のコンテナ船金盛号と衝突、沈没

▲午前11時=金盛号、大連港へ入港した後で中国・煙台市海事局に衝突事故を報告

▲午前11時40分ごろ=中国海事局、青島韓国船級協会事務所に事故発生を通知

▲午前11時50分ごろ=韓国船級協会事務所、ゴールデンローズ号の管理船社であるプグァン海運に事故を通知

▲午後1時58分=プグァン海運、海洋警察に事故を通報

▲午後8時11分=海洋警察、外交通商部・国家情報院など29機関に事故発生の事実をファクスで通知

   釜山=朴柱栄(パク・チュヨン)記者

   仁川=ホ・ユンヒ記者

   韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070514000020

 

 韓国船と衝突して沈没したのに知らんぷりをしてそのまま航海を続ける中国船。

 とても中国らしい話ですね♪

 中国から見れば韓国人の生命などどうでもいいようです!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

北京の地上げ屋さん♪

 物権法採択も … 北京のマンション開発 立ち退き拒否に荒業

 【北京=野口東秀】マンション開発が進む北京の住居区でツルハシやモリ、棍棒(こんぼう)などを手にした100人近い“武装集団”が今月8、9日未明、立ち退きを拒否していた住民の寝込みを襲い住宅二十数戸をたたきつぶした。マンションの開発業者は事件との関係を否定している。私有財産の保護を強化した物権法が3月に採択され、10月に施行されるが、記者が目の当たりにした地上げの現実は想像を絶していた。

 北京市朝陽区では高層マンションの開発が進む一方で、住宅があちこちで瓦礫(がれき)と化し、まるで爆撃を受けたような光景が広がっていた。テレビや冷蔵庫、自転車などが散乱し、30歳代の女性がぺしゃんこになったタンスの中身を取り出そうとしていた。身の置き場を失った数人が木片で火を起こし、昼食の支度をしていた。住民は瓦礫の山から引っ張り出した床板や車、テントでの野宿生活を強いられていた。

 複数の住民によると、事件は8、9の両日、いずれも午前2~3時の間に起きた。8日は約30人、9日は約100人がトラック十数台やフォークリフト数台で乗り付けた。この集団はツルハシやモリ、棍棒などを手に住宅に押し入り、「立ち退きだ!」と大声で叫びながら寝ていた住民を外にたたき出した。

 殴打されたり、半裸状態のまま放り出されたり、地面にひざまずかされたりした住民もいた。身の回りのものを持ち出す時間すら与えず、集団は数十分間にフォークリフトを使って住宅を破壊し尽くしたという。

 住民は110番したが、「現場から約500メートル離れた派出所の警官が到着したのは30、40分後。集団はすでに逃げ去っていた」という。

 男性住民は「東北地方の黒社会(暴力組織)の仕業だ。記者に話すと報復が恐い」と恐怖におののいていた。

 事件は一帯のマンション開発地域に住む住民に知れ渡っており、「同じ目に遭うかもしれない」と不安が広がっていた。

 破壊された住宅の場合、開発業者から住民に提示された立ち退き料は1平方メートル当たり4300元(1元約15円)。住民側は「そんな額でいったいどこに移り住めというのか」と交渉を拒否していた。

 中国では都市開発地域だけではなく、地方でも十分な補償を受けられないまま農地を強制収用された農民の不満が高まっている。昨年、土地をめぐる違法行為は全国で13万1077件(前年比17.3%増)が明るみに出、3593人が処分され、このうち501人が刑事処罰を受けた。

 胡錦濤国家主席は「社会矛盾解決や社会調和促進の能力を強化すべきだ」と強調しているが、現実はうたい文句のようにはいかないようだ。

   産経新聞(2007/05/12 22:16)

http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070512/chn070512003.htm

 

 社会調和促進の結果が地上げ屋の横行に結びついているようです。

 中国ってすばらしい国ですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

「太陽政策が金正日体制を生き返らせた」

 「太陽政策が金正日体制を生き返らせた」

北朝鮮民主化委員会委員長ファン・ジャンヨプ氏

 先月10日、北朝鮮民主化委員会の委員長に選ばれた、元朝鮮労働党国際担当書記のファン・ジャンヨプ氏(84)は、週刊朝鮮の記者のインタビューに対し「現在、北朝鮮の国民1000万人が脱北を計画しており、彼らが脱北に成功して韓国に入国すれば、北朝鮮の体制は自然に崩壊する」と語った。

 12日発売の週刊朝鮮によると、韓国に亡命して今年で10年を迎えたファン氏は、「現在、北朝鮮の国民の99%が脱北について考えている。そのうち、豆満江や鴨緑江を越えて実際に脱北する人は数十万人に上り、さらにその中で韓国に入国する人は今や1万人に達している」と強調した。

 その上でファン氏は「全面的な崩壊の危機に直面した金正日(キム・ジョンイル)体制が、韓国の太陽政策のために息を吹き返した」として、太陽政策を強く批判した。ファン氏は「1995年当時、9カ月間も配給が途絶え、軍需工場の労働者でさえ床に寝ているような状態だった。また、核兵器やミサイルなどを製造する軍需工業部の「宝の山」である専門技術者でさえも、1人2人と餓死していき、当時の軍需工業担当書記が机を叩いて、“国の宝が2000人も餓死した”と嘆いていた」と述べた。だが一方で、「北朝鮮に対する人道的な次元での食糧支援・医療支援は続けていく必要がある。コメは今送れば軍用米として備蓄されるため、コメの代わりにトウモロコシを送ればよい」とも主張した。

 またファン氏は「北朝鮮が“ハンナラ党が政権を取ったら核戦争が起きる”などと脅し、韓国に対して戦争の恐怖をあおるのは、結局のところ、韓国に親北朝鮮の左派容共政権を打ち立てようという意図によるものだ。貧しい人々のために、豊かな人々をけん制するようなことをしながら、自ら“進歩的”という人々は、共産主義者と何ら変わるところはない。こういった人々との戦いは、容共・左翼勢力に対する民主主義の戦いだ」と訴えた。インタビューの全文は12日発売の週刊朝鮮1955号に掲載されている。

姜哲煥(カン・チョルファン)記者 キム・ギョンス記者

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070512000020

 

 脱北者としてブッシュ大統領ともあったことのある朝鮮日報の名物記者・姜哲煥(カン・チョルファン)氏の記事です。

 ファン・ジャンヨプ氏もカン・チョルファン氏も太陽政策を続け、金正日を支援し続けている韓国のノ・ムヒョン政権に対してあきらめにも似た感情を抱いているのかもしれませんね。

 北朝鮮については誰よりも深く知っている人の意見ですから参考になるのですが、韓国の次期大統領が彼らの主張を組み入れてくれるのかどうか気になりますね。

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売血の実態が暴露!

 売血の実態が暴露! エイズ感染拡大の一因とも ― 湖南省婁底市

5月12日12時17分配信 Record China

 中国では売血(金銭と引き替えに献血すること)が蔓延し、社会問題となっている。

 2007年5月11日、中国最大のテレビ局であるCCTV(中国中央電視台)は湖南省婁底市新化県の売血について報道した。番組によると、売血は成分献血の手法で行われるという。成分献血は一般の献血に比べ、血液提供者への負担が少ない。しかし売血業者は別に血液提供者の健康を心配をして成分献血をしているわけではない。単に売血のサイクルを早めるためにやっているのだという。取材した村では、村民たちはだいたい週に1度のペースで売血していた。成分献血でも14日間のインターバルが必要とされているため、毎週の献血は健康を損なう可能性が高いという。

 番組が取材した村にとどまらず、中国全土で売血は流行している。エイズの感染拡大の原因ともなっているだけに、当局は厳しく規制しているが、現金収入を得たい低所得者のニーズもあり一向になくなる気配はないという。翻訳/編集・KT)

最終更新:5月12日12時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000009-rcdc-cn

 

 売血をしなければ生きていけない社会制度自体に問題があると思うのですが、

 中国の社会主義はどこに消えたのでしょうか?

 これでは労働者の国ではないですね

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい歴史認識・民間が慰安婦集め

 「民間が慰安婦集め」 米軍調査「日本軍は利益得ず」

06:12

 【ワシントン=古森義久】戦時の日本軍の慰安婦に関して、日本側の民間業者が慰安婦候補とした女性家族にまず現金を支払って彼女らを取得していたことを示す米陸軍の調査報告書があることがわかった。報告書は、この業者が朝鮮で商業利益を目的に慰安婦の徴募に直接あたっていたことを示し、現在の米側の一部の「日本軍が女性を組織的に強制徴用していた」という主張とは異なる当時の実態を明らかにしている。

 報告書は米国陸軍の戦争情報局心理戦争班により第二次大戦中の1944年9月に作成された。「前線地区での日本軍売春宿」と題され、同年8月にビルマ(現ミャンマー)北部のウェインマウ付近で米軍に拘束された日本人の慰安所経営者(当時41歳)の尋問結果が主に記録されている。

 この経営者は、日本人の妻(同38歳)と朝鮮女性の慰安婦20人とともに米軍に捕まった。この慰安婦の尋問結果をまとめた報告書は別に存在し、日米両国の研究者などの間で参照されてきたが、経営者だけについての報告書は公開の場で論じられることが少なかった。

 報告書によると、経営者は朝鮮のソウルで妻とともに食堂を開き、ある程度の利益を得ていたが、景気が悪くなり、新たに収入を得る機会の追求としてソウルの日本軍司令部に慰安婦を朝鮮からビルマに連れていくことの許可を求めた。この種の提案は朝鮮在住のほかの日本人ビジネスマンたちにも軍から伝えられていたという。

 同経営者の慰安婦集めについては「彼は22人の朝鮮女性に対し個々の性格、外見、年齢による区分で1人あたり300円から1000円の金をまずその家族たちに支払い、取得した。22人の女性は年齢19歳から31歳までで、経営者の占有する資産となった。日本軍は(この取得から)利益は得ていない。ソウルの日本軍司令部は同経営者に対し(ビルマまでの)ほかの日本軍各司令部あてに輸送、配給、医療手当などの必要な援助を与えることを認めた書簡を与えた」と記している。

 このように報告書では、この慰安婦採用の過程については日本軍が「許可」あるいは「提案」したとされ、経営者の女性集めはすべての個々人に現金をまず渡していることが明記され、「日本軍が女性たちを組織的に強制徴用して性的奴隷化した」というような米国議会の決議案の解釈や表現とはまったく異なる事情を伝えている。

 報告書によると、この日本人経営者は妻や22人の朝鮮女性とともに1942年7月10日に釜山を船でたち、台湾、シンガポール経由で同8月20日にビルマの首都ラングーン(現ヤンゴン)に到着した。女性たちはその後、北部のミッチナ(当時の日本側の呼称はミイトキーナ)地区の日本軍歩兵114連隊用の慰安所に送られたという。

   産経新聞

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/51406/

 

 さすがは産経新聞。

 そもそも慰安婦の強制連行などデタラメで、ありもしない話で日本が貶められる理由はありません!

 この正しい歴史認識を無知なアジアの人たちに教えてあげましょう!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/11

疑惑のキャラは撤去指示

 北京の遊園地、ディズニー社が著作権侵害と市当局に通報

5月11日19時58分配信 読売新聞

 【北京=竹内誠一郎】11日付の中国紙「新京報」によると、米ウォルト・ディズニー社は、北京市の国営遊園地「石景山遊楽園」がディズニーの著作権を侵害した疑いがあるとして、同市版権局に通報した。

 同園は北京五輪の関連行事だった5月初旬のキャンペーンなどで、ディズニーランドに酷似したアトラクションやキャラクターなどを登場させていた。

 同園のキャッチフレーズは「ディズニーランドは遠すぎる」。園内では、ディズニーランドの象徴でもあるシンデレラ城を模した建物や映画「ダンボ」のキャラクターに似た耳の大きな空飛ぶゾウの乗り物などが見られる。

 5月の大型連休までは、ディズニーキャラクターだけでなく、ドラえもんやキティちゃんなど日本のキャラクターに酷似した着ぐるみなども登場、AFP通信は、トレードマークの水玉模様のワンピース姿のミニーマウスの存在も写真付きで伝えている。

最終更新:5月11日19時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000111-yom-int

 

 【中国】石景山:当局が調査開始、疑惑のキャラは撤去指示

5月11日19時42分配信 サーチナ・中国情報局

 北京市版権局の王野霏副局長は10日、同市郊外の遊園地、石景山遊楽園がキャラクターの盗用を指摘された問題で、同局は調査を開始しており、結果を待って具体的な措置を取ると述べた。

 王副局長によると、米ディズニー社からも指摘を受けており、中国側も問題を重視。緊急措置として知的財産権侵害の可能性があるキャラクターの展示やパフォーマンス、関連商品の販売の停止を指示した。

 別の政府関係者によると、同園には多くの呼び物があるため、「盗用問題」が集客力そのものに及ぼす影響はそれほど大きくないという。(編集担当:如月隼人)

最終更新:5月11日19時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000028-scn-cn

 

 さすがの中国もここまで大々的に報道されるとシラを切ることも出来ずに観念したのでしょうか?

 それともしばらくの間おとなしくしていて、何事もなかったかのようにニセキャラを復活させるのでしょうか?

 クレヨンしんちゃんの件もあるので、油断は出来ないですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きている人間から臓器を摘出

Img72313

※ 画像はイメージです。

 2007年国連報告書:中国の法輪功学習者を狙った臓器狩りを立証

 【大紀元日本5月11日】最近公表された2007年度国連報告書には、国連人権委員会拷問問題の特別調査官マンフレッド・ノーワック氏の最新報告内容が含まれている。その中で、法輪功学習者が迫害を受ける具体な事案が挙げられ、生きた法輪功学習者の臓器を強制摘出・売買の臓器狩り告発や、人権派弁護士・高智晟氏への迫害などについても、詳細な調査事実が挙げられ、立証されている。希望の声ラジオが報じた。

 以下は、同調査官の報告書に記されている法輪功学習者への臓器狩りに関する調査内容。

 中国各地で、大勢の生きた法輪功学習者の臓器が強制摘出され、移植用に使われている。2001年当初から、遼寧省瀋陽市蘇家屯の病院で、彼らの臓器、例えば心臓や、腎臓、肝臓、目の角膜などを大量摘出する行為が始まった。

 法輪功学習者には心臓を衰弱させる薬物が注射されるため、臓器摘出の最中あるいは手術後に、彼らは死亡する。

 調査を行った結果、以下の医療機構の関係者が生きた法輪功学習者の臓器を移植用に使用していることを認めた。これらの医療機構は以下である。上海市中山医院の器官移植門診部、山東省千仏山市肝臓移植医院、広西省南寧市民族医院、上海市交通大学の肝臓移植センター、河南省鄭州医科大学の臓器移植センター、天津市東方器官移植中心、湖南省武漢市同済医院、広東省広州軍区総医院。

 また、以下の監禁施設の関係者から、監禁中の法輪功学習者の臓器が移植用に使われたことを確認できた。それらの監禁施設は、黒龍江省密山拘留センター、河北省秦皇島市第一拘留センター、および第2拘留センターである。

 法輪功学習者の臓器が強制摘出された後、遺体はすぐに火葬され、証拠が消される。摘出された臓器は移植する医療機関に運ばれ、国内外の患者に移植されている。

 一部の監禁施設の幹部は、以下の裁判所がこの臓器狩りに介入していると認めた。これらの裁判所は、河北省秦皇島市中級人民法院、遼寧省錦州市中級人民法院の第一量刑所、昆明市高級人民法院。

 調査した結果、確認できる臓器供給源を全部入れても、中国で実際に行われた臓器移植件数は臓器供給源の数を大幅に超えている。ここで指す「確認できる臓器供給源」は、①毎年執行される死刑囚の人数、彼らの大半は臓器を提供している②死者の家族による臓器提供(しかし、中国の文化風習により、遺族は通常、亡くなった家族の臓器を移植用に提供しない)③脳死患者による臓器提供。

 生きた法輪功学習者からの臓器強制摘出の件で、この臓器の数が合わないことを解釈できる。2000年から中国での臓器移植の実施数が急激に増加した。これは、法輪功への集団弾圧が始まった時期(1999年7月)と一致している。

 また、臓器移植を斡旋する宣伝広告では、適合臓器を見つかる確率が高いことや、待機時間が極めて短いことなどをアピールしている。そのことは、移植用の臓器を管理するコンピューター検索システムと、大量の生きた人間による臓器供給バンクの存在を裏付けている。

 調査の結果、中共当局の法律は一定の時期までに臓器売買を容認していた。臓器を移植する際に、提供者による書面の同意が必要ない上、臓器を摘出・移植する機構について、いかなるガイドラインもなかった。移植機構は臓器の提供ルートが合法であるかどうか、証明する必要もない。移植手術が倫理審査委員会の許可を受ける必要もない。2006年4月までに中国の臓器移植の価格表がインターネット上で公開されていた(注:2006年3月に臓器狩りの内部告発が出された。その直後、臓器移植を宣伝する医療機構とブローカーのウェブサイトで関連文言が相次ぎ消えた)。それを証明できる証拠を入手している。

     大紀元時報(07/05/11 12:09)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d16331.html

 

 生きている人間からろくな麻酔もせずに臓器を摘出し、売買をし、移植する中国。

 中国って人間のくずですね♪

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

占いを信じますか?

 占いを信じて? 斧で母の頭かち割る ― 安徽省ジン県

5月11日12時21分配信 Record China

 2007年5月10日朝、安徽省ジン県で45歳の息子が母の頭を斧でかち割り、殺害するという殺人事件が発生した。

 通報を受け、警察はただちに捜索を開始した。事件発生からわずか40分後、現場から500mの麦畑に隠れている容疑者・沈紹林(チェン・シャオリン)を発見、逮捕した。

 取り調べによると、沈は占いを盲信していた。先頃、母の存在が家にとっては不吉であり、沈の子供の成長に不利になるとの占いの結果を得たという。そこで10日朝、母を裏庭に呼び出し、普段は薪割りに使っている斧で頭をかち割り、殺害したと供述した。翻訳/編集・KT)

最終更新:5月11日12時21分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000009-rcdc-cn

 

 占いが好きな人はみんなこういう感じなのでしょうか?

 それとも中国人だからなのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニーをパクった遊園地に、ようやく政府の是正命令?

 ディズニーをパクった遊園地に、ようやく政府の是正命令―北京市

5月11日9時42分配信 Record China

 2007年5月10日、ディズニーキャラクターやドラえもんなどを無断使用が問題視されている北京市の石景山遊楽園に対し、北京市版権局が是正命令を出したことが明らかとなった。同園ではすでにディズニーキャラクターの使用を停止したという。

 10日、北京市版権局・王野霏(ワン・イエフェイ)副局長は、ウォルト・ディズニー社の通報を受け、北京市政府と関係部門は石景山遊楽園の調査を開始したと発表した。また、北京市はこれまで一貫して知的所有権の保護に努めてきており、違法企業には厳しい態度で臨んでいると強調した。現在、版権局では専門家による検討会議が開かれ、合法的なキャラクター利用の線引きについての検討会を開いているという。

 検討と同時に、版権局は石景山遊楽園に自主的な対応を求めた。すでに石景山遊楽園では問題となったアニメキャラクターの使用を自粛、版権局の調査に全面的に協力しているという。

 石景山遊楽園は「ディズニーは遠すぎる!石景山遊楽園にいらっしゃい!!」をキャッチコピーに、身近で体験できるディズニーランドを売り物にしていただけに、キャラクターの使用自粛は経営に大きな影響を与えると予想される。しかし同園の関係者は影響を否定し、「冒険島」「夢幻島」などの新アトラクションの建設が急ピッチで進んでおり、これにより今後集客力はむしろ増加すると述べた。(翻訳/編集・KT)

   最終更新:5月11日9時42分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000005-rcdc-cn

 

 【中国】外交部:石景山遊楽園のキャラクター騒動に注目

5月11日11時20分配信 サーチナ・中国情報局

 中国外交部は10日、定例記者会見を行った。「北京の石景山遊楽園が米国のディズニーのキャラクターを模倣していると報道されているが、どう受け止めているか」との質問に、姜瑜副報道局長は「報道に注目している。中国政府は知的財産権の保護を重視しており、外国からの投資家の合法的権益を守っている。我々は近年、知的財産権の保護に多くの人と資金を投入し、対策を強化してきた。成果は絶大で、世界の大多数の国々や国際機関などから高い評価を得ている」と語った。(編集担当・菅原大輔)

   最終更新:5月11日11時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000004-scn-cn

 

 中国の知的財産権への対応を高く評価している大多数の国とはどの国のことなんでしょうか?

 具体的に国名を挙げてほしいですね♪

 中共はいつもこんな感じで人をだましますからね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/10

給料袋の中身は「偽札」、怒る作業員を工場が解雇

【中国】給料袋の中身は「偽札」、怒る作業員を工場が解雇

5月10日19時4分配信 サーチナ・中国情報局

 広東省仏山市の順徳区にある染物工場で9日、作業員約20人に支給された4月分の給料が偽札だったことが判明した。作業員が会社側に抗議したところ、逆に解雇処分となった。10日付で広州日報が伝えた。

 事件が発覚したのは作業員2人が紙幣が偽物ではないかと気づいたため。近くのスーパーマーケットにある検査機でチェックしたところ、偽札と判明した。

 2人が仲間に伝えたところ約20人が偽札を支給されていたことが分かった。作業員らの抗議に会社側は「銀行のミスだ。本当の紙幣と交換するかどうかは銀行と交渉して決める」と回答、作業員に現場に戻るよう命じた。怒った作業員は就業を拒否したが、会社側は「職務放棄」を口実に解雇を言い渡した。

 近所で工場を営む男性が騒ぎの一部始終を目撃し、警察に通報した。この男性によると、同工場で偽札が作業員に支給されたのは今回が初めてではないという。同工場は広州日報の取材に対して「我々も被害者だ」と釈明した。(編集担当・菅原大輔)

最終更新:5月10日19時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000026-scn-cn

 

 さすがは中国! 期待通りにやってくれます!

 偽札を渡しておいて、従業員が怒ったらクビですか?

 さすがは労働者の国ですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッキーではない!「大耳の猫だ」

 【中国】石景山遊楽園:ミッキーではない!「大耳の猫だ」

5月10日13時50分配信 サーチナ・中国情報局

 サーチナなど日本メディア各社が5月初旬から、北京の石景山遊楽園でミッキーマウスなどのコピーが使われていると報じたところ、国営通信社の中国新聞社など多くのメディアが記事を転載するなど、中国でも波紋が広がっている。中国メディアの取材に対し、同社広報部はミッキーのコピーだとされたキャラクターを、「ネズミではなく、耳の非常に大きな猫」などと強弁した。

 同社によると、「猫キャラクター」は全国からデザインを募集して、専門家を交えた検討の結果採用した。「猫」の家族は計4匹で、大型連休のパレードに登場する。中国メディアの取材によると、9日の取材時に「猫」の姿は見あたらなかったという。

 日本のメディアに従業員が、他社のキャラクターを使っていると答えたことには「正規の職員ではなく、連休時期のパレードに出演している役者。園のことは全く理解していない」と主張。日本のメディアで紹介された画像も、「全て園内で撮影されたどうか確認の方法がない」と述べた。編集担当:如月隼人)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000014-scn-cn

 

 【石景山遊楽園】(石景山遊園地)

2007/05/02(水) 20:24:43更新

 北京市石景山区にあるテーマパーク。中国語のローマ字表記は「Shijingshan Youleyuan」。

 敷地面積は33.89万平方メートルで園内に約70のアトラクションを設けており、乗り物の数でも中国大陸部で最多とされている。開業した86年の売上高は約2000万元だったが、05年には8000万元を超えた。年間入場者は150万人以上。2004年に、従業員による資産所有を基本とする集体企業になった。

 同園は2000年から連続して北京市精神文明模範組織に選ばれ、国家観光局からはAAAAクラス観光スポットに認定された。また、02年には品質の国際基準ISO9001、05年には環境保護のISO14000の認証を受けた。

 ただし今後は同園が、国外のテーマパークのコンセプトや人気キャラクタキャラクターをまねているとして問題視される可能性がある。公式サイトでも「ディズニーの雰囲気を備えたジョーンズの冒険」「ヨーロッパ調の幽霊の邸宅」などと目玉アトラクション紹介。また、同園は「ディズニーは遠すぎる。石景山遊楽園にいらっしゃい」をキャッチフレーズにしている。(編集担当:如月隼人)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0502&f=keyword_0502_001.shtml

 

 ぎゃっはっはっはっはっ

 中国・石景山遊楽園はいつまでもオリジナルだといって言い逃れるつもりなのでしょうか?

 日本のテレビに出た映像も「すべて園内で撮影されたものかどうかわからない」とか言ってごまかして、日本のメディア側から苦情が来たらどう対応するのでしょうか?

 どこかのテレビ局が中国に対して名誉毀損で訴えるべきですね♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフリカから来たシマウマ?

 ディズニー模倣を超えた! 大胆すぎる新たなニセモノが登場―吉林省長春市

5月10日11時20分配信 Record China

 最近、ディズニーを模倣したと言われる、北京市の石景山遊楽園が注目を浴びているが、そもそも中国といえばDVDの違法コピーや偽ブランド品をはじめとする「海賊版大国」として知られている。服・鞄・時計・DVDといったありがちなものから、食品・卒業証明書・資格試験の合格証など、ありとあらゆるものにニセモノがあると言われるほど。しかし、このゴールデンウィークに今までになかった、全く新しいニセモノが登場した。

 この革新的なニセモノが登場したのは、吉林省長春市の動物園で行われているシマウマの騎乗イベント。2007年5月7日午前、レコードチャイナのカメラマンは市民からの通報を受け、現地を取材した。騎乗イベント会場に到着すると、すぐに問題の「シマウマ」を発見。体にはシマウマの特徴である縞が刻まれているが、しかしどことなくシマウマとは違う。特にたてがみの差異が明らかだ。普通のシマウマは黒一色なのに対し、この「シマウマ」は白と黒が入り交じっている。

 早速、騎乗イベントの係員に「このシマウマは本物なのか」と聞いたところ、係員は「このシマウマはアフリカから来た。アフリカから来たのがシマウマじゃなければ、なんだっていうんだ」とぶっきらぼうに答えた。ふと脇を見ると、「シマウマ」の隣には、普通の馬も騎乗できるように準備されていた。2頭の馬を比べるとうり二つ。単に縞がついているかどうかの違いでしかない。恐らく白馬に縞を塗っただけではないのだろうか。

 この偽シマウマの騎乗イベントは大変な人気で、カメラマンが訪れてから5分ほどの間に3組もの旅行客が騎乗していた。うち一組の母子に「偽シマウマではないか」とインタビューしたところ、「一目で本物じゃないとわかるけど、子供が楽しんだから別にいいわ」との意外な答えが帰ってきた。

 市民の反応に拍子抜けしたカメラマンだったが、どうにも納得がいかず、今度は動物園の管理部に連絡、偽シマウマについて通報した。管理部は、騎乗イベントの「シマウマ」が本物かどうかについては関知していないが、と前置きした上で、「本物か偽物かはたいした問題ではないと考える。重要なのは旅行客が楽しんだかどうか」とコメントした。

 詐欺事件を発見したと勢い込んだカメラマンだったが、市民と動物園管理部のそっけない態度に勢いをくじかれてしまった。もっとも彼らの対応こそ中国の知的所有権保護に関する根本的な問題を象徴するものと言えるかもしれない。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月10日11時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000010-rcdc-cn

 

 ディズニーランドのニセモノの次はシマウマのニセモノ。

 中国にないニセモノはないようです!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

死人に罪を問う朝日新聞

 首相と靖国―抜け出せぬジレンマ

 靖国神社の春季例大祭で、安倍首相が神前にささげる供え物を出していた。「真榊(まさかき)」と呼ばれるサカキの鉢植えだ。「内閣総理大臣」という木札が付けられていた。首相の奉納は中曽根元首相以来約20年ぶりのことである。

 政府は、首相のポケットマネーで払い、私人としての事柄だから、「コメントすべきことではない」(塩崎官房長官)という立場だ。

 首相の肩書で、神事に使う供え物を奉納し、神社側も「お気持ちを示されたのだと思う。ありがたい」と歓迎している。これが「私人としての事柄」とは、なんとも奇妙な話である。

 政教分離の原則から疑問があるのはもちろんのこと、忘れてならないのは靖国神社の性格だ。

 靖国神社は、隣国を侵略し、植民地化した戦前の軍国主義のシンボルだ。その歴史はいまもなお神社内の戦争博物館「遊就館」で正当化されている。さらに、先の大戦の責任を負うべき東条英機元首相らA級戦犯を合祀(ごうし)したことで、天皇の参拝も75年を最後に止まり、首相の参拝をめぐって国論も分裂した。

 首相名で供え物を奉納することが政治色を帯びないわけがない

 そのことは首相もわかっているだろう。本当は参拝したいが、中国や韓国との外交問題になるので控えている。一方で、参拝しないままでは本来の支持層である参拝推進派に見限られてしまう。せめて供え物ぐらいはしておきたいということではないか。

 こうしたどっちつかずの態度をとるのは、いまに始まったことではない。

 昨年の春季例大祭のころは、自民党総裁選を前に、靖国神社参拝が争点になっていた。当時小泉内閣の官房長官だった安倍氏は「外交問題化している中、行くか行かないか、参拝したかしないかについても言うつもりはない」と述べた。その実、ひそかに靖国神社に参拝していたのだ。

 安倍首相は就任直後に中韓両国を訪問し、両国との関係を劇的に改善した。その後、靖国神社に参拝していない。

 首相は慰安婦問題でも、日本の責任をあいまいにする発言をして国際社会から批判されると、訪米時にブッシュ大統領に謝罪した。

 こうしたことが保守の支持層からの批判を招き、ここにきて「安倍氏の登場が保守つぶしの巧妙な目くらましとなっている」(評論家の西尾幹二氏)と嘆かれるほどになった。首相としては気が気ではあるまい。

 だが、首相がかつて掲げた勇ましい右寄りの課題は、実際に政権を担う身になると、実行することはむずかしい。

 国際社会の一員としての日本の地位や9条の改憲を望んでいない世論などの制約の中で、ナショナリズムの地金を小出しにする。そんなやり方を続ける限り、首相がジレンマから抜け出す道はない。

     日本・朝日新聞社説

http://www.asahi.com/paper/editorial20070509.html#syasetu1

 

  【主張】首相の靖国奉納 騒ぎ立てる問題ではない

 安倍晋三首相が4月の靖国神社例大祭に「内閣総理大臣」名で「真榊(まさかき)」を奉納したことが、一部マスコミなどで問題視されている。

 批判する側の論調は、小泉純一郎前首相の靖国参拝を批判したときとほとんど変わっていない。一つは、首相の奉納が憲法の政教分離原則に違反するという批判だ。しかし、小泉前首相の靖国参拝を憲法違反とする訴訟は、最高裁判決で次々と原告敗訴が確定している。

 安倍首相をはじめ歴代首相は毎年、伊勢神宮に参拝している。これを批判する論調は、あまり聞かれない。政教分離原則を振りかざした違憲論は、すでに説得力を失っている。

 もう一つの批判は、靖国神社を戦前の軍国主義のシンボルと決めつけ、東条英機元首相らいわゆる「A級戦犯」をまつった靖国神社に首相が奉納することは、近隣諸国との友好の妨げになるという論調である。

 今回の安倍首相の奉納に対し、韓国は「地域内の平和安全の基礎になる正しい歴史認識に逆行するもので、非常に遺憾に思う」(外交通商省)との論評を発表した。中国は直接的な批判を避け、「靖国神社問題は中日関係の重大かつ敏感な政治問題だ」(外務省報道官)と懸念を示すにとどめた。

 とりわけ、中国の以前より抑え気味の反応が目立つ。先月、温家宝首相が中国首脳として6年半ぶりに来日し、安倍首相と会談した。江沢民時代のような反日ムードを煽(あお)ることは米中関係にとっても得策ではないとする中国当局の意向も働いているだろう。

 そのような時期に、安倍首相の靖国神社への奉納を批判する論調はかえって、修復されようとしている日中関係に水を差すものといえる。かつては、靖国問題や教科書問題で日本のマスコミ報道が中国や韓国の内政干渉を誘発し、外交問題に発展したが、そんな時代ではなくなりつつある。

 今春の靖国神社例大祭には、三権の長である河野洋平衆院議長も真榊を奉納した。安倍首相の奉納だけをことさら批判するのも理解に苦しむ。

 靖国神社は戦没者慰霊の中心施設である。日本の首相が国民を代表して参拝し、あるいは奉納して、国のために亡くなった人たちを追悼することは、当然の行為である。

   産経新聞社説(2007/05/10 05:02)

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/070510/shc070510000.htm

 

  【政教分離】 政治と宗教を分離し、互いに干渉することを禁止すること。日本国憲法は、信教の自由を保障し、国・地方公共団体が、特定の宗教団体に特権を与えたり宗教的活動を行なったりすることなどを禁止し、政教分離の原則を定める。国教分離。

   三省堂提供「大辞林 第二版」より

http://dictionary.msn.co.jp/result.aspx?j=%e5%9b%bd%e8%aa%9e&keyword=%e6%94%bf%e6%95%99%e5%88%86%e9%9b%a2&startcount=0&matchtype=startwith¤titem=11020400

 

 結論あり気で安倍首相を貶めようとしている朝日新聞

 もはや裁判で結論が出ているのに知らん振りをしています。

 靖国神社に参ろうが榊を奉納しようが、特権を与えているわけでもなく宗教活動を禁止しているわけでもない。

 死ねば仏が日本の常識。死人に罪を問う朝日新聞はどこの国の新聞なのでしょうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい歴史認識

 日韓交流記念の碑、説明板から「東海」削る…鳥取・琴浦  

5月9日13時20分配信 読売新聞

 韓国・江原道と交流している鳥取県琴浦町が、町内の日韓友好交流公園「風の丘」にある交流記念碑の説明板(ステンレス製)に書かれている「日本海(東海)」のうち、韓国での呼称「東海(トンヘ)」の部分を削り取っていたことがわかった。

 記念碑と説明板は、江戸時代に同町沖に漂着した江原道の商船を鳥取藩の番所が救助した史実を記念して、合併前の旧赤碕町が1994年に設置。縦40センチ、横1メートルの説明板には「将来にわたり日本海(東海)が日韓両国にとって平和と交流の海であることを祈念し」などと記されていた。

   最終更新:5月9日13時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000005-yom-soci

 

 鳥取県・韓日友好公園内の碑文 から ‘東海’表記を削除

 日本鳥取県の韓日友好交流公園内の碑石に記されていた‘東海(トンへ、日本名・日本海)’の文字が、最近、この地域の町長によって削除された事実が明らかになった。

 この碑石は、江戸時代から東海で漂流した韓国漁船が漂着していたことを伝えるため、94年にある遊園地に建てられた。 その後、03年8月に韓日友好交流公園が造成されたことで、琴浦町に移された。

 碑石には「記念碑は将来にわたり、日本海(東海)が日韓両国にとっての平和と交流の海であることを記念し…」と彫られていた。 しかし今年3月、琴浦町の田中満雄町長が「東海」の部分を削除したのだ。

 現地の日本海新聞によると、田中町長は「‘東海’は日本人にはなじみの薄い言葉であり、日常的に使っている日本海という表現だけで十分だと判断した。日韓友好の立場には変わりはなく、今まで通り友好関係を築いていく」と明らかにした。

 鳥取県の公務員は「琴浦町から削除の直前『日本政府と鳥取県の統一された見解はあるのか』という問い合わせを受け、外務省の公式見解ととともに、鳥取県はパンフレットなどで日本語では‘日本海’、ハングルでは‘東海’とする立場であることを伝えた」とし「鳥取県は今回の削除問題に関与せず、該当地方自治体が判断したこと」と説明した。

 在日本大韓民国民団(民団)鳥取地方本部の薛幸夫(ソル・ヘンブ)団長は「日本海と東海を併記したのは、両国の交流のために望ましいと判断した結果であり、それに基づいて韓日友好公園に碑石を建てた」とし「直ちに抗議文を送って是正を求める」と語った。

   東京=金玄基(キム・ヒョンギ)特派員 2007.05.09 18:41:44 

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=87314&servcode=400§code=400

 

 日本で東海といえば名古屋近辺の地域の名前です。

 紛らわしい表現を削除して、正しい歴史認識を示した鳥取県・琴浦町の田中満雄町長はえらいです!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/09

中国緑茶はいかがですか?

 【中国三面記事】特製緑茶……は飲みたくありません

5月9日12時0分配信 NNA

 杭州市の4つ星ホテル、米蘭假日酒店。上海からきた友人、王さんを十分もてなそうと張さんが予約、チェックインして部屋に落ち着いた。

 まずはお茶でも、と電気ポットでお湯を沸かす。緑茶をくっと飲んだ王さん、「これ、なんだか味が変」。「竜井茶の味も知らないの?」と冗談まじりに声をかけながら、電気ポットのふたを開けた張さんの目に飛び込んだのは、お湯にぷかぷか浮かぶコンドーム。よくよくみると、明らかに使用済み……。

 王さんがトイレに駆け込み、吐いたのは言うまでもない。ホテル側は全面的に謝罪、慰謝料5,000元を支払った。とはいえ、いくらもらおうが、そんな緑茶は飲みたくありません。ホテルの電気ポットは要確認。【1日・杭州日報】<浙江>

   最終更新:5月9日12時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000026-nna-int

 

 中国でお茶を飲むときはこんなことにも気をつけらければいけないんですね。

 勉強になります~♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットを封鎖せよ!

   中国ネット封鎖の実態

 【大紀元日本5月8日】国連機構が主催するシンポジウム「市民記者:言論の自由手段、インターネット」が5月3日、ニューヨーク国連会議室で開催された。80人収容できる会場に国連関係者およびメディア報道関係者たちが詰めかけた。

 博訊ネットの創始者・韋石氏と同ネットのブログ開設者で、ペンシルベニア州フィラデルフィア市ドレクセル大学(Drexel University)商学部の謝田教授は、来場者に中国インターネット利用者に関連する資料を示しながら、中国当局の情報統制とその被害者について説明した。来場者たちの関心は強く引き寄せられ、質問が絶えなかった。

 * 中国当局のブログ封鎖および逮捕

 韋氏は、2000年にマイ・スペースやユー・チューブなどを利用し、低コストと中国国民から提供された情報により、より早く中国国内の真相情報をリアルタイムで報道することができたと説明した。韋氏は、中国共産党(中共)はこれまでに博訊ネットのウェブサイトを封鎖したり、博訊ネットへ情報を提供する者に対して、懲罰を与えたりしており、強いては博訊ネットが利用している海外のサーバーへ圧力を掛け、博訊ネットが使用できないように1日停止させたこともあったという。これに対して、博訊ネット側は法的手段に訴え、中共当局がようやくネット使用を回復させたと、同サイト創設の経緯と中国の情報統制を紹介した。

 韋氏は3人のブログ開設者の写真を来場者に見せながら、中共当局に「国家政権転覆罪」として、投獄された実例を挙げて説明した。

 ・山東省出身の黄金秋さん、ペンネーム「清水君」。ネット上で政府を批判する文章を発表し、「中国愛国民主党」を仮設したことを理由に2004年に、12年の有期懲役に処せられた。

 ・元「福州日報」取材部の李長青・副主任は2005年、博訊ネットで政府当局に対し、デング熱疫病情報の隠蔽を譴責したとして3年の懲役刑を言い渡された。当時、博訊ネットでデング熱が報道されてから、政府当局はようやく疫病は福州で発生したことを認め、すでに1ヶ月間隠蔽し続けていたという。

 ・中国四川省重慶市の黄琦さんは、ブログでの尋ね人コーナーで行方不明者が「六四天安門事件」に拘わっているだけで、強制連行され非合法に3年間監禁されたのち、2003年5月に5年の懲役刑を言い渡された。

 * 中国と自由国家、相違するサイト内容

 一方、中国にいる謝教授の母親は、同教授が博訊ネットに開設したブログを見ることはできないという。謝教授は、中国大陸内および自由国家で見られるそれぞれのウェブサイトをスライドで紹介し比較した。謝教授によると、中国のウェブサイトは多様多種だが、ポルノと暴力が絡むものがほとんどであると指摘した。一方、自由国家のウェブサイトでは、歴史、文化および「九評(共産党についての九つの論評)」が引き起こした脱党運動の波とファールンゴン(法輪功)など、中共当局が中国人に知らせたくない情報など幅広く及んでいる。

 謝教授は、中国全土にわたる膨大なインターネットを有するにもかかわらず、国外と接続できるのは北京、上海および広州の3箇所だけだと指摘し、中共当局はまさにこの3箇所に対して情報を封鎖し、中国のインターネットを厳しく制御し、国外と隔離させていると分析した。

 謝教授は「面白いことに、中共は自らのウェブサイトを封鎖したこともある」と指摘した。スライドに映し出された写真は、2002年6月に、貴州で発見された2・7億年前から生成された岩が500年前に断層が生じ、割れた一面に「中国共産党亡」の模様が現れている報道だった。中共当局は一時、「亡」の字を隠し大々的に報道したが、のち、海外のメディアに指摘されてから、関連ウェブサイトを封鎖したという。

 謝教授は、民衆が中共当局のネット封鎖に対して、突破しつつあることおよび中国国内のウェブサイトで絶えずに増えつつあるブログの開設に言及した。また、世界インターネット自由協会(Global Internet Freedom Consortium,IFC)は、努力によって、近いうちに封鎖を突破する最新技術の開発によって、最終的に中国ないし世界のインターネットでの自由表現が実現されることが、最も人心を奮い立たせることだと語った。

 * 開催が危ぶまれたシンポジウム

 「国境なき記者団」ニューヨークのタラ・ドゥラサハイ(Tala Dowlatshahi)主任は、中国が言論の自由を踏み躙っていることに言及し、メディア関係者に配布した資料の中に、5つの手錠でできた五輪のシンボル、「北京は五輪を開催?」および「中国は人権侵害のゴールド・メダルを獲得」が印刷されている。

 一方、エジプトから来たノラ・ヨーニス(Nora Younis)さんは、来場者たちに対して、同国のインターネットの自由利用を支援するよう呼びかけた。一部の国連関係者およびネット運営作家たちは、ネット封鎖は中国のほかに、一部の国においても同様な問題が存在しているとし、問題になった国々はまさに国連内部で「権力を握っている」と指摘した。

 米駐国連代表クレラ氏は、国連では人権侵害が発生している国々に対して、適切な措置を講じることができなかったことを認めたと同時に、今回のシンポジウムの開催も各方面からの圧力があったとし、一時開催が危ぶまれたことを明らかにした。しかし、今回は実際に成功した上、多くの関係者の参加を得て、障害を突破する努力は功を奏し始めたとの見解を示した。

 シンポジウムのコーディネータで「ロサンゼルス・タイムズ」コラムニストのブリジット・ジョンソン氏は、国連人権委員会のメンバーに、中国など人権侵害を容認する政府が含まれていない時が来ることを信じると強調した。

大紀元時報(07/05/08 08:46)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/05/html/d93726.html

 

 インターネットを封鎖し、自国にとって不都合な情報をすべて削除する中国。

 そのために3万名というスタッフがネットを監視しし、違法な情報を削除し続けているといわれています。

 もっと有意義なことに力を入れるべきだと思いますが…

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/08

北朝鮮、世襲失敗なら内戦?

 北朝鮮、世襲失敗なら内戦も=金一族、「混沌たる状況」-米専門家

5月8日15時0分配信 時事通信

 【ワシントン8日時事】米国防総省傘下の研究機関、海兵隊大学の朝鮮半島情勢専門家ブルース・ベクトル准教授は8日までに、北朝鮮の金正日労働党総書記の後継問題に関する論文をまとめた。ベクトル氏はこの中で、金総書記が後継者への世襲プロセスをうまく推進できなければ、北朝鮮の不安定化を招き、内戦状態に陥る可能性すらあると予想。北朝鮮国内にとどまらず、地域諸国の政治、軍事、経済面に否定的影響を及ぼしかねないと警告した。特に米国にとっては、北朝鮮の保有する大量破壊兵器の管理が最大の課題になると指摘した。

 米政府系の研究者が金総書記の後継問題の影響をめぐる論文を作成、公表するのは異例。金総書記が65歳を迎えながら、後継体制の見通しが不透明な中、米外交・軍事専門家の間で体制不安定化を念頭に置いたシナリオ分析が活発化していることを意味する。

 ベクトル氏はこの論文で、後継問題に絡み、金総書記の義弟、張成沢氏の「粛清」情報や軍高官ら多数の亡命説が一時流れたほか、金総書記の長男、金正男氏の暗殺未遂事件が報道されたことを紹介。金総書記一家をめぐって不穏な動きが伝えられていると指摘した。また、2005年以降、金総書記の2男、金正哲氏が後継者に選ばれたとする「うわさ」があるものの、これを打ち消すような情報もあるとし、「金一族をめぐる状況は混沌(こんとん)としている」と現状を分析した。

最終更新:5月8日17時43分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000096-jij-int

 

 もし北朝鮮で内戦が起これば、難民が日本沿岸に流れ着く可能性があります。

 なかには武装している難民が紛れ込むかもしれません。

 内戦もイヤですけれど、かといって世襲されるのも問題ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニー模倣でも問題なし?

 ディズニー模倣、問題なしが20%超え。知的所有権に関するネット調査―北京市

5月8日12時16分配信 Record China

 ディズニーやドラえもん、キティーちゃんなどを模倣したキャラクターを使っている石景山遊楽園は、中国の知的所有権保護が不十分な現状を示す事例として、多くの海外メディアが取り上げている。過熱する海外の報道を受け、中国メディアも石景山遊楽園関係の報道が始まった。7日、中国の大手ポータルサイト・Sina.comはこの問題に関するネット調査を実行した。

 調査には二つの設問が用意された。第一の質問は「石景山遊楽園がディズニーキャラクターを使って旅行客を呼ぼうとする行為は過ちだと思うか?」というもの。8日午前段階での途中経過では、65.11%が「知的所有権の侵害であり、中国の国家イメージを損なう」と回答。続いて23.19%が「過ちではない。単にディズニーが作り出したキャラクターを使っただけ」と回答。8.24%が「過ちではあるが、たいした問題ではなく海外メディアが騒ぎすぎ」と回答した。

 第2の質問は「石景山遊楽園のディズニーキャラクター模倣事件の原因は何だと考えるか?」というもの。同じく8日の途中経過では、「企業の知的所有権遵守の意識が弱い」が49.79%で1位「政府の知的所有権保護の取り組みが不十分」が25.42%。外国人は知的所有権を建前に、中国に圧力をかけている」が22.58%となった。

 回答では中国の知的所有権保護の現状を問題視する意見が半数以上を占めたが、問題はないとの解答も2割を超えていることが注目される。(翻訳/編集・KT)

最終更新:5月8日12時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000010-rcdc-cn

 

 知的ではない中国人は、知的財産権が理解できないようです。

 こんなバカなこといつまで続けるつもりなのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/07

「容疑者、存在しない」北朝鮮のウソ

 「容疑者、存在しない」=2児拉致事件は「謀略」-北朝鮮

5月7日15時1分配信 時事通信

 1973年に失跡した北海道出身の主婦渡辺秀子さん=当時(32)=の子供2人の拉致事件で、政府が北朝鮮に容疑者の引き渡しを求めていることについて、北朝鮮の政府当局者が「存在しない人に対しての国際手配は不可能」と述べ、事件が日本側の「謀略」だと主張していたことが、7日分かった。

 北朝鮮外務省日本担当のリ・ビョンドク研究員が先月30日、平壌を訪れた浅野健一同志社大教授との会見で述べた。同事件で、北朝鮮の反応が明らかになったのは初めて。 

   最終更新:5月7日15時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000079-jij-int

 

 どうせウソをつくなら、もっとまともなウソをつけないんでしょうかね。

 日本のニュースでは容疑者の兄の話も流れているのに、「存在しない」なんてウソは通用しませんよね。

 言い訳があまりにもマヌケです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪薬として売られていた中国産毒性物質

 中国産毒性物質、風邪薬として売られていたパナマで被害相次ぐ

 昨年9月、パナマシティーの公衆病院に特異な症状の患者らが押し寄せた。この患者らは、身体の一部の機能が停止または麻痺し、呼吸困難に陥った患者までいた。死亡者も続出したが、はっきりとした病気の原因は分からないままだった。

 唯一の手がかりは、患者らが風邪シロップを飲んだ後に特異な症状を見せ始めたという点。ついに米国の医療陣までもが急きょ派遣され、1カ月余りの調査の末判明した原因は、風邪シロップに含まれていた「ディエチレン・グリコール」だった。産業用に幅広く使用されているこの化学物質は、食用が禁止されている毒性物質。現在までに申告された死亡者数は365人で、このうち当局の調査で確認された死亡者数は100人余りに達し、大部分の被害者は母親が与えたシロップを飲んだ幼い子供たちだった。

 さらに問題の風邪薬は、政府が配布したものだっただけに大きな衝撃が走っている。昨年5月、パナマ保険当局は長期にわたる雨期を控え、26万本の風邪シロップを製造・配布した。

 ところで、政府が配布した医薬品に毒性物質が混入するなどということが、なぜ起きたのだろうか。

 その最大の原因は中国で製造された偽造薬。米紙ニューヨーク・タイムズは6日付で、中国で製造された毒性物質が、どのようにして地球の裏側のパナマに風邪薬と偽って流通したかについて、そのルートを追跡、報道した。

 当初、パナマ当局が風邪薬の材料を調達する際、シロップビンに記されていたのは、せき止め薬や解熱剤によく遣われる「グリセリン」だった。しかし、グリセリンは価格が高いため、一部の悪徳業者らは、価格が半分程度の産業用「ディエチレン・グリコール」を使用することがあるという。

 こうした毒性シロップは、これまでにもハイチやバングラデシュ、アルゼンチン、ナイジェリア、インドなど、世界各地で発生した多くの毒物・劇物集団死亡事件の原因として推定されてきた。しかし、毒性物質の出どころは現在まで謎に包まれていた。

 ニューヨーク・タイムズは、パナマ事件に関連する書類と役人らの証言を通じ、この毒性薬品の出どころを逆追跡して行った。その結果、パナマ・コロン港を通じて輸入された偽造の「99.5%純粋グリセリン」薬ビンが、北京の貿易会社とスペイン・バルセロナの貿易会社を経て輸入されていたことが判明した。偽造シロップは、アジア、欧州、中米の3大陸を経て売買されたが、この間書類だけを交わし、誰も薬の内容をきちんと確認していなかったことも明らかになった。

 そして、この偽造薬を製造したのは、上海近郊の恒祥に位置するある化学薬品工場だった。工場が位置する揚子江三角州工業団地では、無許可の偽造薬品製造工場らとブローカーらが公然と活動している、とニューヨーク・タイムズは暴露した。

 ニューヨーク・タイムズは、今回のケースが▲中国製商品が世界市場で占める比重に比べ、安全に関する規制がどれほど遅れているか、▲国家間の通関・検疫手続きが偽造薬品の流通にどれほど無力なのかを示す代表的なケースと指摘した。

   全炳根(チョン・ビョングン)記者 韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070507000034

 

 中国って怖い国ですね。薬と偽って毒を売るんですね。

 あまりにも倫理観がなさすぎると思います!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非文化的民族

 中国人観光客のひどすぎるマナーに苦情続出!―世界各国観光地

5月6日20時40分配信 Record China

 2007年5月5日、今年の「五・一」大型連休期間中に海外へ出かけた中国人の数は過去最高を記録したが、その中国人たちの海外観光地でのマナーの悪さが問題になっているそうだ

 中国人観光客を迎えるタイ国の現地ガイドは、「まともな教育を受けていない人々が多く、説明しても何もわからない。金持ちぶるくせに、高級な店に案内すると高価すぎると文句をいう。」と批判。

 日本のガイドたちは、中国人観光客がいつでもどこでも大声で話し、態度も大きく、少しでも気に入らないことがあるとすぐに怒り出すのが困るという。

 アメリカのガイドにとって、ビュッフェスタイルのレストランでチップを払わないのは中国人観光客だけだという。

 すべての国のガイドが共通していうことは、中国人観光客は他人をまったく信用せず、何でも自分たちで決めてしまうそうだ。ガイドの話や店の定価を無視するその態度が、世界各地で反感を買う結果になるという。

 海外へ出かける中国人の増加にともない、海外で通用するマナー教育が早急に必要だと報道は伝えている。(翻訳/ 編集本郷智子)

最終更新:5月6日20時40分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000015-rcdc-cn

 

 さすがは中国人。世界各国でムチャクチャしています。

 こんな野蛮人を海外旅行させてはいけませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

「過去ばかり見ていては良いことはない」

 <香港裁判所>靖国参拝中止求め脅迫状、男に社会奉仕判決

5月5日21時49分配信 毎日新聞

 靖国神社への参拝中止を求めて安倍首相(当時は官房長官)らに脅迫状を送りつけたとして脅迫罪に問われた香港の男性被告(25)に対し、香港の裁判所は4日までに、200時間の社会奉仕に服するよう言い渡した。4日付の香港紙は、裁判官が被告に対して「過去ばかり見ていては良いことはないと、述べた」と報じた。

   最終更新:5月5日21時49分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000064-mai-int

 

 そうです。過去ばかり見ていてはよいことなどありません。

 誰かにきちっと言ってやりたいですね。

 え~っと、誰にだっけ???

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『幻の三中井百貨店』

 『幻の三中井百貨店』が韓国人に問いかけるものとは

【新刊】林広茂著(キム・ソンホ訳)『三中井百貨店(原題:幻の三中井百貨店)』(ノンヒョン) 

 地上6階、地下1階、延建坪2504坪、白亜の威風堂々たるルネサンス様式の建物。1・2階の売り場には化粧品と婦人服、4階は紳士服、5階は家具と電化製品、6階は貴金属とレストラン。最新の商品で満たされた華麗なショーウインドーの前には常に客が押し寄せ、大規模な企画セールの際は、足の踏み場もないほどだった。また、商品券や限定販売、景品に休日営業、夜間延長営業などの様々なマーケティング戦略が次々に打ち出された。

 これは一時期、ソウルのある百貨店で見られた光景だ。その百貨店とは、1933年から45年まで現在の明洞ミリオレの位置に存在していた三中井百貨店だ。

 当時三中井は、現在の新世界本店に位置していた三越、旧美都波の位置にあった丁子屋、大然閣センタービルの位置にあった平田、鍾路タワーの位置にあった和信とともに「京城(ソウル)五大百貨店」の一角を占めていた。このうち、朝鮮全域をカバーし、抜きん出て最大規模の流通網を掌握していたのが三中井だった。朝鮮に12の店舗を置き、旧満州や中国にも6店舗を構えていた三中井は、全盛期には従業員4000人、年間売上高1億円(現在の価値で5000億円)の規模を誇るまさに「百貨店王国」だった。

 しかし、1945年の終戦とともに、三中井は痕跡すら残さず消滅してしまった。

 日本のマーケティング専門家である著者は、現存する資料や証言などを通じ、その「消えた企業」の歴史復元作業に取り組んだ。中江勝治郎(1872-1944年)をはじめとする創業者4兄弟は、1905年に大邱に小さな呉服店を開いた後、破竹の勢いで企業を拡張していった。その背景には、日本の滋賀県で活動していた近江商人の特徴である広域化と現実性、倫理性、同族意識、強固な上昇志向と国家志向性があったと著者は説明する。しかし、後継者養成の失敗や拡大一辺倒の戦略が、急速な没落につながる要因となった。

 ところで、韓国の読者がこの本を一読すると、非常に不愉快な気分にさせられるはずだ。まず著者は、三中井が朝鮮の市場と商業構造に及ぼした悪影響について、まったく関心がない。さらに、御用商人として帝国主義戦争の軍需物資供給を担当したことを「成功したマーケティング」と評価し、「日本の先進文物を朝鮮に伝える懸け橋としての役割」を果たしたのはもちろん、こうした日本式百貨店経営のノウハウが、現在の新世界・ロッテ・現代をはじめとする韓国有数の百貨店にまで受け継がれたと述べている。

 しかし、「日本の統治に抵抗した朝鮮人らのうち、多くの人々が日常生活では日本のライフスタイルに適応し、自ら収奪の手先と非難していた三中井や三越でショッピングを楽しんでいた」という下りは、そのまま見過ごすことのできない問題を抱えている。そうした「日常」の微妙さについて、これまできちんと検証することのできなかった韓国近現代歴史学のすき間にこの本は位置しているのだ。

   兪碩在(ユ・ソクジェ)記者 韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS 

http://www.chosunonline.com/article/20070506000001

 ※三中井百貨店 戦前・戦中、旧満州国や日本統治時代の朝鮮半島地域で急成長を遂げた日系企業。当時の百貨店業界の中では新興企業。

 

 つまり韓国人の歴史観としては、三中井百貨店が朝鮮の市場と商業構造に悪影響を及ぼしていなければならず、日本の統治に反抗していた朝鮮人が日本資本の三中井や三越でショッピングを楽しんでいるわけがないという固定観念があり、それ以外の記述や証拠を認めないという民族性があります。

 つまり証拠がある歴史的事実よりも、証拠がなくても自分たちが思い込んでいる歴史が事実ではなければいけないのです。

 まぁ、あまりチョーセン人とはかかわらないほうがいいようですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコな北朝鮮?

 <北朝鮮>太陽光発電導入へ 電力不足、自力で打開

5月6日3時4分配信 毎日新聞

 【北京・西岡省二】慢性的なエネルギー不足に悩む北朝鮮が、朝鮮人民軍の部隊施設の電力事情を改善させるため、太陽光発電システムの導入を進めていることが5日、北朝鮮の政権に近い関係者の話で分かった。石油などを輸入せず電力を自給できる点に指導部が着目、軍部隊から優先的に配備することを決めた。核問題を巡る6カ国協議が行き詰まり、経済・エネルギー支援が滞る中、北朝鮮は自力で電力事情の改善に乗り出した。

 関係者によると、最高指導者の金正日(キムジョンイル)総書記が昨年、北朝鮮北部を視察した際、軍部隊施設に電力がほとんど供給されず、兵士がテレビ鑑賞もできない状態であることを問題視した。金総書記の意向を受け、指導部が部隊施設の環境改善に乗り出し、今年3月ごろ、「軍部隊には必ず娯楽施設を設置しなければならない」などと指示した。

 このため西側諸国から太陽光発電システムを大量購入する方針が決められた。導入されると、部隊施設で1日5時間以上テレビを鑑賞できるほか、コンピューターの使用も可能になるという。

 北朝鮮では電力不足が深刻化し、平壌を除く大部分の地域で日に2、3時間しか電力が供給されず、「北朝鮮住民の多くが『わが国にはそもそも電気というものが存在しないと考えるしかない』とあきらめている」(中朝貿易関係者)との指摘もある。

 火力発電所など発電システムの老朽化や送電線や配電網の断絶も激しく、北朝鮮当局から昨年、各家庭に配給された小型電球もほとんど使われていない状態という。

 太陽光発電システムは環境問題への関心の高まりから国際間の開発・販売競争が激化している。

   最終更新:5月6日3時7分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000008-mai-int

 

 太陽光発電を取り入れるのも、エコロジーな発想ではなく先軍政治なんですね。

 金正日は国の将来についてまじめに考えたことがあるのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

約束を守らない国と…

 米紙WSJ、「北朝鮮の守られないデッドライン」と皮肉の社説

MAY 05, 2007 08:08

 北朝鮮のさまざまな問題の「デッドライン(履行時間)」が守られていないのに、誰も関心を示していない国際社会の実態を、ウォーウ・ストリート・ジャーナルが3日、「北朝鮮時間(North Korea Time)」というタイトルの社説で批判した。

 社説はまず、北朝鮮の核廃棄の初期措置の履行期限が2週間半も過ぎたが、平壤(ピョンヤン)と北京、ワシントンではいかなる文句も言っていないと指摘した。

 ブッシュ大統領とライス国務長官は最近、「我慢にも限界がある」と公言したが、これもやはり現実とは相反する主張だ。

 また社説では、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が1月19日、国連の対北朝鮮関連事業の全般に関しての外部監査を指示し、90日間のデッドラインを示したが、これもまた国連の官僚主義のなかでうやむやになったと批判した。

 調査を担当した官僚たちは北朝鮮に行くことすらできず、半月間ニューヨークの国連開発機構の官吏たちと会うのに止まっており、潘総長が指示した「独立的な外部監査」は結局、国連監査官室で行われた。

 期限が守られていないのに、監査官室ではメディアとのインタビューを断り、潘総長は沈黙を守っていると社説は批判した。

 さらに、潘総長のメディア担当官も監査官たちが北朝鮮に行ったと嘘までついたが、このような実態に誰も関心を寄せていない現実を嘆いた。

 社説では最後に「これまでの過程を見れば、金正日(キム・ジョンイル)総書記が『世界は北朝鮮に履行期限を促すことに関心がない』との結論を下しても、十分許してもらえるだろう」と皮肉った。

   韓国・東亞日報

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2007050540268

 

 約束を守らない北朝鮮も問題ですが、約束を守るように言わない周辺諸国も問題だということですね。

 まぁ、誰も何も期待していない証拠かもしれませんが…。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最も恐ろしい動物

 観光客激怒!「この中に最も恐ろしい動物がいます」―四川省雅安市

5月5日8時30分配信 Record China

 2007年5月3日、一人の旅行者が四川省雅安(ヤーアン)市の碧峰峡を訪れた。生態教育館を見学していると、出口の近くで「この中に最も恐ろしい動物がいます」と書かれた暖簾(のれん)が目に留まった。

 なんだろうと思い暖簾をくぐってみると、中には大きな鏡があり、自分の姿が映っていた…。この旅行者は「観光客を馬鹿にしている」と激怒。苦情を申し立てる考えもあるという。

 発案者のちょっとした冗談なのか、はたまた人類へのアンチテーゼなのか。いずれにせよ観光客を馬鹿にしてやったことではないのは確かだ。(翻訳/編集・藤野)

   最終更新:5月5日8時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000003-rcdc-cn

 

 この世の中で最も恐ろしい動物は、間違いなく中国人です。

 皆さんも注意してください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

輝く憲法を世界中に輝く太陽にしよう(爆笑)

 「輝く憲法を太陽に」 左京 60周年で2300人集う

5月4日9時17分配信 京都新聞

 「憲法記念日」の3日、「平和憲法六十周年のつどい」が京都市左京区の京都会館で開かれた。東京大教養学部の小森陽一教授や弁護士の猿田佐世さんが講演し、憲法9条の意義を訴えるとともに、改憲の動きを阻もうと呼び掛けた。

 護憲運動に取り組む市民団体や労働組合などでつくる「五・三憲法集会実行委」の主催。主婦や若者ら約2300人が集まった。国内外で護憲、反戦運動に取り組む猿田弁護士は「憲法9条は海外で反響が良い」と説明。「1人でも多くの人に声を掛け憲法を守る活動を広げてほしい」と訴えた。

 また、小森教授は自民党の新憲法草案について「米国の要求通りに日本を戦争ができる国にする内容だ」と批判。北朝鮮が核実験をした時も憲法9条があるために軍事的解決とならなかった。輝く憲法を世界中に輝く太陽にしよう」と呼び掛けた。

   最終更新:5月4日9時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000003-kyt-l26

 

 「憲法9条は海外で反響が良い」とはいえ、その憲法9条を導入した国はありません。

 そりゃあよその国から見れば、戦争をしない国のほうがいろいろと都合はいいでしょう。

 「北朝鮮が核実験をした時も憲法9条があるために軍事的解決とならなかった」などという独自の解釈は、どのようにしたらできるのでしょうか?

 戦争にならなかったのは実験だからであり、憲法9条とはまったく関係ありません。

 力のない正義は無意味です。平和とだけ唱えていれば平和が保てるものではありません。現実を直視しましょう!!!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国人男性相手の集団見合い、また摘発

  [社会] 韓国人男性相手の集団見合い、また摘発

2007/05/02 07:32 JST更新

 ホーチミン市内で4月23日、韓国人男性相手の違法な集団見合いが摘発された。この見合いの首謀者は市内在住のティ・ヴィン・クオン(42歳)という男で、見合い会場となった家屋を3日前から1日50万ドン(約3700円)で借りていた。クオン容疑者は、主にメコンデルタ地方の貧しい地域から70人近い女性を集めて韓国人男性に気に入られるような作法や受け答えを叩き込んでいた。また、会場では男性の求めに応じて、花嫁候補らが服を脱ぐといったような行き過ぎた審査が行われていた。

 ホーチミン市では、韓国人や台湾人と結婚して貧しい境遇から抜け出したいと考える女性たちの弱みに付け込んだこのような違法な集団見合いが横行している。今月13日にも109人の女性が参加した韓国人相手の集団見合いが摘発されたばかり。

[2007年4月24日 VnExpress] © Viet-jo.com 2002-2006 All Rights Reserved.

http://viet-jo.com/news/social/070426044536.html

  

 品性下劣な韓国人は、人の弱みにつけ込んで見合い相手を裸にして品定めをするそうです。

 人間のすることではないですね。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

海賊版DVDに反対の反対なのだ!!!

 海賊版DVDを批判したフォン監督にブーイングの嵐!!―中国

5月3日16時16分配信 Record China

 2007年5月1日、フォン・シャオガン(馮小剛)監督がテレビ番組に出演した。先日開催された大学生映画祭での海賊版製品を否定する発言が社会的波紋を呼んでいるフォン監督は、「 不良メディアが事態を大げさにしている」と番組内で訴えた。

 大学生映画祭で審査員を務めたフォン・シャオガン監督は、中でも二人の学生が撮ったショートフィルムが一番印象的だったようだ。その内容とは、フィルム中の主人公が正規版DVDを持って外に出かけようとすると犬がうるさくほえるのだが、海賊版DVDだと犬は全く反応しないと言う内容。受賞式上で、「私も海賊版DVDを見た事はあるが、この行為自体が犬にも劣ると言われても何も言えないね」とコメントをしたフォン監督。この発言がマスコミに「海賊版DVDを見る人間を犬以下と評した」と言った内容で大きく取り上げられ、社会的に波紋を呼んでいるのだ。

 番組の中で、自分はショートフィルムの創意を評価したかっただけだと説明したフォン監督。マスコミが「90%以上の人がもうフォン監督の作品を見ないと反感を示している」との調査結果を発表した件については、マスコミの悪意ある情報操作だと反論した。

 また、この100年において中国の世界文明に対する貢献が非常に少ないのは知的財産権を侵害しているからだとも指摘したフォン監督。正規版の製品が買いにくい状況にある中国市場全体に疑問を呈し、知的財産権の保護を訴えた。(翻訳・編集多智文美)

   最終更新:5月3日16時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000011-rcdc-ent

 

 海賊版天国の中国では、正規品を見るという習慣すらないようです。

 著作権が理解できない中国人には、何を言ってもムダなのでしょうか? 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家の品格

 「人の品格は思想で評価される」北朝鮮の労働新聞

5月3日16時25分配信 YONHAP NEWS

 【ソウル3日聯合】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は3日の論説記事で、北朝鮮社会では人の価値と品格は職業によってではなく、思想により評価されると主張した。朝鮮中央通信が伝えた。また、北朝鮮式の社会主義を「領導者の思想を絶対的に信じ従う思想の強者、信念の強者がひとつに集まっている、思想の強国」と力説した。北朝鮮社会の一心団結は先軍思想に礎を置くもので、何によっても打ち砕くことはできない「核兵器よりも強い政治思想的な威力」だと述べた。

   最終更新:5月3日16時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000029-yonh-kr

 

 人の品格が思想によって評価されるのであれば、世界一低い品格の人間は金正日でしょね。

 いや、何の意味もないです。そう書きたかっただけです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石景山遊園地にいらっしゃい!

 【中国】【石景山遊楽園】/石景山遊園地

5月2日20時26分配信 サーチナ・中国情報局

 北京市石景山区にあるテーマパーク。中国語のローマ字表記は「Shijingshan Youleyuan」。

 敷地面積は33.89万平方メートルで園内に約70のアトラクションを設けており、乗り物の数でも中国大陸部で最多とされている。開業した86年の売上高は約2000万元だったが、05年には8000万元を超えた。年間入場者は150万人以上。2004年に、従業員による資産所有を基本とする集体企業になった。

 同園は2000年から連続して北京市精神文明模範組織に選ばれ、国家観光局からはAAAAクラス観光スポットに認定された。また、02年には品質の国際基準ISO9001、05年には環境保護のISO14000の認証を受けた。

 ただし今後は同園が、国外のテーマパークのコンセプトや人気キャラクタキャラクターをまねているとして問題視される可能性がある。公式サイトでも「ディズニーの雰囲気を備えたジョーンズの冒険」ヨーロッパ調の幽霊の邸宅」などと目玉アトラクション紹介。また、同園は「ディズニーは遠すぎる。石景山遊楽園にいらっしゃい」をキャッチフレーズにしている。(編集担当:如月隼人)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000025-scn-cn

 

【中国】人気の石景山遊楽園-いつかどこかで見たような 

5月2日19時36分配信 サーチナ・中国情報局

 北京市郊外で今、人気の観光スポットが「石景山遊楽園(遊園地)」だ。5月1日に始まるゴールデンウイーク直前の4月26日にも新規に大型の乗り物を導入し、子連れ客やデートを楽しむ若者も多い。

 ところでメインの建物だが、「いつかどこかで見たような」雰囲気。よく見ると、「お城」の下の絵にあるように、使っているキャラクターも、世界的に人気のあるものの「そっくりさん」が多いという。ちなみに、同園は公式サイトで、「ディズニーの雰囲気を備えたジョーンズの冒険」「ヨーロッパ調の幽霊の邸宅」などと目玉アトラクションを誇らしげに紹介。

 折りしも、中国は知的財産権の保護で問題の多い国とされ、米国通商代表部も自国企業に多大な損害が出ているとしてWTO(世界貿易機関)への提訴を決めたほどだ。今後、「石景山遊楽園」の経営方針が問題視される可能性もありそうだ。(編集担当:如月隼人)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000024-scn-cn

 

 コピー天国・中国ではいろんなニセモノがありますが、とうとうディズニーランドのニセモノまで作ったようです。

 政府は知的財産権の保護に前向きなコメントを出していますが、何もしていないのが現状でしょうか?

 北京オリンピックの時には、世界中の笑いものになりるでしょう!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/05/02

拉致問題への正しい対応

 前ソウル市長が拉致対応に疑問呈す、加藤紘一・山崎拓氏に

4月30日21時46分配信 読売新聞

 【ソウル=加藤理佐】自民党の加藤紘一・元幹事長、山崎拓・前副総裁らは30日、韓国の最大野党、ハンナラ党の大統領選最有力候補である李明博(イ・ミョンバク)・前ソウル市長とソウル市内で会談した。

 李氏は北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議について、拉致問題で日本があまりに強い態度をとると、核問題解決に支障が出てくる。韓国にも拉致された人は多くいるが、それほど騒ぎ立てていない」と語り、日本の対応に疑問を呈した。

 また、李氏は「『日本はあまりにもナショナリズムが強いのではないか』と近隣国家で心配しているところがある」と指摘したうえで、「日韓関係は過去の問題からさらに一段高い関係に高められなければならない」と述べ、歴史問題などを乗り越えて緊密な日韓関係を構築する必要性を訴えた。加藤氏は「アジアの中で、日中韓がいいハーモニーの協力関係を維持することが大切だ」と応じた。

   最終更新:4月30日21時46分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000412-yom-pol

 

 【社説】日本人拉致はテロでも、韓国人拉致は違うとでも言うのか

 米国務省は30日に発表した「2006年度国際テロ報告書」の中で、北朝鮮を引き続きテロ支援国家に指定した。しかし昨年までテロ支援国家に指定する根拠として挙げられてきた485件の韓国人拉致被害と12件の日本人拉致被害のうち、韓国人の拉致被害の部分だけが削除されていることが分かった。昨年の報告書には「韓国政府は韓国戦争(朝鮮戦争)以降、485人の韓国人が拉致・抑留されていると推算している」との内容が記載されていた。

 米国務省がこの部分を削除したのには、北朝鮮の核廃棄を実現するための配慮が働いたからとみられる。北朝鮮はこれまで米国に対し、テロ支援国家の指定から除外するようしつこく要求してきた。そして米国はテロ報告書の中で「2月13日の合意により、米国はテロ支援国の指定を解除する手続きに着手することで合意した」と記すとともに、北朝鮮にある種の対価を提供したのだ。しかし米国が北朝鮮に提供した対価の陰には、海水浴に行っていて訳もわからず工作員に拉致された高校生や、漁に出掛けて連れ去られた漁師たち、そしてその両親や子ども、兄弟の絶望や涙、ため息があった。拉致された人々のうち、その多くがすでに死亡したり、政治犯収容所に送られたことが証言により明らかになっている。

 韓国人拉致被害者の問題に対し、韓国政府はこれまでも及び腰だった。実際に1990年以降、韓国兵捕虜59人と拉致被害漁民4人が韓国に帰還したが、そのうち韓国政府が帰国に助力したケースは1例もない。本人が幾度となく死の危険を乗り越えながら脱出したケースや、家族が中国を拠点にありとあらゆる方法で助け出したケースがほとんどだ。

 韓国政府は、前回の北朝鮮との交渉で韓国兵捕虜や拉致被害者の問題の解決を図るとしていたが、北朝鮮にコメを提供しただけで何の成果も得られずに帰ってきた。それどころか、北朝鮮の顔色をうかがうあまり、拉北者(北朝鮮による拉致被害者)という表現すら使えないでいる。こんな大韓民国を侮ってか、赤十字会談では北朝鮮側の団長が「韓国兵の捕虜や拉致被害者など存在しない」とまで言い切る始末だ。

 米国が、12人の日本人拉致被害者の問題はテロ報告書にそのまま残しながらも、485人にものぼる韓国人拉致被害者の問題を削除してしまった背景には、拉致された自国民の問題に最後まで粘り強く取り組む日本政府の姿勢と、臭いものに蓋をするような態度で臨む韓国政府との、姿勢の違いが影響した可能性もある。韓国人拉致被害者らは、生まれ育った祖国で人間としての権利を持てなかったために、米国からも同じような扱いを受ける羽目になってしまった。彼らやその家族の苦しみを前に、われわれが無関心でいてよいはずがない。

   朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20070502000000

 

 韓国のように拉致問題について追求しなければ、国際的には何もなかったことになるんですね。

 韓国のようにならないためには、拉致問題を追求し続けなければなりません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

親の因果が子に報い?

 「親日派」財産の没収決定=盧政権の過去清算で-韓国

5月2日13時1分配信 時事通信  

 【ソウル2日時事】韓国の盧武鉉大統領の直属調査機関「親日反民族行為者財産調査委員会」は2日、日本の植民地支配に協力したとされる「親日派」の子孫ら9人の36億ウォン(約4億6000万円)相当の土地財産を没収し、国有化する決定を下した。

 調査委は昨年7月、盧政権の掲げる「過去の清算」の一環として発足したもので、財産没収の決定は今回が初めて。ただ、過去の行為を根拠に私有財産を没収する決定に対しては批判もある。

     最終更新:5月2日13時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000054-jij-int

 (おや)の因果(いんが)が子に報(むく)

親のした悪業の報いが罪もない子に現れる。親の罰(ばち)は子にあたる。

[ 大辞林 提供:三省堂 ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&p=%E8%A6%AA%E3%81%AE%E5%9B%A0%E6%9E%9C%E3%81%8C%E5%AD%90%E3%81%AB%E5%A0%B1%E3%81%86

 

 まさに現代の魔女狩り。親日派子孫の財産没収。

 日本統治時代に日本に協力した人の子孫の財産を国が没収するという現代国家ではありえない話。

 韓国はまだ18世紀のようです!!!

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/05/01

軍事的挑発?

 <北朝鮮>PAC3配備で日本非難「軍事的挑発だ」

4月30日23時23分配信 毎日新聞

 北朝鮮の朝鮮中央通信によると労働新聞は30日、航空自衛隊入間基地(埼玉県)に地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」が配備されたことを「我が国に対する露骨な軍事的挑発だ」と非難した。また「安倍が政権の座についた後、朝日関係は悪化している。朝日間の敵対関係は爆発的ラインに達している」と表現した。

     最終更新:4月30日23時23分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000066-mai-int

 

 パトリオットミサイル PAC-3

・弾道ミサイルの終末局面(再突入から着弾)での破壊を行う。

・現在、航空自衛隊では地対空誘導弾ペトリオットとしてパトリオットミサイル PAC-2 が配備されている。新たにPAC-3を導入するのは、PAC-2も弾道ミサイル迎撃能力は持っているとされるが、限定的なもので北朝鮮のテポドン等には対応できないと見られているからである。

・ただし、PAC-3の射程は15kmと短く(PAC-2の射程は百数十km)、PAC-3単独で日本全土をカバーすることは不可能である。このため、スタンダードミサイル SM-3を導入する。

・PAC-3は弾頭貫通時に高熱を発し生物・化学兵器を無力化させる能力がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「ミサイル防衛」より・一部抜粋

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%98%B2%E8%A1%9B

 

 どう考えても射程距離15kmのPAC3北朝鮮に対する軍事的挑発という意味が理解できませんが、

 北朝鮮のデタラメには付き合わないほうがいいのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »