« 海賊版出版社「許可得た!合法だ」 | トップページ | 「ブッシュ政権の韓国に対する無理解が反米感情あおった」 »

2007/05/18

慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成

 慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成

5月18日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=古森義久】日本軍の慰安婦に関して戦時中に調査に当たった米国陸軍の報告書に女性たちは民間業者に「一定の契約条件の下に雇用されていた」と明記されていることが判明した。同報告書は「日本軍による女性の組織的な強制徴用」という現在の米側一部の非難とはまったく異なる当時の認識を明示した。

 「前線地区での日本軍売春宿」と題された同報告書は米陸軍戦争情報局心理戦争班により第二次大戦中の1944年9月に作成され、米軍の「南東アジア翻訳尋問センター」の同年11月付の尋問報告に盛りこまれていた。73年に解禁され、近年も日米の一部研究者の間で知られてきた。

 当時の朝鮮のソウルで金銭と引き換えに徴募され、ビルマ北部のミッチナ(当時の日本側呼称ミイトキーナ)地区の「キョウエイ」という名の慰安所で日本軍将兵に性を提供していた朝鮮人女性20人と同慰安所経営者の41歳の日本人男性が米軍の捕虜となった。同報告書はこの男性の尋問を主に作成されたという。同報告書は「すべての『慰安婦』は以下のような契約条件の下に雇用されていた」と明記し、女性たちが基本的には商業ベースで「契約」に基づき、「雇われて」いたという認識を示している。

 同報告書はその契約条件について次のように記していた。

 「個々の慰安婦はその総売り上げの50%を受け取り、無料の移動、食糧、医療を与えられた。移動と医療は軍から供与され、食糧は慰安所経営者が軍の支援を得て、購入していた」

 「経営者たちは衣類、日常必需品、さらにはぜいたく品を法外な値段で慰安婦たちに売りつけ、利益をあげていた」

 「慰安婦の女性がその家族に支払われた金額を利子付きで返済できるようになれば、朝鮮への無料の帰還の便宜を与えられ、自由の身になったとみなされることになっていた。だが戦争の状況のために、このグループの女性はだれも帰国を許されなかった」

 「この日本人が経営した慰安所では女性1人の2カ月の総売り上げは最大1500円、最小300円程度だった。個々の女性は経営者に毎月、最低150円は払わねばならなかった」

 以上のように、この報告書は慰安婦の「雇用」や「契約条件」を明記するとともに、慰安婦だった女性は一定の借金を返せば、自由の身になれるという仕組みも存在したことを記し、「軍の強制徴用」とか「性的奴隷化」とは異なる認識を当時の米軍当局が有していたことを証している。

 最終更新:5月18日8時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000008-san-int

 

 米陸軍報告書に基づく、正しい歴史認識を持たなければいけませんね。

 リベラルだのハト派だのと自称しているペテン師にだまされてはいけません。

 

 

|

« 海賊版出版社「許可得た!合法だ」 | トップページ | 「ブッシュ政権の韓国に対する無理解が反米感情あおった」 »

従軍慰安婦はいない」カテゴリの記事

コメント

『台湾では売春業者が関与していないケースもあった様です』

日本の警察により、直接の勧誘または、行くように指示され、
直接警察から軍隊に引き渡されたり、兵舎等に連れて行かれたりなどして
売春業者が関与していないケースもあった様です。


http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrentT_m/FREKISHI_B031/wr_type=C/wr_page=1/wr_sq=FREKISHI_B031_0000000158
>158. 警察が直接勧誘、軍隊に直接連れて行ったりしています
>2007年03月18日(日) 16時37分
> 熊さん
( http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN4-7684-6770-9.htm )
>『台湾先住民・山の女たちの「聖戦」』
>  柳本通彦  2000年1月20日  現代書館
>
>この本によると
>
>台湾の先住民の場合、
>日本の警察により、洗濯、裁縫などの仕事があると
>直接の勧誘または、行くように指示され、
>直接警察から軍隊に引き渡されたり、兵舎等に連れて行かれたりなどした。
>その後、住み込みで兵舎等での洗濯・裁縫などを行ううちに
>性的被害も始まったケースなどがあったようです。
>
>なかには、警察が洗濯などやらないかと勧誘したが、
>勧誘に応じないので、兵隊などによって無理やり連れ出されて、
>その日のうちに、軍隊内で性的暴行を受け始めたケースもあったようです。
>(後者のケースは、親や親戚などにより、軍隊からの救出、
> 警察への抗議などがなされ、そのいきさつが彼女の部落のなかで
> 発生当時から知れ渡っていたケース。)


続きは、こちらから
 http://blog.so-net.ne.jp/netuyouyouyo/2007-05-18;jsessionid=E145D2BD9C767127C36741DE890E7E7D
  ネトウヨうようよ

投稿: みや | 2007/05/19 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/6464492

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成:

« 海賊版出版社「許可得た!合法だ」 | トップページ | 「ブッシュ政権の韓国に対する無理解が反米感情あおった」 »