« 「韓国社会は信頼できない」 | トップページ | 毎度おなじみ、ノ・ムヒョンの反日発言 »

2007/06/21

チベットでの宗教保護政策を政府機関がアピール?-聖なる山乱開発、チベット人と工事業者流血衝突

Cloth_and_rope

※ 画像はイメージです。

チベットでの宗教保護政策を政府機関がアピール ― 中国

6月21日15時25分配信 Record China

 2007年6月20日、国務院新聞弁公室で行われた記者会見によると、現在チベット全自治区には、1700余りの宗教活動場所があり、4万余りの僧侶、尼僧が寺に居住し、さまざまな宗教活動が行われている。

 チベットは、チベット伝統仏教の発祥地である。チベット仏教は人々の間に深く浸透し、信者の数も多く、多種多様な宗教活動は、特有の文化・雰囲気を創り出している。

 チベット自治区人民政府の向巴平措主席は、中国政府がチベットにおいて信教の自由政策を施行し、信仰の自由を保護していると報告した。さらに向巴平措主席は、「チベットでは、信者も非信者も、さらに異なる宗教の信者も、互いに平和に暮らしている。これは世界でもあまり見ないことである」と述べた。翻訳/編集・wume)

最終更新:6月21日15時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000011-rcdc-cn

 

中国四川省:聖なる山乱開発、チベット人と工事業者流血衝突

 【大紀元日本6月19日】香港の中国人権民主運動情報センターによると、チベット民族が「神の山」として崇め、世界自然保護区に指定されている四川省稲城県亜丁景勝地区を乱開発した中国当局に対して、数百人のチベット人による抗議活動が先月行われ、開発工事業者と大規模な流血衝突が発生し、6人が負傷したという。同景勝地区はいまだに閉鎖されたままだという。

 情報センターによると、亜丁景勝地区は中国で指定されている26ヶ所世界自然保護区の1つで、「世界文化遺産」の申請を行っているにもかかわらず、稲城県政府は同区内で空中ケーブル・カーおよびホテルの建設を決行したという。

 この景勝地区にある「仙乃日山」は、中国でもっとも美しい山ベスト10の中の1つで、地元チベット民族は、山のすべての植物や樹木を非常に大切にし、「神の山」として崇拝している。

 情報センターは、稲城県亜丁景勝地区観光局および亜丁景勝地区管理委員会の談話を引用し、景勝地区でホテルを建設する工事業者が「仙乃日山」で、大量の樹木を切り倒したことから、チベット人数百人は5月10日、工事業者が集合する場所で現場作業者と衝突したという。現場作業者4人およびチベット人2人が負傷した。当局は公安警察百人以上を動員し、民衆を追い散らしたという。

 情報センターによると、5月12日に当局は亜丁景勝地区を閉鎖する緊急指示を下し、同景勝地区への観光誘致はすべて中止させられた。同景勝地区へ通じる各入り口には標識で「同地区において、衝突事件が発生したため、閉鎖された。観光客は立ち入り禁止」といまだに閉鎖されたままである。

 一方、少し前に、四川省道呼県八美鎮においても、ある個人企業がチベット人にとって聖なる山を炭鉱として開発したため、大規模の流血衝突事件が起きたという。

大紀元時報(07/06/19 09:16)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/06/html/d21655.html

 

【北京春秋】建前言葉ワカラナーイ

 オーストラリアのハワード首相がチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世と会談したことを受け、チベット自治区のシャンパプンツォク主席が北京で記者会見を行った。チベット族でも主席は政府の代弁者である。「チベット平和解放から50余年来、党中央の親切な関心と全国人民の大きな支援の下で、チベット各民族は経済社会発展に努力して…」。あれ? 言葉が理解できない。

 世界の人が宗教指導者と尊敬する人物を、「分裂活動に従事する袈裟(けさ)を着た政治家」と非難し、「チベット文化の破壊」のようにみえる移民政策について、「貧しい遊牧民に文化的な家の暮らしを与えた」と胸を張る。欧米から「チベット漢化のプロセス」と非難されている青蔵鉄道を「チベット人民の誉れ」と自慢し、北京五輪前に完成予定のエベレスト(中国名チョモランマ)幹線道路建設計画については、「最近増えてきたチョモランマを見たい欧米観光客のため」と説明した。主席の言葉、私には神の山をテーマパークにすると聞こえたが、空耳か。

 チベットなまりのせいではなく、カネと権力を至上とする価値観から発せられた建前の言葉だからか。多少とも精神の自由を尊ぶ気持ちがあるとついていけない。周りを見渡すと、中国大手紙記者も首を振って苦笑いしている。最近は中国人でも当局の建前言葉の聞き取りは難しいらしい。

産経新聞(福島香織)(2007/06/21 07:01)

http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070621/chn070621000.htm

 

 中国がチベットで宗教を保護する政策を採っているのなら、チベット人が神の山と崇拝している山を開発したりするのは矛盾でしょう。

 そもそも、チベットの宗教を保護するのなら、ダライ・ラマと話し合いをしなければいけません。

 とうとう中国人記者からも失笑されるていたらくでは、中国の最期も訪れる日が近いでしょうね♪

 

|

« 「韓国社会は信頼できない」 | トップページ | 毎度おなじみ、ノ・ムヒョンの反日発言 »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/6864841

この記事へのトラックバック一覧です: チベットでの宗教保護政策を政府機関がアピール?-聖なる山乱開発、チベット人と工事業者流血衝突:

» 仏像販売・仏教美術通販 [仏像販売・仏教美術通販]
仏像販売・仏教美術通販の情報。仏像からポスターなどの美術品、アクセサリーなど。 [続きを読む]

受信: 2007/06/23 12:06

« 「韓国社会は信頼できない」 | トップページ | 毎度おなじみ、ノ・ムヒョンの反日発言 »