« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

携帯電話爆発はうそ=作業員死亡、同僚を逮捕-韓国

Img52599

※ 画像はイメージです。

携帯電話爆発はうそ=作業員死亡、同僚を逮捕-韓国

11月30日1時0分配信 時事通信

 【ソウル29日時事】韓国中部・忠清北道の採石場で男性作業員が死亡し、携帯電話の電池が爆発した可能性が指摘されていた問題で、警察当局は29日、同僚の男が建設機械を運転中に誤って作業員を死なせたと断定、この男を逮捕した。

 韓国メディアによると、警察が遺体を司法解剖した結果、携帯電話の爆発が死因ではないことが判明。遺体の第1発見者だった男を改めて取り調べたところ、自らの過失を隠すために「携帯電話が爆発した」とうそをついていたことが分かったという。

最終更新:11月30日1時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000009-jij-int

 

 チョーセン人はとんでもないウソをつきますね。

 何しろ昨晩のニュースではほとんどの番組がこのニュースをあつかっていたのではないのでしょうか?

 やはりチョーセン人は信用できませんね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

韓国大統領選開始! ネガティブキャンペーンvsポジティブキャンペーン!?

12

※ 画像はイメージです。

大統領選:李明博・鄭東泳両陣営、序盤から中傷合戦

 ハンナラ党公認の李明博大統領選候補が28日に一部新聞に掲載した広告。李候補ならではの長所を強調するポジティブなものだ。

 旧与党系・大統合民主新党の鄭東泳候補が28日に一部新聞に掲載した広告。ハンナラ党・李明博候補に対するネガティブキャンペーンを展開している。

 28日、各紙読者の多くは、李明博(イ・ミョンバク)ハンナラ党候補の顔が写った二つの広告を前に戸惑ったことだろう。一つは「口の悪いおばあさん」が李候補に経済再生を訴える李候補陣営の広告。そしてもう一つは、「軍隊には行っていないが偽装には自信がある」というコピーで李候補を攻撃する内容のものだ。これは旧与党系・大統合民主新党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)候補陣営が掲載した広告。これに対しハンナラ党は「中傷宣伝との戦い」を宣言、新党側は「候補者の検証は本質的な問題」として受けて立った。ネガティブキャンペーンの宣戦布告だ。

◆両陣営の衝突激化

 ハンナラ党の李方鎬(イ・バンホ)選挙対策本部長は記者会見で、新党の鄭東泳候補と朴映宣(パク・ヨンソン)、金鍾律(キム・ジョンリュル)、鄭鳳株(チョン・ボンジュ)、金賢美(キム・ヒョンミ)の各議員を「黒い選挙の五賊」と名指しした。ハンナラ党は「李明博!!大統領はない」という見出しの新党党報や、「(候補者番号)2番は悪い大統領」という新党の広告などを問題視し、中傷宣伝を行った議員の公職進出を阻む法律制定に着手することを決めた。

 これに対し、新党選挙対策委員会の金賢美スポークスマンは「候補者がどんな人なのかは、政策というより本質なので、広告を通じて人物を検証したもの」と述べた。そして「ハンナラ党が騒いでいるのは、痛いところを突かれているから。広告を非難する前に、どうすれば候補を辞退させ、交代させられるかを考えるべき」と攻撃した。

 

◆ハンナラ党「ポジティブキャンペーンを展開する」

 李明博候補の横断幕には顔がない。代わりに、「実践する経済大統領」「成功してください」などの核心を突くメッセージが綴られている。初めてのテレビCMと新聞広告は「口の悪いおばあさん」だった。側近は「口の悪いおばあさんが李候補に言いたい放題言うことで、国民は痛快さを感じ、李候補に経済再生を託す気持ちを強く表現した」と話す。

 ハンナラ党は今後もテレビCM・新聞広告で「ポジティブキャンペーン」を貫く構えだ。

 だが、インターネットなどではコミカルなイメージの広告4本を公開している。「李明博ドーン」「無条件で李明博」「スーパーヒーロー李明博」「疾走本能 李明博」など、ギターを弾く姿や、スパイダーマンになり青年失業問題を解決するというイメージで、実行力をアピールするものだ。

◆新党「李候補の欠点を伝える」

 新党側は政策広告を含め29日までに計5回にわたって新聞広告を掲載したが、これらはすべて李候補を攻撃するネガティブキャンペーンだった。李候補批判に熱中するあまり、新党広告の主人公であるはずの鄭東泳候補のことが抜けている。李候補夫人のハンドバッグや脱税疑惑などを取り上げ「出し惜しみ健康保険料、惜しみなくハンドバッグ」「おじさんはどうして国民の4大義務(国防・労働・教育・納税)を守らなかったの?」「(候補者番号)1番のことを考えるといい大統領が見えます。2番のことを考えると悪い大統領が見えます」「一口で二言!」などと批判し、「李候補は悪い大統領候補」と繰り返し強調している。

 また、テレビCM第1弾「幸福を夢見る少年」編では、貧しい家庭で育った鄭候補の人間的な面を強調、第2弾「抱きしめてください」編では、今回の大統領選のスローガン「家族の幸福」をアピールするなど、新聞でのネガティブキャンペーンとは対照的だ。

ユン・ジョンホ記者 キム・ボンギ記者

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20071129000072

http://www.chosunonline.com/article/20071129000073

 

 低俗なネガティブキャンペーンをくり返す旧与党系・大統合民主新党の鄭東泳陣営と、逆にポジティブキャンペーンを展開する野党ハンナラ党公認の李明博陣営。

 相手の悪口しか言わない鄭東泳陣営は、結局何をしたいのでしょうか?

 リベラル君はどこの国でも役立たずです!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/29

あなたの携帯電話は爆発したことがありますか?

Img69361

※ 画像はイメージです。

携帯電話が爆発? 作業員死亡=韓国

11月28日19時1分配信 時事通信

 【ソウル28日時事】韓国の聯合ニュースによると、同国中部・忠清北道清原郡の採石場で28日、男性作業員(33)が死亡しているのが発見され、胸ポケットの携帯電話の電池が爆発した可能性が指摘されている。電池部分が溶けていたほか、遺体にやけどのような跡があり、肋骨(ろっこつ)などが折れていた。

 検視を担当した医師は、電池の爆発で肺と心臓が損傷したことによる死亡と推定。この携帯電話は韓国製だった。警察当局は遺体を解剖し、正確な死因を調べている。

最終更新:11月28日19時39分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000113-jij-int

 

30代男性が突然死、携帯電話の爆発が原因か

 携帯電話の爆発とみられる事故で30代の男性が死亡し、警察が捜査に乗り出した。

 28日午前7時30分ごろ、忠清北道清原郡芙蓉面文谷里のある石材採取現場で、掘削機運転手で清原郡文義面に住むソ某さん(33)が倒れているのを、同じ会社に勤めるクォン某さん(58)が発見し、警察に届け出た。クォンさんは警察で、「朝作業のために現場に向かうと、掘削機の横でソさんが鼻血を出したまま倒れており、横にあった携帯電話には火が付いていた」「火を消して救急車を呼び病院に運び込んだが、ソさんは亡くなった」と述べた。

 忠北大学病院の救急室担当だった医師は、「病院に到着したときにはすでに死亡していた。左の胸の下に衝撃による点のような傷があり、レントゲン写真で見ると心臓と肺が損傷していた。肋骨も折れており爆発などによる激しい衝撃で死亡したようだった」と証言した。さらに担当医師は「ジャンパーの左ポケットに入っていた黒い携帯電話のバッテリー部分がひどく溶けていた。ジャンパーの損傷の状態からして爆発事故の可能性が高い。体の傷も、爆発によるものと推定できる」と説明した。

 事件を捜査している清州興徳警察署は、「医師の所見や傷の位置、携帯電話の状態、事故当時は発破作業が行われていなかった点、ソさんは普段から健康だったという周囲の証言などから総合すると、現時点では携帯電話の爆発による事故と推定している」「正確な死因を調べるため、国立科学捜査研究所にソさんの遺体の検証と携帯電話の精密な鑑識を依頼した」と明らかにした。

 ソさんが使用していた携帯電話は、韓国の有名メーカーが今年4月に販売を開始した最新型のスライド型だった。今年6月には中国甘肅省蘭州市のある製鉄所で、22歳の溶接工が携帯電話の爆発で死亡した事件が報じられたことがあるが、韓国で携帯電話の爆発による死亡事故が起こったのは今回が初めてだ。

 これについてこの携帯電話のメーカーは、「バッテリーはリチウムイオン方式の問題点を補完して安全性を確認したリチウムポリマー方式で、この種のバッテリーが爆発したという報告はこれまでなかった」と述べた。

清州=劉泰鍾(ユ・テジョン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20071129000022

 

リチウムイオンポリマー二次電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より・一部抜粋

 他の電池に比べて非常に軽量な事と、メモリー効果も極小であり形状も比較的自由に取れるため今後の普及が期待される。 但し、非常にデリケートでもある。過放電(1セル=約2.8v以下)になると永久に使えなくなる。また過充電に対してはさらに過激で かなりの確率で発火、爆発する。メーカーによっては室内での充電を推奨しないところもある程である。また壊れるとよく電池が膨らむ事から、壊れたことを膨らむ、膨れたと言い回す事もある。 適切な使用をすれば、次世代を担う可能性もある電池である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E9%9B%BB%E6%B1%A0

 

 携帯電話って適切に使用しないと爆発するものだったんですね。

 日本では携帯電話が爆発したなんて話は聞いたことありませんが、そのうち僕の携帯電話も爆発するのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

中国共産党の怖さを、あなたたちは知らない…

B2

※ 画像はイメージです。

在日中国人女性、中国の家族が受けた迫害を証言

 【大紀元日本11月28日】日本在住の法輪功修煉者・周金華さんはこのほど、中国にいる家族が当局から迫害を受けている実情を明らかにした。以下は周金華さんの証言である。

 私と妹は、1996年6月から法輪功の修煉を始めた。当時、私の心臓は悪く、慢性胃炎に苦しんでいた。妹も萎縮性胃炎を患っていた。半年後、私たちは病院で再検査を受けたが、医者も驚くほど著しく改善した。そして、母と弟も相次ぎ法輪功修煉を始めた。当時、母の頭部には一つの凹凸部があり、そこにドライの風が当たっているかのように感じ、いつもブンブン響いていた。時には激しい頭痛に苦しまれた。法輪功を習い始めてから間もなく、これらの症状が著しく改善、持病の腰椎椎間板ヘルニアもほぼ完治した。

 1999年7月20日から、中国当局は法輪功への集団迫害を始め、全国のメディアが法輪功は邪教であり、皆殺人者、犯罪者であると、詐欺宣伝を繰り広げた。家族の中で唯一修煉しない父は、これまでの中国当局の様々な弾圧運動を体験してきたため、強い恐怖感を覚えていた。公安警察が頻繁に自宅に現れ、私たちに修煉の放棄を強要し、父に対し、私たちの修煉を止めさせるよう脅した。父はそのときから、極度な緊張状態に陥り、「共産党の怖さは、あなたたちは知らない」「もう、これからの生活は大変なのだ」などの言葉を繰り返すばかりだった。2ヶ月後、父は自転車を乗っていた際にバスと衝突、一時は植物状態に陥り、その後、意識が戻ったが寝たきりになった。

 2000年10月、弟は法輪功の無実を訴えるため、北京に出向かい、中央指導部への陳情を試みた。すぐに警察に地元に強制送還され大連市看守所などに監禁された。後に、警察が家族に5千元(約8万円)をゆすった後、弟を釈放した。翌年7月、警察らが父が入院していた病院に現れ、看病していた弟を理由もなく逮捕、某ホテルの地下室に強制連行した。そこで弟は様々な拷問を受けました。頭からし尿を被せられたり、タバコの火を太ももに押し付けられたり、ベルトで鞭打ちされたり、肋骨を強く擦るなどされた。最後、母が警察に3千元(約5万円)を渡し、弟を連れ戻した。

 妹もこれまでに4度にわたり逮捕・監禁された。2002年逮捕された際に、その一人娘はわずか4歳だった。妹の夫も法輪功修煉を放棄しないため、そのとき、強制労働収容所に監禁されていた。その娘は毎日私の母に、「おばあちゃん、ママに会いたい」「ママが欲しい、パパが欲しい」などと泣き叫んでいた。

 後に、妹は2002年大連市労働教養院(強制労働収容所)に監禁中の処遇について、詳しく説明してくれた。それによると、監禁されていた法輪功修煉者は毎日、法輪功とその創始者を誹謗中傷するビデオの視聴を強いられていた。食事は、カビが生えた饅頭と、砂が混じる野菜。法輪功の修煉を放棄しない人は、特殊の籠(かご)に投じられる。その籠は、直立することもできず、座ることもできないように作られている。女性に対しては、長い棒で生殖器を突いたりする。このような状況において、妹は抗議するため絶食を始めた。80数日間が経過したとき、すでに脈がなくなった。警察が彼女を大連市中心医院に運んだ後置き去りし、母に知らせた。後に、母は治療費を払い、妹を自宅に連れ戻した。

 その後、警察も絶えず自宅に現れ、家族を脅迫していたため、弟と妹は相次ぎ家を離れ、放浪生活を始めた。

 中国国内では、当局の詐欺宣伝により多くの国民は法輪功をひどく誤解している。妹は放浪中にも、法輪功の無実を周囲の人に伝え続けた。今年3月19日、市民に迫害の真相を明かしていた妹は通報され、再び逮捕された。いまは、遼寧省の馬三家・労働教養院(強制労働収容所)に監禁され、3年の刑期が科せられている。

 年老いた母は今年4月に妹に面会できた。そのとき、妹は母の問いに言葉を返せず、ひたすら黙々と泣いていた。髪の毛がクシャクシャに切られて、体が大きな綿コートに包まれ、唯一露出していた手は、指先の皮が激しく剥がれ、縛り付けられたような傷があり、赤く腫れていた。その後、母は二度目の面会に訪れたが、会わせてもらえなかった。同行する3人の友人は警察から殴る蹴るの暴行を受け、強制連行された。そのとき、妹の娘も現場で一部終始を目撃したため、恐怖のあまり、大泣きしてしまった。

 68歳の母は寝たきりの父の世話をしながら、8歳の孫娘の面倒もみなければならない。そのような状況においても、警察による嫌がらせが絶えなかった。心労のあまりか、今年5月29日午後4時ごろ、母は脳溢血をおこし道端に倒れ、病院に搬送されたが、こん睡状態が続いた。私は帰国することもできず、なにもできなかった。見かねた隣人はわが家族の惨状を現地政府に再三に伝えたようだが、実質的な補助を得られなかった。6月23日、母は帰らぬ人となった。最期を見届けた友人によると、母は、子供たちに最後に一目会いたかったという。

 妹が釈放されるまでに、私は救援を呼び続けていく。これは母の遺言でもあろう。各国政府や、国際人権団体などに対し、妹のように中国当局に迫害されている大勢の法輪功修煉者を無視せずに、中国当局に正義の声を発し、その迫害を一刻も早く制止することを心から願っている。 

(翻訳/編集・叶子)

大紀元時報(07/11/28 10:54)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/11/html/d67065.html

 

   法輪功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』一部抜粋

 法輪功(ファルンゴン、ピンイン:Fǎlún Gōng)は、気功の一つ。日本では「ほうりんこう」と呼ばれているが、日本法輪大法学会は原語の発音に基づいて「ファルンゴン」と読むよう要請している。

  概説

 法輪功の創始者は吉林省出身の李洪志。 彼によると、法輪功とは佛家と道家の思想を根底に併せ持つ先史文化に根ざした気功で、「真・善・忍」という宇宙の特性に基づいて心性を修め、人間の身体を健康にするとともに根本から改善、向上させる修煉を行う功法であるという。法輪功の主な指導書は『転法輪』(ヅァンファルン)であり、同書をはじめとする李洪志の著作の中で法輪功はよく法輪大法(ファルンダーファ、ピンイン:Fǎlún Dàfǎ)とも称されている。

 また法輪功は以下のように宣伝している。

・法輪功は世界60カ国以上に広まっている。法輪功はすべて無料で教えられており、その教えに基づいて修煉を行うことで内面の向上や病気治療に顕著な効果がある。

・この功法はもともと秘伝の形をとっていて、一般には今まで公開されていなかったが、1992年より公開され、その教えによる精神的・肉体的効果が口伝えに急速に広まったことで、中国をはじめ全世界で1億人以上に学習者が増え、現在も増え続けている。

 なお、中国共産党は1999年に法輪功を邪教(いわゆるカルト)と断定し、中国および外国において法輪功学習者を弾圧し続けている。また、中国政府は96年にアメリカへ移住した李洪志の行動を、摘発回避のための逃走・亡命であろうとコメント(コメント日時不明)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E8%BC%AA%E5%8A%9F

 

 なぜ、気功のひとつである法輪功を中共は邪教と決め付けるのか?

 なぜ、法輪功を学んだだけで人が殺されていくのか?

 理解できないことがたくさんありますが、ただ中国で人が殺されていることだけは確かなようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/27

月探査衛星もニセモノ? 中国月面写真偽造疑惑発覚!

Img27928

※ 画像はイメージです。

嫦娥一号による最初の月画像が公表

 中国国家航天局は26日、中国初の月探査衛星・嫦娥一号が撮影し地球に転送した最初の月面画像を公表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。(編集MA)

中国共産党機関紙・人民日報

「人民網日本語版」2007年11月26日

http://j.people.com.cn/2007/11/26/jp20071126_80206.html

 

「嫦娥一号」初月面写真偽造疑惑、中国ネット上で大議論

 【大紀元日本11月27日】中国国家宇宙航空局は11月26日、「嫦娥一号」が撮影した一枚の月面の写真を公表し、温家宝総理が自ら写真の披露式を行った。中国の初の月探査プロジェクトの成功として、中国のメディアに大々的に取り上げられ、当日の新華ネットのトップを飾り、世界先進大国に立つ誇りをアピールした。しかし、写真は、グーグル・ムーンのサイトの月面写真とあまりにも似ていると指摘され、中国のインターネット上で偽造疑惑がホットな話題となっている。

 日本の月周回衛星「かぐや」とほぼ同じ時期に発射した中国の衛星「嫦娥一号」は、第17回党大会後の中共政権の権威と国威の象徴として多くの期待を担い、先月24日に打ち上げられた。その後、一時迷い子になり、軌道修正されたが、再び音信が絶え、今月18日にやっとすべて正常化されたと発表された。26日、中国国家宇宙航空局は、「嫦娥一号」が撮影したとされたー一枚の月面写真を公表した。温家宝総理が自ら写真の披露式を行い、中国が世界先進国に立つ自信を宣告した。当日の新華ネットは「嫦娥一号」の関連報道一色となった。

 しかし、写真は公表されてまもなく、多くのインターネット掲示板から、グーグル・ムーンのサイトの月面写真の偽造である声が上がってきた。

 少し前、中国の西北部にある陝西省当局は、43年ぶりに絶滅したはずの華南虎を農民が取った写真で確認したとインターネット上で発表したが、紙で画いた虎の写真を加工した偽物と多くの専門家に指摘され、インターネット上で熱い議論を引き起こした。それ以来、政府の捏造行為が民衆の話題となり、華南虎の写真の真偽に関する議論が全国的に広まった。

 こうした背景もあり、「嫦娥一号」の月面写真は、グーグル・ムーンのサイト上とそっくりの写真が発見され、すぐインターネット上で多くの関心を呼ぶ話題となった。

 当局の報道によると、「嫦娥一号」の月面写真は、19の軌道から取った画像で製作したものという。偽造と疑うネットユーサーの分析によると、一部は、グーグル・ムーン上の写真とまったく同じ角度から捕らえたものという。

 この指摘に反対する声は、当局がまさか世界中に披露する「嫦娥一号」の写真を捏造するまではしないだろうとしたが、支持者は、例え写真は本物としても、この国では政府による捏造があまりにも多すぎて、どれが真実なのか誰も信じることができないという。

 更に、中国の千竜というニュースサイトは、「嫦娥一号が取った初写真の分析」と題する報道で、嫦娥一号から撮られたとされる写真は、「専門家に、日本の初の月面の写真と比較すると、中国のは精細な写真で、日本のはスピード仕上げの写真」と報道したが、掲載した写真は、日本の「かぐや」の写真とまったく同じ角度で同じサイズで、解像度と明るさが違うだけ。この写真は、中国国家宇宙航空局が公表した写真とは違うもの。  

(報道・肖 シンリ)

大紀元時報(07/11/27 09:48)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/11/html/d52429.html

 

 イキナリ飛び出した中国の月面写真偽造疑惑!

 何もかもニセモノの中国ではさもありなんといったところでしょうか?

 「中国のは精細な写真で、日本のはスピード仕上げの写真」というコメントも理解できません。

 ちなみに日本のかぐやはハイビジョン映像でしたが、それ以上の映像はまだ中国からは送られてきてません。

 中国は月の立体画像を作るそうですが、その目的は何なのでしょうか? さっぱり理解できません!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

将軍様のワインニダ! ありがたくいただくニダ~!

Img56984

※ 画像はイメージです。

「金総書記のワイン、お味は?」

 ソウル小公洞のロッテ百貨店で26日午前、今年の南北首脳会談の昼食会で金正日(キム・ジョンイル)総書記が出して話題になった「ミッシェル・ピカール・コート・デュ・ニョイ・ビラージュ」を発売した。

 クムヤン・インターナショナルが正式に輸入することになった「ミッシェル・ピカール」のワインのうち、「コート・デュ・ニョイ・ビラージュ」はフランス・ブルゴーニュ地方の代表的な赤ワイン種、ピノノアで作られており、熟成するほど砂糖漬けの果実のような香りが強くなるのが特徴だ。

韓国・NEWSIS/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20071126000064

  

俗称‘金正日ワイン’販売

 今年の南北首脳会談歓送昼食会に登場して話題になった「ピカール コート・ド・ニュイ・ビラ・ヴィラージュ」が26日、ソウルロッテ百貨店本店ワイン売り場に登場し、注目を集めている。このワインは、フランス・ブルゴーニュ地方の代表レッドワイン品ピノ・ノワールで作られている。価格は7万ウォン(約8000円)台。

YONHAPニュース

韓国・中央日報 2007.11.26 17:54:09

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=93223&servcode=500§code=500

 

 外交の席で、たった8,000円のワインを出されたなんて、普通は「軽く見られたものだ」と怒るべきところなのですが、常識のない韓国人は将軍様の出してくださったワインだということでありがたがっています。

 やはり韓国は心のそこから北朝鮮に事大しているようです!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

『中国の誇りパンダを愚弄する行為』? パンダのパロディーは許されない行為か?(笑)

Img14427

※ 画像はイメージです。

パンダのパロディーは“売国奴”? ついに商業化禁止条例も

11月24日19時4分配信 産経新聞

 【北京=福島香織】芸術の自由かパンダの名誉か。パンダを使った芸術の是非をめぐって今、中国で大論争が起きている。きっかけは、パンダをモチーフにした作品で知られるポップアーティスト、趙半狄氏が北京市で行った「パンダ・ファッションショー」。「パンダをおとしめる」との批判がネットで広がり、“パンダの故郷”四川省成都市政府は、パンダのパロディーや安易な商業化を禁じる条例を制定するとしている。

 「国宝パンダをレイプした!」「パンダを辱めるな! 売国奴め」…。趙氏のブログには罵詈(ばり)雑言の書き込みが続く。趙氏によれば、もともと40万アクセスしかなかった趙氏のブログは、目下180万アクセス以上にのび、“炎上中”という。

 原因となったのが今月4日に行われたパフォーマンス・アート「パンダ・ファッションショー」。白黒のパンダカラーを使い、汚職高官、愛人、売春婦、ホステス、物ごい、清掃員など中国社会を象徴する職業をファッションで表現し、風刺性とユニークさでは高い評価を受けた。だが一方で、市民の間からは「中国の誇りパンダを愚弄(ぐろう)する行為」「反愛国的」と批判がわき起こった。

 さらに“パンダ保護”をうたう成都市が、このほど「パンダ保護と産業化の立法に関する意見報告」を発表。来年にも制定される「成都市パンダ保護管理条例」には、パロディーなどパンダの商業利用を禁止する条項を盛り込み、パンダの名誉、イメージも保護する方向だ。

 23日までにインターネット大手ポータルサイト新浪網で行われたアンケートによれば、成都市のパンダ・パロディー禁止条例を支持する声は49.76%と高い。条例が成立すれば、成都市ではパンダをモチーフにしたアートや商品など、「客寄せパンダ的行為」が制限されることになり、“パンダ・ビジネス”は市が独占することになりそうだ。

 この論争について、趙氏は「私は心からパンダを愛している。パンダをもてあそんでいるのは、むしろ成都市ではないか。パンダは成都市のものか。芸術の自由を政治的意図で阻む条例だ」と反論している。

最終更新:11月24日19時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000927-san-int

 

 芸術の自由か? 表現の自由か?

 中国人はつまらないことで大騒ぎをしますね。

 他にやることがないのでしょうか~?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

妊婦が難産のため重体に陥ったが、なぜか夫が「ただの風邪」と緊急手術に同意せず、妻とお腹の子供はともに死亡した。

Img75882

※ 画像はイメージです。

重体の妊婦、夫が「単なる風邪」と手術を拒否し死亡―北京市

11月23日18時10分配信 Record China

 報道によると、2007年11月21日、北京市内の病院で、妊婦が難産のため重体に陥ったが、なぜか夫が「ただの風邪」と緊急手術に同意せず、妻とお腹の子供はともに死亡した。

 この妊婦は同日午後、病院に搬入。医師は「ただちに手術の必要がある」と判断し、お金がない夫婦のために特別に無料で手術を実施することを決定した。ところが夫はなぜか病院側の厚意の申し出を拒否。「妻はただの風邪。病気が治ったら子供は自分たちで産む」と首を縦に振らなかった。

 医者は言葉を尽くして説得し、果てにはほかの患者が「1万元(約15万円)やるから同意しろ」とまで言ったが、夫は拒否。病院側は北京市衛生部門に超法規的措置の可能性を問い合わせたが、「親族の同意がなければ手術は不可」と拒絶された。

 厳しい状況の中、医師は薬物治療など出来る範囲の救命措置を講じたが、病院到着から3時間後、妊婦は死亡。妻の死を知り、夫はようやく後悔したのか、大声で泣き出し、「手術に同意する」と叫んだが、後の祭りだった。

 関係者らは「夫は手術代を払わなくてはならないのがそんなに心配だったのか」と、妻と赤ん坊の虚しい死に顔を曇らせていた。(翻訳・編集/KT)

最終更新:11月23日18時10分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000010-rcdc-cn

 

 中国の社会保障制度ってどうなっているのでしょうか?

 一応、中国も社会主義国家だったはずなんですが、何も機能していないようです。

 中国人って、バカですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

今さら驚くことではありませんが、ノ・ムヒョン政権のサヨク秘書・不法デモで連行された仲間の釈放を堂々と要求。恩赦で釈放させる。

Img28542

※ 画像はイメージです。

盧政権左翼系秘書の実態暴露 仲間の釈放堂々要求 警察庁前長官が回顧録

11月23日8時0分配信 産経新聞

 【ソウル=黒田勝弘】盧武鉉政権下で治安担当責任者だった前警察庁長官が、権力内部に進出した左翼系のスタッフたちの実態を暴露する回顧録を近く出版する予定で、その中身が話題になっている。

 前長官によると、盧政権下で青瓦台(大統領官邸)の秘書官に起用された彼らは、不法デモで連行された仲間の釈放を内部の会議で堂々と要求、それまで飲んでいた焼酎を洋酒に代えて、食事も高級ホテルでするなど“出世”ぶりが目立ったという。

 回顧録の主は許准栄・前警察庁長(警察庁長官に相当)で、盧政権初期の2003年に青瓦台で治安担当秘書官を務めた後、ソウル市警察庁長(警視総監)、警察庁長官になり05年末、農民デモでの農民死亡事故の責任を取らされ退任した。

 回顧録は『許准栄のポリス・ストーリー』(中央日報時事メディア刊)として来月初め出版される。

 事前に明らかになった内容によると当時、大統領総務首席秘書官の下には自分を含め6人の秘書官がいたが、残り5人は全員が服役経験のある活動家出身で「彼らは夜遅くまで討論し翌日は職場で居眠り」し、内部の首席秘書官会議ではデモで警察に連行された友人や先輩、後輩の釈放を平気で要求していたという。

 また警察官僚出身の許氏は大統領と直接意見を交わす機会はなかったが、活動家出身の他の秘書官たちは食事などで大統領とよく接触していたため、許氏は「もっと幅広く人に会うべきではないか」と思ったという。

 さらにそうした若手のスタッフたちは、盧大統領が警察大学を訪問した際、室内に盧大統領とブッシュ米大統領が握手している写真が掛かっているのを見とがめ、直ちにはずさせるといった米国嫌い(?)の感情を見せていたという。

 許氏はまた長官退任の際、大統領と食事した席で農民死亡について「(警察のデモ規制に関連し)大統領がわざわざ謝罪するのは好ましくない」と述べたのに対し、大統領は「彼ら活動家や市民団体などは私の権力基盤ではないか」といった話をしたので驚いたと記している。

 許氏は外交官出身の警察幹部という異例の経歴の持ち主で、警察界で人望が高かったが、農民デモ事件にかかわる盧政権の“政治的措置”により早期退任を余儀なくされ話題になった。

最終更新:11月23日8時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000089-san-int

 

 ノ・ムヒョン政権の誕生で秘書官になった元サヨク市民運動団体のスタッフの政権内部でのわがまま放題やりたい放題。

 そういえばそんな恩赦も連発されていましたね。

 犯罪者を「友達だから」と釈放を要求するなんて、公私混同もいいところです!

 モラルのないチョーセン人には何を言ってもムダですが。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

わがまま韓国・国連委での北朝鮮人権決議案に修正要求しトーンが弱められたのに採決を棄権する。

Img85309

※ 画像はイメージです。

国連に北の人権非難決議案 日本など44国

11月3日11時7分配信 産経新聞

 【ニューヨーク=長戸雅子】日本と欧州連合(EU)などは2日、北朝鮮による外国人拉致を「他の主権国家の国民の人権侵害」と批判し、拉致被害者の即時帰国を求める対北朝鮮非難決議案を国連総会第3委員会(人権)に提出した。共同提案国は44カ国に上った。北朝鮮の人権侵害を非難する総会決議案の提出は2005年以来3年連続だが、即時帰国要求が盛り込まれたのは初めてで、拉致問題の進展が見られないことから解決を促す強い姿勢が示された。第3委員会は今月中旬にも採決を行う。

 今回の決議案交渉では韓国が「6カ国協議の進展」と10月に行われた韓国と北朝鮮の「南北首脳会談の支持」を盛り込むよう要請した。「隣国であり同胞への配慮」(国連外交筋)から前向きな文言が入ることを望んでのことだったが、日本、EU側は「6カ国協議の進展と南北間の対話自体は望ましい」としながらも「この1年、拉致を含む人権問題では何の進展もない。あえて言及する必然性はない」と突っぱねた。

 外国人拉致、とくに日本人拉致問題で北朝鮮は第3委員会などで「真摯に取り組んでおり、解決済み」との立場を繰り返しているが、決議案は「未解決であることに重大な懸念を改めて表明する」としており、北朝鮮の主張を退けている。

 決議案は拷問や法の支配の欠如など組織的で広範かつ重大な政治的、経済的、社会的な権利の侵害に改めて重大な懸念を表明。北朝鮮当局に拉致被害者の即時帰国の保証を含む早急な解決を要請した。

 さらに脱北者が生まれる根本原因に取り組むことや脱北者から搾取する人物への処罰も新しく要請した。

最終更新:11月3日11時7分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000907-san-int

 

<韓国>国連の北朝鮮人権非難決議案に表現緩和の修正要求

11月13日15時1分配信 毎日新聞

 【ニューヨーク小倉孝保】日本と欧州連合(EU)が国連総会第3委員会(人道問題)に提出した北朝鮮の人権状況非難決議案について、韓国が非難トーンを大幅に落とすよう修正を要求していることが12日、分かった。拉致問題では北朝鮮の名指しを避け、拉致被害者の即時帰国要求を削除するよう求めている。北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の進展に伴い、厳しい非難は避けるべきだとの声は韓国以外からもあり、決議案採択に向け日本は難しい外交を強いられそうだ。

 韓国が各国に配布した要求内容とその説明書によると、6カ国協議の進展と10月の南北首脳会談を歓迎することを新たに明記するよう要求。外国人拉致問題については、日欧案が「北朝鮮政府が拉致被害者を即時に釈放するなどし、透明性を確保しながら直ちに解決することを強く促す」としている文言を、「関係者が透明性を確保しながら可能なやり方で解決するよう強く奨励する」と変更するよう求めている。

 このほか、北朝鮮の女性が売春目的に連行されていることや脱北者の子供が殺害されていることを非難した部分に関しては、韓国は「信頼性が低い」と削除を要求している。韓国は修正要求の理由として、▽6カ国協議が進展している状況を反映すべきだ▽日本人拉致問題については日朝国交正常化交渉で協議することになっている--などの点を挙げている。韓国は最近、国連の協議で北朝鮮寄りの姿勢を強めている。

 日本とEUが北朝鮮人権非難決議案を提出したのは今年で3年連続。過去2回はいずれも賛成多数で採択された。昨年の同委員会では、韓国を含む91カ国が賛成、反対は21カ国(棄権60カ国)だった。しかし、今年は、核問題の進展に加え、「人権問題は、創設された国連人権理事会で扱うべきだ」との考えから、総会での決議に消極的な国も出ている。

 日本の高須幸雄・国連大使は一部にこうした意見があることを認めながら、「核問題が進展しているからといって拉致問題で要求を弱める訳にはいかない」と話し、各国に日本の立場を説明している。近く同委員会で投票が行われる予定。

最終更新:11月13日15時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000059-mai-kr

 

<北朝鮮非難決議>日本とEUがトーン弱め修正案 国連委

11月18日0時32分配信 毎日新聞

 【ニューヨーク小倉孝保】日本と欧州連合(EU)は16日までに、北朝鮮人権状況の非難決議案の修正案を国連総会第3委員会(人道問題)に提出した。韓国の要求を受け入れ、非難色を薄めたが、拉致問題についてはほぼ原案通り、被害者の即時帰国要求を明記した。今週の委員会で採決される。

 修正案は、韓国の要求を受け、北朝鮮核問題の6カ国協議の進展と10月の南北首脳会談を歓迎することを新たに加えた。

 一方、拉致問題については、「北朝鮮政府が拉致被害者を即時に帰国させるなど、直ちに解決することを強く求める」と、原案をほぼ維持した。韓国は、北朝鮮の名指しを避けるとともに、「即時帰国」部分を削除するよう求めていた。

 昨年は、核実験を実施した北朝鮮に国際的な不信感が高まっていたものの、同決議案は小差で採択された。今年は昨年に比べ、北朝鮮に対する各国の非難感情は薄まっており、採択は微妙な情勢にある。

最終更新:11月18日0時32分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000000-mai-int

 

国連委が北朝鮮人権決議案を採択、韓国は棄権

11月21日10時12分配信 YONHAP NEWS

 【ニューヨーク20日聯合】北朝鮮の人権状況の改善を促す人権決議案が20日、国連総会第3委員会で採択された。韓国は棄権した。国連総会第3委員会はニューヨークの国連本部で、欧州連合(EU)と日本が提出した北朝鮮人権決議案の採決を行い、賛成97票、反対23票、棄権60票で3年連続で決議案を採択した。

 韓国は昨年、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の当選確定後に実施された採決では賛成票を投じたが、今年は再び棄権している。採決に先立ち政府当局者は、「南北関係の特殊な状況を考慮し棄権することにした」と説明した。しかし、北朝鮮の人権状況が昨年と大きく変わっていないにもかかわらず、人類の普遍的な価値である人権問題に対し南北関係の特殊な状況を根拠に立場を変えたことについて論争が予想される。

 一方、駐国連北朝鮮代表部のパク・ドクフン次席大使は採決に先立ち、人権決議案は誤った情報に基いており問題をまったく立証できておらず、主権国の尊厳性を害するとしてこれを拒否する姿勢を示した。

最終更新:11月21日10時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000005-yonh-kr

 

 わがまま韓国!

 採決を棄権するのなら、修正要求なんてするべきじゃないですよね!

 こんな迷惑な国は地球上から消えてほしいです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

また反日デモか? 駐中日本総領事館にデモ隊が…、

0_img92340

※ 画像はイメージです。

そんなのアリ? 中国の詐欺騒動、日本巻き添え

2007年11月22日12時31分

 中国遼寧省瀋陽市で20日から21日にかけて、アリ養殖を巡る投資の焦げ付き問題に抗議する市民らによる大規模なデモがあった。数千人が同省共産党委員会の建物を包囲。21日午後には数百人が日本総領事館前などにも押し寄せ、被害を訴える騒ぎになった。

 デモをしたのは、強壮剤に使うアリの委託養殖で業者に支払った保証金の回収が出来ず、だまされたと訴える人々。香港紙によると、被害総額は数十億元(1元は約15円)に上るという。

 日本とは関係はないが、中国当局の対応に業を煮やしたデモ隊の一部が「外国公館に訴えれば、中国当局も黙っていられないはず」として、日本や米国などの総領事館が集まる一角を行進。「金を返せ」などと叫んだ。

日本・朝日新聞

http://www.asahi.com/international/update/1121/TKY200711210291.html

 

 反日デモではないとはいえ、日本総領事館前にデモ隊が押しかけてくるのは問題があるように思われます。

 中国は国民にどういう教育をしているのでしょうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「じゃがいもがだめなら豆を植えればよい。」「首領様、白頭山のここの気候では、じゃがいも以外の他の農業はできません。」一言のために政治犯収容所へ

Img52967

※ 画像はイメージです。

金日成 "じゃがいもがだめなら豆を植えればよい"

[発掘秘話] 92年 金日成に'正しい進言'をした農場支配人の追放

文星輝記者(慈江道出身, 2006年入国)

[2007-11-22 13:27]

 この秋、平安北道の新義州市の米の価格は1,400ウォンだった。水害で食糧の生産が急減し、住民が心配しているという声が聞こえる。

 北朝鮮は'苦難の行軍'から10年経ったが、食糧問題を解決することができずに国際社会に物乞いしている。北朝鮮が食糧問題を解決することができなかった原因の一つが、金日成-金正日父子の馬鹿馬鹿しい指示であった。

 北朝鮮では金父子の指示には無条件従わなければならないため、その弊害が現われても改善は難しい。指示に従わない場合収容所に入れられるため、誰一人異議を唱えることができない。

 金日成が1992年に両江道の三池淵郡を訪問した時のことだ。

 1993年に出版された北朝鮮の'朝鮮中央年鑑'の118ページには、1992年8月16日から9月3日まで、“偉大な首領、金日成同志が咸境道内の人民経済の様々な事業を現地で指導した”と書かれている。およそ20日間、咸境道の事業を現地指導したという記録だ。

 だが、金日成の現地指導の具体的な内容については明らかにされなかった。当時、金日成は三池淵郡のポテ労働者区にある招待所(金日成の専用特閣)を休暇で訪れていた。

 1992年8月、ポテ里にある専用特閣にいた金日成が周辺のじゃがいも畑を見回った。

 専用特閣の中にあるやや小さめの畑で、護衛総局の軍官の家族が食糧問題を解決するためにじゃがいもを植えていた。だが、その年は雨がたくさん降り、じゃがいもの育ちが悪かった。

 じゃがいも畑を見学した金日成が、“今年のポテ農場のじゃがいもの栽培はどうなのか”と聞いた。金日成のまわりには、護衛総局の軍官(将校)らと書記だけがおり、答える人がいなかった。

 金日成はその場で“今すぐポテ農場の支配人と初級党書記を呼んで来なさい”と指示した。

 当時、ポテ農場は国営農場のため、支配人制だった。

 突然、金日成に呼ばれたというしらせを聞いたポテ農場の支配人(当時彼は努力英雄だった)と初級党書記は、非常に喜んで護衛総局の車に乗った。

 金日成はじゃがいも畑でポテ農場の支配人に、今年の農業について聞いた。

 悪天候のために、じゃがいもがよく育たなかったという話を聞いた金日成は、ポテ農場の支配人にじゃがいも以外のものを植えてみなさいと言った。

 ポテ農場の支配人は“首領様、白頭山のここの気候では、じゃがいも以外の他の農業はできません”と答えた。すると金日成は“なぜだ。紫豆があるではないか。ここでよくできるようだが。それを一度植えて見なさい”と言った。

 ポテ農場の支配人は丁重に、“首領様、紫豆はよくできますが、主食や副食として食べることができません。これまで、紫豆は飼料として使っています”と答えた。支配人の言葉通り、紫豆は食べることはできるが、じゃがいもの変わりにして主食として食べることは不可能だった。

 “なぜだ。紫豆にはタンパク質が多いというが。じゃがいもよりましだろう。一度植えて見なさい!”金日成は命令するような口調で言った。

 しばらくもじもじとしていたポテ農場の支配人は、“けれどもこれまで、両江道の住民の食生活にはじゃがいもの方がよかったのです”と答えた。

 金日成はいらいらしたように、“それでも植えて見なさい。じゃがいもよりもタンパク質がずっと多くてよいのではないか”と言い、支配人に目をやった。支配人はもどかしさを押えて、“…徐々に植えてみます”と答えた。

 突然、金日成が怒鳴った。

 “おい! これはどこから転がって来たやつだ! 植えろといったら植えるんだ。全く宗派みたいな奴だ。お前がどうして支配人なのか”

 ポテ農場の支配人の運命はここで終わった。すぐに金日成の責任書記に召還され、ひどい侮辱を受けた。だが、それだけではなかった。

 道の党組職部に呼ばれて、思想闘争の舞台に立たされ、その場で解任された。

 一瞬にして努力英雄の称号を剥奪され、立派に建てた家から追い出されて、一般の農場員が住む家をあてがわれた。

 党の検討が終わると次は国家保衛部が、金日成が“宗派みたいな奴”と言った言葉を根拠にして、ポテ農場の支配人に“現代宗派”という汚名を着せ、結局1ヶ月後に家族と共に政治犯収容所に連行した。

 両江道の三池淵郡出身の脱北者、キム・インシル(仮名55歳余)氏は、“ずいぶん前の事件だった。金日成が死ぬ前にそういうことがあった。当時、ポテ農場の支配人は努力英雄で、本当に農業にすべてを捧げていた。そのため、農場員の信望も相当なものだった。だが、一言のために政治犯の監獄に行った”と語った。

 更に、“その後、じゃがいもは少なめに植えて紫豆を主に植えた。両江道の他の農場も紫豆を大量に植えた。だが、紫豆は加工して食べる方法がなくて、金日成が世を去った後、再びすべての畑にじゃがいもを植えた”と明らかにした。

 金日成-金正日の無能のために発生した食糧難の責任を負って被害にあった幹部は、彼以外にも多くいる。1997年に北朝鮮の農業担当書記のソ・クア二と、スク・チョングン協同農場管理委員長(努力英雄)を、スパイといって銃殺した事件、ピチャンリン農業研究所の初級党書記を収容所に入れて殺害した事件などがある。

 高位の幹部がこうして粛清され、その下で音もなく死んでいった人の数は到底数え切れない。

◆ 紫豆 = 豆科の一種。寒さによく耐え、収穫量が多く、山間地帯で多く植えられる。茎は高さ1メートル程度で太い。脱北者たちによると、紫豆は収穫高が良いが、加工して食べる方法はないという。

デイリーNK・韓国・北朝鮮専門ニュースサイト

http://www.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk01000&num=1436

 

 さすがは北朝鮮というべきか、やっぱり北朝鮮というべきか、

 首領様の前では白いものも黒といわなければならない世界で、例え正しくても首領様の指示に歯向かってはいけないようです。

 北朝鮮は自滅への道をまっしぐらに走っていますね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

先生と君たちとの、ひ・み・つ♪

Img51649

※ 画像はイメージです。

紫外線ビームで洗脳?

 「言うこと聞かないと、紫外線当てちゃうぞっ」……と先生が言ったかどうかは分からないが、北京市のある幼稚園で、子どもたちを懲らしめるために、紫外線殺菌灯を使っていたことが発覚し、保護者らを驚かせている。

 園児の証言によると、同園の教諭は子どもたちを「洗脳」し、頭をよくするためとして、教室内にある殺菌灯を付けたまま、自分は室外に避難していたようだ。

 めまいやおう吐の症状を訴える園児もいた。教諭は「先生と君たちとの、ひ・み・つ」として隠ぺいしようとしていたが、そこは子ども。あっという間に保護者の間に知れ渡り、今では大騒ぎになっている。【19日・北京晩報】<北京>

中国三面記事

http://news.nna.jp/free/mujin/070214_pek/07/1121c.html

 【紫外線】 波長が、可視光線より短く X 線より長い電磁波の総称。波長約 380~1nm。目には見えないが、太陽光・水銀灯などに含まれ、日焼け、殺菌の作用をもつほか、しばしば光化学反応を起こすなど化学作用が強い。皮膚癌の原因になることがある。また、太陽光線中の紫外線は大気上層の酸素やオゾンによって吸収され、およそ 300nm以下のものは地上に到達しない。化学線。菫外(きんがい)線。UV。 [ 大辞林 提供:三省堂 ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A&enc=UTF-8&stype=0&dtype=0&dname=0ss

 

 『人間が紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ急性もしくは慢性の疾患を引き起こす可能性がある。』そうです。頭がよくなることはありません。

 誰にどうだまされたのか知りませんが、こんないいかげんなことしちゃいけません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

『いじめ許可証』もれなく発行中!

Img30404

※ 画像はイメージです。

「ナンパ許可証」はまだ笑えるけど… 「いじめ許可証」が格好いいという勘違い!? 小学生に大流行 ― 中国

11月20日12時52分配信 Record China

 2007年11月19日、湖南省長沙市の地元紙「長沙晩報」は、最近市内の小学校でふざけた「許可証」や「証明」が大流行していると報じた。

 小学4年生の息子をもつある両親は、息子の学校カバンに「いじめ許可証」が下げてあったのを見つけて愕然としたという。この「許可証」は、小学校のそばに必ずあるような小さな雑貨屋で児童相手に平然と売られており、1枚5元(約80円)。きれいにビニールで包まれており、表には各種「証明」の文字が印刷され、裏には名前や性別・年齢を記入し写真がはれるようになっている。種類も「独身証明」や「ナンパ許可証」「ネット恋愛許可証」などさまざま。調べによると、市内のほとんどの小学校で流行していることがわかった。

 これらの「証明」には、中華人民共和国の国章を模した印刷がされており、「国章を侮辱している」との法律専門家の指摘もあるが、1番の問題は不道徳な内容の「証明」が子供たちに与える影響の大きさではないだろうか?(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月20日12時52分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000010-rcdc-cn

 

 いじめをするのにも許可証が必要というのはお国柄でしょうか?

 中国のような殺伐とした社会では子供の心もすさんでいるようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本がウリの話を聞かないニダ!

71673808

※ 画像はイメージです。

盧大統領「日本が話をよく聞かないもので…」

 7日、ロバートゲイツ米国国防相が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領を訪問した際に交わした対話に対する両側の説明が食い違っている。

 米行政府消息筋は18日「当時、ゲイツ米国国防相が『韓国と米国、日本の軍事協力を強化して行こう』という趣旨の話しをしたが、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は『日本が(韓国の)話をよく聞かない』と言って慎重な態度を見せた」と伝えた。

 しかし青瓦台関係者はこれに対し「ゲイツ長官の青瓦台訪問は会談のためではなく、韓日米軍事協力の提案も受けていない」と否認した。

 ワシントンの消息筋は「この日、ソウルで開かれた第39回韓米安保協議会(SCM)に出席したゲイツ長官が盧大統領を訪問し『韓日米間の軍事協力を強化しよう』という趣旨を述べると、盧大統領は『(国際協力として)中国は話をよく聞くが、日本は話をよく聞かない』と慎重な反応を見せた」と述べた。「盧大統領の発言はゲイツ長官の言葉を拒絶したというよりは、自分の意見を述べたもの」と説明した。

 この消息筋によるとこれに先立ち6~7日、ソウルで開かれたSCMと韓米軍事委員会(MC)で、ゲイツ長官とマイケル・マリン米合同参謀議長は「韓国と日本が歴史的問題で疎遠だが、これは域内安定に良くない。このため米国が積極的役割を果たす」とし「韓国と米国、日本が海洋捜索と救護(search and rescue)など人道主義的目的のための軍事協力を強化して域内安定と平和に貢献していこう」と提案した。

 これに対して韓国側は「良い考えだ」と共感を表示したとこの消息筋は伝えた。また両側は「域内を超えて韓米同盟を世界的同盟に発展させよう」ということに共感を示し、韓国の北大西洋条約機構(NATO)グローバルパートナーシップ参加も肯定的に検討することにしたということだ。

 ゲイツ長官はこのような軍の次元での協議をもとに、盧大統領に同じ趣旨のことを述べたが、盧大統領が日本に対して不平を言い、慎重な反応を見せると戸惑ったと消息筋は伝えた。しかし青瓦台関係者は「盧大統領が日本を懸念した部分がオーバーに伝わったようだ」と述べた。盧大統領はこの日「北東アジアの冷戦構図が解消されているが、相変らず不安要素がある。その中でも不安なのが日本のナショナリズム」とし「日本の軍事大国化が中国と周辺国に軍費競争を刺激する側面があり得る。中国は権威主義から開放に向かっている」と述べたと説明した。

 こうした話が挙がったのは、最近、韓国政府が北東アジアで実施される多国籍軍事作戦に消極的態度を見せてきたからだ。「軍事的サンドイッチ」状態になっているという指摘まで挙がっている。先月、東シナ海で実施された日米豪3カ国合同訓練には韓国が招待されなかった。これに先立ち日本の東京湾一帯で実施された大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)による多国籍軍事訓練には北朝鮮刺激を懸念した韓国側が参加を断った。

 ワシントンのある外交消息筋は「韓国と米国、韓国と日本の間にはそれぞれ軍事協力ができるが、韓国と米国、日本の3カ国が軍事協力をするというのは全く違う問題だ」とし「これは人道主義的目的に限っても、韓国としては中国と北朝鮮を刺激することがあると懸念し、受け入れにくい」と話した。

ワシントン=カン・チャンホ特派員

韓国・中央日報 2007.11.19 13:42:39

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=92969&servcode=200§code=200

 

 「日本が(韓国の)話を聞かない。」とは、一体何様のつもりなのでしょうか?

 ノ・ムヒョンのカン違いはあきれるばかりです。

 「日本の軍事大国化」なんてアメリカ人に向かって言えば、いい笑いものですね♪

 こんないいかげんなおっさんを大統領にした韓国人ってどういう神経をしているのでしょうか?

 まぁ、市民より政治意識の高い政治家は生まれないとは言いますが。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/19

教室でキスした奴は学校へ来るな!

128

※ 画像はイメージです。

教室でキスしたら放校処分! 中3男子、学校の対応は法律違反との声も ― 広東省広州市

11月18日20時44分配信 Record China

 2007年11月16日、広東省のニュースサイト「大洋網」は広州市のある中学校で先週発生した事件を紹介。

 広州市リー湾区東沙開発区博雅学校中等部3年生のA君(16歳)は7日、放課後の教室で同級生のBさんにキスをした。それを偶然目撃した副校長はA君を職員室へ連れて行き、厳しく説教。その後、キスをした2人の保護者をそれぞれ呼び出し、「今後学校へは来ないように」と言い渡し、転校を勧めた。

 反省したA君はそれから毎日学校へ通うが、校門のところで警備の係員に「門前払い」。両親も再三学校側に放校処分の撤回を求めたが、受け入れてもらえなかった。この件に関し、市教育局は義務教育の段階での放校処分はいかなる理由があろうとも違法行為だと指摘。これを踏まえて同校に問い合わせたところ、校長は「放校処分ではなく、謹慎処分」だと答え、A君の精神状況をみて復学させるつもりだったと説明した。

 A君とともに「放校処分」を受けたBさんは、すでに他校に転校した。早熟な子供たちが増えているなか、キス程度でこれほど厳しい処分を下した学校側に問題があると、教育界や法律界からも非難の声があがっている。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月18日20時44分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000011-rcdc-cn

 

 キスしただけで学校へは来ないように言うなんてずいぶん封建的ですが、仮にそれ以上のことをしたらどうなるのでしょうか?

 中国人の考えることは理解できませ~ん♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/18

中国の恫喝外交 ― 東シナ海ガス田 「日本が試掘したら軍艦出す」

Img80258

※ 画像はイメージです。

中間線日本側でも共同開発 東シナ海ガス田、政府打診 中国「試掘なら軍艦出す」

11月17日8時1分配信 産経新聞

 東シナ海ガス田開発をめぐる日中共同開発案について、日本政府は、中国側が「白樺」(中国名・春暁)ガス田を含めた日中中間線にまたがる海域での共同開発に応じるのであれば、中間線の日本側の一部での共同開発を認めることを打診していたことが16日、分かった。14日の局長級協議で中国側に明言した。協議ではまた、日本側が協議の停滞を理由に試掘を示唆した際、中国側が「そうなれば(中国海軍は)軍艦を出す」と発言していたことも新たに判明した。

 これまで政府は、中間線から中国側にあるガス田での共同開発を求めており、中間線の日本側は日本の排他的経済水域(EEZ)のため共同開発を認めていなかった。

 協議で日本側は、中国が領有権を主張する尖閣諸島周辺と日韓大陸棚周辺は国家主権にかかわるとして開発対象から除外する方針も伝えた。

 政府が中間線の日本側での共同開発の一部容認にかじを切ったのは、中間線付近の海域で日本側が軟化姿勢を示すことで、中国から譲歩を引き出し「日中関係に強いとされる福田康夫首相の初訪中で具体的成果を確保する」(自民党筋)ねらいがある。

 こうした中、町村信孝官房長官は16日、中国の崔天凱駐日大使と首相官邸で会談。年末以降で調整中の首相訪中までに問題を決着させたいとの意向を表明。崔大使は「共に努力し、早期に妥当に解決する誠意と決心を有している」と述べた。

 温家宝首相が今年4月に訪日した際に発表した日中共同声明では、「今年秋までの共同開発の具体的方策の報告」が確認されている。

 共同開発海域で合意が得られれば、両国は一定期間同海域での境界線画定を棚上げし、

(1)開発費を両国が半額ずつ負担する

(2)産出される天然ガスなどの権利を双方で折半する

― などの内容で2国間協定を結ぶ方向だ。ただ、中国側は「係争海域は日中中間線と(中国が主張する境界線の)沖縄トラフの間だ」との姿勢を崩していない。

最終更新:11月17日8時24分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000069-san-pol

 

 東シナ海の大部分の領有を主張するヤクザな中国。

 日本に対して恫喝外交をくりひろげ、未曾有の資源を独り占めしようとしています。

 領海は中間線までという世界の常識を認めない中国は非常識です。

 ヤクザな中国はどこまで横柄な対応を続けるのでしょうか?

 今、世界で一番迷惑な国は中国です!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

すべての日本人がお金持ちではないとは知らなかったアルヨ。これは結婚詐欺だ!!!

Img54584

※ 画像はイメージです。

「結婚詐欺~っ!」こんなはずじゃなかった、日本へ嫁いだ上海女性、故郷へ逃げ帰る―中国

11月16日15時51分配信 Record China

 2007年11月15日、チャイナフォトプレスによると、上海市普陀区の裁判所でやや下世話な公開審理が行われた。原告である42歳の上海女性・袁さんは1年前、結婚紹介所を通じて日本人男性と知り合い、3ヵ月後に日本へ嫁いだ。その際に支払った紹介料は7万元(約105万円)であった。

 ところが嫁いでから分かったのは、全ての日本人がお金持ちではないということ。農業を営むこの男性の生活は決して裕福とは言えず、袁さんに毎月5、6万円の生活費しか渡さなかった。理想とのギャップを感じた袁さんは数か月後、上海に逃げ帰り、紹介料の返金を求める裁判を起こした。この紹介所は「結婚が成立しなかった場合には紹介料を全額返金します」と謳っていたのだ。

 しかし、紹介所側の弁護士は「これは詐欺には当たらない」と主張。加えて、袁さんが結婚後、夫に対して度重なる家庭内暴力を働いていたとする証明写真まで出してきた。また、紹介料として収められた7万元は、袁さんの結婚式や結納金としてすべて使ってしまったという。

 2006年の厚生労働省の発表によれば、日本では1年間に約4万5000組の国際結婚カップルが誕生している。その大部分は夫側が日本人で、配偶者の出身国では中国が第2位に位置している。年々増え続ける日中カップルの間で、今後このようなトラブルがさらに増えていくのだろうか?(翻訳・編集/愛玉)

最終更新:11月16日15時51分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000018-rcdc-cn

 

 日本人が全員お金持ちではないなんてあたりまえの話のような気がするのですが、中国人はこの程度のことも知らないのでしょうか?

 無知というか、常識知らずというか、

 中国は反日教育をする前に世界の常識を教える必要があると思います!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/16

黄色い魚は高く売れるので、魚を黄色く塗ってみたアルヨ!

Img94615

※ 画像はイメージです。

危険食品の罠! 工業用の着色剤で「お化粧」した汚染魚420kgを押収 ― 江蘇省連雲港市

11月16日11時54分配信 Record China

 2007年11月14日、チャイナフォトプレスによると、江蘇省連雲港市工商局連雲支局ならびに衛生防疫所が同区の海鮮市場へ抜き打ち検査を実施した。捜査の結果、悪質な取引業者により加工された汚染魚420kgが押収された。

 魚はキグチに黄色ナトリウムなど工業用の着色剤で色や光沢を施し、「お化粧されて」価格を引き上げ販売されていた。商品は販売所や冷凍貯蔵庫に大量に並んでいた。

 黄色ナトリウムの食品使用は法によって厳重に禁じられている。万が一、摂取してしまった場合には人体に重大な悪影響があるとされている。(翻訳・編集/愛玉)

最終更新:11月16日11時54分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000008-rcdc-cn

 

 とても中国的なニュースですね。

 高く売るためには何でもするなんて、モラルもプライドもないところが中国らしくていいですね?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

一人っ子政策+男尊女卑=男だらけ!

Img1561_2

※ 画像はイメージです。

「男が1800万人多い」中国の出生率差は世界一

2007.11.14 13:26

 新華社電は14日までに、中国で生まれる子供の男女比について、女児100人に対し男児120人と依然アンバランスな状態が続いており、男女出生率の差は世界一だと伝えた。

 特に農村部で差が開いており、家族を労働力とみなしている農村で、男児の出生を求める傾向が強いことが背景にあると指摘している。

 「結婚適齢期」の20-45歳では、男性が女性を1800万人上回っているという。(共同)

産経新聞

http://sankei.jp.msn.com/world/china/071114/chn0711141326002-n1.htm

 

中国農村の男女出生比123:100 不均衡続く

 中国の農村の出生性比(女児100人に対する男児の数)が依然高いレベルを保っている。出生性比は自然な状態で103から107とされているが、中国国家統計局のサンプル調査によると、中国の出生性比は119.58、農村ではさらに高い122.85となっている。「新華網」が伝えた。

 国家人口・計画生育委員会の張維慶主任は12日、「全国農村人口・計画生育工作会議」に出席し、「現在中国の農村では農業生産を家庭内労働力に頼っているため、農村家庭では男児の出生を好む傾向が明らかだ。出生性比が長期にわたって高いレベルを維持すると、結婚ができない男性の増加につながり、社会の調和と安定に影響する危険がある」と述べた。

 中国の出生性比の高さは80年代以来、深刻さを増してきた。その数字は世界で最も高いレベルにあり、また最も長く高いレベルを保っている。現在、結婚年齢にある男性は同年齢の女性よりも1800万人多い。2020年には 20歳から45歳までの男性は同年齢の女性よりも3000万人多くなると予想される。

 中国では、違法行為である男女産み分けを目的とした妊娠中絶(医学的に必要とされる場合を除く)に対する取締まりを強化していく方針だ。また、国家人口・計画生育委員会など関係部門では「新農村新家庭計画」や「女の子を大事にしよう」といった活動の展開を通じて、男児を重く女児を軽く見る旧式の考え方をなくし、男女比の不均衡を抑制していくという。(編集MA)

中国共産党機関紙・人民日報 「人民網日本語版」2007年11月14日

http://j.people.com.cn/2007/11/14/jp20071114_79672.html

 

中国一人っ子政策、動乱の元

 【大紀元日本11月14日】2008年北京五輪の開催まで10カ月ほど、人権侵害、腐敗汚職によって世界範囲で悪名を馳せた中国共産党政権は、選手の訓練に励むほか、国内外の各種批判の声に対応し、名声挽回に躍起になっている。

 批判の声の中に、あまり目立たないが、昔から存在してかつ深刻な問題がある。それは「男尊女卑」の問題である。多くの国の伝統文化によって、「男尊女卑」の考え方は人々の頭の中に意識せずに植え付けた。息子がいれば、老後に面倒を見てくれる人がいて、保障がある、そして、息子がいれば一族の血統が続くことができると考えている。中国はこういう考えを持つ国の典型である。

 中国共産党は政権を得た際、「男女平等」のスローガンを叫んだ。しかし、ここ数十年、巨大な人口問題を解決するために、当局は「一人っ子政策」の強制執行に踏み切った。結局のところ、「男尊女卑」の問題は深刻になった。子供を一人しか産めないので、夫婦への圧力が大きく、妊娠時に胎児の性別を知りたく、女子と確認取れた場合、中絶手術を選択する可能性もある。

 クリスチャン・サイエンス・モニター(CSM)紙の報道によると、「一人っ子政策」がもたらした結果は恐ろしいものだ。男子の誕生割合は女子の割合を信じられないほど上回っている。英国医学期刊誌「ザ・ランセット」のデータによると、全世界範囲で、中絶や殺害により、女子が1億人減少しており、中でも中国が5000万人を占めているという。中国の省(県単位)レベルでの男女比は120~130人:100人。通常は、男女比は104:100が正常である。当然ながら、男性の結婚で、嫁不足という問題が浮上した。

 男女比のアンバランスは、もう1つの深刻な問題をもたらす。それは、地方の安定に影響が出るだけでなく、大げさに言うと、世界の安全にまで影響が出る。人口と安全のある研究データによると、一つ地域に男性人口が過剰であれば動乱を起こす可能性が大きいという。歴史の経験から見ると、結婚できなくなった男性は、結婚以外に精神の拠り所を見つけない限り、たいてい、暴力的な傾向を持つ人間になるという。

 中国政府は、中絶防止に力を入れるべきである、男女のバランスを取ることは社会と政治の安定だけのためではなく、それは基本的な人権である。

 CSM紙によると、最も良い方法は産前の超音波検査に対して、法整備を行い、管理を強化することにより、中絶する行為を阻止することだという。同時に、北京政府は社会福祉の措置を強化するべき、もし社会福祉制度が健全であれば、老後の不安もある程度解消され、「女子無用論」の考え方も変わるだろう。それ以外に、女性の権利を守るために、男女比のバランス問題を根本から解決したいなら、血まみれの「一人っ子政策」を廃止することが最善の方法であると指摘した。

 今の中国は五輪開催に向かって全力疾走している。このチャンスを利用して中国政府に「一人っ子政策」は中絶を誘発し、多くの胎児が殺された事実を再認識させなければいけない。世界の善良な人々は手を組んで、中国政府に改善を促し、人権が尊重される真の平和を守るべきである。

(記者・曾去執、翻訳・侍傑)

大紀元時報(07/11/14 13:56)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/11/html/d86615.html

 

 人類史上初の男社会が形成されつつある中国。

 結婚できなかった男たちが暴力的になり、集団になって暴動を起こし国がひっくり返るかもしれません。

 中国では今でさえ年に8万件もの暴動が起こっているという話もあります。

 シャレにならないくらい社会不安に満ち溢れた国ですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「死ぬまで殴れ」 ― 市民を集団暴行死

Img73250

※ 画像はイメージです。

中国四川省:現地政府職員、市民を集団暴行死

 【大紀元日本11月14日】四川省宜賓市菜埧鎮で現地政府関係者が市民を暴行し、死なす事件が再発した。大勢の現地住民は町役場と派出所の前で集まり、加害者の厳罰を求める抗議を行った。約4百人あまりの警官が現場を封鎖、メディアの取材・報道を禁止した。

 中国国内のインターネット情報によると、11月7日午後2時頃、現地では、現地政府の連合チームが市場を検査する際に、出店する梁雲貴さんと口論になり、数人の政府関係者が数分間にわたり梁さんに激しい暴行を加えた。その間、鎮のトップは傍で、「死ぬまで殴れ」と叫んでいたという。その後、人目を避けるためか、梁さんを現地の派出所に連行し、引き続き暴行した。まもなく被害者は意識不明に陥り、医者が現場に駆けつけた際に、彼はすでに死亡した。

 このことが瞬く間に現地で広げ、怒り心頭の住民は大勢集まり、町役場と派出所を包囲し、殺人者の厳罰を要求した。現地政府は400人以上の警官を動員、現場を封鎖、メディアの取材機器を取り上げ、本件の報道を禁じた。

 夜になり、現地政府が遺体を火葬した。民衆らは火葬場への遺体運搬をやめさせようとしたが、武装警察に阻まれた。

 その事件はその後インターネットサイトで公開されたが、すぐに削除された。四川省のすべてのメディアは本件を報道していない。

 現地政府関係者による市民への暴行事件は、今回が初めてではない。住民の間では、鬱憤が積もっているという。(翻訳/編集・叶子)

大紀元時報(07/11/14 14:21)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/11/html/d17674.html

 

 「死ぬまで殴れ」と叫び、その言葉どおりに殴り殺すなど、犬畜生にも劣る鬼人の振る舞い。

 やはり中国人は人間ではないようです。

 この人間もどきはいつ死に絶えるのでしょうか?

 そう遠い日の話ではないと思いますが…、

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

意味不明! 理解不能! 「使用済みコンドームをヘアバンドにリサイクル」って、地球にやさしい?

Img58290

※ 画像はイメージです。

中国、使用済みコンドームをヘアバンドにリサイクル

2007年11月13日 20:07 発信地:北京/中国

 【11月13日 AFP】中国南部で使用済みコンドームがヘアバンドにリサイクルされていることが分かった。英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が13日、報じた。原料となる再生ゴムにバクテリアやウイルスが含有している危険性があり、性病などの感染予防のためのコンドームが、かえって病気の拡大を誘発している格好だ。

 同紙によると、広東省(Guangdong)東莞(Dongguan)や広州(Guangzhou)の市場や美容院で、使用済みコンドームをリサイクルしたヘアバンドが見つかった。同紙は「使用済みコンドームを利用した安くてカラフルなゴムバンドやヘアバンドがよく売れており、健康被害が懸念される」と伝えている。そうしたヘアバンドは、10個入りで25分(約3円)と、通常のヘアバンドと比べてはるかに安いという。

 地元の皮膚科医は「髪を束ねようとしたときにもしもヘアバンドが口の中に入ったら、エイズなどの病気に感染する恐れがある」と指摘した。

 ある政府高官は「コンドームのリサイクルは違法」と話した。

 中国の製造業界は今年に入ってから、有害物質を含有する製品を生産するなどの不祥事を国内外で多数起こし、繰り返し非難されてきた。業界は7月に、製品安全の監視体制を導入している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/economy/2311244/2346758

 

 奇妙キテレツなニュースです。

 『使用済みコンドームをヘアバンドにリサイクル』という信じがたいニュースです。

 このニュースは本当なのでしょうか?

 本当だとしたら中国人の衛生観念を疑いますね。

 

 AFPだからウソじゃないと思うんですけど…

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

在日特権 ― 市県民税を半額に

Img34556

※ 画像はイメージです。

伊賀市、昨年度までの「在日」の減免認める 市県民税を半額に

2007年11月13日 朝刊

 三重県伊賀市が数十年前から市内の一部の在日韓国人や在日朝鮮人を対象に市県民税を減額していた措置について市は12日、「昨年度まで市県民税を半額にしていた」と認めた。同県内では桑名市で本年度も同様の減免措置を講じていることが判明。四日市市に合併前の旧楠町でも減免していたことが分かった。

 伊賀市の減額措置は、昭和30年代から40年代にかけ、当時の上野市(現伊賀市)が、地元の在日本大韓民国民団(民団)や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との交渉を経て開始。市長が特例で認めたという。当時は納付しない人も多く、半額でも徴収したい、と始めたらしい。

 35年ほど前は算定額を低くしていたり減額率が細分化していたりと方式は一定ではなかったが、最近10年は納付額を一律に半減。市は2004年11月の合併前まで市市税条例にある減免条件「(市長が)特別な理由があると認める」場合に相当するとして慣例として単年度の市長決裁を受けずに適用していた。

 昨年度に半減措置を受けたのは市内の定住韓国・朝鮮人約400人のうち個人事業主を中心に在日韓国人35人と在日朝鮮人18人。市が該当者分の納付書を民団と総連にまとめて送付。それぞれの団体が取りまとめて納税していた。

 他町村との合併協議の中で「減免措置があるのはおかしい」との指摘を受け、民団、総連と協議。05年11月に翌06年度で全廃することで合意した。

 民団三重県伊賀支部の申載三・支団長は「3年前に支団長になって措置を知った。参政権などを求めるのに日本人と違うのは不公平だと改善に応じた」と話す。総連伊賀支部の金栄泰委員長は「過去の経緯は話せない」と語った。

 伊賀市は市民税と合わせて徴収する県民税も半額にしていたが、伊賀県税事務所は「減額は市の裁量だが、半減措置は知らなかった」という。

 県市町行財政室は「地方税上、条例の定めのない減免はできず、条例がないなら問題」、総務省市町村税課は「減免は各市町村が判断し条例で定めるが、このような例は初耳」としている。

中日新聞

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007111302063852.html

 

 今までまことしやかに語られていた『在日特権』。その闇があばかれようとしています。

 在日がどういうヤツラかということをすべて白日の下にさらさなければいけません。

 このような盗っ人猛々しい在日を許してはいけません!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姜尚中って、バカだと思う。

A

※ 画像はイメージです。

県教組:「文民統制に疑問符」 大分市で教研集会、姜尚中さん招き開会 /大分

11月11日16時1分配信 毎日新聞

 県教組57次(高教組55次)の教育研究県集会が10日、大分市で始まった。大分南高での全体会では姜尚中・東大大学院教授が「東北アジアの平和と日本の進路」の題で講演。約1500人が憲法改正や徴兵制の問題を考えた。

 姜さんは「歴史には大きな転換点があり、その時に選択した体制が国の将来を決める」と力説。国民投票法が施行され、憲法改正が可能になる3年後が、転換点に当たることを示唆した。改正された場合、自衛隊の人員の少なさなどを背景に、徴兵制が敷かれる可能性にも言及。金大中事件の全容解明が韓国側の手でなされたことなどを例に「日本は国民が知るべき事実が明らかにされていない」。軍をコントロールできる民主主義の力量に疑問符を付けた。

 北朝鮮問題では「ここ数年の、“朝鮮征伐”とでも言うべき日本国内の雰囲気を憂える」とした上で、北朝鮮の国情については「(全体主義の)戦前を経験している日本が一番良く分かっているのではないか」と指摘。有事を避けるため、万難を排して国交正常化する必要性を訴えた。 集会は午後、全体会に移行。舟越耿一・長崎大教授らの「平和教育」など24の分科会に分かれ、議論を進めた。11日が最終日。【梅山崇】

11月11日朝刊

最終更新:11月11日16時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000255-mailo-l44

 

 日本は戦前の全体主義(軍国主義)の経験があってよくわかっているからこそ、北朝鮮・金正日の全体主義を批判し、「朝鮮征伐」をしなければいけないという雰囲気になっているという現実を理解していない姜尚中こそが一番バカだと思います♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

思いやりとは、死亡した新生児をゴミと一緒に捨てること!

G2

※ 画像はイメージです。

両親に隠し続けたのは「思いやり」? 死亡した新生児をゴミと一緒に捨てた病院!―河南省安陽市

11月11日19時53分配信 Record China

 2007年11月10日、「生んだはずの子供について病院側にたずねても、誰も何も答えてくれない」―こんな母親からの訴えを河南省の地方紙「大河報」が取りあげた。

 河南省濮陽県に住む妊婦の関(グアン)さんは、先月10月28日に突然産気づき、滑県の大賽中心衛生院産婦人科へ運ばれた。すぐに帝王切開の手術を受けたのだが、関さんは途中で意識を失い3日後に目が覚めたという。

 しかし、生んだはずの子供の姿はなく、家族はもちろん病院関係者に聞いても誰も子供の行方を知らない。病院の責任者にもたずねたが今まで返事がないという。記者の質問に対し担当医は「子供は生まれてすぐに死亡したので、病院裏にあるゴミ置き場に捨てた」と衝撃の答え。

 病院側の説明では、これまで両親に真実を言わなかったのはあくまでも親切心からで、母親の体調を気づかったためだという。遺体をゴミ置き場に捨てたのも、家族に見せたくないという「思いやり」だったと主張。この説明に両親はもちろん納得してはいない。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月11日19時53分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000015-rcdc-cn

 

 人を人とも思わない中国人。新生児をモノ扱いする病院。

 中国人は廃れきっていますね。もう、人間ではないです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

タクシーに乗るときは、財布を忘れずに ― 追い剥ぎタクシー逃走中

76945288

※ 画像はイメージです。

「財布忘れた」にマジギレ!? タクシー運転手が乗客の身ぐるみはいで路上に放置 ― 山東省聊城市

11月10日16時41分配信 Record China

 2007年11月9日付の山東省の地方紙「斉魯晩報」の報道によると、11月はじめ、同省聊城市でタクシーに乗車後、財布を忘れてきたことに気づいた男性乗客に運転手が激怒。男性の衣服などをすべて奪い取り、真っ裸にして路上に置き去る事件が起こった。

 11月1日早朝、同市内で警官が巡回中、路上に全裸でうずくまる男性がいるとの緊急連絡を受けた。現場に急行すると、衣服を何も身に着けず、道路わきに座り、寒さに震えている若い男性を発見。ただちにパトロールカーに乗せ、警官の上着を着せた。

 調べによると、この男性は冠県在住の21歳。昨夜急用で同県からタクシーに乗ったのだが、目的地に近づいてから財布を持っていないことに気づいた。これを知ったタクシーの運転手は激怒。料金の代わりに男性の着ているものを全部奪い、車から放り出して走り去ったという。 現在、警察当局はこのタクシー運転手の行方を追っている。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月10日16時41分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071110-00000009-rcdc-cn

 

  タクシーに乗るときは財布を忘れないようにしたほうがよさそうですネ。

 あと財布の中にお金を入れておくことも忘れないでください♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

ウイグルの母来日

Byellow

※ 画像はイメージです。

国際圧力で中国と対話も=「人権」日本に協力要請-ウイグル活動家

11月9日15時3分配信 時事通信

 「ウイグルの母」と呼ばれる在米ウイグル人の人権活動家で、ノーベル平和賞候補にも挙がったラビア・カーディルさん(60)が9日、都内で時事通信のインタビューに応じた。この中でカーディルさんは、中国が「反テロ」を口実に新疆ウイグル自治区のウイグル族への弾圧を強めていると批判した上で、「世界を歩き回り、国際圧力を高めれば、中国の対ウイグル政策を改善できると思っている。中国の態度次第で平和的プロセスで対話したい」と述べ、中国側に対話を呼び掛けた。

 初めて来日したカーディルさんは「日本はアジアで最も民主的な国だ」として日本の政府や国会、国民にウイグルの悲惨な人権の現状を伝えたいとの希望を表明。ウイグル問題を「政府の対外援助に入れたり、国際会議で言及したり、国会で支援を提起したりするなど協力してほしい」と訴えた。

最終更新:11月9日15時3分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000097-jij-int

 

<中国人権活動家>ウイグル族への弾圧正当化を批判

11月9日20時23分配信 毎日新聞

 中国の少数民族ウイグル族の在米人権活動家で、ノーベル平和賞候補にもなったラビア・カーディルさん(60)が初来日し東京都内で9日、毎日新聞と会見した。ラビアさんは、01年の米同時多発テロ以降、中国政府がウイグル族への弾圧を「テロとの戦い」として正当化していると指摘、「日本の政府と国民が理解を深め、支援に動いてほしい」と訴えた。

 「ウイグルの母」と呼ばれるラビアさんは、新疆ウイグル自治区で正当な裁判を受けないまま政治犯が処刑される事例が後を絶たず、警官による暴行死で囚人服のまま埋葬された例もある、と人権侵害の実情を紹介した。5月から当局がウイグル族のパスポートを回収していると指摘、「北京五輪を前に現状を海外に伝えさせないためだ」と批判した。 

 また、就職あっせんの名目で未婚女性を大量に沿海部に送り込み、漢民族との同化を進めているほか、教育現場でウイグル語の使用を厳しく制限している、と主張。「資源が豊富で地理的に重要な自治区からウイグル族を消し去ろうとしている」と非難した。

 人権問題に取り組んでいたラビアさんは99年8月に投獄された。国際社会が「良心の囚人」として釈放を求めた結果、05年3月に仮釈放されて米国に渡った。今回はアムネスティ・インターナショナル日本の招きで来日し、全国9カ所で講演する。【成沢健一】

最終更新:11月9日22時51分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000142-mai-cn

 

「中国は同化政策やめよ」ウイグル人活動家が批判

11月9日22時30分配信 産経新聞

 中国から米国に亡命、初来日したウイグル人の人権活動家、ラビア・カーディルさん(60)は9日、東京・内幸町の日本記者クラブ内で産経新聞と会見、中国政府がウイグル人を漢民族に同化させる政策を強化していると非難、自らは「ウイグル人が自由を獲得するために闘っている」と強調した。

 ウイグル人は中国国内では新疆ウイグル自治区を中心に900万人ほど住んでいるといわれる。ラビア・カーディルさんは「7~14歳の子供が漢民族地域に連れて行かれ、教育、洗脳を受けている。漢民族地域で教育を受けると、ウイグルの言葉が話せなくなる。現在は年間1万人ほどだが、今後5万人に増える」と中国の「同化政策」を批判した。ウイグル人女性が自治区外への就労を強制されているとも改めて告発した。

 チベットや台湾の独立の動きについては「独立したほうがいいと思う」と支持を表明したが、新疆ウイグル自治区に関しては「ウイグル人が自由を獲得したあと、皆が決めること。その決定に従う」と述べるにとどめ、自らは当面、「ウイグル人の文化と言葉を守り、人権を守り、ウイグル人が自由を獲得するために闘う」と語った。チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世とは会見したことがあるという。台湾は来年訪問する計画だ。

 中国の歴代指導者、毛沢東、トウ小平、江沢民、胡錦濤の各氏に対する評価については「皆同じ。これからも同じだろう。ずっとだまされ続けてきた。同化に向けた弾圧は厳しくなってきている」と不信感をあらわにした。

 今回はアムネスティ・インターナショナル日本の招きで来日、各地で講演する予定。

最終更新:11月9日23時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000997-san-int

 

 中国の人権問題に無関心な日本の政治家はウイグルについてどう思っているのでしょうか?

 やはり、『隣国の嫌がることはしない』とか言ってごまかすだけなのでしょうか?

 疑問が残ります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/09

「レッサーパンダもおいしいよ」 貴重な保護動物の貴重な味?

71394168

※ 画像はイメージです。

「レッサーパンダもおいしいよ」!? 食品市場なのに、貴重な保護動物がゾロゾロ!―広東省南海市

11月9日12時47分配信 Record China

 2007年11月6日、広州市の地元紙「新快報」は野生動物を違法に販売している南海市の市場について報道。

 南海市大リー区にある南海慶豊食品城という食品卸売市場ではここ2か月、野生動物だけを専門に販売しているとのこと。同紙記者がテレビ局スタッフとともにこの市場に潜入取材したところ、1級から3級までの貴重な国家保護動物がゾロゾロ。

 売り場には珍しい蛇、亀、哺乳類、鳥が売られており、レッサーパンダは1kgあたり150元(約2400円)で販売されていた。ハクビシン(果子狸)は最も人気があり、1kg120元(約1920円)という高値にもかかわらず1日最低100匹は売れると店主。大蛇のボアは1kg240元(約3840円)だった。

 今年9月から突然野生動物市場となったこの市場は24時間営業だが、日没後から朝6時頃までが最も客が多い。国家1級保護動物もこの時間に入荷するという。現在この市場を管理する者は誰もおらず、違法な販売行為を取り締まる者もいない。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月9日12時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000008-rcdc-cn

 

レッサーパンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 レッサーパンダ(別名:レッドパンダ)は、中国南部からヒマラヤにかけて棲息する哺乳類の一種である。ネコ目(食肉目)レッサーパンダ科に属する。亜種としてネパールレッサーパンダ(ニシレッサーパンダ) Ailurus fulgens fulgens とシセンレッサーパンダ Ailurus fulgens styani の2種があり、日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダである。中国では小熊猫または小熊貓と呼ばれる。

生息状況

 森林伐採などの開発の影響で、生息数が急激に減少しており、野生での生息数は5000頭以下と推定される。ワシントン条約の附属書I(絶滅のおそれのある種で取引による影響を受けており又は受けることがあるもの)に掲載され、取引が厳しく制限されている。全世界の動物園でおよそ650頭が飼育され、日本ではそのうちの3分の1にあたるおよそ230頭が動物園などおよそ50園で飼育されている。

(一部省略)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%80

 

 ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されているレッサーパンダを食肉にするあたりは、さすがは中国人だなと感心させられます。

 中国人にとっては貴重な動物は貴重な食物という意味にしか過ぎないようです。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「『北京五輪は聖書持ち込み禁止』報道はデマ」、中国が打ち消しにやっき ― 聖書は違法出版物では?

A1

※ 画像はイメージです。

「五輪に聖書持ち込みダメ」報道、中国が打ち消しにやっき

11月8日20時38分配信 読売新聞

 【北京=杉山祐之】中国外務省の劉建超・報道局長は8日の定例記者会見で、一部欧州紙が最近、2008年北京五輪に参加する選手らは聖書などの宗教関係の印刷物・用品を選手村に持ち込めないと報じたのに対し、「完全にデマだ」と強調、その上で「世界には確かに、中国の五輪開催、中国が開く五輪の成功を望まぬ者がいる」と嘆いた。

 劉局長は、外国人に対して個人用宗教用品の持ち込みを認める規定を紹介、「主管部門や五輪組織委員会が、選手村での聖書禁止などという規則を作るはずがない」と述べた。さらに、「デマの背後にはどんな企みがあるのか」と語り、「中国が開く五輪」を「破壊」しようとする人々への反省を求めた。

最終更新:11月8日20時38分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000114-yom-int

 

参考記事)

中国地下教会指導者釈放、人身の自由は未だ制限

 【大紀元日本9月19日】中国地下教会(家庭教会)の指導者・蔡卓華氏がこのほど、3年の刑期を終え釈放されたが、出獄した後の人身の自由は依然制限されている。

 米国対中国援助協会の情報によると、「不法経営罪」で投獄された北京家庭教会の指導者・蔡卓華氏が釈放されたが、人身自由の制限は解除せずのままであるという。

 蔡氏は2004年9月11日に当局に逮捕され。「聖書」を20万部の違法印刷という理由で起訴された。今月10日に3年の刑期を終え釈放されたが、人身の自由はまだ制限されている。

 蔡氏の母親によると、蔡氏は帰宅後、精神面は安定状況で良好だが、刑務所にいる間、オリンピック用のサッカーボールを作る作業を強制され、過酷な労働状況で体重は10キロも減った。

 帰宅後は、さらに当地の警察に呼ばれ、厳重警告された、月一回の報告と無断外出しないことを強要された。

 中国では、「聖書」は違法出版物ではないが、南京の愛徳基金会出版社以外の印刷・発行は禁じられている。

 中国では、中国共産党が許可する教会でしか礼拝は許されない、しかし、多くの信者は蔡氏が主宰するような家庭教会での礼拝を好むという。

 2005年11月8日に北京市海淀区人民法院は「不法経営罪」という名目で、蔡卓華氏に有期懲役3年、罰金15万人民元の判決を下した。蔡氏の妻・肖雲飛さんは同罪で2年有期懲役を言い渡され、罰金は12万人民元を課された。

 蔡氏の倉庫にあった「聖書」などの出版物約23万点はすべて没収されたという。 (翻訳/編集・侍傑)

大紀元時報 (07/09/19 10:11)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/09/html/d17045.html

 

 中国人が許可されていない聖書を所持していると違法出版物なので逮捕されますが、外国人が許可されていない聖書を所持することは罪には問われないようです。

 見事な『ダブルスタンダード』ですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モラルなき中国人、世界遺産『万里の長城』を破壊!

A2

※ 画像はイメージです。

石炭違法採掘で「万里の長城」崩れる 4人逮捕

11月8日14時12分配信 サーチナ・中国情報局

 内モンゴル自治区の警察当局はこのほど、同自治区・清水河県で石炭の違法採掘を行っていた4人を逮捕した。主犯格の男は「採掘作業の途中で機械の操作を誤り、『万里の長城』の一部を壊してしまった」と供述している。7日付で新華社が伝えた。

 調べによると、現場では高さが約10メートルある壁が約23メートルにわたって崩れたという。現地の専門家は「崩壊箇所は泥で出来ており、壊れやすかったようだ」と分析した。

 「万里の長城」は1987年にユネスコの世界遺産に登録され、中国政府は2006年に「万里の長城」の破壊などを禁じる保護条例を施行した。しかし全体の9割は適切に保護されていないとされる。(編集担当:菅原大輔)

最終更新:11月8日14時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000013-scn-cn

 

 毛沢東が『文化大革命』で伝統と文化を破壊し、鄧小平が『先富論』で全員が守銭奴に成り果てた中国。世界遺産よりもカネのほうが大切なようです。

 自由の意味を履き違えている中国は、永遠に大国になることはないでしょう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

夫の浮気恐れ病室でセックス― 入院患者にもセックスは必要、病院内にラブホテル設置も検討

Bbb

※ 画像はイメージです。

夫の浮気恐れ病室で性行為、女性患者に同情集まる ― 重慶市

11月7日19時19分配信 Record China

 2007年11月、重慶市のある病院の病室で、女性入院患者が夫とセックスをしていたことが発覚した。病院側は許されない行為と批判しているが、女性入院患者に同情的な意見も多い。

 同病院の劉(リュウ)看護婦長は今年4月ごろある入院患者から病室を変えて欲しいとの相談を受けた。話を聞くと、同室の患者・江群(ジャン・チュン、仮名)さんが病室内でたびたび夫とセックスをしており、とても耐えきれないのだという。さっそく病院は江群に注意し彼女の病室を別に移したが、やはり夫とのセックスを続け移転先の病室からも苦情が相次いだという。

 病院内で夫とのセックスを禁止する法律はないため警察に連絡することも出来ず、病院側は困り果てている。関係者は他の病人の治療に影響する可能性もあり、決して許されない行為だと述べている。これに対し、江群さんは入院期間が長引き、夫の浮気が心配なため、どうしても必要だったと反論。一部入院患者も同情的で、病院はニーズに応え病室内でのプライヴァシーが確保されるような配置を考えて欲しいとの声も出ている。(翻訳・編集/KT)

最終更新:11月7日19時19分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000024-rcdc-cn

 

<続報>入院患者にも性行為は必要、病院内にラブホテル設置も検討―重慶市

11月8日12時4分配信 Record China

 2007年11月、重慶市の病院で、長期入院中の女性患者が夫の浮気を防ぐために、病室内で夫と性行為を繰り返していたというニュースが報道された。このニュースは大手ポータルサイトで大きくとりあげられ、反響を呼んでいる。

 7日、大手ポータルサイト・シナドットコムは「病室内で患者の性行為を許すべきか?」とのアンケートを実施、瞬く間に1万人以上の回答が集まった。半数が「他の患者の迷惑になる」と反対。約4割が「夫婦の絆を守りたいという長期入院患者の事情を考慮すべき」と理解を示すなど、賛否は拮抗している。

 重慶市人民医院の饒剛(ラオ・ガン)院長は「病状に影響を与えない限りにおいて、性行為は心身の健康に有益」だと話し、「病院内にラブホテルを設置することも含めた解決策を検討している」とコメントした。(翻訳・編集/KT)

最終更新:11月8日12時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000008-rcdc-cn

 

 夫の浮気を防ぐために病室でセックスしていた話が、途中から入院患者にもセックスが必要という話にすりかわったような気がするのですが、どうなのでしょうか?

 中国人っていつからこんなにセックス好きの民族になったのでしょうか???

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国社会科学院が発表した「全国主要都市ホワイトカラー平均給与」?

Img64834

※ 画像はイメージです。

主要都市ホワイトカラー平均給与を発表、トップは香港、最下位ラサ!―中国

11月6日13時29分配信 Record China

 2007年11月5日、北京の地元紙「北京青年報」は中国社会科学院が先に発表した「全国主要都市ホワイトカラー平均給与」の中身を紹介した。給与額の高さから各都市を7レベルに分けている。

 第1レベルは香港の1万8500元(約29万6000円)とマカオの8900元(約14万2400円)。

 第2レベルには上海市の5350元(約8万5600円)、深セン市の5280元(約8万4480円)、北京市の5000元(約8万円)。

 第3レベルには杭州市4980元(約7万9680円)、広州市4750元(約7万6000円)、蘇州市4300元(約6万8800円)、アモイ市4100元(約6万5600円)。

 第4レベルには南京市3780元(約6万480円)、天津市3150元(約5万400円)、大連市3000元(約4万8000円)。

 第5レベルは昆明市2800元(約4万4800円)、武漢市2680元(約4万2880円)、重慶市2250元(約3万6000円)、瀋陽市とウルムチ市が2100元(約3万3600円)、西安市2080元(約3万3280円)。

 第6レベルには成都市1960元(約3万1360円)、ハルピン市とフフホト市は1700元(約2万7200円)、貴州市1600元(約2万5600円)、長春市と蘭州市が1500元(約2万4000円)。

 第7レベルはチベット自治区ラサ市の900元(約1万4400円)だった。

 この平均給与額については、算出基準があいまいであり、一部地域の給与額が低すぎるとの批判も出ている。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月6日13時29分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000011-rcdc-cn

 

<続報>社会科学院が激怒!「全国ホワイトカラー平均給与」は真っ赤なニセモノ!―中国

11月7日15時32分配信 Record China

 2007年11月6日、広東省広州市の地元紙「広州日報」は社会科学院が前日発表したとされる「全国主要都市ホワイトカラー平均給与」が、何者かが故意に社会科学院の名前で発表したニセの報告書であると伝えた。

 この平均給与に関する報告書については、発表直後からネット上でその信憑性や算出方法を疑問視する声が続出。そこで同紙記者が中国社会科学院新聞宣伝処の責任者張大偉氏に問い合わせたところ、同氏の口から「そのような報告書を発表した事実はない」との答えが。記者からの問い合わせで初めてニセの報告書の存在を知ったという。

 そのうえで同氏は、社会科学院のいずれの機関が作成した報告書であれ、すべては新聞宣伝処を通じて発表されると強調。今回のニセ報告書はいずれかのメディアが故意に捏造したものと判断しており、徹底的に調査してしかるべき措置をとるとのこと。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月7日15時32分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000015-rcdc-cn

 

 中国がいかにいいかげんな国であることがよくわかります。

 それとも三流紙はどこの国でも一緒でしょうか?

 東スポといい勝負かもしれません♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

靖国参拝で軍国主義国家に?(笑)

76185394

※ 画像はイメージです。

〈論調〉 軍国主義鼓吹する靖国集団参拝

 最近日本で、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に所属する70人近くの国会議員が靖国神社に集団参拝して軍国主義を鼓吹した。彼らは、首相をはじめ閣僚が靖国神社に参拝しなかったことは「残念だ」と言った。

 日本極右保守勢力のこのような妄動は、内外に看過できないことを示唆している。それは、日本の反動層が靖国神社に参拝しなかった政治家らに圧力を加えて執権層の靖国神社参拝を定例化、伝統化、集団化することで日本の社会に軍国主義をまん延させると同時に、軍国主義亡霊を復活させ再侵略の道に踏み出そうとしていることを示している。これは極めて危険な行為である。

 靖国神社参拝は、日本の過去の罪悪と、それを再現しようとする軍国主義的再侵略策動、アジア諸国人民の運命と密接に関わる、極めて鋭敏な国際的政治問題となっている。

 米国の「ニューズウィーク」誌が最近号で、日本では「敗戦以来、平身低頭してきた姿勢を改め、日本は立ち上がるべきだ」という世論が優勢を占めていると評したのは理由なきことではない。「日本は立ち上がるべきだ」という世論とはすなわち、かつてアジアの盟主になろうと夢見て侵略戦争に明け暮れた「大日本帝国」を復活させるべきであるという主張を意味する。

 日本の反動層が靖国神社に参拝するのか、しないのかというのは、日本が罪深い過去と決別して平和の道に進もうとするのか、さもなければ軍国化と再侵略の道に進もうとするのかを分かつ試金石である。

 日本の反動層が、自らが被害を受けたと強弁を張りながら過去の清算を必死になって回避し、靖国神社参拝などを通じた海外侵略の思想的地盤構築と社会的な雰囲気づくりに狂奔するのは、日本の国際的孤立を促進する自滅行為になるだけである。(労働新聞10月29日付論評)

朝鮮総聯機関紙[朝鮮新報 2007.11.7]

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/05/0705j1107-00003.htm

 

 どうして靖国神社に参拝したくらいで軍国主義国家になるのかは不明ですが、発想の飛躍のしすぎではないのでしょうか?

 妄想のしすぎです!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度あることは三度ある? わがまま保守分裂・韓国大統領選

Photo

※ 画像はイメージです。

李会昌氏が出馬? 波乱の韓国大統領選 保守ハンナラ亀裂

11月7日8時1分配信 産経新聞

 【ソウル=黒田勝弘】韓国大統領選は12月19日の投票まで残り40日ほどとなったが、圧倒的優勢を続けてきた野党ハンナラ党に“分裂”の動きが表面化し、選挙情勢が複雑になっている。

 波紋を起こしているのはハンナラ党で過去2回、大統領選に出馬し敗北した李会昌(イフエチャン)・元総裁(72)。同党の正式候補である李明博(イミョンバク)・前ソウル市長に対抗し、脱党による新たな出馬説が広がっている。

 李会昌氏は7日、記者会見し出馬を表明するとみられているが、出馬の場合、保守票の分裂は確実で、保守系ハンナラ党への“政権交代”も危うくなりかねない。李明博氏らハンナラ党主流は説得に乗り出しているが、早くも党内部で支持者同士による物理的衝突さえ起きている。

 ハンナラ党の分裂は支持率が低迷している与党陣営の革新系、大統合民主新党・鄭東泳(チョンドンヨン)候補にとっては劣勢挽回(ばんかい)のチャンスだ。

 鄭候補は他の市民運動系新党・創造韓国党や旧与党の民主党、民主労働党などとの“候補一本化”による形勢逆転を狙っており、最終的に与野党どちらが勝つのか展望は難しくなってきた。

 6日の韓国各紙は李会昌氏が出馬した場合の支持率調査を伝えているが、東亜日報では李明博氏42%、李会昌氏20%、鄭東泳氏15%となっている。中央日報では李明博氏39%、李会昌氏21%、鄭東泳氏12%となっている。これまで50~60%の高支持率を維持してきた李明博候補が李会昌氏にかなり食われることが予想される。

 李会昌氏の突然の“出馬”は世論を驚かせ戸惑わせている。とくに支持率で終始、圧倒的にリードしている李明博候補を押し立て、念願の“政権奪還”の期待をふくらませてきた保守派にとっては“寝耳に水”の事態だ。過去2回、李会昌候補で敗れたのも背景には保守陣営の分裂があったため「またか…」と舌打ちが聞かれる。

 李会昌氏は先に政界引退を公言し、今回もこれまで出馬の意図を十分、明らかにしていない。しかし政界では「李明博候補は“財産疑惑”など弱点があり“中途落馬”の可能性がある」として“代替候補”の役を考えているとか、対北政策批判などで李明博候補よりさらに強い保守派の立場を訴えるため、といった諸説が流れている。

 ハンナラ党は正式に李明博候補を決定し、与党陣営の鄭東泳候補らに対抗してすでに実質的な選挙運動に突入しているが、党内では対立候補だった朴槿恵(パククネ)系の李候補系に対する不満が依然、くすぶっている。このため、もし朴槿恵系が李会昌氏に加勢した場合、保守大分裂で情勢はまったく混沌(こんとん)とする。李会昌問題は韓国大統領選の“台風の目”になりそうだ。

最終更新:11月7日8時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000072-san-int

 

 すでに政界引退を宣言したはずの李会昌氏が投票日の40日前に自身が所属しすでに大統領を一本化しているハンナラ党から離脱して新たに大統領選に出馬するというチョーセン人らしいわがままぶりを発揮しています。

 まるでゾンビですね。

 過去2回の大統領選は保守が分裂したため、漁夫の利を得た革新系の候補が大統領に選出されています。

 今回も同じような失敗をくり返すのでしょうか?

 韓国でまた革新系の大統領が選出されたら、国が滅びるでしょう!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

あなたの解放区はどこですか?

Photo

※ 画像はイメージです。

こだわりの「共産党」テーマのレストラン、トイレを「解放区」と名づけ話題に―北京市

11月6日12時17分配信 Record China

 2007年11月5日、北京市の地元紙「北京晨報」は同市内にある今話題のレストランを取材した。

 中国共産党をテーマにしたこのレストラン。従業員はすべて八路軍兵士や紅衛兵の制服姿で、店内の壁は党の偉人や英雄の写真で埋めつくされている。テーブルはすべて小型の四角い木製で、椅子は竹製という質素なもの。トイレに向かう通路の壁には作戦地図が張られ、赤い矢印と「解放区」の文字が書かれている。矢印の方向にあるのは「トイレ」だった。

 「解放区」と名づけられたトイレについて、「ある意味、解放される場所だから、ピッタリ」と好意的な意見の客もいるが、年配の利用客は「ふざけすぎ」と感じるようだ。

 同レストランの経営者は「確かに不謹慎だと批判するお客もいるが、このレストランは個人のもので、政治や思想とは無関係。ただみんなに楽しんで食事をしてもらいたいだけだ」と話している。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:11月6日12時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000009-rcdc-cn

 

【解放区】

[1] 革命勢力が、中央権力の支配を排除して革命の根拠地として支配した一国内の小地域。

[2] 中国革命の過程で共産党政権が統治した地区。1927 年国共分裂後、農村にソビエト区を建設、第二次国共合作期(1937-1945)に辺区と改称、解放区とも呼んだ。 [ 大辞林 提供:三省堂 ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8F&dtype=0&stype=1&dname=0ss

 

 まぁ、中国人はトイレの中でしか解放されないからそれでいいのかもしれません。

 昔、中国の解放区の中で何人殺されたのかは知りませんが…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

ビートたけしは韓国系ニダ!

Img38994

※ 画像はイメージです。

【国内】日本を代表する文化人に韓国系‘北野武’監督を選定

 韓国系であるキタノ・タケシ(北野武・60)監督が日本を代表する文化人に選定された。

 芸能媒体オリコンが‘文化の日’を迎えて自社のモニターリサーチ会員2000人に‘日本を代表する文化人’を問うアンケート調査を実施した結果、キタノ監督が1位に挙げられたと4日発表した。

 コメディアンで芸能界にデビューしたキタノ監督はタレントから映画監督まで、幅広いジャンルで活躍するマルチエンターテイナーとして人気が高い。

 アンケート調査に参加したリサーチ会員たちはキタノ監督に対して「映画作品などで国内だけではなく海外でも評価を受けている」「映画を作って本も書きながら娯楽プログラムにも積極出演する点が格好良い」と高い点数を与えた。

 キタノ監督に続いて日本文化を代表する人物にはアニメーションの巨匠ミヤザキ・ハヤオ(66)監督、世界的な指揮者オザワ・セイジ(72)が2・3位に名前が挙げられた。小説家ムラカミ・ハルキ(58)は5位に、アメリカ・メジャーリーグ・シアトルマリナーズのイチロー・スズキ選手はスポーツ選手では唯一の7位にランクされた。

東京=YONHAPニュース

韓国・中央日報2007.11.05 12:38:34

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/b95dcf99625cc93be37b0c9a062fffef

 

   在日認定

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 在日認定(ざいにちにんてい)とはある人物が在日コリアンであることを認定すること。

分類

 主に以下の意味で使用されている。

1) 韓国人や在日コリアンなどが日本の著名人を根拠なく「在日同胞」であると思い込み、噂する事を揶揄して言う俗語(スラング)。

 ① 在日の間で「あの有名人は在日だ」といった類の議論が日常生活で時折されているであろうが、同胞を確認する行為であり本来それ自体では何ら問題はない。

 ② 韓国の一部のスポーツ紙が、活躍している日本のスポーツ選手や文化人等を指して、「彼等は日本人ではなく在日同胞に違いない」と報道した事があった。また韓国のWeb上にもそのような情報が記載されることしばしばある。多くの場合事実無根のデマ。

2) 日本人が自分の気に入らない著名人(芸能人や政治家他)を同様に在日韓国・朝鮮人と決めつけて(具体的には姓を捏造、「この者の名前は通名である」と主張するなどして)貶める行為。多くの場合事実無根のデマ。

概要

 本来の意味は1-1であるとみられるが、それぞれの意味での「在日認定」的な行為が、日韓両国の、特にネット上で行われている。日本では基本的に匿名掲示板2ちゃんねるで広がった用語であると見られ(この場合は2.)「韓国や韓国人に不信を抱く」人達によって他の掲示板やウェブサイトでも使われ、また各所に実しやかに流布されている。同じ在留外国人であっても、欧米人が“在日”と呼ばれる事はまずないために、蔑称として捉える事も出来るだろう。

 1-2を日本の一部ではその事実を過度に一般化し、

「殆どの韓国人は、そのナショナリズムから自分達が最も有能で優れているという考え・誇りや思い込みを持っており、公的私的なメディアで頻繁に『在日認定』を行っている。」

 この韓国に事実として見られる強い民族意識や自尊心などを批判する意図が在日認定という語の用いられる背景にあるとみられ、「在日認定に込められた第一義的な意味は、活躍する日本人を無闇に在日と決め付けることにある」とする意見もある。

 韓国では日本で活躍している選手が同胞であってほしいとこだわる人が存在する一方、日本で活躍している選手は日本人であってほしいとこだわる人がおり、またその気持ちとうらはらに実際に日本を代表して活躍していると考えられていたプロ野球選手やプロレスラー、プロボクサーや芸能人の幾人かが実際には在日コリアンだったという例(力道山、張本勲など)もある。

 「それらに対する嫉妬からこのような言葉を使っているとの主張が一部の韓国人からなされる」という意見もある。そもそも日本がエスニシティを尊重する社会であればこのようなことは端から問題にされることもないといわれる。これに対しては「エスニシティの概念は新しいものであり、日本同様の単一民族志向である韓国では同様の事例が見られない」ということを以て「社会に問題があるとは言えない」とする反論もある。

 在日コリアンの犯罪率が高いことは事実であるが、嫌韓系のウェブサイトでは、警察白書のデータでは外国人犯罪に占める韓国籍の者が一位である事実を持って、凶悪犯罪や性犯罪が報じられると「そのような悪質犯罪者は韓国人や朝鮮人に決まっている」という先入観や偏見、「そのような悪質犯罪者が日本人であってほしくない」という願望によって被疑者・犯人が在日認定される事もある。

 2005年11月23日放送のテレビ朝日『ワイドスクランブル』において、在日韓国人プロレスラーの前田日明が、優秀な人物を見るとすぐに、「あれは在日」と主張するといった、いわゆる在日認定的な行為が頻繁に在日社会で行われていると断じた。

 これに関連し犯罪報道に関して、朝日新聞などが本名報道をわざと控える例もあり、朝日新聞等が国籍が韓国や北朝鮮の場合、犯罪者の国籍や本名を隠して報道したりするため、逆にそれらの人々への疑惑が向けられてしまう。日本人の犯罪の場合本名報道が当然であることから、外国人の場合も同様に本名報道するのが当然であるという意見もある。

 また偶然創氏改名時や帰化時の通名に多くの在日韓国人が選択した苗字や韓国姓に似た苗字などだった場合、それだけで「在日認定」されることもある。通名の使用は創氏改名に倣った差別に対する消極的自衛策であり、本名を暴露することはプライバシーの侵害に当たるという意見もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E8%AA%8D%E5%AE%9A

 

 「ビートたけしは韓国系」と在日認定されました!(笑)

 もちろん事実無根ですが、こういう三流紙がやるようなことを韓国では三大紙といわれている中央日報がやるあたりがとても韓国的ですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/04

プレゼント ― あなたが私にくれたもの

Img31948

※ 画像はイメージです。

金日成・金正日父子の贈り物

 北朝鮮の体制宣伝のための大規模なマスゲーム「アリラン公演」に出演した人たちが、褒美として、北朝鮮で「アリラン」と呼ばれるカラーテレビを1人1台ずつ受け取っていたことが分かった。北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋は先月25日、「アリラン公演の出演者全員に対し、大人、子どもの区別なく、1人1台ずつカラーテレビが贈られた。1年間苦労してきたが、それでテレビがもらえたのだから、苦労した甲斐があったのではないか」と語った。<デイリーNK10月25日付>

 北朝鮮当局が最近、「アリラン公演」に出演した学生・生徒全員に対し、21インチのカラーテレビを1台ずつ贈った、と報じられた。だが、北朝鮮問題の消息筋が最近語ったところによると、カラーテレビを贈られたのは、主演クラスの出演者と指導員(振付師など)、幹部クラスの学生・生徒たちだけであることが明らかになった。

 「アリラン公演」に出演した学生・生徒は約6万人いるが、1つのクラス(40人)に分団委員(政治委員の子)と学級委員(行政委員の子)の2人の幹部がいることを考慮すれば、約3000台のテレビが学生・生徒たちに贈られたものとみられる。

 また、主演クラスの出演者(約5000人)や、振付師など数百人の指導員を合わせると、今回贈られたテレビは約5000台から10000台に上ると推定される。なお、テレビを贈られなかった学生・生徒たちには、昨年よりも多くの砂糖・菓子と、学校の制服、学用品などが支給されたという。

 学生・生徒たちに支給されたテレビは、中国のある家電メーカーと契約を結び、大量に購入したものであることが分かった。北朝鮮の市場では、21インチのカラーテレビは生産地によって価格が違うが、60万ウォン(〈韓国ウォンの場合、以下同じ〉約7万6000円)から100万ウォン(約13万円)で売買されている。一般労働者の月給が2500ウォン(約316円)から3000ウォン(約380円)程度であることを考慮すれば、20年から25年働いて初めて買えるぜいたく品だ。そのため、北朝鮮でカラーテレビは「金持ちの象徴」のように思われている。

 20年以上にわたり、金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)父子に忠誠を尽くしてきた「模範生」に対し、褒美としてカラーテレビが贈られることもあるが、その際に対象者がいる地域の労働党委員会は住民たちを集めて授与式を行っている。1990年代初めには、日本のある家電メーカーに注文し輸入した、「木蘭」という商標のカラーテレビを、国家安全保衛部の全職員に贈ってもいる。このため、保衛部職員の自宅にある「木蘭」は、金正日総書記の信任を受けた証となっている。

 

 1985年、中国共産党の胡耀邦総書記(当時)が北朝鮮を訪問した際、マスゲーム出演者の一部に初めてテレビが支給されたが、このことをめぐって幹部の間で不満の声が上がった。当時、マスゲームに出演したチョ・スングンさん(40)は、「20年間(金父子への)忠誠を尽くしてももらえないカラーテレビを、マスゲームのために数カ月間苦労したというだけで贈られるのは不公平ではないか、という声が続出した」と話している。また、多くの国民が「今の仕事を辞めてマスゲームに出よう」としきりに口にするようになったという。

 その後、マスゲームの出演者全員に豚肉1キロが贈られるようになった。95年にマスゲームに出演したハン・スジョンさんは「当時、マスゲームに出演した学生・生徒にはイタリア製のカバンや砂糖、お菓子が支給された」と話す。だが、その後経済難が続いたため、出演者への贈り物もほとんど無くなり、ただ苦労するだけで何の見返りもない学生・生徒たちの不満が爆発寸前になり、それまでのように一生懸命取り組まなくなった。

 毎年、金正日総書記の誕生日の2月16日と、故・金日成主席の誕生日の4月15日には、全国の若者や学生・生徒たちに、高級な砂糖・菓子や学校の制服などが「金父子からの贈り物」として支給された。史上最悪の食糧難に直面していた頃にも、この贈り物は途絶えることはなかった。そのため、子どもたちは毎年、金父子の誕生日を心待ちにするようになった。

 北朝鮮の元外交官で、脱北者としては2番目の博士学位取得者となったヒョン・ソンイルさん(48)は、博士論文の中で、「側近政治」が金正日体制の維持のための主動力になっている、と指摘した。

 この「側近政治」を支えているのがまさに「贈り物政治」だ。これは贈り物によって国民に感動を与え、首領の下に一致団結させるという高い効果を狙ったものだ。幹部になればなるほど、金総書記からの贈り物は想像を超えたものになっていく。

 

 北朝鮮において、幹部や一般国民への贈り物を贈るのは、金日成・金正日父子だけの権限とされてきた。高級幹部であっても、部下に贈り物を贈ったことが分かれば、問答無用で職を追われた。

 87年、当時の呉振宇(オ・ジヌ)人民武力部長が、金総書記から贈られたメルセデス・ベンツを酒に酔ったまま運転し、柳の木に激突して瀕死の重傷を負ったが、その際に金総書記はすぐ、呉部長に最高級のベンツを買い与えるとともに、海外で治療を受けさせて命を救った。また、金総書記の専属料理人だった藤本健二氏は、著書で「金総書記は気が向きさえすれば、“喜び組”に数千ドルずつ与えたり、ベンツを贈ったりしていた」と述べている。

 一方、労働党中央委員会の政治委員クラスの高級幹部らには、「金日成」の名が刻まれたオメガの金時計や最高級のベンツが贈られた。また、その下のクラスの幹部らにはオメガの銀時計や少し安いベンツが贈られ、その他の幹部には普通のオメガの時計が贈られた。このため、北朝鮮の高級幹部らは、スイス製の時計しか身につけなくなった。

 このほか、高級幹部らには外国産の高級酒やタバコ、トロピカルフルーツをはじめとした高級食品などが、金総書記の名前で贈られている。また、北朝鮮各地の特産品である山人参、鹿のへそ、熊の胆などの高価な漢方薬が、金総書記の長寿を願って献上されているが、幹部らが重病にかかったり、体が弱った時などに、これらの漢方薬が与えられることもある。

 これに感動した幹部らは、テレビに出演して涙ながらに「首領の恩情」を語るのだ。だが、金総書記に刃向かったり、何かミスを犯せば、与えられたすべてのものを奪われ、地方に追放されてしまう。「天国から地獄に直行」するというわけだ。

姜哲煥(カン・チョルファン)記者

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20071104000018

http://www.chosunonline.com/article/20071104000019

http://www.chosunonline.com/article/20071104000020

 

 北朝鮮の幹部はミスを犯したら地方に飛ばされるとはいえ、それは一般市民と同じです。

 社会主義は万人が平等なはずですが、北朝鮮は永遠に社会主義国家にすらなれない国ですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/03

華南トラは生きている?

Xxx_190227sdc

※ 画像はイメージです。

華南トラ、24年ぶりに目撃 中国陝西省

10/13 23:55更新

 13日付の北京晨報など中国各紙は、絶滅したともいわれていた野生の華南トラ(アモイトラ)が陝西省安康市鎮坪の山中で目撃されたと伝えた。華南トラは1983年に湖北省で見つかったのを最後に目撃情報が途絶えており、24年ぶりに実物が確認されたとしている。

 各紙によると、華南トラが見つかったのは今月3日。切り立った山のがけ近くに潜む華南トラ1頭を住民が発見、接近して写真に収めた。また現地では、抜け落ちたとみられるトラのつめや体毛も見つかり、調査団が採取、華南トラと確認したという。

 報道によると、華南トラは現在、中国各地の動物園で約70頭が人工飼育されている。(共同)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/90650/

 

ネット炎上! 「華南トラ」生存写真にニセモノ疑惑!? 林業庁は否定 ― 陝西省

10月18日12時41分配信 Record China

 2007年10月17日、上海のニュースサイト「解放網」は、陝西省で生存確認された「華南トラ」について、その根拠となった写真が偽造されたニセモノではないかとの疑惑の声がネット上で上がっていると伝えた。

 今月12日、陝西省林業庁が公表した写真には絶滅したと思われていた「華南トラ」の姿が写しだされていた。このニュースは国内外に配信され人々の興奮を誘ったが、同時に生存の証拠となった写真そのものに疑いの目を向ける人も多く、中国ネット界ではここ数日「華南トラ」写真をめぐりニセモノ論争が白熱。「カラーコピーだ」「ぬいぐるみだ」「合成写真だ」という疑惑の声がほとんど。

 これを受けて16日、陝西省林業庁は再び会見を開き、「写真は本物である」としてニセモノ疑惑を完全に否定した。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:10月18日12時41分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000010-rcdc-cn

 

「華南トラ写真」真偽めぐり大論争 中国

10月23日20時16分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】本物の華南トラなのか-。いま、写真の真偽をめぐり、中国で大論争が起きている。

 今月3日、陝西省鎮坪県の山中で、猟師、周正竜氏(52)が一頭の野生のトラを発見し撮影した。地元の専門家らが鑑定した結果、写っているのはほぼ絶滅したといわれる華南トラであると断定され、野生の華南トラが43年ぶりに確認される重大発見となった。

 陝西省林業庁は12日に会見し、周氏に対して賞金2万元(約30万円)を贈呈、華南トラを保護するため、周辺の山での猟の禁止なども発表した。中国の各メディアは「華南トラ発見」のニュースを大きく報じ、トラを退治した男を意味する「打虎英雄」という言葉に引っ掛けて、トラの撮影に成功した周氏を「撮虎英雄」と持ち上げた。

 しかし、写真が公表されると、「野生にしては太りすぎ」「至近距離での撮影に対して全く反応しないのはおかしい」などと、トラの不自然さを指摘する書き込みが各ウェブサイトに殺到。公表された3枚の写真で、トラの表情と姿勢がまったく同じことなどから、「撮影したのは、トラの写真を実物大にしたパネルではないか」との意見が多く寄せられた。

 20日、中国科学院植物研究所の研究員、傅徳志氏は広東省の新聞「南方都市報」に対し、トラの体と周辺の植物の葉っぱの大きさがアンバランスであることなどを指摘し、「学者の名誉をかけて、写真は捏造(ねつぞう)だ」と断言した。

 陜西省林業庁は「専門家チームが出した結論なので、写真は本物」とし、再鑑定する考えがないことを明らかにした。一方、周氏はメディアの取材に対し、トラの写真は計71枚もあり、すべてをみれば、「捏造でないことはわかるはず」と主張、しかし、写真を高く売りたいため、「いまのところ、それを公表する予定はない」としている。

最終更新:10月23日20時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000956-san-int

 

<続報>華南トラの偽造写真、新証拠で疑惑深まる ― 中国

10月31日8時36分配信 Record China

 2007年10月29日、偽造写真疑惑が高まる華南トラの写真だが、未公開の写真の一部が中国中央電視台(CCTV)の取材で公開された。

 12日、陝西省林業庁は農民・周正龍(ジョウ・ジェンロン)さんが絶滅したと思われていた野生の華南トラの写真撮影に成功したことを発表、賞金2万元(約30万円)を授与した。現在、目撃された地域は立ち入り禁止とされ、将来的には自然公園化する計画が持ち上がるなど、行政は世紀の大発見に沸き立っている。

 一方、ネットを中心に写真の真偽を疑う声が続出。中国科学院植物研究所種子植物分類学イノベーション研究グループの傅徳志(フー・ダージー)主任研究員は写真だと断定、撮影者の周さんに自首するように求めている。今回新たに公開された写真が議論に新たな材料を与えることになるが、トラはやはり他の写真とまったく同じ姿勢で、かつ立体感もないため、疑惑は強まるばかりだ。(翻訳・編集/KT)

最終更新:10月31日8時36分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000002-rcdc-cn

 

<横顔>華南トラ写真偽造疑惑、撮影者の農業・周正龍さん

11月2日19時25分配信 Record China

 2007年10月12日、陝西省林業庁は農民・周正龍(ジョウ・ジョンロン)さんが絶滅したと思われていた野生の華南トラ(別名・中国トラ)の写真撮影に成功したことを発表、賞金2万元(約30万円)を授与した。

 世紀の大発見と行政は沸き立ち、華南トラが目撃された地域も立ち入り禁止とされ、自然公園化する計画が持ち上がった。しかしその後、角度の異なる複数の写真でトラが同じ姿勢をしていることや、写真に立体感がないことなどから、ネットを中心に『写真の華南トラはニセモノではないか』との声が噴出。植物学者も「トラと付近の植物の比率がおかしい」と指摘し、引き伸ばした華南トラの写真を木の下に設置して撮影したのではないかと話している。

 この写真の撮影者は陝西省に住む周正龍(ジョウ・ジョンロン)さん、52歳。農業を営んでおり、以前は猟師をしていたという。疑惑発生後、周さんはインタビューの中で、「もし写真がニセモノなら、その場で首を切り落としてもいい!」と華南トラが本物であることを主張。「撮影には命の危険を伴ったし、ネガも手元にある。ニセモノなわけがない」と話している。

 しかし、周さんの妻の弟は写真印刷店を経営しており、大型印刷機があることやフォトショップを使いこなせるという話もあり、疑惑は深まるばかりである…。(翻訳・編集/藤野)

最終更新:11月2日19時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000018-rcdc-cn

 

 さて、この写真に撮られた華南トラはニセモノなのでしょうか? 本物なのでしょうか?

 すべては謎のようです。(そんなことはない?)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崔天凱・新駐日中国大使「互いの信頼強化を」 ― 寝言を言うな!

030

※ 画像はイメージです。

<中国>崔・新駐日大使「互いの信頼強化を」都内で講演

11月2日18時39分配信 毎日新聞

 中国の崔天凱・新駐日大使は2日、東京都内で講演し、日中両国が「戦略的互恵関係」を構築するためには「互いの信頼を強化すること。正しい認識を持てば、よい循環につながるが、悪循環になれば、安全保障を含め難局に陥る可能性がある」と指摘した。崔大使は同日、皇居で天皇に信任状を提出した。

 崔大使は、関係促進には「共通の利益拡大が原動力になる」と述べたうえで、東シナ海のガス田開発に触れ「協議を通じ、双方に利益がある結果を望む」と期待した。一方で「多くの中国人が『すべての日本人が平和発展を堅持する意思があるのか』『日本がミサイル防衛開発を進めるのはなぜか』と疑問を持っているのは事実。日本側が疑問を解消することを願う」と求めた。【飯田和郎】

最終更新:11月2日18時39分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000085-mai-cn

 

 日本のミサイル防衛システムが問題なら、中国の核ミサイルはもっと重大問題です。

 そういうことをごまかして日本側だけを問題視する姑息な中国のやり方には嫌悪感を感じます。

 『寝言を言うな!』と、言ってやりたいです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

中国共産党ファシズム政権によるウイグル民族浄化の一例

Img43709

※ 画像はイメージです。

「ウイグル女性40万人を域外就労」中国に警鐘

2007.11.1 18:38 :中国

 【ワシントン=山本秀也】米国在住の著名なウイグル人女性人権活動家、ラビア・カーディル氏は31日、米下院人権議員連盟(座長・ラントス外交委員長)の会合で、中国当局が新疆ウイグル自治区で進める若いウイグル人女性40万人を対象とした組織的な域外就労について報告し、労務対策に名を借りた中国への文化、民族的な「同化政策」として警鐘を鳴らした。「ウイグルの母」と呼ばれる同氏は、11月7日から初めて訪日し、東京、大阪など各地でウイグルの実情を訴える。

 組織的な就労は、カシュガル、ホータン、アクスなど自治区南部のウイグル人比率の高い地域で2006年6月から始まった。就労先は天津、青島(山東省)など中国沿海部の都市で、15-22歳のウイグル人女性が対象となっている。第11次5カ年計画(06-10年)の間、計40万人を自治区外に労働力として送ることが目標とされる。

 対象の村では、「各戸から5年以内に最低ひとりの域外就労を」といったスローガンが掲げられるなど、実質的なノルマ制がとられる一方、女性が地元に逃げ帰った場合には、3000-5000元(1元=約15円)の罰金が科されるという。

 就労先は縫製工場など。見習い期間後は900-1100元の月給が支払われる約束だが、カーディル氏は「事態はまったく違う」として、日常的な12時間労働や不衛生な宿舎環境など、ひどい待遇を非難した。

 中国共産党カシュガル地区委員会の史大剛書記は、この就労政策を「農村労働力の移転」として、今年4月の地元会議で大胆な推進を表明。「ウイグル族の外部就労を妨げる者は、カシュガル、ウイグル民族の罪人である」として、抵抗の排除を訴えていた。

 政策の狙いについてカーディル氏は、(1)安価な労働力確保(2)中国文化への同化策(3)ウイグル人女性と同族男性の婚姻を抑える一方、多数派である漢族男性との婚姻機会を広げる(4)自治区内でのウイグル人比率の低減-を指摘した。

 カーディル氏は、「ウイグルの文化では、生活様式や価値観への配慮を欠いたまま、女性を意志に反して民族社会から連れ去ることは、最も屈辱的で挑発的なことだ」と発言。北京の米国大使館による実態調査や、米議会の決議採択を求めた。

 カーディル氏は今年59歳。苦心の末に不動産業などのビジネスで成功。中国の政策諮問機関である全国政治協商会議の委員にも就いたが、ウイグル人の人権擁護を求めた言論活動を機に解任。1999年に投獄され、2005年3月に米国に身柄を引き渡された。実子らはなお中国当局の拘束下にある。

 これまでノーベル平和賞の候補となったほか、昨年11月には在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」(WUC)総裁に選出された。

産経新聞

http://sankei.jp.msn.com/world/china/071101/chn0711011838001-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/world/china/071101/chn0711011838001-n2.htm

 

 中国政府の思惑はウイグル族の民族浄化。すでにウイグル人を1000万人殺したともウワサされています。

 倫理観も道徳観もない中国人はムチャクチャやりますね。

 まだ、僕たちの知らないようなこともたくさんあるのでしょうね…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

刑務所で劉さんは、何度も警察からスタンガンによる電気ショックを受け、睡眠も食事もなく3日間ずっと立っていることを強要されたという。

Yellow_hand

※ 画像はイメージです。

英ドキュメンタリー「中国のオリンピック虚言」

 【大紀元日本11月1日】来年の北京五輪に備え、強引な都市整備と開発を進める中国。その陰には、家を取り壊され、立ち退きを余儀なくされた人々が150万人いるといわれている。支払われる保障金はわずかであり、また全くもらえないケースも多いという。政府の不当なやり方に対して「直訴」する人の多くは、裁判を起こすどころか、そのまま裏刑務所(black jail)」に送られてしまう。中国政府はその存在を否定しているが、イギリス人記者はこのほど裏刑務所の前で、そこに監禁されている直訴者たちを取材した。その模様は、英チャンネル4の人気番組「Unreported World(報道されない世界)」の「China’s Olympic Lie(中国のオリンピック虚言)」で放映された。裏刑務所が外国メディアで放送されるのはこれが初めてだ。

 英チャンネル4のアイダン・ハートレイ記者による取材の概要は次のとおり。

* 路頭に迷い、強制収容される直訴者たち

 記者は、中国各地から数百人の直訴者が集まり、周辺に多くの公安警察および私服警察官が警備する国家信訪弁(民衆の陳情を受け付ける場所)を訪ねた。記者は、ここが正に毎日、人権侵害が行われている場所であると述べている。中国の法律によると、民衆は合法的な審判を受けることができなければ、直訴する権利があると定められている。しかし、信訪弁では直訴者の訴えに耳を傾ける者はいない。

 記者によると、多くの直訴者は数千キロメートル離れた場所から長く苦しい旅をし、信訪弁まで辿り着くという。しかし、彼らの問題はまったく解決されず、絶望の淵に立たされているという。

 記者が取材の最中に、公安警察が現れ、通訳に対して「国の裏切り者」と罵った。公安警察によると、外国人記者を信訪弁まで連れてきたからだという。

 公安警察は、記者が写真を撮るのを阻止しようとし、また直訴者らが訴状を記者に渡さないよう遮った。どうやら、ここに配置された公安警察らの目的は、人々に直訴させないためのようだ。

 記者によると、中国当局はこれまでに、外国人記者が北京市民に対して、取材をすることは自由であると通告していた。しかし、この時公安警察は記者に対し、信訪弁の前で取材する時は許可が必要だと警告した。記者は仕方なく現場を離れるが、多くの直訴者が次々と訴状を彼に渡した。直訴者らはもはや絶望しており、政府が彼らの問題を解決する見込みもないため、外国のメディアにすがるしかないからだ。

 記者は、強制的に立ち退きを命じられ、家を失った直訴者らが寝泊りする地下通路を訪ねた。彼らは記者に写真を見せながら、彼らの悲惨な境遇を訴えた。直訴者らの話によると、彼らは家を失ったばかりか、土地開発業者が雇ったヤクザから暴行を受けたという。彼らは結局、野宿するしかないのだ。

* 162戸の住民が強制立ち退きに直面

 五輪会場から僅か数百メートル離れた住宅区にある162戸の住民が、強制立ち退きに直面していた。住宅の1階には、出て行かなければ、2回目の警告が出され、その次は強制退去させるという告示がでている。この場所は五輪に関係する道路建設に使用するという。

 住民によると、武装警察官が強制立ち退きのために派遣されるが、立ち退きの補償金が極めて低いことから、残ることにしたという。彼らは立ち退きを止めさせるよう法的手段に訴える準備を進めていた。

 情報筋によると、約150万人が五輪のために、立ち退きを余儀なくされ、彼らの権利を守る組織は一切ないという。

* 立ち退きに抵抗したため、暴力を受け入獄させられた

 記者は、劉安軍さん(音訳)から電話を受け、劉さんの古びた家に招かれた。

 劉さんは土地開発業者に雇われた4人の男に暴行され、背中をナイフで突き刺され、頭にも大きな傷を負い、両足と片方の腕を骨折させられたという。

 劉さんはその後も直訴を続けたが、「公共の秩序を掻き乱した」という理由で、2年の刑を言い渡された。刑務所で劉さんは、何度も警察からスタンガンによる電気ショックを受け、睡眠も食事もなく3日間ずっと立っていることを強要されたという。拷問に耐え切れず、意識を失って倒れた時も、劉さんは警察官から冷たい水を掛けられ、目を覚まさせられてから、拷問を引き続き受けたという。

* 住民代表が襲撃された

 記者は、ある住民からの電話で取材に出かけた。たどり着いた場所は、立ち退きが行われた1棟の雑居ビルだ。ここの住民の半数がすでに引っ越していた。土地開発業者は出稼ぎ労働者らを空いた部屋に入居させていた。彼らは部屋の外や窓の直ぐ下にゴミを捨てるため、環境は極めて劣悪だ。

 土地開発業者は住民を追い出すために、電気と水の供給を断ち、汚水の排水管も破壊していた。そのため、汚水が部屋に流れ込み、耐え難い悪臭が部屋中に充満していた。住民らは入り口のところにレンガを積み重ね、汚水の流入を食い止めているが、あまり効果はない。

 住民代表のウー・シー・グアンさんは自宅に戻る途中、面識のない2人組から暴行を受け、腕と足に大怪我を負った。その後、他の2人の住民代表には、土地開発業者から、おとなしくしなければ、同じような目に遭わせるという脅迫の電話がかかったという。

 数日前、70歳になる住民代表は朝の体操をしているとき、突然後ろから頭を殴られ、床に強く押し倒されシャツが血だらけになった。

* 直訴者の葬儀

 記者は、ちょうど1週間前に亡くなった李さんの葬儀を訪ねた。李さんは強制立ち退きを拒否し、5年間戦った。葬儀は、強制立ち退きに不満を募らせた住民らの集いとなり、抗議活動に発展することを恐れた当局は、多くの警察官を配置していた。集まったのは全員年老いた民衆で、まったく危険性のない人たちだったにも関わらず、何人もの警察官がビデオカメラで老人たちの顔などを撮り続けていた。

 その場にいた女性住民は、自分の家も破壊され、暴漢らに耳が聞こえなくなるまで強く殴られたと語った。

 記者は、「当局は如何なるメディアにもこのことを報道して欲しくない。住民が如何なる形でも自分たちの不満を表現して欲しくないのだ。強制立ち退きさせられた住民の葬儀だって、当局に不安を感じさせるのだ」と解説している。

 記者は、亡くなった李さんの妻を取材しようと試みたが、警察がすぐさま通訳の腕を掴み、強制的にその場を離れさせた。

 李さんは、外に大量の警察がいて、夫の葬儀はまったく出来ないと訴えた。更に、李さんは警察に「家の者がまた死ぬぞ」と脅かされたという。

 記者は「新財富商業ビル」を開発した「新世界中国地産」社を訪ね、李さんは何故このような仕打ちを受けたのかと質問した。すると、強制立ち退き担当のリーダーが現れ、通訳に対して、李さんの件で来たのかと問いかけた。記者が今年の6月に李さんの自宅の一部を破壊したかと質問すると、リーダーは突然、録画をやめなければ、十人の公安警察が彼らの道具を押収するぞと語気を強めた。

 記者はその後、地元の政府部門に今回のことを尋ねたが、関係者からは、強制立ち退きの話は聞いたことがないとの返事があった。

* 北京近郊の裏刑務所

 記者の北京での最後の取材は、近郊にある通称「裏刑務所」だ。すなわち、直訴者たちを拘束する場所だ。直訴者たちは近郊のホテルや宿泊先に拘束されてから、大型バスで地元へ強制的に連れ戻される。このような裏刑務所に、外国メディアが訪れるのは初めてだ。

 記者は、鉄の門で遮られ、外へ出られない沢山の直訴者に対面することができた。ある直訴者は、拘束されている間、官吏らから首を絞められるなどの暴行を受けたと訴えた。ひどい暴行を受けて障害者になった者もいるという。また、一部屋に20~30人が詰め込まれており、環境は最悪だという。

 「裏刑務所」の管理関係者らが現れ、記者をそこから離れさせようとした。記者は管理関係者らに対し、「何故彼らを監禁したのか」「彼らに対して暴力を振るったのか」「拷問をしたのか」と矢継ぎ早に質問した。その中の1人は、北京当局から直訴者を対処するように言われていると答えた。

 後に現れた保安責任者は記者に体当たりし、カメラを破壊した上、記者とカメラマンを監禁しようとした。記者は直ちに警察に通報した。しかし、警察は現場に駆けつけてから、記者たちを逮捕し、6時間も拘束した。北京市公安局は裏刑務所に対する調査にはまったく興味を示さず、当日カメラに収められた内容をすべて処分したと思い込んで、ようやく彼らを解放した。(記者・周成、翻訳/編集・余靜、田中)

大紀元時報(07/11/01 10:31)

http://jp.epochtimes.com/jp/2007/11/html/d55487.html

 

 中国の人権問題は悪くなるばかりですが、日本のメディアは中国政府から恫喝されていて一切報道しません。

 中国の闇は深いです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »