« 乱闘! 怒鳴りあい! 「肉弾戦」のあげく担架で運ばれる議員が出る異常事態に陥った韓国国会 | トップページ | ひとのふんどしで相撲をとる 李明博韓国大統領候補・日本のカネで北朝鮮支援を約束 »

2007/12/15

『アサヒる』朝日新聞社説 ― 南京大虐殺否定説を『暴論』と一喝

Img22756

※ 画像はイメージです。

  南京事件70年 ― 数字の争いを超えたい

 70年前の12月、中国を侵略していた日本軍は、直前まで国民党政府の首都だった大都市、南京を陥落させた。日本軍は中国兵士を捜し回り、その過程で多数の捕虜や一般市民も殺した。

 南京事件である。南京大虐殺とも呼ばれる。その様子を記録し、展示する現地の大虐殺記念館が2年がかりで改装され、一般に公開された。

 大幅に拡張された展示スペースには、従来の約6倍にあたる3500枚もの写真が掲げられたという。むごい写真に驚きの声が上がり、目をそむける人々も、食い入るように見る人々もいた。

 今年は、日中が全面戦争に突入した1937年から70周年にあたる。中国ではさまざまな記念の催しが計画され、南京大虐殺についても多くの映画が制作されると伝えられた。反日感情の再燃が心配されていた。

 だが、中国当局もそれを意識していたのだろう。それらの映画は公開されず、記念館の開館式典にも、党や政府の大物指導者は顔を見せなかった。

 新しい記念館の壁などには「30万人」という犠牲者数が書き込まれている。中国での戦犯裁判で確定した数字、というのが中国側の公式見解だ。しかし、これにはさまざまな見方があり、日中間の感情的な対立も招いている。

 日本の専門家の間では、数万人説や「十数万から二十万人」説などがある。私たちも30万人はいくらなんでも多すぎると思う。だが、一部では虐殺自体を否定する暴論まで語られている。新記念館に掲げられた数字は、そうした日本の論議への怒りを表してもいるようだ。

 事件から70年を経たが、日中相互の反発やわだかまりは縮まらない。和解へ歩み出すことの難しさを痛感する。

 殺戮(さつりく)の状況は、現場にいた日本軍の兵士らも日記などに書き残している。日本政府も「南京入城後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できない」と認めている。

 数字の探求は専門家に任せるべきだ。実は中国の学者の間にも、一つの数字にこだわらず、より実証的な研究を求める声がある。冷静な学術研究を通じて、いずれ数字は変わっていくのではないか。

 両国の政治にとっていま大事なのは、この事件を日中間の障害とせず、和解に向けて手立てを講じていくことだ。

 過去にも、そんな取り組みはあった。村山、小泉首相は盧溝橋を、橋本首相は旧満州の瀋陽を訪ね、歴史を直視する姿勢を見せようとした。橋本氏は南京訪問すら検討し、下見も行われたが、実現しなかった。中国側の数字を正式に認める形になるのを懸念したのだろう。中国政府にはそうした実情も理解してほしい。

 このまま放置するわけにはいかない。福田首相は70年の節目に、追悼と和解への思いを語ることはできるはずだ。そうした積み重ねが、やがて数字の壁を越え、和解への扉を開くに違いない。

朝日新聞社説

http://www.asahi.com/paper/editorial20071215.html#syasetu1

 

金賞はダントツ1位で「アサヒる」 ネット流行語大賞

12月14日14時6分配信 産経新聞

 年間大賞金賞はダントツ1位で「アサヒる」に決定-。掲示板「2ちゃんねる」の管理人・西村博之氏が取締役を務める「未来検索ブラジル」は14日、2007年にネット上で流行した言葉をユーザーの投票で決める「ネット流行語大賞2007」の結果を発表した。銀賞は「スイーツ(笑)」、銅賞は「ゆとり」だった。

 動画共有サイトのニコニコ動画をはじめ、2ちゃんねるで流行したキーワードが上位を占めた。今年の新語流行語大賞に選ばれた「そんなの関係ねぇ」(11位)と「どんだけぇ~」(14位)もランクイン。「オザワる」(18位)と「アベする」(24位)といった政治家関連の用語も人気が高かった。

 同社で進行中のプロジェクトなどを紹介するブログ「ブラジル秘密基地」によると、金賞の「アサヒる」は予備選段階でかなりの票を集めていたとのこと。「特定の人が協議して決定する一般的な『流行語大賞』とは違う結果になっていますが、皆さんの肌感覚に近い言葉が上位に入ったでしょうか」とまとめている。

■「ネット流行語大賞2007」最終投票結果

1.アサヒる

2.スイーツ(笑)

3.ゆとり

…(以下省略)

最終更新:12月14日14時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000926-san-ent

 

 今や、南京大虐殺の存在自体が問われています。

 南京大虐殺記念館に飾られている数々の証拠といわれるものが、すべてプロパガンダのためのニセモノと言われています。

 それなのに、『暴論』と一喝する朝日の横暴さには驚きます。

 まったく、アサヒってますね。

 中国のプロパガンダに加担する朝日新聞は、報道機関としての資格があるのでしょうか?

 疑問です。

 

 

|

« 乱闘! 怒鳴りあい! 「肉弾戦」のあげく担架で運ばれる議員が出る異常事態に陥った韓国国会 | トップページ | ひとのふんどしで相撲をとる 李明博韓国大統領候補・日本のカネで北朝鮮支援を約束 »

売国奴・朝日新聞の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/9409135

この記事へのトラックバック一覧です: 『アサヒる』朝日新聞社説 ― 南京大虐殺否定説を『暴論』と一喝:

« 乱闘! 怒鳴りあい! 「肉弾戦」のあげく担架で運ばれる議員が出る異常事態に陥った韓国国会 | トップページ | ひとのふんどしで相撲をとる 李明博韓国大統領候補・日本のカネで北朝鮮支援を約束 »