« 『浮気をした男性は夫に比べてかっこよくはないが、何となく新鮮な感じがあって…』韓国KBSの朝の番組で放送 | トップページ | 「表現の自由を保障する」 その言葉を信じた市民ら数十人が公安当局に連行 »

2008/01/25

チベット僧侶、中国当局の圧力により自殺か 「享年71歳のこの2人の僧侶は長期に渡り、寺院をコントロールする中国当局の関係者や、警察から迫害を受けていた。」

Img98244

※ 画像はイメージです。

チベット僧侶、中国当局の圧力により自殺か

 【大紀元日本1月24日】チベット亡命政府(本部・インド)は1月18日、チベット僧侶2人が自殺したことを明らかにし、自殺の原因は中国当局による迫害だと説明している。2人はそれぞれ昨年9月と11月に、首吊り自殺した。

 米国VOAの報道によると、2人の僧侶は、ジェチンズェバ・ロサンさんと、ヤンバガチン・ロチイさん。チベット第2の都市シガツェにあるタシルンポ寺の僧侶。元政治犯が結成したチベット人人権団体によると、この2人の僧侶は数十年前の中国「文化大革命」の期間中に、投獄されて拷問などを受けたことがあり、それから、ずっと中国当局からの嫌がらせや、脅迫などに耐え続けてきた。チベット亡命政府の公表によれば、享年71歳のこの2人の僧侶は長期に渡り、寺院をコントロールする中国当局の関係者や、警察から迫害を受けていた。彼らは同寺での抗議活動に参加したことがある。

 タシルンポ寺は、パンチェン・ラマ(注)が住職を務める。歴代パンチェン・ラマの霊塔(れいとう)はここに配置されている。

注:パンチェン・ラマ   チベット仏教においてダライ・ラマに次ぐ高位の僧及びその称号である。  

(翻訳・叶子)

大紀元時報(08/01/24 15:17)

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/01/html/d66429.html

 

 長年にわたりチベット人に嫌がらせを続ける中国公安当局。

 もはや人間の所業とは思えず、その非人間性にはあきれたものがあります。

 次は中国人が嫌がらせを受ける番でしょうか?

 

 

|

« 『浮気をした男性は夫に比べてかっこよくはないが、何となく新鮮な感じがあって…』韓国KBSの朝の番組で放送 | トップページ | 「表現の自由を保障する」 その言葉を信じた市民ら数十人が公安当局に連行 »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/10052893

この記事へのトラックバック一覧です: チベット僧侶、中国当局の圧力により自殺か 「享年71歳のこの2人の僧侶は長期に渡り、寺院をコントロールする中国当局の関係者や、警察から迫害を受けていた。」:

« 『浮気をした男性は夫に比べてかっこよくはないが、何となく新鮮な感じがあって…』韓国KBSの朝の番組で放送 | トップページ | 「表現の自由を保障する」 その言葉を信じた市民ら数十人が公安当局に連行 »