« インターネットで中国の国鳥は何がいいかたずねたら65%の人が丹頂鶴がいいと答えたアルヨ でも、学術名が日本鶴なので国鳥は別の鳥にするアルヨ! | トップページ | 着信アリ、2時間で500件! 持ち主はノイローゼ寸前! »

2008/03/09

「活仏の転生者の決定には、歴史的な慣例・宗教上の規則・中央政府の認可という3つの原則および国家の関連法規を守る必要がある」

A5

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

チベットの活仏、転生者決定に必要な3原則

 西蔵(チベット)自治区の向巴平措(シャンバピンツォ)主席は7日、「活仏の転生者の決定には、歴史的な慣例・宗教上の規則・中央政府の認可という3つの原則および国家の関連法規を守る必要がある」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 向巴平措主席によると、活仏の転生者の決定に際しての歴史的な慣例と宗教上の規則は早くから制度化が進んでおり、重要な活仏の転生にあたっては「金瓶掣簽(金瓶に入れたくじを引く儀式)」が必要で、中央政府の許可も必要とされてきた。向巴平措主席は、「これらの原則を破って転生者の選定を行えば、チベット人やチベット仏教の信者たちは承諾しないし、その失敗は目に見えている」と述べた。

 中国国家宗教事務局は昨年7月18日に「チベット仏教活仏転生管理弁法」を発表、同法は9月1日に施行されている。同法により、中国政府による活仏の転生管理はよりいっそう法制化され、活仏の転生管理の規範化、信仰の自由の法律による保護、チベット仏教の正常な秩序の維持、社会主義調和社会の構築は大きく進んだ。

 向巴平措主席は、「チベットは現在、空前の求心力を見せている。チベットで行われるオリンピック関連活動は必ず成功するだろう。オリンピックを妨害しようとする活動は絶対にうまくいかない」と断言した。(編集MA)

中国共産党機関紙・人民日報「人民網日本語版」2008年3月8日

http://j.people.com.cn/2008/03/08/jp20080308_84998.html

 

 なぜ、一宗教であるチベット仏教の活仏の転生者の決定に中国共産党の許可が必要なのでしょうか?

 チベット仏教は長年の歴史と伝統を重ねたすばらしい宗教であり、けして中国共産党のおもちゃではありません。

 『解放』という名の下でチベットを侵略し民族浄化を行いチベット文化を抹殺している中国共産党が、一日でも早く崩壊するように祈ります。

 

 

|

« インターネットで中国の国鳥は何がいいかたずねたら65%の人が丹頂鶴がいいと答えたアルヨ でも、学術名が日本鶴なので国鳥は別の鳥にするアルヨ! | トップページ | 着信アリ、2時間で500件! 持ち主はノイローゼ寸前! »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/11088764

この記事へのトラックバック一覧です: 「活仏の転生者の決定には、歴史的な慣例・宗教上の規則・中央政府の認可という3つの原則および国家の関連法規を守る必要がある」:

« インターネットで中国の国鳥は何がいいかたずねたら65%の人が丹頂鶴がいいと答えたアルヨ でも、学術名が日本鶴なので国鳥は別の鳥にするアルヨ! | トップページ | 着信アリ、2時間で500件! 持ち主はノイローゼ寸前! »