« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

国境なき記者団・福田首相に「日本は五輪開幕式ボイコットを」期待

D2_2

※ 画像はイメージです。

「日本は五輪開幕式ボイコットを」 国境なき記者団代表

2008.3.30 19:14

 【パリ=山口昌子】北京五輪の開幕式ボイコットを各国首脳に要請している国際ジャーリスト組織「国境なき記者団」(RSF)=本部・パリ=の創立者で代表のロベール・メナール氏は産経新聞のインタビューに応じ、ドイツなど五輪開会式のボイコットを決める国が増える中、「アジアの大国、日本のボイコットは意義がある」と述べ、福田首相にボイコットへの期待感をにじませた。

 RSFが開幕式ボイコットを各国首脳に呼びかけたのは3月初旬。メナール氏は
「五輪自体のボイコットを訴えているのではない。スポーツ愛好家としてスポーツ選手を人質に取って圧力をかけるようなまねはしない。(われわれが主唱するのは)人権無視の北京で政治指導者らを満足させるためだけのスペクタクル(見せ物)である開幕式のボイコットだ。日本の首相にも開幕式の3時間30分の間だけ空席にしてもらいだけだ」と述べた。

 メナール氏は24日のギリシャ・オリンピア遺跡での聖火採火式でRSFのメンバー2人と妨害行動を行ったが、「勇気が必要だったが有用だった」と指摘。「支援のメールが殺到したほか、1月から販売を開始した(五輪の輪を手錠に擬したキャンペーン用の)Tシャツもこのところ毎日、1000枚単位で売れている」と述べた。

 欧州ではドイツやポーランド、チェコ、エストニア、スロバキアの首脳が開幕式欠席を表明したが、フランスのサルコジ大統領は「ボイコットの選択肢」に言及しながらも、7月から欧州連合(EU)議長国として加盟国に「相談」を約束するに止まり、クシュネル外相も明確な回答は行っていない。

 これについてメナール氏は「外相とは20年来の友人だ。大統領とも連絡を取っている。フランスは中国にものを言うと商売に響くと考えているが、それは間違いだ。メルケル独首相が中国にきついことを言っても独企業の妨げにはなっていない」と述べ、自国のボイコットに強い期待を寄せた。

 また、中国政府が各国外交団や外国人記者をチベット・ラサに招待したことについて「見せかけだけの仮装舞踏会だ。3月中旬の騒乱から(現地にいた)全記者が国外追放になり、自由に取材を許されている記者は現在、皆無だ」と一蹴(いっしゅう)。8月8日の開幕式まで「非暴力の行動を続行する」と述べ、今後もボイコットに向けて活動することを宣言した。

MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080330/chn0803301915008-n1.htm

 

 福田首相、勝手に期待されちゃってますがどうするのでしょうか?

 「隣人の嫌がることはしない」とか、偉そうな講釈でもたれるのでしょうか?

 やっぱり人権よりもカネなのでしょうかネェ?happy01

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/30

チベット・ラサで再び数千人規模のデモが発生!事実なら、区都ラサは依然、平穏を取り戻していないことになる。

Dd

※ 画像はイメージです。

ラサで数千人規模のデモが発生…チベット亡命政府


3月30日1時19分配信 読売新聞

 【ニューデリー=永田和男】インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府は29日、中国チベット自治区の区都ラサで数千人規模のデモがあったと発表した。

 ラサでは、14日に発生した大規模暴動が当局に鎮圧された後、厳重な警備が敷かれ、デモなどは発生していなかった。

 亡命政府のウェブサイトによると、抗議行動は29日午後2時ごろ、ラサ中心部のチベット仏教寺院ラモチェ寺と、近くのジョカン寺(大昭寺)付近で別々に始まり、計数千人に膨れ上がった。

 ロイター通信によると、この日は北京駐在の外交団が中国政府の手配でラサ入りしており、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の報道官は「外交団訪問に合わせた行動ではないか」との見方を示した。

最終更新:3月30日1時19分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000001-yom-int



<チベット暴動>ラサで再びデモ 「数千人規模」と亡命政府

3月30日1時49分配信 毎日新聞

 【ニューデリー支局】インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府は29日、中国チベット自治区ラサで同日、数千人規模の新たなデモが発生したとの情報があると明らかにした。ロイター通信は中国の治安部隊が同日、ラサの一部を封鎖したと報じた。事実なら、区都ラサは依然、平穏を取り戻していないことになる。

 亡命政府によると、29日午後2時(日本時間同3時)ごろ、ラサ中心部のラモチェ寺やジョカン寺の付近にチベット人が集まり、数千人規模でデモを始めた。亡命政府の報道官は「かなりの数が集まったようだ。外交官団の訪問に合わせたものだろう」と語った。

 日本の和田充広公使ら北京駐在の15カ国・機関の外交官が29日まで2日間、ラサ入りし、暴動現場などを視察していた。

最終更新:3月30日1時49分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000003-mai-cn

 

 再びチベットでデモ発生! しかも今度は数千人規模です!

 中国共産党独裁政権も武力鎮圧では何も解決できないことを知るべきですね。

 この調子で行くと北京オリンピックまでに中国という国は地球上からなくなっているのではないでしょうか?happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/29

中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死

C4

※ 画像はイメージです。

中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死


 【大紀元日本3月29日】中共軍が今月14日からチベット入りし戒厳令を敷いて以来、平和抗議活動に参加した全ての寺院は包囲され、寺院の中にいる僧侶たちの水や食料の供給が断たれている。すでにラモチェ寺では僧侶が1人餓死していることが確認されている。

 チベット亡命政府は先日、チベットから届いた情報により、「ロサン・トメイ」という名の僧侶の遺体が26日に故郷の四川省甘孜州で火葬されたと発表した。

 亡命政府によると、「彼は23日に餓死し、遺体は25日に家に搬送された。彼の原籍は四川省甘孜州の江孜県で32歳であった」と話し、
中共軍が半月間もチベット寺院を包囲し水、電気や食べ物を断ち外部からの供給を許さないために寺院内の僧侶たちの生活状況は非常に苦しいものになっていることを伝えた。

 「水・電気は全て断たれている。これほど長期間になれば寺院内では様々な方面において、条件が厳しくなり、外部からの食料の供給が出来ないために一部の僧侶には緊迫した状況が現れ、昨日最初の餓死者が出た」という。

 現在の最新情報では、少し前に中央政府が通達した
「チベット人が2人以上で集まった場合、発砲してもよい」という指示により、ラサ市区ではチベット人がほとんど見られないという。

 「みな、表に出ることが出来ない。2人以上のチベット人なら発砲してもよいなどと公布すれば各家庭では1人で食料を買いに行くことしか出来ないから、大型のショッピングセンターやジョカン寺のような場所にチベット人はほとんどいない」という。

 
チベット亡命政府最新によると、チベットではすでに140人のチベット人が虐殺され、500人が重傷を負い、1300人以上が逮捕され非人道的な扱いを受けているということが明らかになっている。

(翻訳・坂本)
大紀元時報(08/03/29 13:43)

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d39904.html

 

 何も餓死するほど包囲することはないと思うんですが、あまりにもやりすぎではないでしょうか?

 まぁ、中国人には常識がないですけどね。pout

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁

Img27677

※ 画像はイメージです。

日本軍が深く関与 = 元守備隊長らの請求棄却 - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁


3月28日10時31分配信 時事通信

 太平洋戦争末期の沖縄戦で住民に集団自決を命じたと虚偽の事実を著書に書かれたとして、元日本軍隊長らがノーベル賞作家で「沖縄ノート」の著者大江健三郎さん(73)と出版元の岩波書店を相手に出版差し止めや2000万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決で、大阪地裁(深見敏正裁判長)は28日、「集団自決に旧日本軍が深くかかわったと認められる」とした上で、名誉棄損は成立しないとして請求を棄却した。原告側は控訴する意向を明らかにした。

 軍や元隊長による自決命令の有無が主な争点。訴訟が理由の一つとなり、昨年度の高校教科書検定で「軍による強制」の記述に意見が付いた経緯があり、判決が注目されていた。

 深見裁判長は元守備隊長の命令について、「集団自決に関与したことは十分推認できる」と指摘。一方、
著書に記載された通りの命令自体を認定するには「ちゅうちょを禁じ得ない」とした。

 沖縄ノートの記載内容について、大江さん側は元守備隊長を特定する氏名の記述がなく、名誉棄損に当たらないと主張したが、深江裁判長は引用文献などから特定は可能と判断した。
しかし、集団自決の学説や文献、大江さんらの取材状況を踏まえ、「真実と信じるに足りる相当の理由があった」と認定し、名誉棄損や出版差し止めの弁護側主張を退けた。

最終更新:3月28日14時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000042-jij-soci


【強制】(名)スル 力によって他人を従わせること。むりじい。「労働を―する」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

http://dictionary.msn.co.jp/result.aspx?j=%e5%9b%bd%e8%aa%9e&keyword=%e5%bc%b7%e5%88%b6&startcount=0&matchtype=startwith¤titem=05129600


【関与】(名)スル あることに関係すること。たずさわること。干与。「政策決定に―する」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

http://dictionary.msn.co.jp/result.aspx?j=%e5%9b%bd%e8%aa%9e&keyword=%e9%96%a2%e4%b8%8e&startcount=0&matchtype=startwith¤titem=04506600

 

 いつの間にか軍の『強制』『関与』にすり替えられた沖縄の集団自決。

 その判決が今日ありましたがどうなんでしょうか?

 判決では、軍による命令(強制)自体を認定していないのに集団自決に旧日本軍が深く関与したと見られるとして、名誉毀損は成立しないという意味不明の判決でした。

 軍や元隊長による自決命令の有無が主な争点だったはずですが、それをスルーして軍による関与を認めて判決を下すサヨクのペテン師ぶりが強く印象に残る判決でした。

 結局、それまで主張していた『軍の強制による集団自決』は否定されたのですが、いつの間にか『軍の関与による集団自決』というあいまいな言葉にすり替わって引き続き主張し続けるということになったようですが、こんなことでいいのでしょうかね?

 強制と関与では意味がずいぶん違いのですが、こんな調子だとまたいつの間にか関与という言葉が強制という言葉にすり替わって教科書に書かれるのではないのでしょうか?

 心配です。angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「チベットに自由はない」 ― 僧侶らの「直訴」により、チベット族の不満の強さを印象付けることになった。

H2

※ 画像はイメージです。

「チベットに自由ない」=僧侶ら外国記者団に訴え-ラサ

3月27日18時1分配信 時事通信

 【北京27日時事】大規模暴動の起きた中国チベット自治区ラサで27日、中国政府の手配で現地入りしている外国メディアの取材団がジョガン寺(大昭寺)を訪れた際、チベット仏教の若い僧侶約30人が「チベットに自由はない」などと訴える騒ぎがあった。

 現地取材は「チベットの客観的理解に役立てる」(中国外務省報道官)ため受け入れたもので、ラサの安定回復をアピールするのが狙い。しかし、僧侶らの「直訴」により、チベット族の不満の強さを印象付けることになった。

最終更新:3月27日18時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000114-jij-int

 

「チベットに自由ない」僧侶ら現地入り外国メディアに直訴

3月27日13時23分配信 読売新聞

 【北京=牧野田亨】チベット族による大規模暴動が起きた中国チベット自治区ラサで27日、中国政府に指名され現地入りしている外国メディアの取材団に対し、地元の僧侶グループが「チベットに自由はない」などと訴える直接行動に出た。

 取材団に加わっているAP通信が伝えた。

 中国当局の監視を破り、外国メディアにチベット族の考えを訴えようとしたようで、僧侶たちは「逮捕されるかもしれないが、それでも構わない」と話したという。

 AP通信によると、取材団は27日午前、ラサ中心部のチベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪問。そこで30人前後の若い僧侶が現れ、事前に当局が設定していた取材を遮った。

 僧侶のうちの1人は「チベットに自由はない」と大声で叫び、泣き始めた。また、別の僧侶は、中国政府が暴動の黒幕と非難するチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世について、「中国当局は我々に対し、ダライ・ラマを非難するように要求するが、それは間違っている。暴動と全く関係ない」と訴えた。

最終更新:3月27日13時23分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000026-yom-int

 

 限られたマスコミに限定的な取材をさせて、国際的な批判をかわそうとした中国共産党独裁政権。

 しかし、そのサル知恵は通用せず、チベットの若い僧侶たちに直訴されてしまいました。

 中国政府がいった『客観的な認識』ってどういう意味だったんでしょうね♪

 現実から目をそらしているのは、どう考えたって中国でしょう!happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/27

「北京五輪はナチスドイツが開催した1936年のベルリン五輪と同じく国威発揚が目的だ」

C2

※ 画像はイメージです。

<北京五輪>ナチス並み! 本気で言ってるの?= 英紙批判に怒りの反論 ― 中国外交部

3月26日12時14分配信 Record China

 2008年3月25日、外交部定例記者会見が行われた。席上、秦剛(チン・ガン)報道官は北京五輪を批判した英紙タイムズの報道に反論した。新華社が伝えた。

 チベット問題、人権問題などで国際社会の中国批判が強まる中、タイムズは「北京五輪はナチスドイツが開催した1936年のベルリン五輪と同じく国威発揚が目的だ」とする批判記事を掲載した。

 秦報道官は「北京五輪はスポーツの祭典で、各国国民の友情を深めるもの」と反論、ベルリン五輪になぞらえた報道は「中国に対してのみならず、世界に対する侮辱」と発言した。

 また、ギリシャで行われた聖火採火式で中国政府を批判する行動が行われたことに対し、「聖火リレー妨害は恥ずべき行為で、今後聖火が経由する各国が安全を確保すると信じている」とコメントした。(翻訳・編集/KT)

最終更新:3月26日12時14分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000011-rcdc-cn

 

ベルリンオリンピック

 ベルリンオリンピック(公式名称:Games of the XI Olympiad、独:Olympische Sommerspiele 1936, 英:1936 Summer Olympics)は、1936年にドイツのベルリンで行われた夏季オリンピックである。ベルリンは1916年のオリンピック開催都市として予定されていたが、第一次世界大戦によって中止された経緯がある。

ヒトラーのオリンピック

 当時隆盛を誇っていたアドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツが首都・ベルリンでドイツ第三帝国の威信をかけて開催したこともあり、ナチスのプロパガンダとして大会全体が使用されたと言われることになるいわくつきの大会である。

 当時ユダヤ人迫害政策を進めていたナチス・ドイツは、この大会を開催したいがために、誘致と大会期間に限りユダヤ人に対する迫害政策を緩めた他、ヒトラー自身も、有色人種差別発言、特に黒人に対する差別発言を抑えるなど、国の政策を一時的に変更してまで大会を成功に導こうとした。

 ヒトラーにとってオリンピックは、ドイツ民族の優秀性と自分自身の権力を世界中に見せつける絶好の機会でもあった。大会はヒトラーの思惑通りに進められ、開会式に詰めかけた10万人の観衆らは右手を掲げ「ハイル・ヒトラー!」と唱和、彼自身がオリンピックの開会宣言をした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「ベルリンオリンピック」より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

 

 そういえば中国もオリンピック開催に合わせて、報道の規制がゆるくなっています。

 やはりナチスのベルリンオリンピックを参考にしたのでしょうか?bomb

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/26

「脱税は在日韓国人に与えられた慣習的権利」市を相手取り提訴

Ag2

※ 画像はイメージです。

伊賀市元総務部長詐欺:被害男性「納付済み」と市提訴 住民税課税の無効求め /三重

3月25日17時3分配信 毎日新聞

 伊賀市の元総務部長、長谷川正俊被告(59)=懲戒免職=の詐欺事件で、被告から住民税の代行納付名目で現金をだまし取られた男性(41)が24日、「市から住民税を請求されたのは不当」として、市を相手取り、課税処分の無効確認を求め、津地裁に提訴した。

 訴状などによると、男性は
「在日韓国人に与えられた慣習的権利」として、通常の6割に当たる住民税額を、長谷川被告を通じ市に納付。これに対し、市側は今月、02年3期~07年4期分の住民税通常額計約2580万円の支払いを求める催告書を男性に送付した。男性側は「催告で初めて正規の課税がされていることを知ったが、減免の慣習的権利に照らし、住民税は長谷川被告を通し支払い済みだ」と主張している。

 今岡睦之市長は同日、取材に対し「市としては、住民税が納付されたとの認識はない。弁護士と相談し、裁判で争う」と話し、引き続き支払いを求める方針。

 長谷川被告は昨年12月、この男性から現金約780万円をだまし取った詐欺の疑いで県警に再逮捕され、今月12日、同罪などで津地裁で懲役2年4月の実刑判決を受けた。【傳田賢史】
〔伊賀版〕

3月25日朝刊
最終更新:3月25日17時3分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000307-mailo-l24

 

 脱税は在日韓国人に慣習的に認められた権利だとは知りませんでした。

 盗っ人猛々しいですね。

 このような輩が日本にパラサイトしています。

 一日でも早く駆除しなければいけませんね!angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/25

朝日はOK産経はNG? ”一部”外国記者のラサ取材許可

Img4191

※ 画像はイメージです。

一部外国記者のラサ取材許可=「客観的理解を」-中国

3月25日19時1分配信 時事通信

 【北京25日時事】中国外務省の秦剛副報道局長は25日の定例会見で、大規模暴動が発生したチベット自治区ラサの取材を一部の外国記者について受け入れると明らかにした。取材を通じ、「事件の真相を知り、客観的な理解に役立つはずだ」と狙いを述べた。

 同副報道局長によると、参加するメディアは十数社。中国側が、暴動で負傷した被害者に話を聞く機会などを設けるほか、記者の安全も確保するという。取材は26日から3日間の日程。

最終更新:3月25日19時7分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000130-jij-int

 

 『一部外国記者』って、どういう意味なんでしょうね。

 朝日新聞は許可するけど産経新聞はダメとか、そういう意図的な選択でもするのでしょうか?

 中国の『主観』どおりに報道するメディアだけを優遇するんでしょうね。

 さすがは万人が平等な社会主義国家ですね???happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チベット大虐殺「中国メディアが連日、報道している騒乱の“真相”を中国国内の知識人が信用していないことが裏付けられた。」

A7

※ 画像はイメージです。

政府のチベット政策は誤り 中国知識人が声明

2008.3.24 19:48

 【北京=矢板明夫】中国の著名な反体制評論家の劉暁波氏や作家の王力雄氏ら約30人が、チベット騒乱に対する中国政府の対応を批判する声明を発表した。ロイター通信によると、中国共産党の故趙紫陽総書記の秘書だった鮑彤氏も24日に声明を出し、中国政府に対し、チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世との対話に臨むよう促した。中国メディアが連日、報道している騒乱の“真相”を中国国内の知識人が信用していないことが裏付けられた。

 「チベット情勢への対応に関する12の意見」と題された劉氏らの声明は22日に発表されたが、当局による情報統制をかいくぐり、中国国内のあちこちのインターネット掲示板などに転載され、影響を広げている。

 劉氏らは、チベット自治区のラサで暴力事件が発生した当日(3月14日)、チベット自治区の責任者が「ダライ集団による犯行を証明する証拠をもっている」と発表したことに注目。地元当局が事前に騒乱を察知していた可能性があり、チベット人僧侶を弾圧するため、騒乱の発生をわざと阻止しなかったのではないかと示唆し、政府に徹底的な真相究明を求めている。

 また、反ダライ・ラマ・キャンペーンを展開している中国メディアについて、「偏った報道姿勢は民族の対立と憎しみをあおり、状況をさらに緊張させている」と指摘した。チベットの共産党指導者がダライ・ラマ14世を「袈裟(けさ)を着たオオカミ、人面獣心の悪魔」などと誹(ひ)謗(ぼう)したことに関しても、「事態の収束に逆効果で、中国政府のイメージを低下させている」と厳しく批判した。

 批判の矛先は中国政府の情報統制にも向けられている。外国メディアのチベット取材を認めるよう求めると同時に、中国側が持っている資料を公開し、国連人権理事会による真相調査を受け入れるべきだなどと提案している。

 声明はさらに、1980年代のチベット騒乱はラサに限定されていたが、今回は各地に波及したと指摘、「政府のチベット政策に大きな誤りがあることが証明された。失敗した少数民族政策を改めるべきだ」としている。

 劉氏ら、次いで鮑氏と、中国国内から政府の対応に対する批判が続出した。今後、他の著名な知識人が同様の声明を出すことも予想される。

MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080324/chn0803241946009-n1.htm

 

 中国共産党独裁政権のデタラメぶりは、自国の知識人にさえ通用しないようです。

 とはいえ、このような正論が中共に理解できるはずもなく、この知識人たちが地方に下放されたり、粛清されたりするのではないかと心配になります。

 すべてはこの地球上に『中国』という野蛮な国家が存在していることが悪いのです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

チベット大虐殺「外国記者の取材いずれ許可」適切な時期っていつ?

A4

※ 画像はイメージです。

外国記者の取材いずれ許可 = チベット暴動で - 中国国務委員

3月24日1時0分配信 時事通信

 【北京23日時事】中国訪問中の自民党の中川秀直元幹事長は23日夜、外交担当の戴秉国・国務委員と北京の釣魚台迎賓館で会談した。中川氏はチベット自治区での暴動に関し、外国記者への取材許可やチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世との直接対話を求めた。戴氏は「外国メディアの取材は人身の安全が保障できれば、適切な時期に実現したい」と答えた。直接対話については回答を避けた。

 また、22日の台湾総選挙の結果を踏まえた今後の中台関係について、中川氏は「話し合いによる解決」を要請。戴氏は「平穏な政権引き継ぎを期待している」と新政権の出方を見守る考えを示した。

最終更新:3月24日1時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080323-00000075-jij-pol

 

 もしやましいことがないのなら、中国政府は海外メディアのチベットへの取材を即刻許可するべきです。取材されたら困ることをしているので取材拒否をしているとしか思えません。

 また、日本のメディアも今回のチベットでの事件を『暴動』とか『騒乱』とか、中国政府よりの視点で書いているところがありますが、事実に即して『チベット人の大虐殺』と書くべきですよね。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/23

チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動

Img16617

※ 画像はイメージです。

チベット弾圧:チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動

 【大紀元日本3月22日】3月14日にチベット・ラサ市で発生したデモ隊列と中共軍の衝突事件で、タイ華僑の女性が、デモ隊の中にチベット人を装った警察官が刀を手に潜入していたのを目撃していた。ダライ・ラマオフィス宗教事務職員・阿旺念札氏が18日、国際ラジオ「希望之声」の記者に対し、明らかにした。この女性は、BBC放送の番組の中で中国大使館が提供したニュース写真の中にこのチベット人に扮した警察官の写真を見つけたという。

 当該の女性はラサ市で勉強をしており、現地の警察官と親しくなりよく派出所に行っていたので他の警察官のことも知っていた。14日、ラサ市でチベット人によるデモ行進が行われ、当時彼女と他の外国人達は八角街の派出所に名義上「保護」のために集められた。その際、警察官が手に刀を持ち、逮捕した人と共に派出所に入って来たのをその目で目撃。その後、その警察官は、チベット人の服を脱ぎ捨て警察の制服に着替えたという。

 阿旺念札氏によると、この女性がもともと警察官の友人であり、当時その近辺は危険であったため多くの外国人と共に派出所の中に「保護」されていた。それは中共が全ての外国人に早く、チベットから離れさせることを決めたからだという。そのため外国人らは「保護」され派出所の中で待たされ、一刻も早くチベットから離れるよう促された。この女性は、こうしたことを目にして、やっと、警察官がチベット人に扮してデモ隊に潜入していたということは人に話してはいけない秘密なのだということを知ったという。

 このタイ華僑の女性はこの出来事を見て非常に驚き、これらはすべて人を欺く行為だと思ったという。中国共産党政府は社会の混乱を造り出している。警察が率先してこのようなでっち上げをすることは許されるはずがない。

 2日後、この女性は他の外国人と共にラサから離れることを迫られ、ネパールを経由し、インドに到着し、BBCの番組で中国大使館が提供したメディアの写真からチベット人に扮したあの警察官を見つけた。この女性の目撃では、実際は、チベット人に扮していた警察官が人々を煽動していたという。事実が隠ぺいされていることにこの女性は驚いた。

 女性は、インドのチベット人亡命組織にこの事を知らせた。17日の集会において、チベット人組織は外部に対しチベット人に扮した警察官の写真を発表した。中国大使館はメディアに対し前後に2枚の写真を提供したが、その写真からはチベット人に扮した警察官は消えていた。

 この写真は中国大使館がBBCと自由亜洲之声(THE VOICE OF FREE ASIA )に対し送ったものだと阿旺念札氏は話す。もう一枚の写真にもこの人物は映っていない。テレビ画面にはこの刀を持つ人物は映っているうえに、人を切りつけていたにも拘らず、その後のカメラはこの人物を追いかけていない。全くのでっち上げであることがわかる。ある人がこれらの問題を提出したところ、テレビ画面からも映像が消えたそうだ。

 デモ抗議事件で、警察官が暴徒に扮して煽動や濡れ衣を着せるための行為を行ったのは一度だけではない。1989年チベットに深く入り込んで取材を行った中国の記者・唐達献氏は「刺刀直指拉薩――1989年チベット事件記録」という記録を書いている。記録には、当年チベット人が起こした平和デモの数日後、中共当局は多くのスパイと普段着を用意し、市民や僧侶に扮し計画的に状況を盛り上げ、経塔を焼き払い、穀物食糧販売店を襲い、店から根こそぎ略奪し、民衆による物資の略奪を促した。この作戦が成功した後、軍警察は血腥い鎮圧を展開したのであるとされている。

 今回のチベット民衆による抗議行動は1989年と似ている。20歳前後の男性のグループが十分に計画を練ったうえで行動を起こしている。まずスローガンを叫び、すぐさま小昭寺の近くに駐車してあった車両に火をつけ、その後周囲の商店に押し入り、商品を略奪したうえ、続けざまに数十件の商店を焼き払っている。配置には秩序があり、歩調も機敏で動作も手練れたものである。小昭寺付近の道路にはすでに大きさが揃い、重さが1、2kg前後の石が用意され、配備された公安や私服警官らが早めに登場。その後、大量の軍警察と軍用車がすぐに到着し、違和感なく発砲し“暴動鎮圧”というシナリオを成功させるのだ。

 中国共産党が再び暴力事件を画策し、チベットの罪なき人々に濡れ衣を着せるのか否か、世界中が注目している。 (翻訳・坂本、編集・月川)

大紀元時報(08/03/22 18:46)

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d53827.html

 

 さすがは中国人。どこまでも薄汚いですね。

 とはいえ、国際世論は中国政府の思惑通りにはコントロールできません。

 チベットの自由と独立を応援し続けるのが筋でしょう!good

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/22

「西側メディア、人の不幸喜んでいる」?

Img55735

※ 画像はイメージです。

市民死者18人 「西側メディア、人の不幸喜んでいる」と新華社

3月22日10時34分配信 産経新聞

 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信は22日、チベット自治区ラサで起きた騒乱による市民の死者が13人から18人に増え、警察官1人の死亡も確認したと伝えた。市民の負傷者数も市民382人に拡大し、うち58人が重傷。治安当局側の負傷は241人で、うち23人が危篤状態という。また、当局に投降してきた人は183人となった。破壊行為などでの経済損失は日本円換算で約36億円以上としている。

 14日以降の一連の騒乱の死者数については、チベット亡命政府スポークスマンは、「甘粛省瑪曲県で射殺された19人を含め、少なくとも99人に達した」としており、当局側と大きく食い違っている。亡命政府のリンポチェ主席大臣は、「ラサ以外での死者は約150人との未確認情報がある」としている。

 新華社電は21日に配信した論評記事の中で、「公式発表を信用せず、人権団体と西側メディアは人の不幸を喜び、騒乱を楽しんでいる」と非難。「こうした暴動が彼らの国で起きたなら、中国ほど抑制された対応をしたのか」と指摘した。

 22日付中国共産党機関紙「人民日報」は論評記事を掲載、騒乱は「国内外のチベット独立勢力が計画したもの」で、「(チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世の)『ダライ集団』が綿密に陰謀、扇動した」とし、「一貫して標ぼうする『非暴力、平和対話』は徹頭徹尾のうそであり、『独立を求めない』という吹聴は正真正銘の欺瞞(ぎまん)だ」と非難した。

最終更新:3月22日10時34分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080322-00000909-san-int

 

 今時、中国政府の公式発表をそのまま信じる馬鹿なんて子供でもいませんが、新華社電の人たちはそれ以下ということでしょうか?

 こういうのって、被害妄想っていうんでしょうか?

 まぁ、狼少年が何を言っても意味がないですけどね♪happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

爆笑!中国外務省の幹部が各国メディアの質問に“逆ギレ”回答を連発!

N2

※ 画像はイメージです。

中国逆ギレ、外務省の副報道局長「他の国だって同じ事する」
 
 「ほかの国だって同じことをするはずだ!」-。中国チベット自治区ラサで起きた暴動にからみ、中国外務省の幹部が20日の定例会見で各国メディアの質問に“逆ギレ”回答を連発した。「一部の報道は不公正だ」と暴動現場の“報道規制”を正当化。デモ隊側の死傷者数も明らかにしなかった。中国側の冷静さを欠いた対応に、各国で北京五輪への不安感がさらに高まりそうだ。

               ◇

 チベット自治区を皮切りに四川省や甘粛省など各地に抗議デモと治安当局による鎮圧が拡大する「チベット騒乱」。
イライラが募ったか、中国外務省の幹部が定例会見でキレまくった。

 会見したのは秦剛副報道局長。イタリア人記者がローマ法王ベネディクト16世が「対話の道を選ぶべき」と憂慮の念を示したことについてコメントを求めると、いきなり激高した。

 
「イタリアのジェノバで警察がデモ隊に何をしたのか、振り返ってみたらどうか」。質問には直接答えず、2001年にジェノバで開かれた主要国首脳会議(サミット)で起きた衝突でデモ参加者が警察に射殺されたことを例に挙げる形で逆質問。「暴力を容認したら法も人権もない」と、あくまで暴動鎮圧の正当性を主張した。

 ポルトガル人記者が「捜査状況は」と問うと
「アナタの国で暴動が発生したらどうする。警察は何もしないのか? 同じ措置を講じるはずだ」とたたみ掛ける。日本人記者が「平和的デモなら認めるのか」と質問すると、「憲法を読めば分かるだろう。言論の自由はあるが(言論の範囲は)関係法に合致している必要がある」と強調した。

 さらに米国テレビ記者が「なぜ現場に記者を行かせないのか」と批判すると、
「一部の報道は客観的ではない。不公正だ」と猛然と反論。「そのような報道なら現地に行こうが行くまいが関係ない」。ほとんど“ケンカ腰”状態だった。

 一方でラサ市でのデモ隊側の死傷者数は「状況を把握していない」。ラサ以外の死傷者も「分からない」と客観的データを示さず。ダライ・ラマ14世については「チベット独立を放棄していない」として対話を拒否する構えを明確にした。

 ラサ暴動についてラサの検察当局は20日、24人を逮捕したと初めて発表。幹部は「ダライ・ラマ一味が組織し綿密に計画した」と述べた。国営の新華社通信は市民13人が死亡し325人が負傷、被害は2億元(約28億円)と伝えたが、デモ参加者側の死傷者の有無は報じていない。


★ ダライ・ラマ14世、いつでも話し合う用意ある

 
チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世は20日、チベット問題打開のため「いつでも胡錦濤国家主席ら中国指導部と会談する用意がある」と表明した。

 武力鎮圧に対する欧米諸国などの対中批判を追い風に中国政府と交渉に臨む意欲を示したとみられる。しかし暴動をダライ・ラマ支持者の犯行と非難する中国側が応じる可能性はほとんどない。

 ダライ・ラマは「多くのチベット民族が(独立という)非現実的な期待を持っているかもしれず、私には極めて慎重な判断が必要とされそうだ」とし、独立急進派の台頭に懸念を示した。


★ 軍が写真チェック … ラサから邦人帰国

 ラサで起きた暴動を受け、日通旅行(東京)主催のツアーで現地に滞在していた日本人旅行客18人が20日午後、上海発の定期フェリーで大阪港に帰国した。疲れた表情を浮かべる人が多く、足早にバスに乗り込んだ。取材に応じた女性は「危険な目には遭わなかったが、軍に撮った写真をチェックされた」とだけ語った。

sanspo.com

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200803/sha2008032109.html

 

 ぎゃっはっはっはっは、中国人は笑わせてくれます。

 いつまでこんなこと続けるつもりなのでしょうか?

 田舎芝居もそろそろ飽きてきましたね♪happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/21

暴動が起きた中国チベット自治区に向け、隣接する四川省から兵員を輸送する多数の軍用トラックの隊列が、幹線道路を通る様子を報じた。

Red_boots

※ 画像はイメージです。

大量の軍車両が自治区へ 「報復」展開、懸念も

2008.3.20 23:11

 英BBCテレビのウェブサイトは20日、暴動が起きた中国チベット自治区に向け、隣接する四川省から兵員を輸送する多数の軍用トラックの隊列が、幹線道路を通る様子を写真とともに報じた。

 同テレビ記者が目撃しただけで車両は400台を超え、ラサの暴動発生後、最大規模の動員とみられるという。チベット関連の人権団体などは、外国人記者がチベット民族居住区から強制退去させられていると報告、近く暴動に絡んで大規模な取り締まりと「報復」のための鎮圧活動が展開されると懸念している。(共同)

MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080320/chn0803202312008-n1.htm

 

 『報復』って、これ以上チベットに対して何をするつもりだ?

 中国はチベット人を何百万人殺せば気がすむのだろうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

遺体に銃創 英の人権団体、写真公開

D4

※ 画像はイメージです。

遺体に銃創 英の人権団体、写真公開

3月19日17時2分配信 産経新聞

 【ロンドン=木村正人】中国のチベット自治区などの騒乱に関し、同自治区の人権、独立運動を支援する国際人権団体「フリー・チベット・キャンペーン」(本部・ロンドン)は18日、中国当局の治安部隊に射殺されたとする住民の写真を公開した。遺体には明確な銃創が残り、発砲を否定した中国当局の発表と食い違っている。

 写真は27枚で、四川省北西部アバ県のキルティ僧院で16日と17日に撮影された。胸や首などを貫通した銃創を生々しく写し出しているものもある。逮捕者らの解放を求めて抗議活動を行ったチベット仏教僧ら数百人に対して中国当局の治安部隊が発砲したとする目撃者の証言を伝えた。

 チベット自治区のシャンパ・プンツォク主席は17日、騒乱の死者13人はいずれも暴徒による殺害や火事による焼死などで「治安部隊は発砲しておらず、戦車など人を殺害する武器は一切使っていない」と説明。中国外務省の劉建超報道官も治安部隊は「実弾を使用していない」と主張した。

 同キャンペーンの広報担当者は「衝撃的な写真だ。国際社会は中国当局の武器使用を厳しく非難すべきだ」と指摘している。

最終更新:3月19日17時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000123-san-int

 

 やっぱり武器を使っていた中国軍。

 国際的な非難にどう答えるのでしょうか?

 それとも、まだ「武器は使っていない」と言いはるつもりなのでしょうか?

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/19

温家宝首相、質問に余裕 北京五輪へ自信? チベット問題

F1

※ 画像はイメージです。

温家宝首相、質問に余裕 北京五輪へ自信? チベット問題

3月18日21時8分配信 産経新聞

 【北京=伊藤正】18日に行われた内外記者会見で、温家宝中国首相は、外国人記者のチベット問題に対する質問に余裕たっぷりに応じた。ラサをはじめ各地の騒乱やデモの沈静化に一応成功したこともあるが、国際世論の反発が低調で、北京五輪への影響への懸念がなくなった自信が背景にあるとみられる。

 「頭文字が『T』の2つの問題を聞きたい」と米CNNテレビ記者が、チベットと台湾について質問したのに対し、温首相は「どちらも統一、主権と領土保全にかかわる問題だ」とし、中国の立場を淡々と述べた。

 両者に共通するキーワードは「一つの中国」だ。台湾については、「一つの中国」の前提の下で、両岸の平和交渉を速やかに回復したいと述べた。22日の総統選で、大陸との交流拡大を主張、優勢が伝えられる国民党の馬英九候補へのエールともいえた。

 一方、チベットについては、ダライ・ラマ14世が騒乱を画策したとの見方を示し、「独立を求めず、平和対話を」とのダライ・ラマの言葉は「うそ」と決めつけた。対話の余地はないという意味だ。

 中国は台湾に対しては、●(=登におおざと)小平氏が打ち出した「一国二制度」に沿い、資本主義制度の維持と高度の自治権を認める統一戦略をとっている。ダライ・ラマ側は「高度の自治権」を求めてきたが、共産党の支配下にあるチベットに一国二制度は適用されない。

 もしそれを認めれば、新疆ウイグル自治区や内蒙古自治区などにも波及し、民族の独立運動を刺激しかねない、というのが中国当局の立場だ。

 温家宝首相は、ダライ・ラマが「チベット文化の絶滅」を非難したことに対し、チベット「解放」以来、民主改革が進み、発展を遂げたことを指摘して反駁(はんばく)した。しかしチベットを含め少数民族の中にある不満は、漢民族による文化的、経済的「侵略」にあり、それがしばしば爆発する。

 今回の騒乱事件で中国政府が最も懸念していたのは、国際的な非難が広まり、北京五輪に影響が及ぶことだった。中国外務省はこの前夜、異例の記者会見をし、騒乱を暴徒による破壊行為とし、平定に銃器の使用はなかったと説明した。国際世論対策だ。

 これは89年の天安門事件後のような国際世論の非難を警戒したためだが、今回の問題では、各国政府の反応は「自制」を求める範囲にとどまった。温首相はインド人記者の質問に「チベットは中印間の微妙な問題だが、今回のインド政府の対応には感謝している」と述べた。反中デモをインドが抑圧したからだ。

 89年当時と違い、中国は経済的にも政治的にも大国になり、主要国はこぞって中国市場に進出している。その結果、中国の人権問題を批判する声はか細くなる一方だ。温家宝首相が余裕を見せた最大の理由である。

最終更新:3月18日21時8分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080318-00000980-san-int

 

 ダライ・ラマ法王と温家宝の発言が対立しているようですが、ノーベル平和賞を受賞したことのあるダライ・ラマ法王とファシストに過ぎない温家宝とどちらの発言を世界は信じるのでしょうか?

 侵略者である中国を思い上がらせてはいけません!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/17

『ゴーストタウン』のラサ、「戦車が体の横を通り過ぎ、銃声が聞こえる…」

H3

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

「ゴーストタウン」のラサ、夏河ではラマ僧が再びデモ

 【大紀元日本3月17日】甘粛省夏河鎮にあるラブラン寺(拉卜楞寺)は、チベット自治区にあるチベット仏教最大の寺院である。3月16日(土)、多くのチベット人が暮らす甘粛省夏河鎮において、再度ラマ僧による抗議行動が発生し、数百名のラマ僧が、著名なラブラン寺から街頭に出てデモを行った。中共の武装警察は、抗議を行う民衆に、催涙弾をもって対処している。

 3月14日(金)、中共は軍及び警察、装甲車を動員してラサに進駐するとともに、デモを行う僧侶、民衆に発砲し、これを鎮圧した。中共政府は、14日の衝突で10人が死亡したことを認めた。他方、チベット亡命政府は、ラサにおいて30人の死亡が確認されたとしている。また、未確認の情報によると、死亡者数は100人を超えているという。中共がラサを鎮圧した当日、甘粛省夏河鎮において、約4000名のチベット人がラマ僧に率いられ、街頭でデモを行っている。

 3月14日より、中共当局は、家屋ごとに僧侶の捜査を開始し、ポタラ宮で少なくとも10人が逮捕された。チベット自治区主席・向巴平措は、15日に強硬通牒を発し、抗議者に対し、17日(月)夜12時までに自首することを求め、さもなければ厳罰に処するとした。

 多くの警察が、現在もラサ市内にある3大寺院を包囲している。このうち、セラ寺(色拉寺)では、2000人余りのラマ僧が閉じ込められ、外部と連絡が取れなくなっている。セラ寺のラマ僧はハンストを開始し、武装警察に対し、寺院を離れるとともに、逮捕されたラマ僧の釈放を求めた。また、RFAによると、デブン寺(哲蚌寺)の僧侶2名が手首を切って抗議を行い、その傷は深刻であるという。

 3月15日(土)、中共の軍・警察、戦車・装甲車がラサ市内をパトロールしており、街を歩く人はほとんどいなかった。ラサ市全体が白色テロと軍事的鎮圧の状態に陥った。ラサを逃れた西方の旅行客は、ラサ全体が「ゴーストタウン」のように見えたと語った。

到る所に血の跡、ラサ全体が封鎖

 AFPの報道によると、3月15日、約50人の外国人旅行客が、4つの飛行機に分乗し、チベットを離れ、成都に到着した。ラサを逃れた外国人旅行客は、3月14日に中共が発砲、鎮圧した後、ラサ市全体が恐怖と混乱に陥っていたと語っている。

 デンマークから来たラージョさん(58)は、14日の鎮圧後に飛行機でラサを離れた。彼女が成都空港で語ったところによると、多くの人が頭部を負傷し、到る所に血の跡が見られたほか、救急車、戦車、警察の姿が見られた。彼女は次のように語っている:“鎮圧が始まった時、私は現場に非常に近い所にいました。銃の音は聞こえませんでしたが、多くの地点で火の手が上がり、皆が走っているのが見えました。ガイドは私に、早く走るよう言い、ある人が我々を家に入れ、その門を閉めました。”

 ラージョさんによると、15日午前のラサは、「ゴーストタウン」のようであったという。「ラサ全体が封鎖されました。多くの兵士がいましたが、彼らはコートを着た小さな男の子のように見えました」と語った。ラサ飛行場は混乱し、「誰もが非常に恐れて」おり、15日午前にラサを離れたいと考えていたという。

戦車が体の横を通り過ぎ、銃声が聞こえる

 カナダ人女性旅行客がAFPに伝えたところによると、彼女は11日からラサにおり、当時、多くのラマ寺が閉鎖されており、鎮圧は14日に発生したという。「戦車が体の横を通りすぎ、銃声が聞こえ、濃い煙が漂いました」「本当に驚き、時々、立ち尽くすこともありました。私たちは、一体何が起こったのかよく分からず、また、外部と連絡を取る術がありませんでした」と恐怖を語った。

 ドイツの旅行客であるウルリッヒさんは、成都空港で「銃声のような音が2,3発聞こえたため、私は朝2時に目が覚めました」と話した。同氏は、3月14日に妻と11歳の子供とラサに入った。「朝4時に再び目を覚ました時、私は2輌の戦車、兵士を載せた40台の軍用車を目撃し、様子がおかしいと思いました」という。

140台の軍用車がラサに

 中央社によると、3月15日午前にラサを離れ、ネパールの首都カトマンズに到着したオランダ人旅行客のフランスさんは、24時間のうちに、部隊を載せた軍用車約140台がラサに進入したのを目撃したという。「彼らは容赦なくチベット人を攻撃しており、全ての地点に戦車がありました。したがって、今日(15日)に抗議を行うことは不可能でしょう」と語った。

都市活動が停止

 3月15日にラサに到着した西洋人の学生(23)は「軍隊は、市内の到る所にバリケードを設置して封鎖を行っており、都市全体が基本的に活動を停止しています。あらゆるACホール、あらゆるホテルが閉店しています」と話した。

 当地政府職員によると、彼らは移動を妨げられ、建物を離れることができないという。ラサ市労働社会保険局の女性職員は「私たちは、昨日(14日)からここに待機しています。誰も、許可無く出入りができません」という。この局は、ポタラ宮の近くにある。「装甲車がひっきりなしに通り、迷彩服を着て警棒を持った軍人が街頭でパトロールを行っています」と語った。

世界各地で中共のチベット人鎮圧に抗議

 チベット亡命者及び支持者は、世界各地でデモ活動を行い、中共に対し、チベット人の抗議の鎮圧を停止するよう求めている。インド北部のチベット亡命政府は声明を発表し、国連が介入し、特使をチベットに派遣して中共による人権の侵害を調査するよう求めた。

 海外の中国民主活動家60人近くが3月15日に連盟で公開状を発表し、中共による無辜のチベット人に対する暴力による鎮圧を非難するとともに、国際社会の良識ある人々に、中共の行為が、オリンピック主催国の行為準則に合致しているかを問い直すよう呼びかけた。

海外メディア:鎮圧は北京オリンピックにダメージ

 英国の各有名紙は文章を発表し、国際社会に対し、中共に圧力を加え、チベット人の抗議活動への鎮圧を続けることを阻止するよう呼びかけた。ドイツ主要紙の論説は、チベット人の抗議は中共の圧力に対する反応であり、中共による鎮圧は、北京オリンピックに対するダメージとなる。

 チベットの人権活動を長期にわたって支持してきたハリウッドスターのリチャード・ギア氏は、BBCに対し、中国がチベット人民に基本的自由を与えなければ、彼は北京オリンピックの阻止を支持すると語った。ギア氏によると、現在の状況のもとで、中国が適切な対応を取らなければ、オリンピックを阻止する必要があるという。

大紀元時報(08/03/17 09:28)

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d56609.html

 

 ラサは大変な事態に陥っていますが、中国政府が外国のメディアの取材を許可しないため詳しい状況は明らかにされていません。

 つまり、中国政府はラサで外国のメディアに取材されては困るようなことをしているからでしょう。

 このような国で平和の祭典・オリンピックを開いてもよいのでしょうか?angry

 …というか、この状況で北京オリンピックは開催されるのでしょうか?angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国政府、チベット暴動で情報操作 非難回避で責任転換

Img20441

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

鎮圧「人権侵害」 国連に調査要求 チベット亡命政府

2008年3月16日 東京新聞

 【バンコク】インドからの報道によると、北部ダラムサラを拠点にするチベット亡命政府は15日、中国当局による中国チベット自治区ラサの暴動鎮圧について「著しい人権侵害があった」として国連に調査を要求したと発表した。

 声明では、平和的な抗議活動を行っていたチベット人が無差別に攻撃、拘束された事態に「深い懸念を抱く」として、暗に武力鎮圧を批判した。さらに「今回の抗議行動は中国の抑圧から自由になりたいチベット人の願望の表れ」として、あらためて亡命政府の関与を否定した。

 一方、ダラムサラでは15日、亡命チベット人が同自治区を目指す「帰郷デモ」を再び始めた。国内での亡命チベット人の政治活動を禁止し、対中関係改善を重視するインド政府は、既にデモ参加者100人らを逮捕している。だが、中国の武力鎮圧に対する国際社会の批判が強まれば、対応に苦慮する可能性がある。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

http://www.tibethouse.jp/news_release/2008/080316_tibet02.html

 

チベット暴動で情報戦略 批判回避へ中国躍起

2008年3月16日 東京新聞

 【北京】死傷者が出て最悪の事態に発展したチベット自治区ラサの抗議行動をめぐり、中国当局は「一部の組織暴力」と印象づける情報戦略を続けている。8月の北京五輪を控え、国内の動揺と海外の批判を抑える狙いだが、抗議行動はラサ以外でも広がり、情勢が沈静化するかは不透明だ。

 国営中国中央テレビは15日午前8時(日本時間同9時)の定時ニュースで、デモ参加者が14日午後、商店を破壊、略奪し、路上で火を放つ映像を生々しく伝えた。国内の暴動シーンを放映するのは極めて異例だが、僧侶たちのデモ行進や、治安部隊が鎮圧する場面は流さなかった。国営新華社通信は暴動が発生して以降、英文で速報を流し続けた。国際社会から「情報隠し」との批判をかわす狙いだが、「罪もない市民が暴徒のため焼死」「(チベット仏教最高指導者の)ダライ・ラマ14世の集団が策動した」など、鎮圧行為を正当化する内容を繰り返している。

 民衆に軍を投入し死傷者を出したことで、「平和の祭典である五輪を開催する資格はない」との批判が海外から起こるのは必至。中国当局は、民衆の自発的な抗議行動でなく「組織的な謀略」と位置付けることで、反発をかわそうとしている。

 ラサの民宿関係者によると、暴動で襲われた車両は外地ナンバーが多く、漢民族の商店が集中して焼き打ちされた。ラサで暮らす漢民族はチベット民族より生活水準が高く、日ごろからの不満が噴出した側面もある。

 関係者によると、人口の八割をチベット民族が占める中国西部の甘粛省夏河県でも14、15の両日に「自由」「民主」などのスローガンを掲げた数千人規模のデモが発生。警察車両は周囲から監視し、大きな衝突は起きていないという。四川省、青海省のチベット民族が多く住む地域でも抗議行動が起きている。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

http://www.tibethouse.jp/news_release/2008/080316_tibet01.html

 

 中国共産党はチベットで起こった暴動をダライ・ラマ14世に責任転嫁したいようですが、元々チベットは中共が侵略して征服している土地。何を言っても誰も信用するわけがありません。

 今の時代にこれだけ大きな植民地を保有しているのは中国だけ。国際社会が手を組んで毅然とした態度で事の真相を明かさなければいけないでしょう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/16

中国軍ラサ鎮圧か、「群衆に装甲車突入」

B2

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

中国軍ラサ鎮圧か、チベット仏教寺院など依然厳戒

3月16日1時42分配信 読売新聞

 中国チベット自治区の区都ラサ中心部で起きた大規模な暴動は15日、中国の軍や警官隊が徹底した厳戒態勢を敷いた結果、ほぼ鎮圧された模様だ。

 しかし、中国北西部・甘粛省で同日、チベット僧侶による抗議デモが行われるなど、チベット族居住地域では依然、不安定な状況が続いている。一方、インド北部ダラムサラのチベット亡命政府は、今回の暴動で「30人の死亡が確認された」と発表、「少なくとも10人」とする中国側に反発する姿勢を示した。

 【北京=末続哲也】ラサへの空の玄関口、四川省成都の空港には15日、騒乱に巻き込まれるのを避けるため、日程を切り上げてラサから戻ってくる旅行者が相次いだ。

 ラサで1泊後、成都に戻ったフランス人女性(51)によると、15日は事態は沈静化し、争乱は起きていないという。ただ、町中には装甲車などが多数配置され、幹線道路では何か所も検問が実施されるなど、緊迫した雰囲気は続いている。

 女性は「昨日はチベット族に殴られる漢族を何人も見かけ、町中が殺気立っていた」と顔をしかめた。

 一方、甘粛省夏河県の関係者は本紙に対し、同県にあるチベット寺院ラプラン寺の周辺で15日、数時間にわたり、チベット僧侶ら数百人が抗議デモを行ったと明らかにした。AFP通信などによると、当局側は催涙ガスなどを使い、デモを解散させたという。青海省西寧のチベット仏教寺院などでは、当局による厳戒態勢が敷かれている。

 中国中央テレビは15日、ラサ暴動の映像として、男性数人が中国銀行のフェンスを破壊したり、車をひっくり返すシーンなどを放映した。警官隊による暴動鎮圧などの場面はなく、暴動の「違法性」を強調する内容になっている。また、同日の新華社電は、暴動で警官12人が重傷を負ったと伝えた。

 中国最高人民検察院(最高検)の孫謙副検察長は15日、北京で記者会見し、「法に基づき、適切に処理する」と強調した。

最終更新:3月16日1時42分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000002-yom-int

 

「群衆に装甲車突入」 … ラサ住民

3月16日3時37分配信 読売新聞

 中国政府は暴動が発生したチベット自治区入りを事実上制限しており、暴動の詳細は明らかでない。ラサ在住者に電話して聞いた。

 チベット族男性によると、ラサ中心部では15日現在、周辺を公安や武装警察などが封鎖。公安の車両が巡回し、交差点などには銃を持った武装警察官が立っており、外出できない状況という。また、日本人男性によると、ジョカン寺(大昭寺)周辺の八角街にはバリケードが築かれ、周囲を封鎖。14日よりも封鎖区域は拡大された。

 チベット族男性によると、14日の暴動のきっかけとなったのは、当局の警備車両が群衆の中に突っ込んだことだったという。

 男性の同僚は同日午後3時ごろ、ジョカン寺の西にある金谷ホテル近くに展開していた装甲車4台のうち、緑色の1台が群衆に突っ込み、市民が次々に倒れるのを目撃。軍のトラックが倒れていた100人以上を収容して、どこかへ搬送して行った。この後、怒ったチベット族たちが漢族の店などに焼き打ちをかける騒ぎに発展したという。

最終更新:3月16日3時37分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000007-yom-int

 

 チベット・ラサの暴動、中国人民解放軍は力でラサを鎮圧した模様です。

 しかし、これが『解放』された状態なのでしょうか?

 「名前に偽りあり」ですね♪pig

 北京では今回の暴動を「法により処理」するそうですけども、中国にそんな法律があったのでしょうか?

 初耳ですよね。中国に法律があるなんて知りませんでした♪pig

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

チベット・暴動で「死者80人」情報も ラサは戒厳令状態 寺院に遺体 連行し銃殺も

A2

※ 画像はイメージです。

<チベット>暴動で「死者80人」情報も 滞在日本人ら保護

3月15日11時50分配信 毎日新聞

 【北京・大谷麻由美】中国チベット自治区の区都ラサで14日発生したチベット仏教僧らによる大規模な暴動で、国営新華社通信は15日、「10人の死亡が確認された」と報じた。暴動は14日夜に沈静化し、市内は平静を取り戻したという。一方、米政府系の「ラジオ自由アジア」は、ラサ市民の話として死者数は80人以上に達するとの見方を伝えた。地元武装警察は日本人旅行者3人含むラサ滞在中の外国人580人を保護した。日本人を含む外国人に負傷者はいないという。

 同自治区政府のシャンパプンツォク主席は15日、「これはテロだ。われわれは(人に向けて)発砲してない」と語り、武力鎮圧を否定した。新華社によると、当局者は「地元警察は武力を行使しないよう命じられたが、デモ隊を解散させるためにやむを得ず一定量の催涙弾を発射し、威嚇射撃を行った」と述べた。

 ラジオ自由アジアによると、ラサ市内には暴動鎮圧のために数百の装甲車両が出動し、群集に向かって発砲したという。市民の一人は「あちこちで衝突があり、死者数は80人以上に達するのではないか」と証言したが、詳細は不明だ。

 新華社によると、死亡したとされる10人は「いずれも罪のない市民で焼死した」という。ホテル従業員、商店主の各2人が含まれている。犠牲者はチベットで活動する漢族の可能性がある。僧侶については触れていない。

 新華社によると、自治区当局者は動乱について「ダライ・ラマ一派が組織し、念入りに計画、画策したという十分な証拠がある」と指摘し、インドに亡命中の同仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の支持者らが起こしたと断定した。

 中国当局は8月の北京五輪への影響を最小限に抑えるため、早期に事態収拾を目指す構えだ。だが、首謀者を「ダライ・ラマ一派」と指摘したことで、ダライ・ラマ支持者が反発を強めそう。僧侶や市民を一層刺激する可能性もある。

最終更新:3月15日14時10分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080315-00000035-mai-cn

 

<チベット>ラサは戒厳令状態 寺院に遺体 連行し銃殺も

3月15日15時1分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二、大谷麻由美】中国チベット自治区ラサの旅行社女性職員は15日午前、毎日新聞の電話取材に「街にほとんど人がいない」と語った。中国当局は戒厳令を敷いていないとしているが、市内要所に治安部隊が展開しており、ラサは事実上の戒厳令状態にあるとみられる。

 職員は「少し前から暴動のうわさが流れていた。14日午後は学校や病院が何カ所も放火されたが、短時間で消火された。当局の対応は速く、夜にはテレビやラジオで鎮圧のニュースが流れた」と話した。一方で、暴動はラサ郊外にも拡大している模様で、外国人旅行者の受け入れは停止されている。

 新華社通信によると、ラサ中心部では14日午後1時10分ごろ、僧侶ら抗議活動の参加者と地元警察の衝突が激化した。午後2時ごろから、僧侶が主要道路の2路線に面した商店に放火。寺院周辺の少なくとも5カ所で火災が発生し、多くの商店や銀行、ホテルが焼け落ちた。火災で停電や通信が遮断された。

 米政府系「ラジオ自由アジア」が目撃者の話として伝えたところでは、観光地として知られ、旧市街地区にあるチベット仏教寺院ラモチェ寺の中で2人、庭で2人が死亡しているのが見つかった。別の場所でも2遺体が発見された。また、26人のチベット人が黒い車両で連行された後に銃撃されたという。

 ラモチェ寺の約110人の僧が、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の写真を掲げ「チベット独立」を叫んで行進し、制止しようとした地元警察と衝突した。暴徒化した一部のチベット人は漢族系商店を襲撃。商品を略奪し、路上で燃やすなどの行為に出ているという。

 目撃者は「中国人が経営する店は次々に放火される。チベット人の店は、中国(漢族)系と見分けるために目印としてスカーフを店先に付けるよう言われている」と述べ、混乱ぶりを伝えた。

最終更新:3月15日15時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080315-00000050-mai-cn

 

 今回のチベットでの暴動の最大の特徴は、『中国国営プロパガンダ機関』ともいわれる新華社通信の積極的な報道でしょうか?

 過去のチベットでの暴動はほとんどが報道さえされませんでしたが、今回は北京オリンピックを5ヵ月後に控え、中国共産党独裁政権の正当性を強く国際的にアピールするために積極的に報道しているように思います。

 さて、北京オリンピックってどうなるのでしょうね?

 欧米諸国とかがボイコットしたり、オリンピック期間中に北京でデモとかテロとか起こったりするのでしょうか?

 8月が楽しみですね?bleah

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チベットで暴動発生! 数人死亡、警官が射殺、商店炎上

A3

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

チベットで暴動、数人死亡=警官が射殺、商店炎上-抗議活動拡大・中国

3月15日1時0分配信 時事通信

 【北京14日時事】中国西部のチベット自治区ラサで14日、大規模な暴動が発生し、商店や車両が次々と火を付けられた。AFP通信によると数人が死亡し、多数が負傷。一方、米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は、少なくとも2人が警官に射殺されたと伝えた。北京の日本大使館によれば、日本人が負傷したとの情報はない。

 ラサでは中国支配に抗議する1959年の「チベット動乱」から49年を迎えた10日以降、数百人のチベット仏教僧らがデモを続けていた。チベットでは89年、大規模な独立要求デモがラサで発生し、戒厳令が布告されている。今回の暴動は同年以後では最大規模とみられる。

 ラサ発の新華社電が目撃者の話として伝えたところによると、午後2時(日本時間同3時)ごろ、ラサの2本の大通り沿いの多数の商店が焼き打ちに遭い煙に包まれた。中心部にある寺院「ジョカン(大昭寺)」前の広場では住民が逃げ惑い、車が燃やされた。

 米国に本拠を置く人権団体「チベットのための国際キャンペーン」によれば、火の手は大通りの至る所から上がり、一部の建物は焼け落ちた。また、警察車両にも火が付けられたという。

最終更新:3月15日2時3分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080315-00000007-jij-int

 

チベット騒乱! 僧侶が五輪開催に抗議 店舗や車炎上

3月14日23時10分配信 産経新聞

 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信は14日、チベット自治区のラサで同日、複数の店舗が燃やされ、暴動で負傷者がいると公式に伝えた。AP通信などは目撃者の話として、同日に数百人の抗議行動が発生、数台の公安車両などに火が放たれたほか、主要寺院が封鎖されたと伝えている。中国支配に抗議したチベット人らの騒乱は北京五輪開催に抗議する意味もあるとされ、当局が社会安定を理由に、相当な弾圧を加える可能性が出てきた。抗議行動が青海省など各地に飛び火する可能性もある。

 騒乱は1989年のラサ暴動以来、最大規模となりそうだ。新華社電は、店舗への放火で煙がもくもくと立ちのぼったとし、ジョカン寺など主要寺院に近い土産物販売の店舗は店を閉じたとしている。複数の車両が燃やされたとの情報もある。

 AP通信などによると、14日のデモ隊は僧侶と一般市民で、放火された車両には軍車両も含まれるほか、焼け落ちた建物もあるという。同日までに、ラサにあるセラ寺院など3大仏教寺院を含めた複数の寺院が数千人規模の武装警察部隊などにより封鎖されたほか、寺院では僧侶が、拘束された僧侶らの釈放や武装警察部隊の撤退を要求し、抗議のハンガーストライキに入っているとされる。

 観光客は主要な寺院に入れず、現地の当局者は、抗議行動に関する詳細な情報の提供を拒否している。

 米政府系放送局「ラジオ自由アジア」などは14日、チベット自治区のラサで、僧侶2人が武装警察の暴力などに抗議する形で手首を切るなど混乱が続いていると伝えた。手首を切った僧侶は腹も刺し重体となったが、病院への搬送を拒否したという。

 ラサでは1959年の「チベット動乱」から10日に49年を迎えた。チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がインドのダラムサラに亡命して49年となるが、亡命チベット人住民がダラムサラ近郊で13日、中国政府への抗議デモを行い約130人が拘束されたと伝えられる。ダライ・ラマは最近、「想像を絶する人権抑圧」が続いていると述べ、極めて事態が緊迫していると訴えていた。

最終更新:3月14日23時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080314-00000995-san-int

 

 とうとう始まっちゃいました。

 中国による支配に抗議するチベット人の騒乱です。

 ここ何年かはおとなしかったのですが、その分今回は激しいようです。

 中国共産党独裁政権は力による支配では何も解決できないことが理解できないようです。

 この調子で行くとオリンピックのときどうなるのか、今から楽しみですね♪wink

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/03/14

ベッカム印のコンドーム・好評発売中???

D2

※ 画像はイメージです。

「ベッカム印コンドーム」発売、サッカーファン猛烈抗議! ― 江蘇省南京市

1月27日15時14分配信 Record China

 2008年1月26日、江蘇省南京市の「現代快報」は同市内の会社が最近売り出した「ベッカム印のコンドーム」に、全国のサッカーファンからの抗議が殺到していると伝えた。

 「サッカー界の超有名スター選手の名前をコンドームに使用するのはけしからん!」と怒るファンは同社に販売中止を求めており、聞き入れられない場合は訴訟を起こすという。

 この件について、販売元の南京世紀殊栄科貿公司は「心外だ」と話す。そもそも「ベッカム印」のベッカムは漢字表記で「貝殻漢母(ベイクーハンムー)」、英語表記で「Becoham」。サッカー選手ベッカムの漢字表記は「貝克漢姆(ベイクーハンムー)」で、英語表記は「Beckham」とまったく別物だと主張。よってファンの抗議に応じるつもりはないと話している。

 法律の専門家も、ベッカム選手本人が販売差し止め訴訟を起こすならいざ知らず、まったく無関係なファンには訴訟を起こす権利はないと説明している。(翻訳・編集/本郷智子)

最終更新:1月27日15時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000008-rcdc-cn

 

<続報>「ベッカム印コンドーさん」、メーカーとファンが和解 ― 北京市

3月13日15時53分配信 Record China

 2008年3月12日、中国新聞網の報道によると、デービッド・ベッカム選手訪中の熱が覚めやらぬ中、ファンが「ベッカム」をコンドームの商標として登録したメーカーを訴えるとしていた事件が新たな展開を見せた。11日午後、ファンの代表と弁護士が和解成立を発表した。

 以前には、メーカーが北京のショッピングセンターで宣伝・配布活動をした際、ファンクラブのメンバーと衝突しており、ファンクラブはメーカーを正式に起訴すると発表していた。

 しかし、メーカー側は「ベッカム」の名称を使用したのは、中国で最も質がよく安全なコンドームを作るという決意を表わすためで、ベッカム本人とは関係がないと根強く説明した。これによりファンクラブ側も企業のブランド作りの難しさや、ベッカムの名誉を毀損していないことを理解。慎重に考慮した結果、提訴を見送ると代表と弁護士が表明した。

 メーカー側は「商標登録した当初はファンの怒りを買うとは思ってもみなかった」と話している。(翻訳・編集/YY)

最終更新:3月13日16時15分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000019-rcdc-cn

 

 …って、結局『ベッカム印のコンドーム』は販売を続けるってことかよ!

 ファンも納得するなよ!

 中国って何でもありだな!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

「足がくさい!」夫が足を洗わずにベッドに入ったのを見た妻が、怒ってシーツに火をつけて夫を焼き殺す!

G4

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

中国人男性、「足を洗わなかった」ため焼き殺される

3月13日8時45分配信 ロイター

 [北京 12日 ロイター] 中国人の女が、寝る前に足を洗わなかった夫を生きたまま焼いて殺害したと、地元メディアが12日に報じた。

 報道によると、中国中央部の河北省出身のこの夫婦は、4日の夜にけんかをした後、一緒に酒を飲んでいた。午後10時ごろになって夫が足を洗わないままベッドに入ったのを見た女が、怒って夫が寝ているシーツに火を付けたという。火はその後寝室を包み、女は逃げ出した。

 新華社は地元紙の記事を引用し、先月結婚したばかりだったこの夫婦は、新婚旅行中からささいなことでのけんかが絶えなかったとしている。

 女はその後逮捕された。

最終更新:3月13日8時45分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000023-reu-ent

 

<臭い足>「ベッドに入らないで!」怒った新妻が火つけ夫焼死!―湖北省襄樊市

3月13日11時6分配信 Record China

 2008年3月12日、足を洗わずにベッドに入って寝た夫に怒った妻が、シーツに火をつけて夫を焼死させたという事件が、今月4日夜に湖北省で発生。江蘇省南京市の「現代快報」が伝えた。

 今月4日午後10頃、湖北省襄樊市襄陽区公安分局に火災発生の通報が。現場に急行した警察は家屋の中で男性の焼死体を発見。遺体に火災から逃げた痕跡がなかったため、警察は男性の妻に疑いを抱いた。消防の調査によると、夫には圧迫性窒息のあとが認められた。この証拠を突きつけられ妻は犯行を自供。

 それによると、4日夜、些細なことからケンカになった2人は、怒ってそれぞれに白酒(高粱酒、アルコール度数約35度以上)をがぶ飲み。同10時頃、酔った夫が足を洗わずにベッドへ入って寝てしまったことでさらにカッとなった妻は、夫が寝ているベッドのシーツに火をつけた。夫は火に気づいてベッドから降りたが、足がもつれて倒れたところに妻が彼の頭部と胸部を圧迫。意識を失った夫はそのまま火に巻かれて焼死していた。妻は警察に身柄を拘束された。なお、この夫婦は2月に結婚したばかりだった。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月13日11時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000008-rcdc-cn

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中国の侵略主義、「東太平洋はオレの海!」

Img49517

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

中国海軍、米軍に「太平洋分割管理」提案 露骨な野心

3月12日23時10分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】米太平洋軍(司令部ホノルル)のキーティング司令官(海軍大将)は11日、昨年5月に中国を訪問した際、会談した中国海軍幹部から、ハワイを基点として米中が太平洋の東西を「分割管理」する構想を提案されたことを明らかにした。上院軍事委員会の公聴会で証言した。同司令官はこの「戦略構想」について、「中国は影響が及ぶ範囲の拡大を欲している」として警戒感を示した。

 キーティング司令官によると、この海軍幹部は、「われわれ(中国)が航空母艦を保有した場合」として、ハワイ以東を米国が、ハワイ以西を中国が管理することで、「合意を図れないか」と打診したという。

 同司令官は「冗談だとしても、人民解放軍の戦略構想を示すものだ」との解釈を示し、中国の軍事、対外政策について「きわめて注意深く監視している」と語った。また、これまでの米中軍事交流が米側の期待を裏切るものだったことを報告。不透明な国防費の実態に対する不満も述べ、「とてもクラブで一杯飲もうという関係ではない」と語った。

 中国軍幹部による太平洋の東西分割提案は、昨年8月に米紙ワシントン・タイムズが米軍関係者の話として報じていた。米側は提案を拒絶したとしているが、同紙は情報機関を含む米政府内の親中派内でこの提案に前向きな姿勢を示す向きもあったとしている。

 中国海軍は、原潜を含む潜水艦の活動をここ数年、日本や台湾、米領グアムの近海など西太平洋海域で活発化させていた。「ハワイ以西」との線引きは、中国が従来の国防圏としていた沖縄以西を大きく踏み出す野心的な構想といえる。

 キーティング司令官は提案者を明らかにしていないが、司令官就任後初の訪中だった昨年5月には、中国海軍では呉勝利司令官と会談している。

最終更新:3月12日23時10分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000989-san-int

 

 ろくでもないやつらです。

 中国は日本や台湾を飛び越えて東太平洋まで侵略するようです。

 こんな侵略主義は認められません。

 日本は今すぐ核兵器を開発して、この侵略主義者と対峙しなければいけないです!angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

東シナ海ガス田問題 「裁判をすれば日本が勝つから、裁判はしないアルヨ!」

F4

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

ガス田問題 「裁判なら日本が勝つ」 中国高官、不利認める

3月12日8時3分配信 産経新聞

 共同開発の対象海域などをめぐり日中両国の主張が対立する東シナ海ガス田問題に関する日中協議で、日本側が国際裁判所に結論を委ねることを提案したのに対し、中国政府高官が「裁判に訴えたら日本が勝つだろう」と指摘し、国際法上は日本の主張の方に理があることを事実上認めていたことが11日、分かった。その上で高官は「(裁判で)日本に負けるわけにはいかない」と述べ、国際裁判手続きに入ることは強く拒否したという。

 この問題では、昨年末の福田康夫首相の訪中時に胡錦濤国家主席の訪日までの解決を目指すことで合意したが、その後、日中協議は膠着(こうちゃく)状態に陥っている。中国側が日本側主張の正当性を一定程度認識していることが判明したことで、決着を急いだ安易な妥協はますます許されなくなった。

 東シナ海の日中境界線については、日本側は日中の海岸線から等距離にある「中間線」を、中国側は沖縄諸島のすぐ西側にまで広がる大陸棚の東端「沖縄トラフ」をそれぞれ主張している。議論は日中協議が始まった平成16年以来、次官級、局長級の各協議を通じ平行線をたどったままだ。

 18年から19年にかけての協議で、日本側は「中国の言う大陸棚境界論は30年前の理論だ。(日本に対し強硬的な)中国国内世論が納得する形で協議を妥結させるためにも、国際裁判所の勧告を受けたらどうか」などと、国際司法裁判所や国際海洋法裁判所の審判を仰ぐことを繰り返し提案してきた。国際裁判の手続きには、紛争当事国間の合意が必要だからだ。

 これに対し中国政府高官の一人は協議の場で、「国際法はヨーロッパでできたものだから、裁判に訴えたら(同じ自由主義社会の)日本が勝つだろう」と中国側の不利を認めた。また、その上で「相手がベトナムならばいいが、(裁判で)日本に負けるわけにはいかない」と強調したという。

 中国はベトナムとの間にも、天然ガス資源が有望視される南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島、パラセル(同・西沙)諸島などの領有権問題を抱えており、実際には全く譲歩する構えは見せていない。高官の発言は、歴史問題が存在し、東アジア地域の主導権を争う大国同士である日本に対しては、ベトナムに対する以上に固い姿勢で臨む考えを示したものとみられる。

 国家間の境界画定をめぐる国際裁判の判例は、1960年代までは中国が主張するような大陸棚の自然延長論を採用した例もあった。だが、80年代からは、両国の海岸線から等距離に暫定的な中間線を引き、双方の海岸線の長さなどを考慮して一部修正する「等距離原則」が定着している。

最終更新:3月12日8時23分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000066-san-pol&kz=pol

 

 あまりにもヤクザな国ですね。

 こんな国が地球上に存在してもいいのでしょうか?

 一日でも早く中国が崩壊することを望みます!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨークフィル訪問団を乗せた飛行機が離陸してから数時間も経たないうちに夜景を彩った照明は消され、携帯電話レンタル店は閉まり、インターネットも遮断された。

B2

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

NYフィル公演で北朝鮮が実態隠しに腐心、米紙

3月11日14時20分配信 YONHAP NEWS

 【ロサンゼルス10日聯合】米ロサンゼルス・タイムズ紙は10日、ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラが訪朝した際、北朝鮮当局は深刻な経済難を隠すため腐心していたと報じた。

 同紙は、「先月25日から26日まで北朝鮮に滞在した団員や取材陣の目に映った平壌の夜景はお祭りムードを演出するかのように華麗な照明で明るく輝き、宿泊先だった羊角島ホテルでは取材陣がレンタルした携帯電話やインターネットを使えた上、暑く感じるほど暖房が効いていた」と紹介した。また、夕食はサーモンとカニのグラタン、羊肉やキジ料理など多様なコース料理が供され、朝食のホールには氷の彫刻も飾られるなど、北朝鮮当局が朝鮮戦争以後、最大規模となった米国人訪問団のために配慮したようすが伺えたと伝えた。

 しかし、ニューヨークフィル訪問団を乗せた飛行機が離陸してから数時間も経たないうちに夜景を彩った照明は消され、携帯電話レンタル店は閉まり、インターネットも遮断された。「北朝鮮は以前の貧しい姿に戻り、『最大のショー』は華やかなようすを演出した平壌そのものだった」と続けている。また、訪問団が見た平壌はほとんどが移動中のバスの中から見た風景で、アパートは最近外壁を塗りなおしたかのように明るい色だったほか、大通りの商店には衣類などが陳列されていたものの実際に販売されていたのかは分からなかったという。

 同紙は、北朝鮮の食糧状況は200万人が餓死した1990年代中盤と似ているとする仏教慈善団体のグッドフレンズの発表や、十分に食事している住民は現在10~20%にすぎないという国連世界食糧計画(WFP)の発表を紹介しながら、北朝鮮は外国からの投資誘致に向け深刻な経済難の実態を隠すことに懸命になっていると説明した。

最終更新:3月11日14時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080311-00000023-yonh-kr

 

 ある意味、世界一のバーチャル(仮想現実)国家の北朝鮮。

 深刻な経済難を隠しているつもりなのでしょうが、いくらなんでもムリですよね。

 もっと根本的なところから考え直すべきです!angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

韓国初の宇宙飛行士、交代の理由とは?

Img46111

※ 画像はイメージです。

韓国初の宇宙飛行士、男性候補から女性候補へ交代

 韓国初の宇宙飛行士が、打ち上げの1カ月前にコ・サンさんからイ・ソヨンさんに交代となった。

 科学技術部基礎研究局の李相睦(イ・サンモク)研究局長は10日、京畿道果川市の政府庁舎で行われた記者会見で、「韓国航空宇宙研究院で今朝開かれた宇宙飛行士管理委員会で、イ・ソヨンさんが韓国初の宇宙飛行士となることが最終的に決まった」と明らかにした。

 コ・サンさんが宇宙飛行士、イ・ソヨンさんが予備飛行士として最終的に決まったのは昨年9月5日だった。二人は搭乗飛行士と予備飛行士の二つのチームに分かれて同じ訓練を受けてきたが、打ち上げの1カ月前になった二人が交代したのだ。

 これはコ・サンさんが昨年、外部への持ち出しが禁じられている訓練用教材を自分の荷物と共に韓国へ持ち出すなど、訓練規定に違反したからだ。

 また宇宙飛行士が交代することになったことから、これまでロシア人飛行士二人と共に搭乗チームに所属して訓練を受けてきたコ・サンさんと予備飛行士チームで訓練を受けてきたイ・ソヨンさんは、チームを交代して引き続き訓練を受けることになった。

スポーツ朝鮮・ドットコム/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20080311000017

 

韓国初の宇宙飛行士、交代の理由とは

 来月ロシアの宇宙船ソユーズに搭乗して国際宇宙ステーションに向かう予定だった韓国人初の宇宙飛行士が10日、保安規定に違反したとの理由で高山(コ・サン)氏(32) からイ・ソヨン氏(30)=女性=へと最終的に交代となった。宇宙船打ち上げ直前になって健康上の理由から宇宙飛行士が交代となった事例は複数あるが、保安規定違反により交代となった事例は今回が初めてだ。一部では「宇宙観光用という批判を避けるために、宇宙飛行士たちに無理な情報収集を要求したのが原因ではないか」との疑惑もささやかれている。

◆ 保安規定の違反は政府の発表よりも多い

 教育科学技術部はこの日午前11時30分から果川市の政府総合庁舎で公式の記者会見を開き、「訓練規定に違反した高氏を交代させてほしいというロシア連邦宇宙庁の要請に従い、搭乗する宇宙飛行士をイ・ソヨン氏に交代し、これをロシア側に公式に通知した」と発表した。

 教育科学技術部によると、高山氏は昨年9月に訓練教材を誤って個人のスーツケースに入れたまま韓国に送った。さらに今年2月には個人的により深く勉強したいとの思いから、任務とは関係なく宇宙船操縦のための教材をロシア人宇宙飛行士から借り受けて所持していたところ、ロシア当局に摘発されたという。

 教育科学技術部は「ささいなミスが宇宙飛行士の交代にまで至ったのは、宇宙空間では小さなミスや指示違反も大きな事故につながりかねないとロシア当局が判断したからだ。ロシア側から今月7日に搭乗する宇宙飛行士の交代を要請してきた」と明らかにした。

 しかしある政府関係者は、「今月5日に航空宇宙研究院関係者がロシアに向かい、高山氏の問題は直ちに処理した。教材の持ち出しは昨年1回だったが、教材貸与禁止違反はすでに何度も摘発されていた」と述べた。そのためイ・ソヨン氏は韓国政府が宇宙船に搭乗する宇宙飛行士の交代を最終的に決定する前の7日から、すでにロシア人宇宙飛行士たちとの訓練を開始していた。宇宙飛行士の交代は韓国側ではなく、ロシア側がすでに決めていたということだ。

◆ 宇宙観光への非難をかわすため無理な行動を取った疑いも

 一部では「韓国政府が宇宙飛行士関連情報の収集を促したのではないのか」との疑惑がささやかれている。ある宇宙開発専門家は、「金額や内容からして一般の宇宙観光と何ら変わりがないにもかかわらず、最初から独自の有人宇宙開発についての情報収集を強調していた。公式的であれ非公式であれ、できるだけ多くの情報収集を要求していたのがこのような結果を生み出したのかもしれない」との見解を示した。

 韓国政府のある関係者も、「過去にも衛星部品の開発で、保安技術を持ち出そうとして外国と摩擦を起こしたことがあると記憶している。今回のことも高山氏が単独で行ったといい切れるだろうか」と疑惑の目を向けた。

◆ 高山氏、宇宙飛行士としての身分を維持

 高山氏はイ・ソヨン氏と交代して予備宇宙飛行士となった。宇宙船に搭乗するチャンスも現時点では残っている。教育科学技術部によると、これまでロケットの打ち上げ直前に健康異常などで宇宙飛行士が交代した事例が4回あるという。教育科学技術部基礎研究局の李相睦(イ・サンモク)局長は、「可能性は低いが、打ち上げ6時間前の身体検査でイ・ソヨン氏に健康上の問題が生じれば、高山氏が宇宙船に搭乗することになる」と述べた。

 韓国人宇宙飛行士は18日までに乗組員に対する総合訓練を終え、26日にカザフスタンにある宇宙基地に移動する。李局長によると、「4月19日に帰還するソユーズ号には、国際宇宙ステーションの第16次長期滞在要員リーダーだった米国の女性宇宙飛行士ペギー・ウィットソン博士が搭乗する予定だ。そうなると帰還する宇宙飛行士3人のうち二人が女性となる記録も打ち立てられそうだ」と語った。

◆ ぎくしゃくするロシアとの宇宙開発協力

 ロシアとの宇宙開発協力が保安問題で問題を起こしたのは今回が初めてではない。今年末に羅老宇宙センターから打ち上げ予定だった韓国製宇宙ロケットKSLV‐Ⅰ号も、当初は核心部分となる第1段液体燃料ロケットを両国が共同で開発することになっていたが、ロシアが技術保護協定保安規定の条項を理由に技術移転を拒否し、打ち上げの日程が3年ほど遅れることになった。またKSLV‐II号の打ち上げも、独自開発の日程を考慮して2010年から17年に先送りされた。

李永完(イ・ヨンワン)記者

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20080311000038

http://www.chosunonline.com/article/20080311000039

 

 皆さんご存知のことだと思いますが、ロケットと言うのは軍事技術のかたまりで、その情報を盗むと言うことは国家機密を盗むことと同じです。

 そういう意味でこの韓国人宇宙飛行士のしたことは、スパイ行為そのものです。

 よく恥ずかしくもなくこんなことができるものだなと思います。

 しかも国家ぐるみの犯行なのでしょうか?

 韓国人は宇宙飛行士になる資格はないですね。chick

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビョーク、上海コンサートで「チベット独立」叫ぶ

Img54245

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

ビョーク、上海コンサートで「チベット独立」叫ぶ

 上海(AP) アイスランド出身の女性シンガー、ビョークさんは2日夜、上海国際体操中心でコンサートを開催したが、最後の曲「ディクレア・インディペンデンス」(独立を宣言しよう)の終盤に「チベット、チベット」と叫んだ。政府がチベット独立に強硬に反対している中国では、この予想外のパフォーマンスの波紋が広がっている。

 ビョークさんの発言は、中国の国営メディアで報じられていない。しかし有名サイト新浪網には、「もし事実ならへどが出る」といった感情的な書き込みが見られる。

 コンサート会場にいた一部の人々は、コンサートのフィナーレが突然政治色を帯びたことで、現場が気まずい空気に包まれたと当時の様子を振り返る。英国人の英語教師は、客席からブーイングは出なかったものの、観客が足早に会場を後にした、と語った。コンサートのプロモーターは何もコメントしていない。

 「ディクレア~」は世界各地の分離独立運動を念頭に書かれた楽曲。日本で行われたコンサートでは、先日独立を宣言したコソボに向けて歌われた。ミュージックビデオではビョークさんが、デンマーク領のグリーンランドとフェロー諸島の旗をあしらった服で登場する。

CNN.co.jp

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200803040019.html

 

「チベット独立」支持の歌手ビョークさんを非難=在アイスランド中国大使館が声明

3月7日13時9分配信 時事通信

 【レイキャビク6日AFP=時事】レイキャビクの中国大使館は6日、アイスランド出身の女性歌手ビョークさんが上海でのコンサートでチベット独立を支持するパフォーマンスを演じたことを非難する声明を発表した。

 大使館の声明は「ビョーク氏の上海における行動は中国世論の憤りを招いた」と主張。「中国は多民族から成る統一国家だ」と強調した。

 インターネットの動画サイトでは、ビョークさんがこのコンサートで「独立を宣言しよう」という歌を終える際に「チベット、チベット」と叫ぶ映像が紹介されている。

 「独立を宣言しよう」はデンマーク領であるグリーンランドなどのために作られたものだが、ビョークさんはチベット独立支持派として知られ、1996年には米サンフランシスコで「自由チベット」コンサートを行っている。

 中国共産党は1950年、チベットに派兵して、これを「解放」。しかし、チベットではその後、大規模な反乱が起き、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマはインドに亡命した。ダライ・ラマは現在、独立でなく自治拡大を求めているが、共産党政権とダライ・ラマの対立は今も続いている。

最終更新:3月7日13時38分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000083-jij-ent

 

ステージで「チベット独立」叫んだ歌手ビョーク、当局激怒で法的手段に―中国

3月10日7時19分配信 Record China

 2008年3月7日、世界中で熱狂的なファンを持つアイスランドの女性歌手ビョークが中国公演のステージ上で「チベット独立」を叫んだ事件で、事態を重く見た中国文化部は彼女に対し法的措置をとると発表した。

 今月2日に上海市で行われたコンサートで、ビョークはステージ上で中国当局から許可を得ていない楽曲「Declare Independence(独立宣言)」を歌い始め、突然「チベット!チベット!」と叫んだという。これには中国の聴衆も驚き、事件は瞬く間に内外に報道された。

 中国文化部スポークスマンは、政府は国際的文化交流活動を積極的に奨励しているが、国内で活動する海外のアーチストや団体は国家の「営業性演出管理条例」を遵守しなければならないと強調。この規定に違反して個人的な芸術活動を政治利用し、中国人民の感情を傷つけるアーチストは歓迎しない、と強い不満の意を表明。ビョークには法的措置をとると述べたうえで、今後中国を訪れる海外のアーチストや団体の芸術活動について、より厳しいチェックを行うことを明らかにした。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月10日7時19分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080310-00000002-rcdc-cn

 

中国が海外アーティストへの規制を強化。ビョーク発言の波紋

3月10日11時59分配信 VARIETY

 中国文化省が、3月2日(日)に上海公演を行ったアイスランド出身のアーティスト、ビョークに対し、彼女が公演中にチベット独立を支持する発言をしたことへの調査に乗り出した。また、このような行為が再発しないよう、政府は他の海外アーティストへの規制を厳しくし、目を光らせている。

 「チベットを中国から分離しようとする試みは、いかなるものでも国民や世界中にいる公正な人々から反発を受ける」と、政府は7日(金)にウェブサイトで発表した。

 ビョークの発言の前から、チベット独立を支持するグループは、世界的祭典を前にしてキャンペーンを繰り広げていた。「Declare Independence(独立を宣言せよ)」という曲のパフォーマンス中に、政治的問題に焦点を当てたビョーク。彼女は、曲の終わりに「チベット! チベット!」と繰り返した。政府はこれを「未承認」としている。

 「このような事件が再び起こらないように、中国で公演する海外アーティストに対する規制を強化します」と政府は警告している。「彼女の行動は、わが国の法や規制を破り、人々の感情を害しただけではなく、プロ・アーティストとしての道徳も破りました」

 しかし、今回のビョークの抗議は、8月に控える北京オリンピックで政治的に不都合な発言を抑えるのが、中国政府にとっていかに難しいかを露呈する結果となった。

 数年前まで、中国はエルトン・ジョンやワムなど、安全なポップ・アーティストしか受け入れてこなかった。リスキーなバンドなども中国公演を行っているが、ローリング・ストーンズなどは承認を得た内容に沿い、政府との摩擦を防いだ。

 1950年に人民解放軍がチベットを占領してから、北京はその体制を緩めていない。北京側は、それにより貧しいチベットは経済発展し、同地区は高い自治国家を保持していると主張する。

 俳優のリチャード・ギアやミュージシャンのビースティー・ボーイズなどは、チベット亡命政府のダライ・ラマ14世への支持を公言している。

最終更新:3月10日11時59分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080310-00000003-vari-en

 

 さすがはビョーク! やってくれました!happy01

 逆に言うと今まで中国でコンサートを開いた人たちは何してたのだろうかと疑問にも感じます。

 許可した曲しか歌わせないなど中国のやることはファッショで非人間的なものです。

 今後もこれにならって多くのアーチストが中国で自由や民主主義について語ってほしいものです!good

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「2年で2歳も伸びるわけない」平均寿命73歳に、全人代代表がデータ疑う発言? ― 中国

A2

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

「2年で2歳も伸びるわけない」平均寿命73歳に、全人代代表がデータ疑う発言? ― 中国

3月10日21時1分配信 Record China

 2008年3月9日、2005年度の国民の平均寿命が73歳と発表されたことに対して、全人代代表の鐘南山(ジョン・ナンシャン)氏が「水増し統計ではないか?」とデータを疑う発言をしている。羊城晩報の報道。

 「政府工作レポート」で報告されている2005年度の国民の平均寿命「73歳」を、鐘氏はこう分析する。全国の平均寿命を算出するに当たり、統計対象に選定される市町村が固定されており流動的でないこと、また、選定された市町村の平均寿命が、決して全国平均を代表するものではないことが、不正確なデータ算出につながっているという。なお、過去2年の全国平均寿命は71歳と報告されており、鐘氏は「たった2年で2歳も伸びるわけがない」と語っている。

 鐘氏によると、統計対象に選定されている市町村は概して大都市部に集中しており、特に平均寿命の高い広州市、上海市、香港特別区などを統計対象に含めるならば、全国的なデータとはほど遠いものになるとしている。(翻訳・編集/愛玉)

最終更新:3月10日21時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080310-00000034-rcdc-cn  

 

 中国の役人は小学生レベルの算数ですらまともにできないようです。

 この調子で行くと、30年後には中国の平均寿命は100歳を超えそうです。

 その日が今から楽しみですネ♪wink

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/10

「大雪の被害が出たのは、これを予測しなかった気象局の責任だ!謝罪するアルヨ!」「正確に予報してたのに耳を傾けなかった産業界の責任アルヨ!」

A3

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

<大雪予報>「無能な」気象局に非難集中! 「1週間内しか予報できない」」と開き直り? ― 中国

3月9日16時12分配信 Record China

 2008年3月7日、今春中国南部を襲った記録的な豪雪について、「これを予測できなかった気象局は国民に謝罪すべきだ」とネット上で叫ばれている。この件に関し、記者団から質問を受けた気象局鄭国光局長は「なぜ気象局が謝らなければならないのか?」と反問、謝罪する意思のないことを明らかにした。

 今年の異常低温と大雪の被害は、作物や家畜に被害を与えただけでなく、寒さによる死亡者も続出、電気や水道などのライフラインにも大きな影響を与えた。また、春節(旧正月)と重なったこともあり、各公共交通機関を利用した帰省客は各地で長期間足止めを余儀なくされた。

 中国のネット界では、これらはすべて気象局が正確な天気予報を関係部門に通知しなかったせいだとして気象局の責任を追及。だが、「今の中国の科学技術レベルでは、1週間以内の気象予報しかできない」と鄭局長は説明している。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月9日16時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080309-00000013-rcdc-cn

 

<大雪予報>「記録的な豪雪」予報されていた! 気象局幹部が“警報軽視”を糾弾 ― 中国

3月9日9時58分配信 Record China

 2008年3月6日、新華ネットの報道によると、全国政治協商会議委員で国家気象局の宇如聡(ユー・ルーツォン)副局長は5日、今年、中国中南部に深刻な雪害をもたらした4度の豪雪は、実は2、3日前に正確に予報されていたことを明らかにした。

 温家宝(ウェン・ジアバオ)首相はこれを高く評価したが、しかし経済運行を司る部門は雪害警報を重視しなかったと宇副局長は指摘。「産業界が気象災害警報に耳を傾けるならば事前に十分な対策が採れるのだから、今回のように南部で交通機関や電力ネットワークがマヒすることもない」と酷評した。このことから気象局の専門家らは、すでに今回の気象災害の実質的な原因について検証を始めているという。

 発言は気象予報の技術水準にも及んだ。宇氏が「気象災害は突発的なもので予報は難しい。その点から今回の雪害を予報した中国の予報水準は国際的にも相当高いといえる」と評価すると、政協委員で前気象局局長、中国科学院アカデミー会員の秦大河(チン・ダーホー)氏も「国際レベルに遜色はない」との認識を示した。

 秦前局長によると、気象現象は地形、陸地や海洋の状態、人間の社会活動や都市建設など各種要因の影響を受けるため100%の予報は不可能という。中国の地形は起伏に富み、世界最高海抜地点もあれば海と陸が入り込んだ地域もある。この複雑な地形が中国の特殊な気象現象を生み出すといえるが、それでも「1週間の予報的中率は70-80%に達している」と説明した。(翻訳・編集/汪葉月)

最終更新:3月9日9時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080309-00000003-rcdc-cn

 

 日本の天気予報と比べても、1週間前にある程度予報できたらいいほうだと思うのですが、でも中国といえば永遠に謝罪と賠償を要求し続けることでも有名な国民ですから、自分以外の誰かにすべての責任をなすりつけて謝罪させたいのでしょう。

 協調性”ゼロ”の民族ですね♪happy02

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/09

着信アリ、2時間で500件! 持ち主はノイローゼ寸前!

I2_2

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

携帯電話に督促メール、2時間に500通! 持ち主はノイローゼ寸前 ― 上海市

3月8日22時47分配信 Record China

 2008年3月6日、上海市の「新民晩報」は携帯電話に督促メールが2時間に500通届くというとんでもない経験をした男性について報道。

 3月5日の午後3時から午後5時の間に、市内に住む男性、許さんの携帯電話は鳴りっぱなし。中国移動通信は許さんの携帯電話へ「まもなく料金切れ」のお知らせメールを送り続けているのだ。たしかにもうすぐ(前払いの)料金切れだと許さん。「でも、それなら1回の送信でいいじゃないか? 何のためにこんなに送ってくるんだ」とウンザリ。携帯電話のメール受信箱はすぐにいっぱいになり、削除しても瞬く間に数百通届くのだ。

 中国移動通信カスタマーサービスに問い合わせると、システム異常が原因だと説明。顧客の皆様にご迷惑をおかけし申し訳ないと話している。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月8日22時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080308-00000015-rcdc-cn

 

 まったくメールの来ない携帯電話もイヤですが、2時間に500通もメールが来る携帯電話もイヤですね。

 モノには限度と言うものがあります!happy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「活仏の転生者の決定には、歴史的な慣例・宗教上の規則・中央政府の認可という3つの原則および国家の関連法規を守る必要がある」

A5

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

チベットの活仏、転生者決定に必要な3原則

 西蔵(チベット)自治区の向巴平措(シャンバピンツォ)主席は7日、「活仏の転生者の決定には、歴史的な慣例・宗教上の規則・中央政府の認可という3つの原則および国家の関連法規を守る必要がある」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 向巴平措主席によると、活仏の転生者の決定に際しての歴史的な慣例と宗教上の規則は早くから制度化が進んでおり、重要な活仏の転生にあたっては「金瓶掣簽(金瓶に入れたくじを引く儀式)」が必要で、中央政府の許可も必要とされてきた。向巴平措主席は、「これらの原則を破って転生者の選定を行えば、チベット人やチベット仏教の信者たちは承諾しないし、その失敗は目に見えている」と述べた。

 中国国家宗教事務局は昨年7月18日に「チベット仏教活仏転生管理弁法」を発表、同法は9月1日に施行されている。同法により、中国政府による活仏の転生管理はよりいっそう法制化され、活仏の転生管理の規範化、信仰の自由の法律による保護、チベット仏教の正常な秩序の維持、社会主義調和社会の構築は大きく進んだ。

 向巴平措主席は、「チベットは現在、空前の求心力を見せている。チベットで行われるオリンピック関連活動は必ず成功するだろう。オリンピックを妨害しようとする活動は絶対にうまくいかない」と断言した。(編集MA)

中国共産党機関紙・人民日報「人民網日本語版」2008年3月8日

http://j.people.com.cn/2008/03/08/jp20080308_84998.html

 

 なぜ、一宗教であるチベット仏教の活仏の転生者の決定に中国共産党の許可が必要なのでしょうか?

 チベット仏教は長年の歴史と伝統を重ねたすばらしい宗教であり、けして中国共産党のおもちゃではありません。

 『解放』という名の下でチベットを侵略し民族浄化を行いチベット文化を抹殺している中国共産党が、一日でも早く崩壊するように祈ります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

インターネットで中国の国鳥は何がいいかたずねたら65%の人が丹頂鶴がいいと答えたアルヨ でも、学術名が日本鶴なので国鳥は別の鳥にするアルヨ!

Img12191

※ 画像はイメージです。

中国国鳥選=人気の「丹頂鶴」、学術名称「日本鶴」で当局が難色示す

 【大紀元日本3月7日】中国科学院動物研究所研究員・孫悦華の情報によると、稀有な鳥類として、赤腹錦鶏が中国国鳥に選ばれる可能性が高いことがこのほど、メディアの報道で分かった。

 この噂に対して、国家林業局及び中国動物保護協会のスタッフはあくまでも専門家の意見であって、政府側の正式な発表ではないと強調した。

 調べによると、2004年5~6月に中国野生動物保護協会がインターネット経由で主催した「国鳥コンテスト」で、500万人のうち64・92%の人が丹頂鶴に投票した。一時国家林業局が丹頂鶴を国鳥唯一の候補として国務院に提案したという噂もあった。

 しかし、ネットのフォーラムで次のようなメッセージもあった。丹頂鶴の英名称(Japanese Crane)と学術名称は直訳すると「日本鶴」となり、「日本鶴」という英名称の鳥を中国国鳥にすることは納得できないと指摘した。

 中国動物保護協会は、もし丹頂鶴が国鳥を選べないとしたら、指摘されたことが選ばれなかった理由となる可能性があると新民ネットの取材に答えた。

 同時に国家林業局のスタッフも、丹頂鶴を国鳥唯一の候補として国務院に提案した噂を否定した。国鳥コンテストの進捗状況を問い合わせると、現段階ではノーコメントだが、結果が出次第、公表すると約束した。 (翻訳・侍傑)

大紀元時報(08/03/07 11:44)

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d57434.html

 

 がはははは、

 確かに『日本鶴』を中国の国鳥にはできないでしょうね。

 ただ、このあと韓国の日本海呼称問題みたいに、「『日本鶴』と言う学名を変えるアルヨ!」と、学会を恫喝したりしなければいいんですけどね。wink

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリック・クラプトン「平壌公演の計画ない」

A7

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

「平壌公演の計画ない」=クラプトン氏側

3月7日17時1分配信 時事通信

 【ソウル7日時事】韓国のMBCテレビが7日までに伝えたところによると、英国の著名ロックギタリスト、エリック・クラプトン氏の広報担当者はこのほど、北朝鮮・平壌での「公演計画はない」と述べ、クラプトン氏が来年、平壌で公演を行うとの一部報道を否定した。

最終更新:3月7日17時8分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000109-jij-int

 

 そりゃ、そうでしょう。

 誰が好き好んで、テロリスト国家でコンサートを開くんですか。

 常識がなさ過ぎます!bleah

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

「北朝鮮は体制が安定し、優秀で勤勉な人材、政府の柔軟な態度と支援、豊富な資源などがそろった、住みやすく起業しやすい国」

Img4917

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

北朝鮮は次世代アジアの虎、欧州企業連合会会長

3月7日10時9分配信 YONHAP NEWS

 【ハノイ6日聯合】2002年から北朝鮮・平壌で活動している欧州企業連合会(EBA)のフェリックス・アブト会長が、北朝鮮を「次世代アジアの虎」と称し注目を集めている。

 北朝鮮・スイスの合弁会社、ピョンス製薬などを運営するアブト会長は6日、ベトナム・ハノイで現地のEBA会員らを対象にした懇談会に参加し、「北朝鮮は体制が安定し、優秀で勤勉な人材、政府の柔軟な態度と支援、豊富な資源などがそろった、住みやすく起業しやすい国」と述べた。北朝鮮は海外メディアが報じているように閉鎖的な国ではなく、多くの中国・欧州企業家らがすでに事業を行っていると紹介し、政府や外資系企業の投資と企業運営に必要な法案などが他国と同様に整っていると強調した。平壌の場合、公園やゴルフ場などのレジャー施設はもちろん、情報通信など各種インフラも比較的整備されていると評価している。ただ、北朝鮮は今でも貧しい国として知られ外国の投資が少ないため、海外との交流が活発でなく便宜施設が不足しているとも指摘した。

 一方、そのように条件が良くてもなぜ北朝鮮住民が脱北するのかと問われると、「正確な状況は分からないが、もっと良い生活を求めて脱北するのでは」と答えた。

最終更新:3月7日10時9分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000005-yonh-kr

 

 こういうのって『矛盾』っていうのでしょうか? 意味不明で理解できません!

 住みやすい国なら住民が逃げ出そうとするわけがありませんが、ピョンヤンしか知らない人にはわからないようです。

 この人も、金正日からたくさんお金をもらっているようです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ギョーザ事件で「捜査中、一方的結論は不可」

Img76221

※ 画像はイメージです。

外交部:ギョーザ事件で「捜査中、一方的結論は不可」

3月6日17時52分配信 サーチナ・中国情報局

 6日付中国新聞社によると、中国外交部の秦剛報道副局長は同日行われた定例記者会見で、日本で発生した中国製冷凍ギョーザによる中毒事件に絡み、「捜査は終わっていない。一方的な見方で結論を出すべきでない」と述べた。(編集担当:如月隼人)

最終更新:3月6日17時52分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080306-00000027-scn-cn

 

 先日の中国公安当局の発表のほうが一方的なような気がするのですが、どうなのでしょうか?

 中国からの食品の輸入も順調に減り続けています。胡主席の訪日も5月にずれるようですし、今後この事件の展開が楽しくなってきたようです♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

廃ポリタンク漂着、日本海沿岸に過去最多の4万個

Img9181

※ 画像はイメージです。

19道府県で計4万個=ポリタンク漂着、近年最多に-環境省まとめ

3月5日17時2分配信 時事通信

 1月中旬から日本海沿岸に大量の廃ポリタンクが漂着している問題で、その数が北海道から沖縄県にかけての19道府県で計約4万個に上り、近年では最多となったことが5日、環境省のまとめで分かった。このうち、少なくとも約1万6000個にはハングルが記されていることから、政府は同日までに発生源の可能性が高い韓国に対し、原因究明や再発防止を要請した。

 3日現在で漂着が確認されたのは、北海道、青森、秋田、山形、新潟、富山、石川、福井、京都、兵庫、鳥取、島根、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、沖縄の各道府県。一部のポリタンクには過酸化水素や酢酸、硝酸などの化学記号が表示されているという。しかし、中身の液体が塩酸だったケースもあるため、同省は安易に触れないよう注意を呼び掛けている。

最終更新:3月5日19時52分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000099-jij-pol

 

<ポリ容器漂着>北海道から沖縄県まで拡大、計4万個に

3月5日20時30分配信 毎日新聞

 九州北部などで1月以降、大量のポリ容器が漂着している問題で、環境省は5日、漂着数が計3万9941個に上ったと発表した。北海道から沖縄県まで日本海、東シナ海沿岸全域にわたる19道府県に拡大し、漂着数は99年度を超えて過去最多となった。約4割の1万6945個に文字表記があり、うち1万6273個はハングルだった。中に濃い塩酸が残っていた容器もあり、同省は注意を呼びかけている。政府は韓国政府に実態把握や原因究明、漂着ごみを減らす努力などを要請した。【山田大輔】

最終更新:3月5日20時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000110-mai-soci

 

 16,273÷16,945=0.96 ということは、日本海のゴミの96%は韓国が捨てたものなのでしょうか?

 日本海はゴミ箱ではありません。pout

 モラルのない韓国は地球上から消えうせなさい!angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セックスを暗喩するシーンは確かにあるが、シーツの下で男女の手が近づく場面と、男性の裸の背中が見える場面くらいで、修整が必要とは思えなかった

76478511

※ 画像はイメージです。

突然の延期通知に困惑! 映画「左右」の国内上映、ヌードシーンが当局刺激か ― 中国

3月5日19時47分配信 Record China

 2008年3月4日、北京市の「北京晨報」が伝えたところによると、王小帥(ワン・シャオシュアイ)監督の話題作「左右」(In Love We Trust)は7日から国内初上映される予定だったが、このほど当局が突然延期するよう通知してきた。

 同作品は、今年2月にドイツで行われた第58回「ベルリン国際映画祭」で、銀熊賞の脚本賞を獲得。中国で実際に起こった事件を題材に、白血病の子供を救うため、離婚した元夫婦が再度子供を作り、その臍帯血を得ようとする物語。今回の受賞が前人気をあおり、初上映にあたっては北京、上海、成都、広州などの各都市で盛大な式典を予定していた。

 当局は国内上映直前の3月2日、劇中のヌードシーンに修整を加えるよう王監督に指示したといわれる。すでに同作品のコピーは大量に製作されており、突然の修正指示に「何がどうなっているのかわからない」と監督も困惑しているという。ベルリンで「左右」を観たメディア関係者は、セックスを暗喩するシーンは確かにあるが、シーツの下で男女の手が近づく場面と、男性の裸の背中が見える場面くらいで、修整が必要とは思えなかったと話している。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月5日19時50分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000003-rcdc-cn

 

 中国では、男の背中がエロティックなのでしょうか?

 まぁ、その手の趣味の人にはたまらないのかもしれません。

 僕にはわかりませんが…、catface

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「黄砂の発生源は中国ではないアルヨ!」気象情報は機密事項と黄砂のデータの提供拒否

A3

※ 画像はイメージです。

<黄砂>「発生源を中国に特定するのはおかしい」中国の専門家が反論―中国

3月5日11時35分配信 Record China

 2008年3月4日、中国紙「環球報」(電子版)の報道によると、「黄砂は中国で発生し、日本や韓国に飛来している」との見方について、中国の専門家が「発生源を中国だけに特定するのは妥当ではない」と反論している。

 日本や韓国では、3月2日、今年初の黄砂が観測された。両国をはじめ、観測関係者や研究者の間では、黄砂は中国内陸部のゴビ砂漠や黄土高原で発生し、飛来してきているとの見方が一般的。しかし、「環球報」の取材を受けた、この専門家は「一概にそうとは言い切れない」と反論。「隣国のモンゴルにも大きな砂漠はあるし、そもそも日韓両国自身で砂塵が発生している可能性もある」としている。

 日韓における「黄砂」の影響は深刻で、韓国の一部では「黄砂警報」まで発令され、始業式や入学式が延期になった学校もある。日本でも今年から環境省が「黄砂飛来情報」を公開し、独自の対応を強化している。

 早急に対策を立てたい両国に対し、中国は「気象情報は対外秘」との姿勢を崩さず、一切のデータ提供に応じていない。協力体制の確立には、まだ時間が掛かりそうだ。(翻訳・編集/NN)

最終更新:3月5日11時35分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000011-rcdc-cn

 

 バカバカしくてあきれてしまいますが、中国では事実よりも共産党の見解が優先されるのでこのような発言になるのでしょう。

 中国なんて砂に埋もれてしまえばいいのにね♪bleah

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

反日テロリスト・安重根の遺骨埋葬推定地にアパート建設を開始

A3

※ 画像はイメージです。

中国、安重根の遺骨埋葬推定地にアパート建設を開始

3月4日11時47分配信 YONHAP NEWS

 【ソウル4日聯合】独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の遺骨が埋葬されているとみられ、南北が遺骨発掘作業予定地としている中国・旅順刑務所の裏山一帯で、アパート建設の動きがあるという。朝鮮日報が報じたところによると、同地域ではすでに整地作業が終わり、重機で山を切り崩す作業が進められている。現場近くで店を営む市民によると複数のアパートが建つ予定で、1か月ほど前に着工したという。

 韓国と北朝鮮はこれまで個々に安重根遺骨発掘を試みたが、正確な埋葬場所が不明なためいずれも成功していない。2005年に共同発掘に合意、2006年の共同調査で旅順刑務所裏山を埋葬地と推定し、昨年7月に同地での発掘作業を推進しようとしたが、中国側が部外者への開放を認めていないうえ、南北と中国政府間の話し合いも進まず、実現しなかった。韓国側関係者は、中国側には現場の保存を要請したはずだと話している。

 安重根は、国権が回復すれば自身を故国の地に埋葬してほしいと遺言を残している。

最終更新:3月4日11時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000020-yonh-kr

 

安重根義士の遺骨埋葬地でアパート開発

韓国への移葬困難に

 韓国の独立運動家、安重根(アン・ジュングン)義士の遺骨が埋まっているとされる中国・遼寧省大連市の旅順監獄の裏山で、中国側がアパートを建設するため整地作業を行ったことが3日までに分かった。これにより、「国権が回復したら、故国に埋葬してほしい」という安義士の遺言を守ることは難しくなった。安義士は1909年に旧満州のハルビン駅で伊藤博文を暗殺し、翌年3月に旅順監獄で殉国した。

◆ 発掘予定地一帯が破壊

 本紙がこのほど確認したところ、旅順監獄と海軍部隊の裏山に当たる安義士の遺骨発掘予定地は、アパートを建てるための整地作業が終わった状態で、鉄塔と電信柱だけが残っていた。現場を訪れた当日もフォークリフトがすぐそばの山のふもとを切り崩す作業を行っていた。鉄塔付近とその西側は、韓国と北朝鮮が2006年に実施した共同調査で安義士の埋葬地として最も有力視されていた。

 工事現場の近くに住むある女性店主(65)は、「1カ月前から鉄塔付近に10階建て、集落側に5階建てのアパートを新築する工事が始まったと聞いている」と話した。

◆ 最も有力な埋葬推定地点

 これまで韓国と北朝鮮は安義士の遺骨発掘をそれぞれ試みたがいずれも失敗に終わった。正確な埋葬位置が分からなかったためだ。韓国と北朝鮮は05年に共同で遺骨発掘を行うことで合意し、06年6月に共同調査で安義士が監獄の裏側一帯に埋葬された可能性が最も高いと推定した。当時の監獄長の娘が安義士の死刑執行当日の午後に人々が裏山を掘っているのを見たと証言し、写真を提供してきたのがきっかけだった。韓国と北朝鮮は昨年も発掘を試みたが、旅順地区は外国人に開放されていない上、中国政府との合意もなされておらず実現しなかった。韓国政府は今春にも発掘を計画していた。

 韓国側の関係者は「調査団が中国側に現場を保存してほしいと申し入れたはずなのに」と残念そうに話した。また、国家報勲処の関係者も「工事中だという話は初めて聞いた」と話した。

大連=キム・ミンチョル記者

韓国・朝鮮日報/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20080304000059

 

【安重根】[1879~1910]朝鮮の独立運動家。黄海道海州の出身。日本の朝鮮侵略の動きに対し、1907年ごろから義兵闘争を展開。09年、ハルビン駅頭で初代韓国統監伊藤博文を暗殺、翌年処刑された。アン=ジュングン。[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%AE%89%E9%87%8D%E6%A0%B9&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=00693000637500

 

 韓国では英雄視されている反日テロリストの安重根。

 その亡骸が埋まっていたはずの土地が造成されアパートが建設されているようです。

 韓国にとっては英雄でも、中国にとっては関係なかったんですね♪

 もう亡骸を見つけるのはムリみたいですけど、韓国はこのあとどうするんでしょうね?

 中国にクレームをつけられるのでしょうか? これからが楽しみで~す♪good

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

「『独立門』は日本からの独立を記念する門ではないニダか?」 歴史を知らない馬鹿な韓国人

Img85973

※ 画像はイメージです。

「独立門は日本帝国主義の凱旋門に等しい」

 三・一運動89周年の記念式を前に、朝鮮の独立や歴史を象徴するとされてきた独立門の扱いに異議を唱えている人物がいる。独立の象徴として知られてきた独立門が、実際には日帝の残滓(ざんし)だという主張しているのは、西大門監獄原型復元研究会のホン・ホンイル会長だ。

 ホン会長は「独立門は植民地の象徴であり、西大門監獄こそが民族精気の象徴だ」と語る。そして「独立門と西大門刑務所をひとくくりにして独立門公園として運営するなどとは、とんでもないことだ」と批判している。

 ホン会長は独立門が建てられた時期に注目すべきだと言う。日本が日清戦争(1894-95)に勝利した翌年に建てられた独立門は清の使臣を迎えるためにあった迎恩門を壊し、その代わりに建てられたものだ。つまり実際には「独立門」ではなく、日本の勝利を記念するための凱旋門に近いという。

 ホン会長によれば「独立門ではなく、抗日運動に命をかけた人々の魂がこもった西大門刑務所こそ、真の独立の象徴だ」という。ホン会長は西大門刑務所歴史館が独立門公園の一部として設置されたことに疑念を表明した。また、日帝の残滓である「刑務所」という単語の代わりに、「監獄」という名称を用いるべきだと主張している。

NEWSIS/朝鮮日報JNS

http://www.chosunonline.com/article/20080301000005

 

 独立門(どくりつもん)は、ソウル特別市西大門区ヒョンジョドン101番地の独立公園内にある門。1896年11月21日定礎、1897年11月20日完成。

 高さ14.28m、幅11.48m。約1,850個の御影石から作られている。フランスパリの凱旋門を模して作られた。史跡第32号(1963年1月21日指定)。1979年に整備事業により本来の位置から北西に70m移動された。

 日清戦争により日本が清に勝利し、下関条約にて清の冊封体制からの李氏朝鮮の独立を認めさせた。これにより李氏朝鮮は清の支配から解放され、自主独立国家として歩みだすことになり、その記念として清への服属の象徴の一つであった迎恩門を壊し、そのすぐ隣に建設された。建設には、朝鮮の開化派の独立協会が中心となり、募金を募り建てている。

 現在の韓国では「日本からの独立」を記念する門であるとの誤解されがちだが「清の冊封体制からの独立」が正しい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「独立門」より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E9%96%80

 

 韓国・ソウルの『独立門』は日清戦争後、朝鮮が中国(清)の属国から独立したことを記念して、チョーセン人が寄付を集めて作られた門です。

 韓国人ってバカですね。

 この程度のやつらに歴史がどーこー言われたくないですね!happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本のメディアは偏向報道をしており反省すべきだ」って、お前が言うな!

Danceman

※ 画像はイメージです。

ギョーザ問題で新華社が強気「日本メディア反省せよ」

3月3日15時54分配信 サーチナ・中国情報局

 中国国営新華通信社が発行する国際先駆導報は3日付で、中国製冷凍ギョーザ含まれていた殺虫剤成分のため日本で中毒者が出た事件に絡み、日本のメディアは偏向報道をしており反省すべきだなどとする論説を掲載した。

 同論説は、日本の一部のメディアが「事実が判明していないのに歪曲して報道」「日本の政府部門もメディアと巧妙に連携し。具体的な情報がなかった時期にも、メディアは『関連証拠』を探し出し、改めてあおりたてた」「メディアとしての節操がない」などと非難。更に、一部には冷静な対処を求めた報道もあったが、「理性的な声はあまりにも少なかった」などと論じた

 また、2月20日に重慶市で行われたサッカー東アジア選手権の日中戦について、「日本チームを野次った中国人ファンは少数だったが、日本のメディアはまたも、騒ぎ立てた」「一方、中国メディアは国民に向かい、冷静に行動するよう呼び掛けた」と指摘。「日本のメディアは中国の批判をするが、反省が必要なのは自分たちだということを忘れている」と決めつけた。

 国際先駆導報によると、同論説の執筆者は日本在住の中国人という。(編集担当:如月隼人)

最終更新:3月3日18時9分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000017-scn-cn

 

 中国から見ると日本のメディアは偏向報道をしているそうです。happy01

 まぁ、中国のメディアとは違い日本のメディアは中国共産党独裁政権の思惑通りの報道をしないので腹を立てているのかもしれません。

 このままでいくとコキントーの訪日も北京オリンピックもうまくいかないのは目に見えていますが、中国政府はどのような対応をするのでしょうか?

 中国はメンツにこだわっているようですが、それでは何も解決しないでしょう!

 楽しいですね♪happy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/03

大雪が降って大変なので被災地に小切手で寄付するアルヨ! でも銀行口座にはお金が入ってないアルヨ!

Img16432

※ 画像はイメージです。

<大雪>大企業が慈善合戦!でも25%は宣伝だけの“カラ”小切手?―湖北省

3月3日12時11分配信 Record China

 2008年3月2日、今年1月中旬から1か月に渡って中国全土を襲った記録的な冷害を受けて、各地の大手企業は被災地を見舞う寄付金により企業のイメージアップを図ろうと、こぞって「慈善合戦」を繰り広げている。中国新聞社の報道。

 中でも深刻な被害に見舞われた湖北省には、省政府の統計によると、総計1億元(約15億円)の寄付金が寄せられた。しかし、現在の時点で入金が確認できているのは7400万元(約11億円)だという。

 同政府は、いまだ入金していない企業に対して早急な送金を呼びかけるとともに、慈善という名目のもとに大々的な自社宣伝活動を繰り広げたにも関わらず、実際は空小切手を「寄付」するという常識外れな「偽善」企業に対しては、その企業名を公開する構えを見せている。(翻訳・編集/愛玉)

最終更新:3月3日12時11分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000009-rcdc-cn

 

 さすがは中国! やってることがムチャクチャですね♪

 所詮、中国人はみな守銭奴。 本気で寄付するつもりなどあるわけがありません!bomb

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

忍び込んだ部屋から出られず、仕方なく警察に通報し助けてもらう泥棒

Eee_2

※ 画像はイメージです。

泥棒が警察に「助けてくれ!」忍び込んだ部屋から出られず、仕方なく通報―山東省青島市

3月1日21時15分配信 Record China

 2008年2月26日、山東省青島市で捕まった情けない泥棒の話を地元紙「斉魯晩報」とそのサイト「大衆網」が紹介。 今月21日午前0時頃、青島市公安局110番通報警察指揮センターに1本の電話が。男の声で市内台東地区にある事務所に閉じ込められてしまったので助けて欲しいとの救助要請があった。電話を受けた警察官は、てっきりその事務所の職員が閉じ込められたと思い、近くの派出所の警官に出動を指示。だが現場で救出した男は職員ではなく、そこに盗みに入った泥棒であったことが判明した。

 この泥棒、出入り口のシャッターを半開きにして帰宅準備をしていた従業員のすきをみて、事務所内に侵入。机の影に隠れて従業員が帰宅するのを待ち、その後は机の引き出しを全部開けて現金1530元(約2万3000円)を手に入れた。立ち去ろうとする時になって、初めてシャッターやその他の出入り口は外から鍵がかけられ、窓には防犯用の頑丈な鉄格子がはめられていることに気づいたという。しかたなく警察に助けを求めて、男はあっさり御用となった。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月1日21時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080301-00000016-rcdc-cn

 

 とても中国らしい話です。

 強烈な反日洗脳教育をしておきながら、その国民たちが大規模な反日デモを行うと逆に収拾にまわる中国政府のような話です。

 まったく自業自得ですよね♪smile

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

入院患者を励まそう! 虫が湧いたビスケットをプレゼント!

Img56030

※ 画像はイメージです。

入院患者を励まそう! プレゼントは賞味期限切れ

2月29日14時20分配信 サーチナ・中国情報局

 四川省通江県政府の幹部らが春節(旧正月)を前にした6日に病院を慰問した際に、入院患者に贈ったビスケットの賞味期限が切れていたことがこのほど明らかになった。中には賞味期限が約1年前だったものもあり、患者は怒り心頭だ。29日付で華西都市報が伝えた。

 同県政府の民政局では4日に近くのコンビニエンスストアからビスケットなどの納入を受けた。そして幹部らが6日に病院3カ所を慰問に訪れ、入院患者計168人にビスケットや飲み物をプレゼントした。

 ところがプレゼントの大半が賞味期限切れだったことが発覚。虫が湧いていたビスケットもあったという。同局の責任者は「担当者が調べることなく賞味期限切れの製品をプレゼントするなんて感覚が麻痺しているとしか思えない」と述べた。批判を受け、同県政府は病院に謝罪した上で民政局長を解任した。(編集担当:菅原大輔)

最終更新:2月29日14時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000017-scn-cn

 

 虫が湧いたビスケットをもらっても、あまり励まされたような気がしないと思います。

 プレゼントって難しいですね?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »