« 日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁 | トップページ | チベット・ラサで再び数千人規模のデモが発生!事実なら、区都ラサは依然、平穏を取り戻していないことになる。 »

2008/03/29

中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死

C4

※ 画像はイメージです。

中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死


 【大紀元日本3月29日】中共軍が今月14日からチベット入りし戒厳令を敷いて以来、平和抗議活動に参加した全ての寺院は包囲され、寺院の中にいる僧侶たちの水や食料の供給が断たれている。すでにラモチェ寺では僧侶が1人餓死していることが確認されている。

 チベット亡命政府は先日、チベットから届いた情報により、「ロサン・トメイ」という名の僧侶の遺体が26日に故郷の四川省甘孜州で火葬されたと発表した。

 亡命政府によると、「彼は23日に餓死し、遺体は25日に家に搬送された。彼の原籍は四川省甘孜州の江孜県で32歳であった」と話し、
中共軍が半月間もチベット寺院を包囲し水、電気や食べ物を断ち外部からの供給を許さないために寺院内の僧侶たちの生活状況は非常に苦しいものになっていることを伝えた。

 「水・電気は全て断たれている。これほど長期間になれば寺院内では様々な方面において、条件が厳しくなり、外部からの食料の供給が出来ないために一部の僧侶には緊迫した状況が現れ、昨日最初の餓死者が出た」という。

 現在の最新情報では、少し前に中央政府が通達した
「チベット人が2人以上で集まった場合、発砲してもよい」という指示により、ラサ市区ではチベット人がほとんど見られないという。

 「みな、表に出ることが出来ない。2人以上のチベット人なら発砲してもよいなどと公布すれば各家庭では1人で食料を買いに行くことしか出来ないから、大型のショッピングセンターやジョカン寺のような場所にチベット人はほとんどいない」という。

 
チベット亡命政府最新によると、チベットではすでに140人のチベット人が虐殺され、500人が重傷を負い、1300人以上が逮捕され非人道的な扱いを受けているということが明らかになっている。

(翻訳・坂本)
大紀元時報(08/03/29 13:43)

http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d39904.html

 

 何も餓死するほど包囲することはないと思うんですが、あまりにもやりすぎではないでしょうか?

 まぁ、中国人には常識がないですけどね。pout

 

 

|

« 日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁 | トップページ | チベット・ラサで再び数千人規模のデモが発生!事実なら、区都ラサは依然、平穏を取り戻していないことになる。 »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/11936824

この記事へのトラックバック一覧です: 中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死:

« 日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁 | トップページ | チベット・ラサで再び数千人規模のデモが発生!事実なら、区都ラサは依然、平穏を取り戻していないことになる。 »