« 「北京五輪はナチスドイツが開催した1936年のベルリン五輪と同じく国威発揚が目的だ」 | トップページ | 日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁 »

2008/03/28

「チベットに自由はない」 ― 僧侶らの「直訴」により、チベット族の不満の強さを印象付けることになった。

H2

※ 画像はイメージです。

「チベットに自由ない」=僧侶ら外国記者団に訴え-ラサ

3月27日18時1分配信 時事通信

 【北京27日時事】大規模暴動の起きた中国チベット自治区ラサで27日、中国政府の手配で現地入りしている外国メディアの取材団がジョガン寺(大昭寺)を訪れた際、チベット仏教の若い僧侶約30人が「チベットに自由はない」などと訴える騒ぎがあった。

 現地取材は「チベットの客観的理解に役立てる」(中国外務省報道官)ため受け入れたもので、ラサの安定回復をアピールするのが狙い。しかし、僧侶らの「直訴」により、チベット族の不満の強さを印象付けることになった。

最終更新:3月27日18時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000114-jij-int

 

「チベットに自由ない」僧侶ら現地入り外国メディアに直訴

3月27日13時23分配信 読売新聞

 【北京=牧野田亨】チベット族による大規模暴動が起きた中国チベット自治区ラサで27日、中国政府に指名され現地入りしている外国メディアの取材団に対し、地元の僧侶グループが「チベットに自由はない」などと訴える直接行動に出た。

 取材団に加わっているAP通信が伝えた。

 中国当局の監視を破り、外国メディアにチベット族の考えを訴えようとしたようで、僧侶たちは「逮捕されるかもしれないが、それでも構わない」と話したという。

 AP通信によると、取材団は27日午前、ラサ中心部のチベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪問。そこで30人前後の若い僧侶が現れ、事前に当局が設定していた取材を遮った。

 僧侶のうちの1人は「チベットに自由はない」と大声で叫び、泣き始めた。また、別の僧侶は、中国政府が暴動の黒幕と非難するチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世について、「中国当局は我々に対し、ダライ・ラマを非難するように要求するが、それは間違っている。暴動と全く関係ない」と訴えた。

最終更新:3月27日13時23分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000026-yom-int

 

 限られたマスコミに限定的な取材をさせて、国際的な批判をかわそうとした中国共産党独裁政権。

 しかし、そのサル知恵は通用せず、チベットの若い僧侶たちに直訴されてしまいました。

 中国政府がいった『客観的な認識』ってどういう意味だったんでしょうね♪

 現実から目をそらしているのは、どう考えたって中国でしょう!happy01

 

 

|

« 「北京五輪はナチスドイツが開催した1936年のベルリン五輪と同じく国威発揚が目的だ」 | トップページ | 日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁 »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/11874658

この記事へのトラックバック一覧です: 「チベットに自由はない」 ― 僧侶らの「直訴」により、チベット族の不満の強さを印象付けることになった。:

« 「北京五輪はナチスドイツが開催した1936年のベルリン五輪と同じく国威発揚が目的だ」 | トップページ | 日本軍が深く関与? - 沖縄戦集団自決訴訟・大阪地裁 »