« チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動 | トップページ | チベット大虐殺「中国メディアが連日、報道している騒乱の“真相”を中国国内の知識人が信用していないことが裏付けられた。」 »

2008/03/24

チベット大虐殺「外国記者の取材いずれ許可」適切な時期っていつ?

A4

※ 画像はイメージです。

外国記者の取材いずれ許可 = チベット暴動で - 中国国務委員

3月24日1時0分配信 時事通信

 【北京23日時事】中国訪問中の自民党の中川秀直元幹事長は23日夜、外交担当の戴秉国・国務委員と北京の釣魚台迎賓館で会談した。中川氏はチベット自治区での暴動に関し、外国記者への取材許可やチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世との直接対話を求めた。戴氏は「外国メディアの取材は人身の安全が保障できれば、適切な時期に実現したい」と答えた。直接対話については回答を避けた。

 また、22日の台湾総選挙の結果を踏まえた今後の中台関係について、中川氏は「話し合いによる解決」を要請。戴氏は「平穏な政権引き継ぎを期待している」と新政権の出方を見守る考えを示した。

最終更新:3月24日1時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080323-00000075-jij-pol

 

 もしやましいことがないのなら、中国政府は海外メディアのチベットへの取材を即刻許可するべきです。取材されたら困ることをしているので取材拒否をしているとしか思えません。

 また、日本のメディアも今回のチベットでの事件を『暴動』とか『騒乱』とか、中国政府よりの視点で書いているところがありますが、事実に即して『チベット人の大虐殺』と書くべきですよね。

 

 

|

« チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動 | トップページ | チベット大虐殺「中国メディアが連日、報道している騒乱の“真相”を中国国内の知識人が信用していないことが裏付けられた。」 »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

中華人民共和国はオリンピックを開くのにふさわしくない。北京でオリンピックを開くのをただちにやめるべきだ。たくさんのチベット人をどんどん射殺していく中国政府の態度は、まさに中国人の周辺民族への蔑視と虐待そのものを示している。そのうち日本もチベットと同じようになる。ゴーマンで残虐な中国大陸政府によっていままでにかぞえきれないほど多くのとうとい生命がむしけらのように虐殺されてきたのだ。中国大陸政府は非常に残虐な暴力団である。彼らは他国においてさえ、何の罪もない新井泉さんのような立派な人を監禁虐待して長いあいだ食事も睡眠も与えないまま強制的に死に追いやっている。中国大陸政府は昔から野党というものさえ存在させない。モラルも道徳もない野蛮で残虐そのものの中国人はヒトをヒトとも思わない残虐な政治をすでに半世紀以上にわたって続けている。こんな世界最悪の中国政府のためにオリンピックを開くべきではなく、ただちにオリンピックを中止し、中国大陸政府を滅ぼすべきである。

投稿: 残忍で悪逆非道の中国大陸政府にだまされないようにしましょう! | 2008/03/25 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/11732974

この記事へのトラックバック一覧です: チベット大虐殺「外国記者の取材いずれ許可」適切な時期っていつ?:

« チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動 | トップページ | チベット大虐殺「中国メディアが連日、報道している騒乱の“真相”を中国国内の知識人が信用していないことが裏付けられた。」 »