« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/30

チベット騒乱で拘束された2人のチベット人が、自らの不法行為を反省し、悔い改める様子が放送された。

B5

※ 画像はイメージです。

<チベット>CCTVニュース番組で「反省の言葉を述べる拘留中のチベット人」 ― 中国

4月29日16時35分配信 Record China

 2008年4月27日、国営中央テレビ(CCTV)夜7時のニュース番組「新聞聯播」で、先月14日のチベット騒乱で拘束された2人のチベット人が、自らの不法行為を反省し、悔い改める様子が放送された。新華ネットが伝えた。

 「善悪の区別がつかず、国や社会に害を及ぼし、申し訳ございませんでした」―涙ながらにこう語るのは、19歳のチベット人女性、貢桑拉姆さん。騒乱への参加については「悪い人の命令で、強制参加させられた」と訴え、「80歳を超える祖父は旧チベット社会で大変な苦労をしたが、今は安定した暮らしが出来るようになった。兄も何不自由なく義務教育を受けることができた」と政府に対する感謝の気持ちを口にした。

 もう1人は24歳の男性、扎西多吉さん。「社会の安定や民族の団結、そして北京五輪に悪影響を及ぼし、心から反省しています」と謝罪。騒乱当日は「悪い人から脅されたため、参加せざるを得なかった」と訴えた。さらに、「今後は2度と悪い人に騙されず、政府の素晴らしい政策に感謝するよう、仲間にも訴えていきたい」と反省の弁を述べた。(翻訳・編集/NN)

最終更新:4月29日16時35分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080429-00000019-rcdc-cn

 拘留中の人間に反省を強要しテレビで放送するなんて、人権感覚ゼロの中国でしかありえない話ですね。

 やはり中国人は野蛮人です!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/29

列車衝突事故発生! 事故現場から5km以内はマスコミも立ち入り禁止!

E2

※ 画像はイメージです。

列車同士が正面衝突、47人死亡 ― 山東省

4月28日16時28分配信 Record China

 2008年4月28日午前4時41分、新華社によると、山東省を走行中の北京発青島(山東省)行きの列車が脱線し、煙台(山東省)発徐州(江蘇省)行きの列車と正面衝突する事故が発生した。43人が死亡、247人が負傷したと伝えられている。

 現場は、山東省シ博(しはく)市の[月交]済線周村~王村区間。事故発生後、中国鉄道部は直ちに緊急命令を発動。鉄道部の劉志軍(リウ・ジージュン)部長も現場に急行し、全力で乗客を救助するよう指揮すると同時に、原因を究明し再発を防ぐよう命じた。

 現場の救助関係者によると、市内全ての医療機関のほか、地元の軍隊や住民らも救助に当たっているという。
また、現場は悲惨な状態で、現在現場から5km以内が封鎖され、マスコミを含めすべての立ち入りが禁止されている。(翻訳・編集/下妻)

最終更新:4月28日16時28分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000020-rcdc-cn

 

 列車事故が起こって大変なのはわかるが、なんで事故現場から5kmも離れたところまで立ち入り禁止にするんだ?

 何か都合の悪いものでもあるわけないのに、まるで北朝鮮みたいだな。pig

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

北京五輪の聖火リレー、大歓迎の国とは…?

A4

※ 画像はイメージです。

平壌は五輪聖火歓迎ムード … 中国・新華社報道

4月27日18時11分配信 読売新聞

 【北京=牧野田亨】中国国営新華社通信は27日、北京五輪の聖火リレーが28日に行われる平壌の歓迎ムードを伝える記事を配信した。

 それによると、リレーを重視する北朝鮮の姿勢が反映され、コースには市中心部の「特徴的な」建物が集まる地域が選ばれた。

 中国紙は、コースに金日成広場や主体思想塔、朝鮮戦争で共に戦った中朝の結束を示す「朝中友誼塔」などを挙げた。ゴール地点の金日成競技場の責任者は「聖火リレー組織委員会は会議を何度も開き、問題点を議論した。リレーは必ず成功する」と語ったという。

 走者はスポーツ選手やコーチ、労働者、エンジニア、学生ら男女80人。1966年のサッカー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会で北朝鮮チームを8強に導き、北朝鮮で「サッカーの英雄」と呼ばれる朴斗翼(パクドイク)・元代表選手(72)、99年にスペインで開かれた陸上競技世界選手権女子マラソンで優勝した鄭成玉(チョンソンオク)さんらが含まれる。

最終更新:4月27日18時18分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080427-00000020-yom-int

 

 世界中で物議をよんでいる北京オリンピックの聖火リレー。

 まともな聖火リレーが北朝鮮・平壌だけでしか行われなかったとしたら、かなりきついブラックジョークだと思うのですが…?

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/04/27

世界最大のアダルトグッズ生産国となった中国は現在、世界の70%を超える性用品を生産。輸出総額は毎年20%以上の成長を続けている。

A2

※ 画像はイメージです。

アダルトグッズ生産大国 中国製が70%に


4月27日10時20分配信 サーチナ・中国情報局

 世界最大のアダルトグッズ生産国となった中国は現在、世界の70%を超える性用品を生産。輸出総額は毎年20%以上の成長を続けている。(CNSPHOTO)

最終更新:4月27日10時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080427-00000005-scn-cn

 さすがは中国!

 世界一のエロ民族ですネ!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/26

今回の一連の集会は“やらせ”かもしれないが、中国人留学生にとって、欧米や日本の集会、言論の自由を体感するいい機会だと考えている

A2

※ 画像はイメージです。

中国人の聖火支援行動 各地で同内容マニュアル


4月26日11時42分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】北京五輪の聖火リレーへの抗議活動に対抗するため、世界各地で相次いで行われた中国人留学生の大規模な支援活動では、参加者にほぼ同じ内容の行動指南書が事前に配られており、中国当局が関与している可能性をうかがわせている。指南書は、心構えや突発事故の対応方法などきめ細かに書かれており、支援活動が中国のイメージを損なわないように最大限の配慮を参加者に求めている。

 オーストラリアのキャンベラなどでの聖火リレー支援活動で配られた指南書には、「聖火が奪われそうになったとき、体を使って相手を封じ込めてもいいが、暴力を振るってはいけない」「抗議者と対峙(たいじ)したとき、大声でどなってもいいが、相手を侮辱してはいけない」「メガホンを使って意見を述べてもいいが、トマトやタマゴなどを投げてはいけない」などと書かれ、法律の順守を強調している。トラブルが発生した場合には、自分で解決せず、速やかに地元の警察に通報するよう求めている。

 また、支援活動や中国人のイメージアップを図るため「中国の国旗だけではなく、五輪の旗や聖火リレー主催国の国旗を振って応援しよう」「自分のゴミを持ち帰ろう」などとも呼びかけている。

 
指南書の配布が奏功したのか、インドネシアのジャカルタやオーストラリアのキャンベラなどで行われた聖火リレーでは、大きな衝突や混乱は起きなかった。中国メディアは集会の様子を詳しく伝え、「気迫でチベット独立分子を圧倒した」「五輪の名誉が守られた」と支援活動の成功を絶賛した。

 
しかし一方、中国国内の民主活動家の間では、「これらの留学生が将来帰国したとき、中国の民主化の担い手になってもらいたい」と期待する声もあがっている。

 著名な反体制活動家、劉暁波氏は産経新聞の取材に対し、「1989年の天安門事件以後、中国国民が政治上の意見を表現する機会はほとんどない。2005年の反日デモは、投石や店舗襲撃など暴力的な傾向があった。
今回の一連の集会は“やらせ”かもしれないが、中国人留学生にとって、欧米や日本の集会、言論の自由を体感するいい機会だと考えている」と語った。

 中国政府としては、聖火リレーへの留学生動員の成果を喜んでばかりはいられないようだ。

最終更新:4月26日11時42分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080426-00000919-san-int

 

 長野の聖火リレーでは中国の赤い旗を持っている人が多くてちょっと残念でしたが、やがて彼らが中国に帰ったとき、言論の自由のない社会に満足できるのかどうか楽しみですね♪wink

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/25

列車内で放尿は是か非か? 常識のない中国人

A2

※ 画像はイメージです。

【香港】列車で放尿は是か非か、本土客マナーでネット論争

4月25日10時50分配信 NNA

 列車内で放尿、ディズニーランドで裸──。24日付香港経済日報によると、香港と中国本土のネットユーザーの間で、香港を訪れた本土旅客のマナーについて大論戦が起きている。

 きっかけは、香港側のネット市民が、列車内での子供の放尿や、公衆の面前で裸体をさらして着替えるなど本土の人の行為について批判したこと。
本土側の反論は「えらそうだ」「本土の経済に依存しているくせに」など書き込みの数の多さを頼んだ感情論が多く、当分ネット上で火花を散らしそうだ。

 香港での本土旅客のマナー低下は、初期の富裕層から一般中間層に個人自由旅行客のすそ野が広がっているのが背景にある。

 昨年12月からネットで公開されている画像は

◇ 香港鉄路(MTR)の車両内で、幼児に放尿させる母親
◇ 車両内で平然と靴を脱ぐ女性
◇ 香港ディズニーランド内の飲食店で着替えをする人

── など日本人や一般的な香港人なら眉をひそめるものばかり。ただし、小売り・観光などを中心に、一部産業では本土依存が恒常化しているのも現実。ネット上の言い争いが、何らかの現実的な運動に飛び火しないか、関係業界にとっては頭痛の種が一つ増えたようだ。

最終更新:4月25日10時50分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080425-00000102-nna-int

 

 議論する以前の話だと思うのですが、常識のない中国人はどうしようもないですね♪bleah

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人面鬼!青学の准バカ教授「元少年殺されれば遺族は幸せ」って、創価関係者らしい?

Photo_2

※ 画像はイメージです。

「元少年殺されれば遺族は幸せ」 青学准教授ブログに集中砲火


4月24日21時15分配信 J-CASTニュース

 山口県光市の母子殺害事件判決について、青山学院大学の准教授が自身のブログに、「判事はテレビに洗脳された妻から影響」「元少年が殺されれば遺族は幸せ」といった内容を書き込んでいたことが分かった。ネット上で、被害者側に失礼だなどと批判の集中砲火を浴びている。さらに大阪府知事や拉致被害者家族についても、関係者の心情を逆なでしかねない書き込みが波紋を呼んでいる。

■「国は復讐代行業になった感じ」

 ブログを書いたのは、青学大国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学など)。IT企業のSE、防災関係の研究員などを経て、同大で教えている。

 瀬尾准教授は、ブログ「おいしいものが食べたい」で、2008年4月22日に被告の元少年を死刑とする差し戻し控訴審判決が出た光市事件について、長文で思いをつづった。もともと07年9月21日に書いた日記「光市母子殺害事件と死刑廃止論」に、判決を受けて08年4月23日に追記したものらしい。

 その追記「元少年に死刑判決」で、瀬尾准教授は、日本の刑事裁判が被害者遺族の報復の手段になったという意味で、歴史的な判決になったと主張。この事件をきっかけに、「国は復讐代行業になった感じ」と述べた。

 そのうえで、マスコミが前代未聞の騒ぎをしたことが量刑の背景にあるとして、次のように書き込んだ。

 「差し戻した最高裁の判事の妻は、おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう(判事の判断は、思いのほか被告の外見とか、外野のヤジとかにかなり影響される、という実証研究がある)」

 
つまり、最高裁判事がテレビに影響され、無期懲役とした広島高裁に差し戻し審理を命じ、その影響が控訴審判決でも出たという意味らしい。そして、最後に、死刑判決が出たことに対してこう述べた。

 
「いずれにしても、元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり幸せな思いに浸るに違いない。自分の血を吸った蚊をパチンとたたき殺したときみたいにね。それだけは喜んであげたい」

■ 大阪府知事を中傷するような書き込みも

 「青学の美人准教授」と話題にして祭り状態の2ちゃんねるでは、追記前の日記についても、疑問視するスレッドがいくつも立っている。

 
その日記で、瀬尾准教授は、選挙権もない少年への死刑には原則反対だとして、死刑にする場合には、4人射殺の少年事件(1968年)をきっかけにした永山基準をラインにしてほしいとした。そして、「赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまう」として、光市事件で殺された母子のうち幼児を1人と数えず、「永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」と書き込んだ。これに対し、「(幼児も)命には代わりが無い」などと批判が相次いでいるのだ。

 ただ、日記では、幼児が傷害致死、殺人どちらで死んだか分からないとして、「ここでは1.5としておく」と釈明してはいる。

 日記には、関係者に失礼ではないかとみられる書き込みも多い。例えば、次のようなものだ。

 「『死刑廃止論者の言うことはなにからなにまで欺瞞なのだ』みたいな思考停止は、先進国人というより中国人に近い」

 「夏の夜なんかに、日比谷公園で絞首刑の執行。そのぶら下がった屍骸の前で、稲川順二の怖い話ライブなんて結構いいかもしれない」

 瀬尾准教授は、橋下徹大阪府知事が弁護士時代に光市事件の弁護人懲戒請求をテレビで呼び掛けていたことについても非難。07年12月19日の追記で、府知事を中傷するような書き込みまでした。

 「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」。


■ 拉致被害者「めぐみさん」は幸せ?

 ところが、この日記で終わりではない。瀬尾准教授が07年初めごろまで書いていたブログ「日々の気になるトピックス」でも、関係者を刺激しかねない書き込みが見つかったのだ。

 それは、2006年12月25日付の日記「6ヵ国協議成果なし」。そこでは、北朝鮮の拉致問題を取り上げ、拉致は2か国の問題だとして、他国を巻き込むことに疑問を呈した。そして、拉致被害者の家族に対しても、「違和感」があると打ち明けたのだ。

 
「私は子供をなくした経験がありますが、『めぐみちゃん』はちゃんと育って、結婚までして、あまつさえ子供まで儲けています。私の目から見ると信じられないくらい幸福です。なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも『めぐみっちゃん』とか不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ、とTVを見るたびに思います」

 ただ、
瀬尾准教授は、日本にいることに不満を漏らして、拉致被害者と替わってあげたいともした。そして、「こんな限りない日常が終わりになるなら是非拉致されたい」と明かした。

 一連のブログの書き込みについて、J-CASTニュースでは、青学大広報課を通じて瀬尾准教授に取材を申し込んだ。これに対し、広報課では、「取材についてはお引き受けできないとの回答でした。その理由については確認しておりません」と答えた。

最終更新:4月24日21時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000004-jct-soci

 

瀬尾佳美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 瀬尾佳美(せお かみ)は、青山学院大学国際政治経済学部・国際経済学科 准教授。東京都品川区出身。創価学会東京城南支部長。

 独立行政法人 国立防災科学技術研究所 客員研究員、青山学院大学 WTO研究センター 研究員。

 自らのブログで多くの問題発言を行っており、北朝鮮の日本人拉致を肯定したり、日本人に対する人種差別発言を行うなどしている。あだ名は『ももちゃん』。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%AC%E5%B0%BE%E4%BD%B3%E7%BE%8E

 

 こんな奴に准教授をさせている青学の見識に疑問を持ちますね。

 それとも、バカでもサヨクなら(准)教授になれるのでしょうか?

 ボクには永遠に関係ない話のようで~す♪happy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国御用学者、苦しい屁理屈「チベット文化は中華文明の構成要素」

B3

※ 画像はイメージです。

チベット学研究者、「チベット文化は中華文明の構成要素」


4月24日18時3分配信 サーチナ・中国情報局

 中国チベット学研究センターのゲレグ研究員はこのほど、記者のインタビューに答えた際、「全体的に見れば、中華民族の古代文明にとって、チベット族の古代文化は不可欠の構成要素である。新石器時代から、チベット文化は中華民族の古代文明と交わり、融合し、分割できない血縁関係のようになった」と述べた。

 また、ゲレグ研究員は
「これこそが国内外の敵対勢力がチベットを中華民族から分裂させようとしても、その結果は失敗に終わり、チベットが中国の分割できない部分という歴史的地位を依然として変えられない原因でもある」と述べた。

※ この記事は、中国で唯一対外放送を行う国家放送局の「中国国際放送局(CRI)」による提供です。現在、38の外国語、中国国内の4つの方言と43の言語で、世界200以上の国と地域に向けて放送しています。URL : http://jp1.chinabroadcast.cn/

最終更新:4月24日18時3分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000050-scn-cn

 

 かなり苦しい屁理屈です

 あらゆる国の文化は、あらゆる国の文化に影響を与えています。

 日本の古代文化も中国の古代文化の影響を受けているので、中国は日本の一部でしょうか?

 あっ、でも中国はいらないから。(爆笑)happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

「取材内容を放送前に教えろ!」ヤクザまがいの弁護団

Ag2

※ 画像はイメージです。

「取材内容を放映前に教えろ」 日テレと広島テレビ、弁護団に激怒


4月23日19時55分配信 J-CASTニュース

 いろいろと物議を醸した広島県光市母子殺害事件の被告弁護団だが、今度は「国民の知る権利を侵害する」として日本テレビと系列の広島テレビから抗議を受けた。「取材内容を事前に教えなかった」という理由で、判決後の会見にテレビ局の記者が出席することを拒否したというのである。これにより、NNN系列で弁護団の会見の様子が全く放送できないという「異常事態」が発生した。

■ 弁護団は、放送前に取材内容を教えるように強く要求

 1999年に山口県光市で母子が殺害された事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われた元少年の被告(27、当時18)の差し戻し控訴審判決が2008年4月22日に開かれ、広島高裁(楢崎康英裁判長)は元少年に死刑判決を下した。判決後の記者会見で弁護団は「極めて不当な判決」などと死刑判決を批判していたが、この会見の裏で「異常事態」が発生していた。

 「視聴者の方からすれば、バランスを欠く結果となってしまいました。全国放送でも、その旨を説明したところです」

と話すのは、広島テレビの報道担当者。同局によれば、弁護団から記者会見の出席を拒否され、日本テレビなどNNN系列で、会見の放送ができなかったのだという。日本テレビと広島テレビは2008年4月22日、記者会見への出席を拒否されたことを「国民の知る権利を侵害する」として、弁護団に抗議した。

 広島テレビによれば、同局は判決前日の4月21日に、取材目的であると断った上で、広島拘置所にいる元少年に接見、元少年の心境などについて取材を行った。
しかし、取材直後に弁護団は、放送前に取材内容を教えるように強く要求し、要求に応じない場合には、弁護団の記者会見への出席を拒否すると同局に告げたのだという。この要求に対して、広島テレビは「取材内容を放送前に第三者に伝えることは、取材倫理に反する行為であり、弁護団の要求は、正当な取材活動に対する不当な圧力である」としてこれを拒否。判決後の会見に出席できなかったほか、判決前日にマスコミ向けに弁護団が開いたレクチャーにも出席することができなくなったという。

■ 弁護団の要求はそれ自体が極めて不当

 日テレと広島テレビが弁護団宛に提出した抗議文では、「正当な報道活動に対する、重大な侵害行為」とした上で、

 「そもそも、弁護士による弁護活動は、社会正義を実現するための、きわめて公的な活動であるはずです」

 
「被告弁護団の要求はそれ自体が極めて不当なものであり、それを省みることなく、自分たちの意に沿わないものを記者会見から締め出すという行為は、弁護士という公的な立場を私するものであり、断じて認められるものでありません」

と被告弁護団を厳しく指弾している。

 そもそも弁護団が広島テレビの会見出席を拒否した理由は何だったのか?J-CASTニュースでは、被告弁護団長の本田兆司弁護士の事務所に連絡したが「出張して一日いない」ということで理由を聞くことができなかった。また弁護団の複数の弁護士との接触を試みたが「一日中外出している」「個別にコメントしない」「取材はお断りしている」などとして、取材することはかなわなかった。

 2008年4月22日の共同通信の報道では、弁護団は「(テレビ局の)記者は、取材内容を伝えた上で接見する、と話していた。約束違反だ」などと説明しているようだが、広島テレビの報道担当者はJ-CASTニュースに対し、

 
「約束は全然ない。そもそも取材に関して弁護団と交渉していない」

と説明しており、弁護団が何を「約束違反」としているのかは謎だ。

 
しかし、「取材内容を事前に見せる」という要求だけでも不可解だが、もっと不可解なのは、なぜ広島テレビだけにこのような要求をしたのかだ。

 
元少年に面会・取材して、その内容を放送したのはTBS系列の中国放送(RCC)も同じだが、同局の報道担当デスクも「(取材内容を放送前に見せるという)要求はなかった」と話す。広島テレビも、なぜ同局だけにこのような要求があったのか「わかりません」と述べており、「一方的な取材拒否」に憤慨するのも無理はなさそうだ。

最終更新:4月23日20時15分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000004-jct-soci

 

 とても弁護士のする行為ではないですね。この人たちはいつからヤクザになったのでしょうか?

 日テレと広島テレビは脅迫されたと警察に訴えたほうがいいですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

パリ市議会がダライ・ラマ14世に名誉市民の称号を贈ったのは、中国への内政干渉である?

H2

※ 画像はイメージです。

パリのダライ・ラマ名誉市民称号、中国「内政干渉」と非難

4月22日19時26分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】パリ市議会が21日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世に名誉市民の称号を贈る議案を可決したことについて、中国外務省の姜瑜・副報道局長は22日、「荒々しく中国の内政に干渉し、中仏関係、特に北京とパリの友好協力関係に深刻な損害を与えた。強い不満と断固たる反対を表明する」との談話を発表し、同市議会の対応を厳しく非難した。

 談話はまた、
「北京五輪の聖火リレーが妨害を受け、中国国民の感情が傷つけられている時に、名誉市民の称号を贈ることを決めたのは、中国国民に対する重大な挑発と受け取られるだけだ」として、「チベット独立」勢力支持をやめ、内政干渉を停止するよう求めた。

最終更新:4月22日19時26分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000038-yom-int

 

【名誉市民】 さまざまな分野で功績のあった者に対して、賞賛と尊敬を示して市が贈る称号。 [ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%90%8D%E8%AA%89%E5%B8%82%E6%B0%91&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=18901718059700

 

 パリ市が誰を名誉市民に選ぼうが関係ないと思うのですが、逆に、そんなことに文句を言う中国共産党ファシズム政権のほうが内政干渉ではないのでしょうか?pig

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

ふざけるな!福田康夫「北朝鮮へのボーナスある」

Zzzz

※ 画像はイメージです。

「北朝鮮へのボーナスある」=韓国大統領に伝言依頼-福田首相


4月21日19時1分配信 時事通信

 「北朝鮮を説得するとき、(日朝国交正常化の暁には)『日本からのボーナスがある』と話してほしい」。福田康夫首相は21日の日韓首脳会談の席上、韓国と北朝鮮が相互に連絡事務所を常設する構想が実現すれば、国交正常化後に経済協力をするとの日本の基本的立場を北朝鮮側に伝えるよう依頼した。

 韓国側の説明によると、李明博大統領は今後、北朝鮮に連絡事務所設置を改めて提案する方針であることを説明。
首相はこの構想が実現することを前提に「(北朝鮮への)ボーナスがある」と2度発言、念押ししたという。

最終更新:4月21日19時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000106-jij-pol

 

 このジジイは何を考えているんだ!!!angry

 北朝鮮=テロリストに対してボーナスを約束するなんて、まともな人間の言うことではない!!!pout

 このジジイが日本の政治にパラサイトしている間は、日本が良くなることはないな。angry

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

「中国人は悪党」激怒の市民2人CNN訴える

Aa2

※ 画像はイメージです。

<CNN>キャスター暴言で「名誉傷つけられた」、市民が賠償金求め告訴 ― 河南省

4月21日1時48分配信 Record China

 2008年4月18日、米サンフランシスコ市での聖火リレー中継でCNNキャスター・カファティ氏が「中国製品はゴミ」「中国人は50年間変わらず暴徒のまま」などと発言したことに対し、中国では激しい反発が起きている。18日、河南省洛陽市の市民が米テレビ局CNNとカファティ氏により「名誉が傷つけられた」として賠償金1万元(約14万円)を求めて告訴した。大河報が伝えた。

 原告は平金輝(ピン・ジンフイ)さん、王明偉(ワン・ミンウェイ)さん。カファティ氏の暴言に怒った二人は法に基づいて中国国民の権利を守ろうと考えたのだという。

 18日、洛陽市中級人民法院に訴状を提出したが、告訴が受理されるかは不明だという。(翻訳・編集/KT)

最終更新:4月21日1時48分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000000-rcdc-cn

 

「中国人は悪党」激怒の市民2人CNN訴える

4月21日10時32分配信 サーチナ・中国情報局

 米CNNのコメンテーターが「中国人は悪党だ」と発言したことに絡み、河南省洛陽市の2人が「精神的にダメージを受けた」として同社などに慰謝料計1万元の支払いと謝罪を求めて同市の中級人民法院に提訴した。19日付で大河報が伝えた。

 訴えを起こしたのは同市の平金輝さんと王明偉さんの2人。訴状の中で2人は「中国市民として屈辱感を味わった」と指摘。CNNと同コメンテーターに対して計1万元の支払いと謝罪を求めた。

 2人は「強い怒りを覚える。私たちは法律を勉強したことがあるので、法的ルートを通じて中国市民の基本的人権を守りたいと考えている」と述べた。(編集担当:麻田雄二)

最終更新:4月21日10時32分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000013-scn-cn

 

 「名誉を傷つけられた」って、今の中国に傷つけられるほどの名誉があるのでしょうか?

 世界に害悪を撒き散らすだけの中国人に、そんなこと言う権利はありませ~ん♪happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

やられたらやり返せ! 中国で反仏デモ ― とまらない愛国主義 愛国無罪の愚

T2

※ 画像はイメージです。

中国の反仏デモ、諸刃の剣の「愛国主義」 当局も「理性化」呼びかけ


4月19日21時30分配信 産経新聞

 【北京=野口東秀】フランスを主な“標的”に中国各地で発生した抗議行動は、当局が事実上、黙認した結果だといえる。国民の「愛国主義」が背景にあるためだ。しかし、靖国神社参拝問題などを背景にした2005年の反日デモのように抗議行動が暴徒化すれば、北京五輪を前に国際社会の批判が強まるだけではない。国民の不満は胡錦濤政権へ向けられかねない。「愛国主義」は諸刃の剣といえ、当局も「愛国主義の理性化」を呼びかけ始めた。

 武漢で発生した大規模な抗議行動を当局が許可したかどうか不明だ。しかし、当局は積極的に阻止する措置は取ってはいない。北京のフランス大使館に対する抗議行動では、大使館の前を周回した車両の後ろにはパトカーがついていた。

 こうした一連の対応からうかがわれるのは、「愛国主義」を掲げての抗議行動を「弾圧」することは基本的にできない、という姿勢だ。また、「国民の反フランス感情をガス抜きする」(消息筋)という側面もあったとみられる。

 チベット騒乱後、当局ははメディアを通じ、五輪開会式欠席などの動きや、欧米メディアによる中国批判の報道を厳しく非難し、国民の憤りと愛国感情をあおっている。だが、その一方では抗議行動が過激化することは避けなくてはならない。五輪を前に封じ込めてきた土地、家屋の立ち退きや、貧富の格差などに対する不満が国民の間には鬱積しており、それらの連鎖を恐れているからだ。

 19日の共産党機関紙「人民日報」など各紙は「空前の愛国主義主義の熱情が起こっている」としたうえで、「感情は自然なものだが、理性的にあるべきだ。愛国の感情を社会の安定、国家の発展、民族振興のために注ぐことが『最大の愛国』だ」との評論を掲載した。抗議行動の熱を冷まそうとしたものだ。

 中国が「世界に大国としての団結と理性と知恵、抱擁と自信を見せる」(同紙)ことができるのか、今後の抗議行動の行方と当局の対応が注目される。

最終更新:4月19日21時38分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000938-san-int



対中批判への対抗デモ、中国各地で発生 同時多発する中国ナショナリズム

4月19日21時36分配信 産経新聞

 【北京=野口東秀】北京五輪聖火リレーへの妨害など欧米で広がる対中批判に対抗したデモが19日、中国各地で発生した。武漢では市民ら数千人がプラカードなどを持って行進し、北京では仏大使館前で抗議車両が周回するなど緊迫した雰囲気に包まれた。欧州でも在住中国人らが同日の抗議行動を計画、中国ナショナリズムが同時多発的に噴出している。

 国営新華社通信は、北京、合肥、武漢、青島、昆明などの都市で抗議行動が発生したと伝えた。
武漢では、抗議デモは仏系スーパー「カルフール」に向かって行進。「フランスは口を閉じろ」と書いた横断幕や「中国政府を支持する」などのプラカードを掲げ、店舗前では周辺を埋め尽くすほど密集。「フランス製を不買しよう」などと訴えて気勢をあげた。

 武漢には戦前、フランスの租界があり、仏自動車大手企業が進出している。デモは携帯電話のメールなどで呼びかけられ、
関係者は「欧州の市民に偏向した対中姿勢を改めてもらいたい」と話した。

 北京でもフランスが標的になった。「チベット独立反対」と印刷したステッカーを張った十数台の車が中国国旗を掲げ、警笛を鳴らしてフランス大使館前を周回した。周辺道路を数百人の武装警察官らが封鎖したが、「フランス野郎は黙れ」「チベットは中国の一部」などと書いたプラカードを手に抗議する集団もあった。

 北京市内では、フランス系の学校や数カ所ある「カルフール」でも小規模の抗議行動が発生。青島や合肥でもカルフールへの抗議行動があった。

 一方、中国紙などによると、パリやベルリンなど欧州でも在住中国人らが抗議行動を計画。ネットを通じて呼びかけられ、パリでは中心部のレピュブリック広場、ロンドンでは首相官邸、ベルリンでは連邦議会前などが終結場所とされている。

 フランスのラス駐中国大使は、中国人従業員が多数働くカルフールなどを標的とした不買運動について、
「現実的には中国人職員に対するボイコットになる」と、反論している。

最終更新:4月19日21時36分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000940-san-int

 

 ついに火がついてしまった中国の愛国主義。

 2005年の反日デモのような大規模で中国政府でも抑えきれないような事態になるのでしょうか?

 とはいえ、ここまであおってきたのは中国のマスコミ=中国政府であるため、簡単に意見を換え事態を押さえ込むのはむずかしいでしょう。

 世界有数の虐殺犯・コキントーがあわてふためいている姿が目に浮かびますね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

「聖火を守れ」-南京市の男性が新聞に意見広告

J2

※ 画像はイメージです。

「聖火を守れ」-南京市の男性が新聞に意見広告


4月18日15時26分配信 サーチナ・中国情報局

 江蘇省南京市の男性が「聖火を守れ。チベット独立に反対する」という意見を同省のローカル紙である現代快報に18日、広告として掲載した。18日付で英字紙チャイナデーリーが伝えた。

 チャイナデーリーの取材に対して男性は30歳代であることを明らかにしたが、名前は伏せた。
男性は「中国が強くなってきたことを誇りに思う。北京オリンピックの聖火リレーがパリなどで妨害されたがとても悔しい」と説明。更に「欧米のメディアが真実を捻じ曲げており、怒りを覚える」と語った。(編集担当:麻田雄二)

最終更新:4月18日15時26分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000031-scn-cn



燃えるナショナリズム!「聖火守れ!」地元紙に個人が全面広告 = 反日運動記念日の「愛国広告」論も ― 南京市

4月18日16時26分配信 Record China

 2008年4月18日、江蘇省南京市で地元男性が私費を投じて掲載した「もうすぐ五輪、聖火を守れ、チベット独立反対」を謳った新聞の全面広告が、中国全土で大変な喝采を浴びている。CCTV(国営中央テレビ)国際チャンネルが報じた。インターネット上では、反日運動記念日にまでナショナリズムの波は飛び火、さらに燃え上がる気配だ。

 この広告が掲載されたのは、地元紙「現代快報」。報道によると男性は30歳代で、昨年7月、南京大虐殺をテーマにした米国人制作のドキュメンタリー映画『南京(NANKING)』が中国公開された際も「現代快報」に1万元(約14万円)を寄付。「映画のチケットをたくさんの市民にプレゼントして欲しい」と依頼した。「祖国への愛を形にしただけ」と言い、決して氏名を明かさないのだという。

 
ネット上ではこの広告を「素晴らしい」と絶賛する書き込みが溢れ、ナショナリズムが高まっている。特に、1919年に起きた反日運動「5・4運動」の記念日に、新聞各社が自発的に「愛国広告」を掲載するよう求める書き込みには、「支持」が殺到している状況だ。(翻訳・編集/NN)

最終更新:4月18日16時26分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000021-rcdc-cn

 

 最近の中国は2005年の反日デモの直前の雰囲気に似て来たのではないのでしょうか?

 中国政府も国民の暴走を止められそうにありません。

 このままでいたらまたとんでもないことが起こるのではないのでしょうか?

 大暴動になればオリンピックどころではなくなるでしょう。

 なんか、楽しみです~♪bleah

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チベット問題「アジアで注文付けるのは日本だけ」

A3

※ 画像はイメージです。

「アジアで注文付けるのは日本だけ」・チベット問題で中国外相

 17日の日中外相会談で、中国のチベット自治区の騒乱を巡り一段の情報開示を求めた高村正彦外相に、中国の楊潔チ外相が「アジアの中でこの件で注文を付けてきているのは日本だけだ」と述べていたことが分かった。高村氏が18日の閣議後の記者会見で明らかにした。(16:03)

日経ネット

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080418AT3S1800E18042008.html

 

 だから何が言いたいのでしょうか?

 アジアでまともな国は日本だけって言うことですよね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/18

中国はメディアの取材活動に対して協力的なんだそうです。

H2

※ 画像はイメージです。

チベット、聖火リレーも取材制限=五輪放映権のTV局優先-中国

4月17日20時31分配信 時事通信

 【北京17日時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は17日、チベット自治区側からの五輪聖火のチョモランマ登頂について、現地取材が「北京五輪組織委員会の招き」を受けたメディアに限定されることを明らかにした。五輪放映権を獲得したテレビ局が優先指名され、組織委によると、同自治区内の聖火リレーを取材できる海外メディアは10社だけという。

 中心都市ラサでは3月14日に大規模な暴動が発生。チベット自治区はその後、外国記者の取材を原則受け入れていない。聖火リレーの取材制限は、チベット住民の抗議行動が発生し、現地から世界に伝えられることを警戒しているためとみられる。

最終更新:4月18日1時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000156-jij-int

 

北京五輪:中国政府は外国人記者の五輪取材に協力

4月17日20時56分配信 サーチナ・中国情報局

 外交部の定例会見で15日、姜瑜報道官が国内外の記者から寄せられた「国際ジャーナリスト連盟(IFJ)は、オリンピック前の報道への妨害を停止するよう中国側に要求している。IFJは外交部と接触しているのか。中国側はオリンピック前の報道の自由をどのように保証するのか」という質問に対し、以下のように回答した。

 「中国取材で妨害を受けたと不平をこぼす記者がいるが、この問題に対する私たちの立場は非常に明確なものだ。中国政府は引き続き中国における外国人記者の各種の合法的権益を法に基づき保護していく。同時に外国人記者の側にも、中国の法規を遵守し、その一貫して標榜する客観性・公正性・バランス性を取材の中で具現し、中国民衆と相互信頼関係を構築することを希望する」と語った。

 また、姜瑜報道官は「オリンピックの取材について、政府は引き続き開催立候補時の約束を真摯に履行し、オリンピックの慣例に従い、各国の記者に便宜と協力を提供していく。政府はすでにこの面で数多くの仕事をしてきた。記者各位も政府のこうした努力を目にすることができるはずだ」とも述べている。

※ この記事は、「中国網(チャイナネット)日本語版」による提供です。中国網は中国国務院新聞弁公室の指導を受けて、中国互聯網新聞中心が各国語で運営する、中国政府による中国情報ポータルサイトです。URL : http://japanese.china.org.cn/

最終更新:4月17日20時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000068-scn-cn

 

 聖火リレーの取材を制限しておきながら、取材には協力しているという矛盾。

 中国人はみな二枚舌なのでしょうか?happy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/17

女子アナ好きにはたまらない? 北朝鮮の国営朝鮮中央テレビの女子アナウンサー、李(リ)チュンヒさん(65)が国家から「現代的な住宅」や高級車を提供されていると北朝鮮誌に取り上げられた。

A3

※ 画像はイメージです。

北の女性アナ、現地誌が生い立ちから高級車・住宅まで特集

4月16日19時53分配信 読売新聞

 【ソウル=浅野好春】看板女性アナは高級乗用車を所有--16日付韓国日報紙などは、北朝鮮の国営朝鮮中央テレビのアナウンサー、李(リ)チュンヒさん(65)が国家から「現代的な住宅」や高級車を提供されていると北朝鮮誌に取り上げられた、と報じた。

 
李さんは、夜のニュース番組で核問題や南北関係、米朝協議といった重要事案に関して政府声明などが出る際に登場し、「攻撃的で雄弁調の報道」ぶりから、韓国でも有名な人物。北朝鮮で女性アナの意外な「特権階級ぶり」が明らかになるのは珍しい。

 同紙によると、李さんは、北朝鮮の月刊画報「朝鮮」4月号の特集記事「TV放送人、李チュンヒ」の中で紹介された。1943年に南東部の江原道通川郡の海辺で生まれ、現在、「首都平壌の美しい所にある彼女の家庭には夫と2人の息子、嫁、孫娘が暮らしている」という。平壌演劇映画大俳優課を卒業、国立の演劇団で俳優生活をした後、71年2月から今日まで放送人として働いている。

最終更新:4月16日19時53分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000050-yom-int

 

 女子アナの生活のすべてが流出! 女子アナ好きにはたまりませんね?

 でも、北朝鮮で65歳では意味がないでしょうか~?sign05

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖火リレーはできません! スポーツ施設内で一般市民を排除してひそかに行われた。

L3

※ 画像はイメージです。

<北京五輪>スポーツ施設内で聖火リレー パキスタン


4月16日19時46分配信 毎日新聞

 【ニューデリー栗田慎一】パキスタンの首都イスラマバードで16日、北京五輪の聖火リレーが当初予定の市街地のルートを変更し、スポーツ施設内で一般市民を排除してひそかに行われた。一方、17日に聖火リレーがある隣国インドのニューデリーでも、治安当局がコース周辺地区へのチベット人らの立ち入りを制限。当日は中国チベット自治区との国境警備隊員ら約5000人が私服姿で「沿道の市民」に扮(ふん)する異例の警戒態勢を取る。

 パキスタン政府は、北部カシミール地方で国境を接する中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区で分離独立を求めるイスラム武装組織などの攻撃を警戒し、場所を変更した。
現地報道によると、スポーツ施設に集まった観客は「厳選された市民」約8000人で、イスラム過激派との戦闘が続く同国の治安事情を反映する形となった。

 世界最多の約10万の亡命チベット人が住むインドでは、予定の走者が相次いで辞退する混乱が続いた。同国五輪協会は「走者候補は50人」と発表し、直前までだれが走るか明らかにしない方針だ。16日には亡命チベット人約60人のデモ隊が、ニューデリーの中国大使館に突入しようとし警察当局に拘束された。

 リレーは17日午前7時45分(日本時間同11時15分)に開始。コースは当初の9キロから3キロに短縮後、さらに2キロに縮められた。

 亡命チベット人らは当日、ニューデリー市内の別の場所で、チベット自治区の暴動鎮圧の犠牲者を弔う「鎮魂聖火」のリレーを行う予定だ。

最終更新:4月16日19時46分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000091-mai-int

 

 市街地で聖火リレーはできないからといってスポーツ施設内だけで聖火リレーをやるって言うのはどうなんでしょうね?

 あまりにもくだらなさ過ぎて笑えますね♪

 メンツを重視する中国共産党ファシズム政権にとってこれほどの侮辱はないでしょう。

 いっそのこと、聖火リレーなんてやらなければ良かったのにね♪happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

「中国製品はゴミ」「中国人は過去50年間、暴徒と強盗の集団だった」 ― CNNキャスターに謝罪要求

D4

※ 画像はイメージです。

「中国人は暴徒と強盗集団」「製品はゴミ」CNNキャスター発言に謝罪要求―中国外交部

4月16日11時58分配信 Record China

 2008年4月15日、中国外交部の姜瑜(ジアン・ユー)報道官は記者会見で、米CNNキャスターのジャック・キャファティ氏による対中非難発言に対し、撤回と謝罪を要求するとコメントした。中国新聞ネットが伝えた。

 姜報道官は、北京五輪聖火リレーがサンフランシスコを通過する模様をCNNが中継した際、
キャファティ氏が「中国製品はゴミ」「中国人は過去50年間、暴徒と強盗の集団だった」と述べたことに対し、「中国側は驚愕と強い抗議の意を表す」とコメントした。

 続けて、「キャファティ氏はキャスターとしての職業道徳と人としての良識に背き、マイクを通じて中国人を敵視する発言をした」と指摘、
「世界中の中国人や正義を守る人々は非常に憤慨しており、CNNとキャファティ氏に対し、発言の撤回と謝罪を要求する」と述べた。(翻訳・編集/NN)

最終更新:4月16日11時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000009-rcdc-cn

 

 このCNNキャスターに発言のどこがいけないのでしょうか?

 事実を指摘されたからいけないのでしょうか?

 中国がいつもやっているような『捏造』や『歪曲』だらけの言葉で、日本を非難することのほうがいけないと思います。happy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニー在住の中国人留学生が、「愛国平和デモ」に参加した

U3

※ 画像はイメージです。

シドニー在住の中国人が平和デモ行進

4月15日20時26分配信 サーチナ・中国情報局

 オーストラリア在住の中国人数千人が13日、シドニー市内で中国の団結・統一を守る、大規模な愛国平和デモ行進を自発的に行い、西側メディアに歪曲報道の停止を呼びかけ、暴力と虚言を非難した。

※ この記事は、「中国網(チャイナネット)日本語版」による提供です。中国網は中国国務院新聞弁公室の指導を受けて、中国互聯網新聞中心が各国語で運営する、中国政府による中国情報ポータルサイトです。URL : http://japanese.china.org.cn/

最終更新:4月15日20時26分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000061-scn-cn

 

【今日のブログ】シドニーでの「愛国平和デモ」に参加して

4月15日20時0分配信 サーチナ・中国情報局

 4月13日、オーストラリア・シドニーで中国系住民による「愛国平和デモ行進」が行われた。チベット独立派の行動やその報道を抗議するもの。北京五輪の聖火リレーの成功も期待してのものだ。シドニーに留学して1年余りという中国人留学生が、デモ行進に参加して感じたことは。以下はその話題のブログより。

----------------------------------------------------------------

 留学のためにシドニーへ来て1年余りが経過した。数日前に、友人から4月13日の予定について知らされた私は、興奮の余り睡眠不足になるほどだった。

 
13日の予定とは、シドニー在住の中国系住民による「愛国平和デモ行進」のことである。当日、祖国統一の応援と西側メディアの捏造報道に抗議するため、約6000名の中国系住民が集結した。

 集合地点には早朝から多くの人々が続々と詰め掛けたが、中国人であることを見分けることは容易であった。我々のような若年の中国人留学生達でさえ、これほどまでに祖国の尊厳と平和を望んでいるのだ。中には中国人ではないにもかかわらずこのデモに参加している人もおり、彼らは真っ赤な服と中国旗を手に、西側メディアに抗議していた。

 
中国旗で赤一面に染まった中、青いオーストラリア国旗も散見することができた。これは、中国とオーストラリアの友好関係と、オーストラリアが中国を支持していることを象徴するものであるように思えた。

 このデモの最中、様々なメディアが我々を取材に来た。取材を受けた留学生達は記者からの問いに冷静に答えていたものの、記者は聞き取れなかったに違いない。なぜならば、後ろでは愛国者達による「義勇軍行進曲」や「中国人」など大合唱が響き渡っていたからである。

 
普段は静かな公園に、この日ばかりは大声で叫ばれる中国語が響き渡った。これは中国人以外に中国の叫びを聞かせるためであり、中国語が分からない人々や西側メディアに対しても我々の気持ちは伝わったことだろう。

 デモ行進はシドニー中心部のハイドパークを目指して行われた。ハイドパークにたどり着いた時、不運なことに大雨に見舞われてしまったが、愛国の炎は消えるどころか、ますます燃えさかった。

 
我々のデモ行進は大雨の中、西側メディアに対する火のような感情と断固たる決意を確認し合い終了した。中国の国土はわずかばかりでも分割することはできない。また、中国人はみなで協力し、最も平和なオリンピックを迎えるのだ。

------------------------------------------------------------------

(出典:愛我中華之人在悉尼BLOG意訳編集)
(編集担当:畠山栄)

最終更新:4月15日20時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000059-scn-cn

 

 中国共産党ファシズム政権によるチベット大虐殺を熱烈に支持する血に飢えた中国人留学生。

 こいつもファシストの血が騒ぎ出したようです。

 せっかく外国にいるのなら、中国の真実の姿を理解すればいいのにね♪pig

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

日教組の先生方があこがれている、中国の教育の一例

A3

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません♪

中国の園児たち、迷彩服で「軍事演習」

4月15日14時21分配信 ロイター

 [天津 14日 ロイター] 中国・天津市の幼稚園で14日、そろいの迷彩服に身を包み、整列した園児たちが敬礼する姿などが見られた。これは、小学校入学前の1週間にわたるトレーニングの一環。

 準憲兵隊に姿勢を矯正されるなど、園児たちは真剣な表情で訓練に励んでいた。

最終更新:4月15日14時21分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000304-reu-ent

 

 中国好きで自衛隊嫌いの日教組の方々に、正しい教育の一例として見ていただきたいですね。

 自衛隊の軍事演習に参加するのは軍国主義だが、中国人民解放軍の軍事演習なら「平和教育だ!」とでも言うのかもしれませ~ん♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

ジャッキー・チェンも中国の犬? ― 北京五輪に反対するのは「公平ではない」と語った。

F4

※ 画像はイメージです。

五輪反対論は「不公平」=J・チェン氏、人権批判に反論-香港


4月14日7時0分配信 時事通信

 【香港14日時事】香港の俳優ジャッキー・チェン氏は14日までに米CNNテレビとのインタビューに応じ、中国の人権問題などを批判して北京五輪に反対するのは「公平ではない」と語った。チェン氏は北京五輪の「イメージ大使」として、宣伝活動に参加している。

 
チェン氏は人権侵害、環境汚染などについて「世界的な問題であり、中国だけではない」と主張。中国も変化しているが、十数億もの人口を抱えており、「1日では変わらない」と述べ、対中批判に反論した。チベット問題に関しては「政治のことは分からない」として、詳しい言及を避けた。

最終更新:4月14日10時57分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080414-00000005-jij-int

 

 今時、軍事的に侵略して併合した大規模な地域を植民地支配しているのは世界広しと言えども中国ぐらいです。

 だいたい中国というのは、日本に対しては『侵略はいけない』などというくせに、自分はチベットを侵略して当然のような顔をしているろくでもない国です。

 それに、『オリンピックまでに人権問題を解決する』とか調子の言いことをいいながらその約束をぜんぜん果たしていません!

 その侵略者でウソツキな中国を擁護するジャッキー・チェンも同じ穴のムジナと言うことでしょうか?

 世界のために中国人を皆殺しにするべきですね♪bleah

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

聖火リレーで車椅子の女性の聖火ランナーに襲い掛かった暴漢の正体は? ― 中共のスパイ!!!

B2

※ 画像はイメージです。

<聖火リレー>車椅子の中国女性走者に襲いかかる! 毅然とトーチ守り賞賛の嵐! ― パリ

4月8日23時11分配信 Record China

 2008年4月8日、チベット問題で中国政府に対する抗議行動が相次ぐ仏パリ市で、車椅子の聖火ランナーとして中国から聖火リレーに参加した女性が、毅然とした態度で暴徒から聖火を守ったとして中国国内で大きな賞賛を浴びている。「中国新聞網」が伝えた。

 現地時間7日午後0時30分、聖火はエッフェル塔を出発。セーヌ川沿いに1km離れた地点で、車椅子の中国人女性ランナー金晶(ジン・ジン)さんに手渡された。同網は、
この時、「卑劣なチベット独立支持派」の暴徒が、彼女の手から聖火トーチを奪おうとしたが、金さんは両手で固くトーチを握り締め、毅然とした表情で暴徒に抵抗したと紹介。この姿が中国国内で報道されると、全国から賞賛の声がメディアやネット上に殺到。メディア各社は彼女に関する特集を組んで報道したとしている。

 金さんは上海出身で今年27歳。18歳のときに悪性腫瘍で右足を切断。その後、上海市車椅子フェンシングチームに参加、数々の世界大会にも中国代表選手として参加している。(翻訳・編集/本郷)


最終更新:4月8日23時11分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080408-00000036-rcdc-cn&kz=cn

 

五輪トーチ中国人ランナーを攻撃したチベット人らしき男性、偽装か


 【大紀元日本4月12日】北京五輪リレーが海外で遭遇した抗議の波が中国国内で伝えられたのは、北京当局を支持する海外中国人が赤い旗で歓迎する場面や、「チベット暴徒」が中国人ランナーからトーチを奪おうとする場面だけだった。中でも、パリ・リレーでチベット旗の帽子を被る男性が障害者の中国人女性ランナーの手からトーチを奪おうとする一枚の写真が、中国各報道機関及びニュースサイトで広く報道され、全国中に愛国の機運が高まり、「チベット独立チンピラ」に対する憤慨を招いた。

 
中国国内多くのサイトの掲示板で、ネットユーザーらが、このチベット人らしき男性の身元について徹底に調査し、復讐行動を取ろうとする行動を始まった。しかし、調査の結果、複数のネットユーザーが、中国国営報道機関に発表される写真の中から、リレーのルートに行く前の場面で、この男性が中国の国旗を持つ中国大陸の留学生らしきものと一緒に仲良く歩いている写真を見つけ、男性は中共当局が雇ったスパイでチベット人に扮して中国人ランナーを攻撃したのは北京当局の偽装であるとの説をネット上で広げた。反チベット人の愛国感情が突然、当局への不信感に転換し、北京五輪は民衆の利益とは無関係で、中共当局の政治宣伝に利用される手段であるとの批判態度に一変した。

――――― < 中略 > ―――――

 ネットユーザーの指摘によると、中国国営テレビ局CCTV2チャネルが在仏の中国人女性留学生・邱羽さんを取材した内容の中、邱羽さんが、「留学生の友達の中に、顔の黒いチベット人に似ている一人が、毎日300ユーロの日給でチベット人に偽装してリレーを撹乱するようにと誰かに雇われている人がいる。もし撹乱の場面がテレビで取られたら、給料がもっと上がる」と話したという。

 同情報を提供したネットユーザーらのコメントによると、
中央テレビの狙いは、チベット人独立運動支援者らがあらゆる活動して北京五輪せい火リレーを撹乱しようとする目的を非難することだが、中国人留学生を募ってチベット人のイメージを悪くしようという画策を図るのが、チベット人組織であるとは考えにくいとしている。

 同ネットユーザーは、ドイツ・ナチスの国会放火事件に喩えて、
スパイを雇って暴力事件を起こさせ、それを口実にして相手を弾圧する手段は、独裁体制の国家が民衆を迫害する一貫の手法。「六四天安門事件、法輪功弾圧のための天安門焼身自殺事件、ラサ・チベット人放火騒乱事件、すべて同じ手段を繰り返した」と当局を批判した。

 各掲示板でのこの話題に関する発言は、今日すでに削除が始まっている。


(報道・肖 シンリ)
大紀元時報(08/04/12 16:46)


http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d32396.html

 

 車椅子の女性の聖火ランナーを襲ったのは中国共産党のスパイでした!

 さすがは中共! 薄汚いことをやらせたら、中共より右に出るものはいませんね。

 もしかするとこの車椅子の女性ランナーもグルではじめから知っていたのかもしれません。

 こんなテロ国家は一日でも早く滅亡してほしいです!angry

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/04/12

「コカコーラはチベットの独立を支持している!?」事態を重く見たコカコーラ社が謝罪。

A1

※ 画像はイメージです。

<チベット>コカコーラのポスターは「独立を支持」?! 不買運動広がる ― 中国


4月11日18時50分配信 Record China

 2008年4月10日、ドイツの駅に貼られたコカコーラ社のポスターが、「チベット独立を支持している」と中国ネットユーザーの批判の的になっている。問題のポスターは、ジェットコースターを楽しむ数人の僧侶の写真に「make it real」という内容のキャッチフレーズが掲げられたもの。中国のネット上では、コカコーラの激しい不買運動が起こっている。人民日報国際版「環球ネット」が伝えた。

 「環球ネット」によると、ドイツ在住の中国人がこのポスターを見つけ、中国の大手コミュニティサイトに「ドイツでチベット独立を支持するポスターを発見」と写真付きで投稿。
「ジェットコースターを楽しむ3人の僧侶は『チベット僧』を表し、ジェットコースターは『自由』を意味している。つまり『make it real』は『自由を実現させよう』という意味にしか取れない」と書き込まれた。

 
これがきっかけとなり、ネット上は「コカコーラは2度と飲むな」と大変な騒ぎに。一部では「無理なこじつけでは?」と疑問を呈する声も聞かれるが、圧倒的に「コカコーラ批判派」が多いという。

 事態を重く見たコカコーラ(中国)飲料有限公司は、すぐに声明を発表。
「ポスターは03年に作成された古いもので、政治的な意味合いはない。キャッチフレーズは『新しいことにチャンレンジする勇気を持とう』という意味」と説明した上で、「中国人消費者に、不快な思いをさせてしまったことをお詫びする」と謝罪した。問題のポスターもすでに撤去されているという。(翻訳・編集/NN)

最終更新:4月11日18時54分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080411-00000028-rcdc-cn

 

 なぜ、コカコーラ社は謝罪したのでしょうか?

 チベットの大虐殺を支持するのでしょか?

 中国の人権弾圧はもはや国際的な問題です。

 人権に国境などないのです。

 そういうことを世界中がひとつになって中国のファシズム政権に対して説いていかなければいけないのです。

 コカコーラ社もそういう価値観を共有するべきではないのでしょうか?

 あまりにも金儲け主義に走っているとしか言いようがありません。

 中国の人権弾圧や北京ジェノサイドオリンピックには『NO!』という言葉を突きつけましょう。

 

 ちなみに、コカコーラは北京オリンピックの公式スポンサーだそうです~♪happy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セックスのことしか考えていない韓国人

B3

※ 画像はイメージです。

宇宙でのセックスは可能か

 大韓民国も本格的な宇宙時代に突入した。

 
8日、イ・ソヨンさんがソユーズTMAに乗って宇宙へと飛び立つと、空軍は2017年までに韓国人の宇宙船操縦士を育成すると発表し、雰囲気を盛り上げた。

 イさんは19日まで宇宙空間で各種実験を行うが、宇宙で数カ月、何年もの時間を過ごす飛行士は根本的な欲求をどのように解消しているのだろうか。宇宙船での性行為はドキドキした興奮を抱かせてくれるのだろうか。多くの女性がオルガスムを感じるとき、体がまるで浮かんでいるようだと話すが、無重力状態ではオルガスムが増大するのだろうか。

 
外国では『宇宙でのセックス』(ローラ・ウッドマンシー著)『最後の任務』(ピエール・コーラー著)など、宇宙での性行為を本格的に扱った本も少なくない。これらの本といままでのメディアの報道を合わせると無重力状態でのセックスはそう簡単なものではない。

 1990年代中盤に欧米のマスコミは宇宙飛行士の実名まで取り上げ、米国とロシアが宇宙飛行士に性行為をさせたと報道したが、信憑性が低いものと見られている。ベテラン宇宙飛行士のロシアの英雄タルガト・ムサバエフさん(カザフスタン国籍)は「宇宙でのセックスは絶対ありえない」と断言した。ムサバエフさんは宇宙飛行士が妊娠すれば胎児に深刻な奇形を招くかもしれないので性行為は夢にも思わない」と説明した。

 
妊娠など後日の問題を論じる前に、無重力状態でのセックス自体が容易ではない。科学作家のベナー・ボンタ氏は夫とともに無重力飛行をシミュレーションをした後「キスさえも簡単ではなかった」と告白した。また無重力状態では血圧が低くなり、下半身をめぐる血液量が減少するので勃起さえ困難だ。

 米航空宇宙局(NASA)は体位に関する研究も行ったものと見られている。英国日刊紙「ガーディアン」の報道によるとNASAが10年以上体位に対する研究を行い、96年「STS-XX」プロジェクトを通じて20種類の体位を選定し、コンピューターシミュレーションと動物実験を行った。

 
これによると4種類の体位は特別な装備なく行うことができ、6種類の体位は特殊な装置を使用しなくてはならない。別名「宣教師体位」と呼ばれる正常位をはじめとする10種類はそれ自体が不可能だった。ピストン運動に重力を加えることができないからだ。やっとのことで体を結合させても無重力状態では汗と唾液など体液が蒸発せず「愛」を妨げる。その上、少し動いただけでもめまいがする「宇宙酔い」のせいで行為を続けるのが難しい。嘔吐用の袋を準備しなければならず射精した後の精子も空間をふわふわと漂う。

 したがって当分の間、宇宙飛行士の性欲を解決する方法はないようだ。「必要は発明の母」という。宇宙旅行が一般化される前までには人工重力や仮想セックスなどの解決策が出てくるかもしれない…。

イ・ソンジュコメディドットコム代表/中央日報 Joins.com
2008.04.11 10:09:59

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=98612&servcode=300§code=330

 
 韓国人はどこまで変態なのでしょうか?

 あまり関わらないほうがいいですね♪catface

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

「映画『靖国』上映中止への抗議会見」を抗議する!

Aa3

※ 画像はイメージです。

李監督、映画『靖国』上映中止への抗議会見

4月10日18時13分配信 オーマイニュース

 10日、東京都や大阪府でドキュメンタリー映画『靖国』の上映を見送る映画館が相次いでいる問題で、李纓(リ・イン)監督らが、東京・永田町の参議院議員会館で会見を開いた。

 李監督は、3月上旬に一部市民の反発が予想されることに対して、各映画館と積極的に対応していくと話したとした上で、「彼らが考えを変えてしまったのは、理解しがたい」と反発した。

 李監督のほか、著名なジャーナリストらも会見に出席。田原総一朗氏は「『靖国』を観て『これは反日ではない』と言う右翼もいる。私も、全く反日映画でないと思う」と話し、筑紫哲也氏は「大事なことは、誰もが自分の好きな映画を観ることができ、その映画が好きでない人とも自由に論議できる社会を創ること」との抗議文を発表した。

(4月10日、東京・永田町で)
(記者:山本 宏樹)

最終更新:4月10日18時19分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000013-omn-soci

 

 たとえば、日本人が中国で反中映画を作ったって上映できないのに、なぜ中国人が日本で反日映画を作って上映できないと抗議するんだ?

 李よ、田原よ、筑紫よ、

 中国に対しても同じくらいの情熱で『言論の自由』を訴えてみろ!

 結局、こいつらって御都合主義じゃないのか!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

「日本の町村信孝官房長官が聖火リレーの妨害を批判」と中国メディアが報道

Z7

※ 画像はイメージです。

日本など数カ国が聖火リレーの妨害を批判

 ここ数日来、日本、ロシア、ハンガリー、カザフスタン、フランスなどの政府高官、学者、メディアが、北京五輪聖火リレーへの破壊行為を批判し、北京五輪ボイコットへの反対を表明している。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 ロシアのグリズロフ下院議長は8日、北京五輪ボイコットの動きを厳しく非難。「政治問題は他のルートで解決されるべきだ」「いかなる状況が発生しようとも、北京五輪は計画通り行われるべきだ」「オリンピックは祭日であり、(私たちは)その破壊をもくろむ者を見たくはない」と述べた。

 ジューコフ副首相も同日「オリンピックは国際的な大イベントだ。ロシアはオリンピックのボイコットに反対する。いかなる北京五輪ボイコットも受け入れられない」と述べた。

 日本の町村信孝官房長官は8日の記者会見で「北京五輪はスポーツの祭典であり、全世界の人々が北京五輪の成功を期待している。この意味から言って、暴力的活動を伴う抗議行動は断じて好ましいものではない」と述べた。

 高村正彦外相も同日、別の会見で「暴力は良くない」「いかなる理由であれ、聖火リレーを暴力で阻止する行為には賛同できない」と述べた。

 カザフスタン戦略研究所のクシクムバエフ副所長は記者の取材に「政治とスポーツを結びつけるべきではない。西側の一部の政治屋は北京五輪のボイコットによって何らかの政治目的を達成しようと企み、『チベット独立』を鼓吹する者たちは聖火リレーの途中で騒動を起こしているが、これらはみな間違っている」と述べた。

 フランスの「欧州時報」は8日の社説で、「オリンピックの理想の1つの重要原則は、政治制度、イデオロギー、文化伝統、肌の色の違いを乗り越えることだ。スポーツの政治化はオリンピック精神に反する」と指摘した。(編集NA)

中国共産党機関紙・人民日報「人民網日本語版」2008年4月9日

http://j.people.com.cn/2008/04/09/jp20080409_86508.html

 


聖火リレー妨害「好ましくない」=町村官房長官、中国にも注文

4月8日11時1分配信 時事通信

 町村信孝官房長官は8日午前の記者会見で、英仏で行われた北京五輪の聖火リレーを中国のチベット弾圧に抗議する活動家らが妨害したことについて「北京五輪の成功を世界中が期待している。暴力的活動を伴う行為は好ましくない」と批判した。同時に「チベットに関する国際世論に中国も応えなくてはならない」と指摘、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世との対話など、中国政府にも注文を付けた。

最終更新:4月8日11時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080408-00000046-jij-pol

 

 8日午前、町村信孝官房長官の記者会見。

 中国メディアは前半の聖火リレーへの妨害を批判した発言だけを引用して報道しましたが、後半の中国政府に対する注文の部分は全くふれませんでした。

 このようにして中国では都合のいいことだけを報道して、都合の悪いことは全くふれず、事実が歪曲されていくさまがよくわかりますね。

 中国って、本気で北京オリンピックを成功させるつもりがあるのでしょうか?

 このままでは何も解決されずに北京オリンピックを迎え大失敗に終わるでしょう。happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

「まるでヤクザ!」聖火をガードする中国の特別警察が犯した暴力行為!

A5

※ 画像はイメージです。

「まるでヤクザ!」=ロンドン五輪委員会会長、せい火の中共警備を糾弾

 【大紀元日本4月8日】海外最長ルートを計画し、北京五輪の宣伝効果を狙ったはずのロンドンでのせい火リレーは7日、予定の祝典のどころか、千人の抗議者にも出た抗議多発の大失敗となった。英国メディアの報道によると、2012年ロンドンオリンピック委員会のコー会長が、せい火をガードする中国の特別警察がリレー中に抗議者やランナーに対して犯した暴力行為について、「恐ろしいヤクザの行為だ」と糾弾した。

 1980年と1984年オリンピック金メタリストのコー会長が、ロンドンでの出来事についてのある電話会議の中、この発言をしたという。
「パリでは彼らを追い出すべきだ。彼らは三回も私を道路から追い出そうとした。本当に恐ろしい。彼らはヤクザだ」。

 英国のテレビ局チャネル4によると、同テレビ局がロンドンオリンピック委員会事務室に電話をかけた際、混線しで偶然にコー会長の電話会議ラインとつながり、同発言を録音することができた。

 7日に起きたロンドンでの大混乱は、現地当局とオリンピック委員会とも恥の上塗りとなった。
納税者のお金を使い、共産中国の武装警察と彼らの暴力的な手法を英国に輸入してリレーをコントロールしようとした当局を市民らは批判した。

 せい火リレーのランナーの一人、ハグ選手も自分が走る際、中国の警察に命令されたと話した。
「青い服を着ていた男性らは、みんなを困惑させた。まるでロボットのように……私に指示や命令を出したり、私がトーチを持つ手を強制に上に挙げさせたりした」。

 ハグ選手によると、「リレーの前に、中国の警察ガードは、英国の警察とオリンピック関係者とも衝突があったようだ」という。

 
五輪せい火リレー各国でのルートを無事に終わらせるため、中国当局が昨年8月に、全国各地から数十人の武装警察を応募し、国内担当(四十人)と海外担当(三十人)を配置した。

 
ロンドンでのリレーでは、青い服を着た中国からの14人のボディーガードがせい火を厳重に囲み、近くからの抗議者に暴力をふるう場面もあった。

 フリーチベット運動組織のマット・ウイッティケース氏が、これらの中国の特別警察について、政府に問い詰めた。
「誰が彼らに権限を与えたのか。彼らは英国の街頭で司法権を行使できないはずだ」。

 せい火リレーは抗議リレーになり、リレーを巡り多くの後遺症を現地に残した。招聘側の五輪委員会と市警察署の間で、責任追及の論争が起こった。

 報道によると、イベントを組織したGLA(The Greater London Authority)は、
「北京組織委員会が彼らをつれてきた。それは北京の責任だ」と責任は北京五輪協会にあると話した。

 
北京五輪協会は、「私たちとは無関係である。彼らの市政府及びGLAとの関わりはGLAが責任を持つべき」と回避した。

 一方、市警察は、護衛の警官らがローラースケートでヘルメットをかぶり、せい火ランナーを取り囲むようにしていたのは、まったく間抜けな姿のように見えるとして、怒っているという。また、せい火リレーの大失敗で、英国は笑いぐさになったと話しているという。


(翻訳/編集・肖シンリ)
大紀元時報(08/04/08 19:58)


http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d14691.html

 

 中国もヤクザを外国に派遣してどうするつもりなんでしょうね?

 でもまぁこれで、相互理解が深まるでしょう!

 オリンピック精神ってすばらしいですね♪dog

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

パリ・北京五輪聖火リレー中止

Photo

※ 画像はイメージです。

五輪聖火、一時消える=妨害続発でリレー打ち切り-パリ

4月8日2時0分配信 時事通信

 【パリ7日時事】北京五輪の聖火リレーが7日午後、パリで行われた。仏当局は警察官3000人を動員するなど厳戒態勢を敷いたが、中国を批判するチベット人側の支援者による妨害が続発したため、聖火を何度もバスに移し、その際に一時、火が消された。五輪の聖火リレーで聖火が消されるのは異例。当局は妨害が激しいため、リレーを途中で打ち切った。

 騒ぎは出発点のエッフェル塔を聖火が出た直後から発生。チベット旗を掲げた男2人がリレーコースに座り込んで捕まり、数分後にロープを越えて聖火に近寄ろうとしたジャーナリスト団体「国境なき記者団」の活動家2人も拘束された。

 警察の聴取を受けた活動家は計8人、拘束された人も少なくとも5人に上った。聖火はエッフェル塔から200メートルの地点で早くもバスに「避難」する異例の事態となった。

 パリ市内のコースは当初28キロで、計80人がリレーし、凱旋(がいせん)門、シャンゼリゼ通り、コンコルド広場、パリ市庁舎などを通過して同日午後5時(日本時間8日午前零時)に市南部のシャルレティ競技場に到着する予定だった。

 しかし、出発から十数キロの国民議会(下院)の地点でリレーを打ち切り、聖火はバスに移され、予定より30分遅れて最終目的地に到着した。聖火はこの後、サンフランシスコに向かう。

最終更新:4月8日2時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080408-00000008-jij-int

 

 人権大国フランスでは、北京ジェノサイドオリンピックの聖火リレーはできませんでした。

 まぁ、あたりまえといえばあたりまえでしょうか?

 「平和でより良い世界の建設に貢献する」ためには、今の中国のままでオリンピックを開催させるわけにはいきません。

 オリンピック精神にのっとり、北京ジェノサイドオリンピックを中止させましょう!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「聖火リレーを妨害しようとした『チベット独立派』の活動家の恥ずべき悪事については、多くのロンドンの住民も憤りを示した」なんてウソです!

A4

※ 画像はイメージです。

中国、ロンドン聖火リレーでの抗議は「恥ずべき」と非難

4月7日11時28分配信 ロイター

 [北京 7日 ロイター] 新華社は7日、ロンドンで行われた北京五輪の聖火リレーを妨害しようとした活動家らの行為を「恥ずべき悪事」だと非難した。6日にロンドンで行われた聖火リレーでは、チベット騒乱での中国政府の姿勢に対する抗議行動が相次ぎ、警察当局が少なくとも35人を拘束するなど、コース周辺は騒然とした。

 新華社は、北京五輪組織委員会(BOCOG)のスポークスマンは今回の抗議行動を強く非難していると報道。
「聖火リレーを妨害しようとした『チベット独立派』の活動家の恥ずべき悪事については、多くのロンドンの住民も憤りを示した」としている。

 聖火は7日にパリに到着し、その後は米サンフランシスコに向かうが、どちらもコース周辺は緊迫することが予想される。


最終更新:4月7日11時28分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000813-reu-int

 

聖火リレー妨害は「民主主義の勝利」、英各紙は好意的

2008年04月07日 13:18 発信地:ロンドン/英国

 【4月7日 AFP】(一部訂正)7日の英新聞各紙は、前日ロンドン(London)で行われた北京五輪の聖火リレーでの妨害行為を「民主主義の理想の勝利」と好意的に報じた。

 6日の聖火リレーでは、チベット(Tibet)暴動への対応をめぐり中国政府に抗議するデモ隊が市内を通過する北京五輪の聖火を消そうとするなどして、警官隊と衝突、37人が逮捕された。

 大衆紙サン(Sun)は、
「民主主義の勝利だ。合法的かつ平和的にデモを行う権利が尊重される国に住んでいるわれわれは幸せだ」と報じた。

 デーリー・メール(Daily Mail)は社説で
「ひとつ確かなことは、ここ(英国)は中国が望むようなプロパガンダの勝利とはかけ離れた世界だということ」と述べた。

 タイムズ(The Times)は、
「中国は今回のデモで、五輪を自分たちの都合で捉えることはできないと気づいたはずだ。聖火リレーはあらゆる権利を象徴するもので、中国の栄光を示すためのものではない。むしろ(ロンドンでの聖火リレーは)チベット問題への抗議を浮き彫りにしただけでなく、統制の及ばない不穏や混沌を内在するのが寛容な社会の本質だということを示す機会となった」との評論を掲載した。

 デーリー・ミラー(Daily Mirror)は社説でデモ隊の立場を支持。
「デモ隊の行動は、中国が行ってきた人権侵害に対する抗議として的を射ている」と論じた。

 インディペンデント(The Independent)の社説は、北京五輪が掲げる聖火リレーの「調和の旅(journey of harmony)」というテーマを引用。これまで数々の妨害行為が行われてきた経緯を踏まえ、
「もはや調和の聖火とは言えない。聖火リレーを今後どうするべきか?」と述べて聖火リレーを続けることへの疑問を呈した。(c)AFP

afp bb news

http://www.afpbb.com/article/politics/2375053/2806103

 

 中国の新聞によればロンドンでの聖火リレーへの妨害に対してはロンドンの住民も憤りを感じたことになってますが、そのロンドンのメディアの論調は押しなべて民主主義の勝利を謳っています。

 中共ってこんなウソばっかりついていてむなしくないのでしょうか?

 チベット人大虐殺こそが最も恥ずべき行為です!angry
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

中国御用学者「大チベットという国が存在した事実はない」と断言

G3

※ 画像はイメージです。

嵐の予感! 民族学者、「大チベットという国が存在した事実はない」と断言 ― 中国

4月6日9時47分配信 Record China

 2008年4月3日、新華社サイト「新華網」は国務院新聞弁公室が2日、国内外の記者を招いてチベット問題に関する会見を開いたと伝えた。

 会見の席上、中央民族大学喜饒尼瑪(シーラオニーマー)副校長は記者団に対し、
「ダライ・ラマが主張する『大チベット』とは現在の自治区だけでなく、四川省、甘粛省、雲南省、青海省を含めた地域を指すもので、これらの地域が中国の歴史上において『大チベット』であった事実はない」と述べた。

 これに続き、「西蔵(現チベット自治区)」は元(1271年~1368年)の時代には中央政府による直接統治下にある1行政区域として地図に画かれており、王朝や政権は変わっても、現在に至るまでずっと中央政権の管轄下にあったと記事は説明。「大チベット」という概念は、中国の分裂を画策する帝国主義者の陰謀だと指摘した。国外に逃亡しているチベット分裂分子は「チベット民族居住区」と「チベット自治区」という2つの異なった概念を故意に混同しており、「チベット民族居住区」を政治実体に仕立てようと企んでいると記事は結んでいる。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:4月6日9時47分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000002-rcdc-cn

 

 チベットが他の民族に支配されていたのは元と清の時代のみ。

 その前の時代や間の時代は独立国として存在していたのは皆さんご存知のとおりです。

 「清の時代の最大の領土」を自国の領土だと強弁している中共にとしてはチベットが自国領であると主張したいのでしょうが、まったく根拠のない話です。

 また、御用学者は中共の指示通りにしか発言しませんから何の参考にもなりませんね。

 全世界のためにこんな猿芝居は一日でも早くやめさせましょう!impact

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/04/06

ラサへの観光、5月1日から再び開放に「ラサの状況は騒乱発生前より平穏」?

Ab2

※ 画像はイメージです。

ラサへの観光、5月1日から再び開放に

 拉薩(ラサ)市政府はこのほど、5月1日から国内外の旅行客に対し、ラサへの観光を再び全面的に開放する決定をした。

 観光業はいまやラサの中心産業へと発展し、観光業の就業者数は直接的には2万6千人余り、間接的には14万人余りに上る。またラサに訪れた国内外の旅行客は昨年、270万人を突破、今年は30%増の330万人を目指す。
ラサ市では「3・14事件」の発生以降、観光業の経済的な打撃は大きく、国内外の団体ツアーはキャンセルが続き、現地の旅行関係者の多くは失業または半失業状態になっている。

 ラサの情勢が安定するつれ、国内外の旅行会社や旅行客からラサの旅行会社やホテルなどへの問合せの電話がひっきりなしに鳴り始めた。現在、各ホテルではいつでも受け入れができるよう、スタッフの教育やインフラ整備に忙しい。関係部門では観光業をできるだけ早く復興するため、旅行関連企業に対する課税や商工業費の減免措置を検討しているという。(編集KA)


中国共産党機関紙・人民網日本語版 2008年4月5日

http://j.people.com.cn/2008/04/05/jp20080405_86347.html

 
 
ラサ、5月から観光客受け入れ再開へ


4月3日19時6分配信 産経新聞

 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信は3日、大規模騒乱が起きたチベット自治区の区都、ラサへの外国人を含む観光客の受け入れが5月1日から再開される見通しだ、と伝えた。チベット日報も同日、党幹部が観光業界との座談会で、「不法分子800人以上を拘束、5月1日までに判決を下す」と指摘したうえで、「ラサの状況は騒乱発生前より平穏」と述べたと伝えた。

 同紙は今年は観光客が昨年の270万人(延べ)を超え330万人(同)に増加すると指摘した。一方、同日、騒乱が飛び火した四川省アバ・チベット族チャン族自治州の幹部が初めて記者会見し、現地の平静ぶりを強調した。
だが、海外メディアの立ち入りについては別問題との考えを示した。

最終更新:4月3日19時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000933-san-int

 

 ラサへの観光は来月の1日から解放されるようですが、本当にラサの状況が騒乱前より平穏ならばもっと早く観光客を受け入れないのでしょうか?

 また、「海外メディアは別」という根拠も理解できませんね。チベットではいまだに大虐殺がつづけられているようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

「ダライ・ラマは親ナチ?」(爆笑)

K2

※ 画像はイメージです。

「ダライ・ラマは親ナチ」の資料出回る

2008.4.4 19:36

 【ワシントン=山本秀也】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、ナチス高官やオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚と親交があったとする資料が、米議会当局者の間で出回っている。在米中国大使館員らが回覧していた資料が、電子メールで議会スタッフらに送られ明るみに出た。ダライ・ラマ訪米を今月中旬に控え「中国政府による個人攻撃だ」(スミス下院議員)などと、あきれる声が強い。

 「ダライ・ラマの隠れた真実」と題した写真つきの英文資料など3種類で、中国語が併記されたものもある。1930年代末のナチス高官との交流や、麻原死刑囚が80年代にダライ・ラマを訪ねた際の写真など、
ダライ・ラマが独裁者や危険人物と交流を重ねたとする内容で、仏教の「卍」を逆向きにし、ナチスの「かぎ十字」と並べた変造らしい写真もある。

 資料の存在を明らかにした下院外交委員会スタッフ、デニス・ハルピン氏は、「非生産的だ」と論評。産経新聞が入手したメールをたどると、ハルピン氏らに資料が送られたのは3月31日。27日には、在米中国大使館員ら10人あまりの間で回覧されていたことが分かった。

MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080404/chn0804041935004-n1.htm

 

 中国共産党の幼稚な捏造工作は今や世界の笑いものです。

 この程度では子供もだませませんね。

 南京大虐殺の幼稚な捏造写真も笑える日が早くくればいいですね♪wink

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

海外メディアの取材を受けたので、懲役3年6ヶ月

Ab2

※ 画像はイメージです。

人権活動家・胡佳氏に懲役3年6月=言論活動で国家転覆扇動罪 - 中国

4月3日13時1分配信 時事通信

 【北京3日時事】北京市第一中級人民法院(地裁)は3日、中国の著名な人権活動家、胡佳氏(34)に対し、国家政権転覆扇動罪で懲役3年6月、政治的権利剥奪(はくだつ)1年の有罪判決を言い渡した。

 中国当局は北京五輪を前に人権活動家への締め付けを強化しているが、胡氏への実刑判決に対して欧米諸国などで批判が高まるのは必至だ。チベット暴動に関連した五輪ボイコットの動きが広がる可能性もある。

 新華社電によると、判決は「中国の政治・社会制度を中傷し、悪意あるうわさを広めた」と胡氏を指弾。2006年8月から07年10月にかけ、海外のウェブサイトに「1国2制度」などに関する評論を寄稿し、
外国メディアの取材を受けたことが「政権転覆扇動」に当たるとされた。

最終更新:4月3日13時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000064-jij-int

 

「外国記者の取材」違法 著名民主化活動家に3年6月実刑

2008.4.3 19:43

 【北京=野口東秀】国家政権転覆扇動罪で起訴された中国の著名人権活動家、胡佳氏(34)の判決公判が3日、北京市中級人民法院(地裁)であり、懲役3年6月、政治権利剥奪(はくだつ)1年の実刑判決が言い渡された。胡氏の弁護士によると、裁判所は胡氏の論文や海外メディアの取材を受けたことなどが同罪を構成するとした。幅広い解釈が可能な法律の恣意(しい)的ともいえる運用で、言論を標的にした判決に国際社会の批判が高まるのは必至だ。

 胡氏は北京五輪開催にも反対し、活動家の中枢的な人物として国際的にも注目されていた。ライス米国務長官が2月に訪中した際などに懸念を表明、欧州議会も1月、釈放を求める決議を採択している。

 裁判所前で弁護士は、有罪の根拠となった胡氏の論評はインターネットに掲載した「(香港などに適用している)1国2制度は必要ない」「党大会前の公安当局による人民の権利侵犯」などと指摘した。判決後、国営新華社通信(英文)は「中国の政治・社会制度を中傷し、悪意あるうわさを広めた」と糾弾した。

 
中国では、どのような言論が「国家政権転覆扇動罪」に当たるのか、その解釈が不明との指摘は多い。当局は伝家の宝刀のごとく多くの活動家に同法を適用しているのが実情だ。弁護士も「私たちにもわからず、当局が勝手に解釈できる。政府批判しただけで適用される」と批判した。

 「海外メディアの取材を受けるな」は、当局の“常套(じようとう)文句”で、反体制的な人物に対して頻繁に使われている。著名な元人権派弁護士、高智晟氏の場合、当局から外国記者の取材を受ければ家族の生活に影響すると言われたという。取材を受けなくなった高氏については当局が「態度は良好」との評価を下していると、関係者は話した。

 胡氏とともに中国の人権状況を批判する文書を公表した弁護士、藤彪氏は今月初旬、容疑名も告げられず2日間拘束された。「(海外)記者と接触すれば再拘束する」と言われたという。

 
通常、当局は外国人記者の取材を阻止することはできない。胡氏も当局から警告されてはいたが、逮捕前は本紙を含め外国人記者の取材を幅広く受け入れた。それが知名度を高める要因にもなっていた。今回の判決は幅広い解釈が可能な「国家政権転覆扇動罪」を使い、反体制的な人物に対する警告を狙ったといえる。

MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080403/chn0804031942009-n1.htm

 

 海外メディアの取材を受けただけで3年6ヶ月も刑務所に入れられるだなんてろくでもない国ですね。

 中国が一日でも早く崩壊することを望みます~♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

チベット大虐殺・小学校で生徒たちが教師の書いた『ダライ集団』の批判文を強制的に読まされる

A6

※ 画像はイメージです。

チベット:教師の「ダライ集団批判文」小学校に掲示

4月2日13時10分配信 サーチナ・中国情報局

 4月1日、チベット自治区ラサ(拉薩)市城関区の吉崩崗小学校のロビーでは児童たちが教師らの書いた「ダライ集団」の批判文を読んでいた。

 この批判文は3月14日にラサで発生した暴動を受け、教師たちが中国語とチベット語で書いたもの。児童たちに「よく勉強し、熱烈に祖国を愛するように」とのメッセージを送っているという。(CNSPHOTO)

最終更新:4月2日13時10分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000018-scn-cn

 

 ダライ集団の批判文を善悪の判断もできないような子供たちに読ませるだなんてずいぶん乱暴な話ですが、こういう話って日教組の人とかはどう思うんでしょうね?

 「よく勉強し熱烈に祖国を愛するように」って、愛国心は自然に湧き出るものではないようですね♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

「人民元のパロディー紙幣は許さぬ!」 毛沢東主席の肖像を閻魔大王に替えていることも…

Red_devil

※ 画像はイメージです。

先祖供養で当局「人民元のパロディー紙幣は許さぬ!」

4月1日6時2分配信 サーチナ・中国情報局

 中国新聞社電などによると、墓参が習慣になっている4月4日の清明節を前に、中国各地の工商部門は「先祖の供養のため」として燃やす習慣がある「冥幣」の製造や販売の取り締まりを強化している。

 「冥幣」は「紙銭」とも呼ばれ、先祖のために燃やす習慣がある。文化大革命時代などには迷信として厳しく批判されたが、1990年代から再び盛んになった。
当初は簡単に紙幣を模した図柄だったが、その後、「あの世で楽しく暮らせるように」と、家電製品、自動車、住宅、小姐(若い女性)を模した「冥幣」も作られ、問題になった。

 当局は、「冥幣」を燃やす習慣を改めて「封建的迷信だ」と批判。また、中国の中央銀行である「中国人民銀行」もじり、発券銀行を「中国冥民銀行」などとして、実際の人民元に近いデザインで、
毛沢東主席などの肖像を閻魔大王に替えている「冥幣」が多いことも、「通貨の模造品を作ることは法律で禁じられている」などとして問題視している。(編集担当:如月隼人)

最終更新:4月1日6時24分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000000-scn-cn

 

 文化大革命などで中国人を7000万人も虐殺したと言われる人類史上最大最悪の虐殺者・毛沢東。

 その毛沢東の肖像が閻魔大王に替えられたら、閻魔大王だって怒りますよ♪happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

『人権よりも金』日産、チベット大虐殺でリチャード・ギアのCMドタキャン!

A5

※ 画像はイメージです。

日産 苦渋の選択“リチャード・ギアよりも中国が大事”


3月28日10時1分配信 日刊ゲンダイ

 リチャード・ギアといえばご存じ、ハリウッドの大物俳優。そのギアのCM起用を日産がドタキャンした。今後、ギアと日産の間でひともんちゃく起こりそうな気配だ。

 同社がギアに出演依頼したクルマは「ティアナ」。大人の高級セダンをコンセプトに03年に発売された人気車種だ。業界関係者が言う。

「日産はギアの洗練された雰囲気を評価して起用を検討。出演交渉を続け、3月7日に採用を決めた。予定では3月下旬に正式契約を交わし、4月9~11日に撮影を行うはずでした。契約金は160万ドル(約1億6000万円)とみられています」

 
ところが、この動きに水を差す事件が起きた。チベット暴動だ。騒乱は3月10日にラサで始まりチベット自治区から一気に拡大。一説に死者130人とも伝えられる。

 この暴動がなぜ、日産を及び腰にさせたのか?

 
実はギアは以前からダライ・ラマを熱心に支援し、中国政府批判を繰り返してきた。93年のアカデミー賞授賞式では「中国政府がチベットを抑圧している」と発言。今回は北京五輪ボイコットを呼びかけている。
「そんなギアを起用したら中国政府の反感を買うのは必至。日産は2月末に中国での08年度の販売目標を50万台と発表した。中国政府を怒らせてしまったら目標達成どころか、中国市場から追い出されかねないと懸念し、18日に中止を決定したようです。正式契約の直前だからサインはしていませんが、実際は契約を結んだも同然。ギア側は“約束を破られた”と不快感を示し、法廷闘争の構えを見せているとか。仮に日産が160万ドルを払ったとしても、さらなる違約金を要求してくるかもしれません」(前出の関係者)

 日産広報部に事実関係を問い合わせたところ、「コメントできません」との回答だった。

 チベット暴動と中国政府の板ばさみで苦しむ日産。事前のリサーチが甘かった。

最終更新:3月28日10時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000012-gen-ent

 

リチャード・ギアCMドタキャン? 日産は「お答えできない」

3月31日17時25分配信 J-CASTニュース

 中国チベット自治区での大規模な騒乱を受け、予定していた俳優のリチャード・ギアさんを起用したCMを日産自動車が取りやめたとする一部報道について、同社は「発表前のCM情報についてはお答えできない」と述べている。ほんとはあったのか、なかったのか?

 2008年3月25日の日刊ゲンダイは、日産がリチャード・ギアさんを起用したCMを「ドタキャンした」と報じた。同紙によれば、
日産は、高級セダン「ティアナ」のCMにギアさんを起用する予定で、08年4月から撮影を行うはずだった。しかし、中国チベット自治区での騒乱を受けて、ギアさんが北京五輪のボイコットを呼びかけたことから、中国市場での影響を考えた日産がCMの中止を決定した、と報じている。

■ 2008年度の中国市場での販売目標は50万台

 日産自動車は08年2月25日に、2008年度の乗用車と小型商用車を合わせた中国市場での販売目標を50万台と発表。3つの新型車を中国に08年度中に投入する予定だ。

 北京五輪へのボイコットを呼びかけるギアさんをCMに起用するとなれば、中国市場での躍進に歯止めがかかる可能性も、当然のことながら予想される。そもそも、ギアさんを起用したCMの予定はあったのか。

 日産自動車はJ-CASTニュースに対し、


「車種にかかわらず、販売、放送前のCMについて、正式発表前の情報はお答えできません」

と話している。そんな話があったのかどうかも、真相は藪の中といったところだ。

最終更新:3月31日17時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000001-jct-bus_all

 

 『人権よりも金が大事。』

 日産の卑しい本質が見て取れますね。

 このような売国奴は地球から追い出すべきです!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »