« 6月21日土曜日、チベット・ラサで聖火リレー | トップページ | 北京五輪組織委が報道の自由を約束? »

2008/06/21

厳戒ラサで聖火リレー 住民不在 聖火リレーがチベットで行われる意味とは?

C5

※ 画像はイメージです。

厳戒ラサ 聖火リレー 住民不在、武装警官ズラリ

6月21日16時6分配信 産経新聞

 【北京=川越一】北京五輪の聖火リレーが21日午前、中国チベット自治区ラサで行われた。今年3月に発生した僧侶らによる騒乱は、聖火リレー国際ルートで続発した妨害行為の火種となった。チベット独立派が妨害行為を計画しているとの情報も流れ、ラサ市内には厳戒態勢が敷かれたが、大きな混乱もなく約2時間で終了した。

 聖火は午前9時12分(日本時間10時12分)、歴代ダライ・ラマの夏の離宮だった世界文化遺産、ノルブリンカ前を出発。
動員組を除く一般住民が締め出され、約10メートル間隔で迷彩服姿の武装警察官らが立ち並んだ市内をめぐり、歴代ダライ・ラマの宮殿だったポタラ宮前で、5月に世界最高峰チョモランマ(英語名エベレスト)登頂を果たした聖火の火種と合流した。

 チベット騒乱では、中国政府の対応が世界各地のルートで妨害行為や抗議活動を引き起こし、人権問題に対する批判に拡大した。
中国政府にとってチベット自治区は、新疆ウイグル自治区と並び、チョモランマ登頂以上の“難所”だった。

 だが、「民族融和」を掲げる中国政府はチベット自治区でのリレーを中止にするわけにはいかない。このため、四川大地震を口実に、当初3日間の予定だった同自治区でのリレーを1日に短縮。コースも26・6キロから9・3キロに、時間も8時間から約2時間に削った。

 
当日は車両の通行は禁止され、沿道の商店も閉められた。住民には出発地点や開始時間、コースも知らされなかった。リレーコースに通じる道路にも二重の有刺鉄線を巡らす物々しさだったが、チベット自治区政府の白瑪赤林副主席は「チベット青年会議などが聖火リレーの破壊をたくらんでいる」として、厳重な警備を正当化した。

 156人のリレー走者のうち77人は漢族で、75人のチベット族を上回った。聖火は21日中に次のリレー地、青海省に運ばれる。


最終更新:6月21日16時31分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000113-san-int

 

北京五輪の聖火リレー、厳戒態勢の中国・チベット自治区で開催

6月21日13時56分配信 ロイター

 [ラサ(中国チベット自治区) 21日 ロイター] 北京五輪の聖火リレーが21日、中国チベット自治区のラサで開催された。リレーは厳重な警備の中、離宮ノルブリンカを出発。約3時間かけ、ゴール地点のポタラ宮を目指した。 

 コースには警察官と軍兵士が並び、見物を許可された住民を注意深く監視。

 
現地ではまた、オリンピックの旗や中国の国旗を振っていたラサ大学の学生たちの一部が、聖火リレーがチベットで行われる意味を問われて答えに詰まる場面も見られた。

最終更新:6月21日13時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000744-reu-int

 

 答えに詰まるくらいなら聖火リレーなんてやらなければいいんですけどね。

 中国のやることはすべて無意味です!run

 

 

|

« 6月21日土曜日、チベット・ラサで聖火リレー | トップページ | 北京五輪組織委が報道の自由を約束? »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/21790944

この記事へのトラックバック一覧です: 厳戒ラサで聖火リレー 住民不在 聖火リレーがチベットで行われる意味とは?:

« 6月21日土曜日、チベット・ラサで聖火リレー | トップページ | 北京五輪組織委が報道の自由を約束? »