« 中国・温家宝首相、何者かに靴を投げつけられる 「なぜ大学がこの独裁者に平伏できるのか」 | トップページ | 韓国にウワサのバーバリーマン登場! »

2009/02/04

温家宝、靴投げられ「ブッシュ並み」扱い受けたのに、中国のネットでは英に批判集中

A2

※ 画像はイメージです。

「ブッシュ並み」扱い受けたのに、ネットでは…中国、「首相立派」 英に批判集中

2月4日8時5分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】中国国営中央テレビ(CCTV)は2日、温家宝首相が英国の講演会で、聴衆からやじられ、靴を投げつけられたもようを放映した。3日夜のニュースでは講演内容とともに、騒ぎの一部始終を伝え、中国国内で大きな反響を呼んだ。

 中国外務省の姜瑜報道官は3日午後の定例会見で、「大変卑劣な行為だと認識している」と靴を投げた男を強く批判した。

 ただ、昨年12月、ブッシュ米大統領(当時)がイラクのバグダッドでの記者会見で靴を投げられた際に、中国外務省の劉建超報道官は「一国の指導者に対して最低限の礼儀は持つべきだと思う」との感想を述べたが、今回は「卑劣」と強い言葉を使った。中国外務省の表現が異なる理由について、姜報道官は「いずれも適切な表現だと考えている」とだけ述べた。

 しかし、中国のインターネットでは、2つの靴投げ事件の反応は、もっと大きな温度差が出ている。

 米大統領が靴を投げられた際には、投げたイラク人記者を絶賛し、英雄扱いする書き込みが殺到したが、今回は、国民に人気の高い温首相が当事者ということもあり、報道で事件を知った人たちの反応は「英国紳士のマナーの低さをこれで知った」「警備体制はどうなっているのか」などと英国批判一色となっている。このほかに「温首相の反応は大国の指導者らしく、立派だった」といった書き込みもあった。

 温首相の欧州歴訪は昨年3月のチベット騒乱以後、人権問題などで対中批判を強めた欧州との関係を修復し、中欧接近をアピールすることが狙いの1つだったが、今回の事件により、中国国内の対英批判が起きる可能性もある。

最終更新:2月4日8時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000096-san-cn

 

<靴投げ事件>「米はジョーク、中は威圧」米中首脳の違い―中国コラム

2月4日3時25分配信 Record China

 2009年2月2日、イギリスを訪問中の中国の温家宝首相がケンブリッジ大学での講演中、男性の聴衆に靴を投げられ、「独裁者」などと罵倒された事件は中国国内でも徐々に情報が広がりつつある。ネット上では「温首相の対応は立派」など首相支持の反応が広がっているようだが、あるコラムでは「専制思想と民主思想の決定的な違いが現れた」とやや辛口の論評を掲載した。財政・経済・商業の総合サイト・中国価値(China Value)の3日掲載のコラムより。

 幸い温首相に命中はしなかったが、思わぬ「抗議」に直面した温首相は「先生方、学生諸君、こうした卑劣な方法で中英両国の友好関係が損なわれることはありません」と発言、講演を続けたという。

 昨年12月、同様の事件がイラクのバグダットで発生した。言わずもがな、米ブッシュ大統領(当時)が記者会見中、イラク人記者に靴を投げつけられた事件である。この時、ブッシュ大統領は「これは10号サイズの男性ものの靴かな」と軽妙なジョークで交わし、「きっと彼は注目を集めたかったのだろう」とコメントした。後日、ブッシュ氏は事件を振り返り「大統領就任期間中、最も奇妙な出来事」としながら「これ(靴を投げること)も、自身の意見を表明する一種の興味深いスタイルだね。これによって、イラクに自由社会が実現しつつあるのを感じたよ」と寛容な態度を示した。

 コラムではこの2つの事件について、「“抗議”に対する対応においての、両国の違いが如実に現れている」と指摘した。怒りをあらわにする中国と、軽やかにかわす米国。なお、事件後の処理にも違いが出ている。中国外交部はこのほど英政府に対して強い不満を表し、「このような卑劣な行為は大衆の支持を得られない」としたのに対し、米政府はイラクでの靴投げ事件について公式には何のコメントも発表せず、同国のメディアは事実を淡々と報じるにとどまった。

 コラムは中国を「古来より敵対者を受け入れない国」と論じ、「現代社会においても、すべての抗議は『国家転覆』と捉えられてしまう。もし今回の靴投げ事件が中国国内で発生したら、当事者が投獄を免れることはないだろう」としている。それに反し、異なる人種や文化の混在するアメリカでは「世論は民が握っている」とし、「民衆による政府への抗議は、米国民の職責とすら捉えられている節すらある」としている。コラムは最後に、「これが両国の専制思想と民主思想の決定的な違いかもしれない」と結んでいる。(翻訳・編集/愛玉)

最終更新:2月4日3時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000002-rcdc-cn

 

【専制】 

1 上に立つ人が独断で思うままに事を処理すること。

2 「専制政治」「専制政体」の略。

[類語] 支配

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B0%82%E5%88%B6&dtype=0&dname=0na&stype=1&pagenum=1&index=12079610581100

 

【専制政治】 

個人が絶対的権力をもって恣意(しい)的に支配する政治形態。アリストテレスは、君主制の堕落した形態とした。専政。

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B0%82%E5%88%B6&dtype=0&stype=1&dname=0na&ref=1&index=12081310581300

 

 ブッシュが靴を投げられたときは異様に喜んでいた中国も、今回は人気のある温家宝だったこともあり非難一色のようです。

 ひるがえって、日本の偏向マスコミもブッシュのときは鬼の首でも取ったかのように大騒ぎをして取り上げましたが、今回の温家宝のときはあまり積極的には取り上げていないようですね。

 日本のマスコミも中国の専制独裁主義の一部なのでしょうか?pout

 

 

 

 

 

|

« 中国・温家宝首相、何者かに靴を投げつけられる 「なぜ大学がこの独裁者に平伏できるのか」 | トップページ | 韓国にウワサのバーバリーマン登場! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/27761640

この記事へのトラックバック一覧です: 温家宝、靴投げられ「ブッシュ並み」扱い受けたのに、中国のネットでは英に批判集中:

« 中国・温家宝首相、何者かに靴を投げつけられる 「なぜ大学がこの独裁者に平伏できるのか」 | トップページ | 韓国にウワサのバーバリーマン登場! »