« サイバーテロ請負業者を初摘発 「会社を設立しサイバーテロの営業を行っていたケースは初めてだ」 | トップページ | 右足と左足の長さが違う! 手術ミスで右足の長さが左足より3cmも長くなってしまった! »

2009/03/01

目ン玉くりぬいてやる! 女性議員が国会で暴行受けケガ 韓国の民主主義の行方は?

C6

※ 画像はイメージです。

女性議員が国会で暴行受けケガ

 ハンナラ党の田麗玉(チョン・ヨオク)議員は27日、国会議事堂本庁舎内で、政治活動などにより逮捕されたり、服役したりした人々の家族団体「民主化実践家族運動協議会」(民家協)メンバーらに集団暴行された。メンバーらは、民主化補償審議委員会が民主化運動だったと規定した釜山・東義大事件について、再審が可能になるよう関連法の改正を推進しているに田議員に対し不満を抱き、同議員に暴力を振るったものとみられている。

 田議員側によると、田議員は同日昼12時50分ごろ、国会議事堂本庁舎1階裏の面会室出入り口から議事堂の外に出たところ、近くにいた民家協・釜山支部代表の68歳の女ら5-6人に顔などを殴られた。この女は1989年に大学生が火炎瓶を投げ、警察官7人が死亡した東義大事件で、火炎瓶投てきなどの容疑で逮捕された大学生(当時)の母親だ。

 この時、田議員に随行員はおらず、一人で議事堂の外に出ようとしていた。すると、田議員は駆け寄ってきた5-6人に取り囲まれ、髪をつかまれ、手やひじで顔を殴られたという。これを目撃した国会警備の警察官らが制止、田議員はやっとのことでこの場を逃れ、国会内にある医務室で応急措置を受け、ソウル市内の順天郷大学病院に入院した。

 田議員側は「暴行中、女は指で田議員の目を突いた」とし、病院側は「最初の診断では、田議員は左目の角膜上皮細胞がはがれ、結膜に出血の症状が見られる。精密検査後、手術が必要かどうか決める」と述べた。

 田議員暴行後、この集団は現場から逃走したが、女は午後2時40分ごろ、国会本庁舎付近の厚生館駐車場で田議員関係者の通報により駆けつけた警察官に身柄を拘束された。

 警察は、この女らが田議員暴行に先立つ同日午前11時ごろ、ソウル市永登浦区堂山洞にある田議員の地元事務所前で記者会見をした後、抗議のため国会に来た約40人の一部である可能性もあるとみており、襲撃が事前に組織的に計画されたたものかどうかを捜査している。

崔慶韻(チェ・ギョンウン)記者
イ・ソクホ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

<Copyright (c) 2008 The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>

http://www.chosunonline.com/news/20090228000036

 

田議員襲撃:「眼球をくりぬいてやる」と10分間暴行

 与党ハンナラ党の田麗玉(チョン・ヨオク)国会議員(49)が27日、民主化実践家族運動協議会(民家協)のメンバーに集団暴行を受け、重傷を負った事件について、田議員とハンナラ党は「民主主義の根幹を揺るがす、憲政機関に対するテロだ」と非難した。

◆ 田議員サイド、「計画的テロ」と主張

 田議員側は同日夜、議員が推進する立法活動に対し、民主化運動精神継承国民連帯、民家協などの団体が前日から脅迫を行っていたとし、「偶発的で感情的な暴行ではなく、組織的で計画されたテロだ」と主張した。

 田議員側によれば、26日に議員会館を訪れた人物は、田議員が推進する民主化運動補償法改正案が可決されれば、ただでは済まないと脅迫して帰ったという。また、26日に議員会館、27日に地域事務所をそれぞれ訪れた人物の一人は、「改正案を撤回しなければ、田議員を殺す」と脅迫したとされる。

 田議員側は「国会本庁の陳情室窓口周辺で5-10分にわたりつかまり、脅迫と暴行を受けた。頭髪をつかまれ、素手やひじなどで目の周りなど顔を襲われた」と主張。暴行に及んだグループからは「XXX(卑語)は殺してやる」「眼球をくりぬいてやる」などというひどい暴言と脅迫があったという。

 事件が起きた時間帯は、国会が争点法案をめぐる与野党の衝突で入館規制が敷かれていた。国会警備員が本庁反対側の中央玄関周辺に全員配置され、田議員の事件が起きた陳情人出口周辺は警備が手薄だったという。

◆ 国会議長「許されないテロ」

 キム・ヒョンオ国会議長は27日午後に事件に関する報告を受けた後、「民意の殿堂であってはならない衝撃的な出来事が起きた」と強い遺憾の意を表明し、直ちに真相究明を指示した。キム議長は「国会議員が国会内で暴行を受けるなど想像もできない出来事で、非常にショックで残念な事件だ。今回の事件は憲政機関であり、国民の代表である国会議員に対する明らかなテロで、どんな理由であれ容認できない」として、警察に徹底した捜査による容疑者検挙と法的措置を求めた。

 キム議長は国会庁舎内で事件が起きたことについて、事務処の責任者を厳しく叱責(しっせき)し、「今回のような出来事が再発しないよう備えを徹底し、対策を立ててもらいたい」と指示した。

◆ ハンナラ党「民主主義を破壊する行為」

 田議員が所属するハンナラ党も、今回の事件は単純に議員個人のレベルで起きたものではなく、国家の根幹を揺るがす事件だとして、対応に乗り出した。同党の趙允旋(チョ・ユンソン)広報責任者は「白昼に文明国であってはならないことが起きた。民主主義を破壊する行為だ」とする公式論評を発表した。

 論評は「加害者らは事件後に国会で堂々と食事までする余裕を見せたという。田議員の民主化運動関連法改正推進に対する明らかな報復テロだ。国会議員の活動を脅迫する出来事が起きるとは、文明国では想像できない」と指摘した。

 田議員が襲撃されたとの知らせを受けたハンナラ党議員は同日夜、田議員が入院している病院に続々と集まった。キム議長をはじめ、パク・ヒテ代表や最高委員、所属国会議員ら30人が病室を訪れた。

 大統領府(青瓦台)とハンナラ党は、今回の事件は大きな波紋を広げるとみて、事件の展開を注視している。与党幹部は「単純に法律の内容に反対する利益団体の活動とは事件の性格が異なる。ともすると保守、進歩(リベラル)の両勢力が対立し、社会全体のムードに波紋を及ぼす可能性がある」と懸念した。

 田議員ファンクラブの会員らは同日、田議員を暴行したとされる団体の前で抗議デモなどを計画していることを明らかにした。ファンクラブ関係者は「報道されているように、万一左派団体の所業だと判明すれば、それは田議員に対する暴行の域を超え、政府全体を狙った行動だ。徹底した真相究明を求めるため、永登浦警察署を訪問し、真相が確認されれば、加害団体に対する抗議デモや記者会見を行う」と語った。こうした団体間の対立が保守、進歩陣営全体に広がる可能性もあり、大統領府も緊張を強めている。

権大烈(クォン・デヨル)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

<Copyright (c) 2008 The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>

http://www.chosunonline.com/news/20090228000037
http://www.chosunonline.com/news/20090228000038

 

 だいたい国会で国会議員が襲われるだけでもありえない話なのに、犯人が民主化を標榜する団体の一員だなんてあきれて物も言えないですね。

 韓国は民主主義国家ではないですね~♪happy01

 

 

 

 

 

 

|

« サイバーテロ請負業者を初摘発 「会社を設立しサイバーテロの営業を行っていたケースは初めてだ」 | トップページ | 右足と左足の長さが違う! 手術ミスで右足の長さが左足より3cmも長くなってしまった! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/28405907

この記事へのトラックバック一覧です: 目ン玉くりぬいてやる! 女性議員が国会で暴行受けケガ 韓国の民主主義の行方は?:

« サイバーテロ請負業者を初摘発 「会社を設立しサイバーテロの営業を行っていたケースは初めてだ」 | トップページ | 右足と左足の長さが違う! 手術ミスで右足の長さが左足より3cmも長くなってしまった! »