« 世界遺産、チベット・ポタラ宮保護法公布 ― チベット地区では唯一の建築物に対する保護法規となった。 | トップページ | 理由もないのに立入禁止 世界遺産「九寨溝」 四川省チベット人自治区 »

2009/03/15

東アジアのトラブルメーカー・中国!

R10

※ 画像はイメージです。

波高し、南沙諸島周辺海域!各国の領有権主張で争いが頻発―中国

3月14日15時13分配信 Record China

 2009年3月13日、世界新聞報によると、国連海洋法条約に定められた「大陸棚の限界に関する委員会(CLCS)」に対する大陸棚延伸の申請期限を今年5月に控え、中国周辺海域では慌しさが増している。

 フィリピンは2月に、議会が領海確定法案を可決し、中国を含む6つの国と地域が領有権を主張しているスプラトリー諸島(中国名:南沙諸島)の一部の領有を確認した。これに対し、中国外交部は猛烈に抗議。フィリピン政府は国連の仲裁に委ねると表明している。

 また中国は、日本とは尖閣諸島の魚釣島(同:釣魚島)の領有権問題で、マレーシアとはスプラトリー諸島のラヤンラヤン島(同:弾丸礁)およびTerumbu Ubi(同:光星仔礁)の領有権問題で争っている。

 インドとは現在、目立ったトラブルはないものの、専門家は「中国のエネルギー輸送や貿易における海上輸送の比率は高まっており、インド洋の占める重要性は大きくなるばかり」と指摘する。インドには「両国は10年後、インド洋上で戦争を起こすだろう」と推測する専門家もいるという。

 また、領有権とは直接関係ないものの、ロシアとは、2月にナホトカ沖で起きたロシア軍による民間商船「新星号」への発砲・沈没事件によって両国の外交問題にまで発展。米国からは「音響測定艦インペカブルが3月8日に南シナ海の公海で中国艦船に包囲され、航路を妨害をされた」と抗議を受けるなど、領有権問題と絡んで周辺海域がにわかに慌しくなっている。(翻訳・編集/HA)

最終更新:3月14日15時13分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090314-00000013-rcdc-cn

 

 フィリピン、日本、マレーシア、ロシア、アメリカと何かとトラブルを起こしている中国は、東アジアのトラブルメーカーですね。

 やっぱりこんな国、地球上に存在してはいけないでしょう!pig

 

 

 

|

« 世界遺産、チベット・ポタラ宮保護法公布 ― チベット地区では唯一の建築物に対する保護法規となった。 | トップページ | 理由もないのに立入禁止 世界遺産「九寨溝」 四川省チベット人自治区 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/28616592

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアのトラブルメーカー・中国!:

« 世界遺産、チベット・ポタラ宮保護法公布 ― チベット地区では唯一の建築物に対する保護法規となった。 | トップページ | 理由もないのに立入禁止 世界遺産「九寨溝」 四川省チベット人自治区 »