« 中国核実験、32年間で46回も 「核を持ち、核実験を実施した国はいくつかあったが、人口密度のある居住区で大規模な核実験を実施するのは中国だけだ、周辺環境への影響をまったく考えずに、まさに悪魔の仕業と言っても過言ではない」 | トップページ | 「海外の中国人留学生が次々と失踪する謎」 ― 48人の留学生のうち現在も大学に残っているのはわずか2人。 »

2009/03/30

中国傀儡の偽パンチェン・ラマ、国際会議で演説

A9

※ 画像はイメージです。

安定と信教の自由を強調=パンチェン・ラマ、国際会議で演説-中国

3月28日20時58分配信 時事通信

 【上海28日時事】新華社電によると、中国政府が認定したチベット仏教第2の高位者パンチェン・ラマ11世は28日、江蘇省無錫市で開幕した「世界仏教フォーラム」の席上、英語で演説し、「フォーラムの開催は、中国の社会が調和・安定し、信教の自由を享受していることを十分に証明するものだ」と強調した。 

最終更新:3月28日20時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000109-jij-int

 

パンチェン・ラマ11世問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 パンチェン・ラマ11世問題は、パンチェン・ラマ11世の転生霊童を巡って、中華人民共和国とチベット亡命政府(ガンデンポタン)が各々認定をして、2人のパンチェン・ラマ11世が並立している問題である。

2人のパンチェン・ラマ11世

ガンデンポタンによるパンチェン・ラマ11世

・ゲンドゥン・チューキ・ニマ

 ダライ・ラマ14世のインド亡命後も、中国との協調路線を選び中華人民共和国チベット自治区に留まってチベット仏教の保護・継承に多大な貢献をしたパンチェン・ラマ10世が、1989年1月28日に心疾患で入寂すると、ダライ・ラマ14世とガンデンポタンはパンチェン・ラマ10世の転生者の探索を始め、一旦ある少年を選び出したものの、すぐにこれを放棄した後に1995年5月14日に、ゲンドゥン・チューキ・ニマという6歳の男児をパンチェン・ラマ10世の転生者として認定し、ガンデンポタンが公式に発表した。

中華人民共和国によるパンチェン・ラマ11世

・ギェンツェン・ノルブ

 中華人民共和国チベット自治区ではガンデンポタンとは別にパンチェン・ラマ10世の転生霊童を探索し、6歳のギェンツェン・ノルブを1995年11月29日に金瓶掣簽(くじ引き)によりパンチェン・ラマ10世の転生霊童とし、中華人民共和国国務院もパンチェン・ラマ11世としての即位を許可した。

ゲンドゥン・チューキ・ニマ少年の失踪

 1995年5月14日に、ダライ・ラマ14世とガンデンポタンがゲンドゥン・チューキ・ニマ少年をパンチェン・ラマ11世と公式に承認後、5月17日に両親共々同少年は行方不明となる。当初、中国政府は少年及び両親の失踪との関わりを否定していたが、1996年5月28日に関与を認めた。ニマ少年とその家族の消息は2008年現在でも不明。

ダライ・ラマ15世問題

 現在の転生活仏制度を維持したままだと、将来のダライラマ14世の死去した場合、チベット仏教僧序列1位のダライ・ラマの転生者の指定にチベット仏教僧序列2位パンチェン・ラマが強い影響力を及ぼす。そのため、パンチェン・ラマ11世問題は将来におけるダライ・ラマ15世問題(ダライ・ラマ14世の後継)にも絡んでくる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9E11%E4%B8%96%E5%95%8F%E9%A1%8C

 

 チベットの侵略正当化のためなら、6歳の少年でさえも平気で誘拐する中国って品性下劣な国ですね。

 こんなヤクザな国、存在する理由などあるのでしょうか?angry

 

 

 

 

|

« 中国核実験、32年間で46回も 「核を持ち、核実験を実施した国はいくつかあったが、人口密度のある居住区で大規模な核実験を実施するのは中国だけだ、周辺環境への影響をまったく考えずに、まさに悪魔の仕業と言っても過言ではない」 | トップページ | 「海外の中国人留学生が次々と失踪する謎」 ― 48人の留学生のうち現在も大学に残っているのはわずか2人。 »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/28864813

この記事へのトラックバック一覧です: 中国傀儡の偽パンチェン・ラマ、国際会議で演説:

« 中国核実験、32年間で46回も 「核を持ち、核実験を実施した国はいくつかあったが、人口密度のある居住区で大規模な核実験を実施するのは中国だけだ、周辺環境への影響をまったく考えずに、まさに悪魔の仕業と言っても過言ではない」 | トップページ | 「海外の中国人留学生が次々と失踪する謎」 ― 48人の留学生のうち現在も大学に残っているのはわずか2人。 »