« 中国サッカーのロンドン五輪は終わってしまった | トップページ | 桜の園に響く罵声は愛国的か? »

2009/03/23

「火のついたタバコを臀部に押しつけられ、右足に釘を刺され、電気棒でひどく打たれた」

C5

※ 画像はイメージです。

チベット亡命政府、弾圧事件の映像を公表

 【大紀元日本3月21日】昨年3月14日に起きた中国共産党政府によるチベット人抗議者らを武装弾圧した事件について、チベット亡命政府は3月20日、その暴行を記録するドキュメンタリーを初めて公表した。国際チベットポストの報道によると、同ドキュメンタリーは、今年1月に亡命政府に送られてきたもので、何者かが秘密裏に撮影した貴重な映像や一連の関連写真にから構成されている。

 同映像は、3部に分かれている。第一部は、昨年3月14日チベット人が中共当局に弾圧された場面を記録した貴重な撮影。同日、ラサあるいはラサの近辺のある場所で、武装警察が抗議者らに残酷な暴行を加えている場面。

 第二部は、中国移動電話会社ラサ支社の元会社員でチベット人青年テンダルさんに関連する写真と映像。2008年3月14日、テンダルさんが通勤途中、警察が年寄りの僧侶に暴行を加えたのを目撃した。テンダルさんが警察に暴行をやめるよう制止しようとしたところ、自分も暴行を加えられ、残酷な結果を迎える。

 「火のついたタバコを臀部に押しつけられ、右足に釘を刺され、電気棒でひどく打たれた」。ひどく拷問されたテンダルさんに、軍隊の病院が彼の傷の上にセロテープを貼っただけで、治療を拒否した。チベット自治区人民病院に搬送された後、傷はすでに腐りかけた。人民病院の医者らが治療のため、彼の体から2・5キロの潰爛した肉と皮膚を切ったが、命を救うことは出来なかった。三ヶ月後に亡くなったテンダルさんの右足に釘が刺さっていた。

 映像の最後の部分は、チベット弾圧50周年記念日の3月10日に、至るところに軍隊が駐在するラサの緊張の雰囲気を伝える画面である。

 チベット亡命政府の発表によると、2008年3月10日から2009年1月31日の間、5,600人以上のチベット人が逮捕され、拘束された。うち、220人が死亡し、290人が刑罰に処され、1000人が行方不明だという。「しかし、実際の人数は、私たちが把握しているものよりはるかに超えているでしょう」という。

(翻訳編集・肖シンリ)

大紀元時報(09/03/21 19:42)

http://jp.epochtimes.com/jp/2009/03/html/d66421.html

 

 中国の警察は極悪非道ですね。

 まるでヤクザが警察をしているみたいです~♪pig

 

 

 

 

|

« 中国サッカーのロンドン五輪は終わってしまった | トップページ | 桜の園に響く罵声は愛国的か? »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/28748172

この記事へのトラックバック一覧です: 「火のついたタバコを臀部に押しつけられ、右足に釘を刺され、電気棒でひどく打たれた」:

» 探偵・調査会社の大阪府興信所 [大阪府興信所]
浮気調査、素行調査、企業信用調査、個人信用調査など企業から個人の調査に至 るまで各種調査は日本全国対応の探偵・興信所・調査会社にご相談下さい [続きを読む]

受信: 2009/04/01 08:32

« 中国サッカーのロンドン五輪は終わってしまった | トップページ | 桜の園に響く罵声は愛国的か? »