« 中国の茶色い子犬「テディベアみたいで可愛いでしょ?」 | トップページ | 女子大生が妊婦の腹を蹴る バスの座席争いで »

2009/04/12

買い物から帰ったら家が廃虚に…

B3

※ 画像はイメージです。

買い物から帰ったら家が廃虚に 新疆の土地再開発がらみで?

4月11日14時16分配信 サーチナ

 買い物に出かけている間に家が消えた――。

 新疆ウィグル自治区奎屯市に住む蔡玉蘭さん(70)は4日午前、近くの市場に野菜を買いに出かけた。買い物に出かけたのはわずか15分間ほどだったが、戻ると住んでいた家は取り壊され、辺りは廃虚と化していた。

 もともとこの辺りには40戸ほどの世帯が住んでいたが、土地再開発で次々と取り壊され、残るは蔡さん宅のみとなっていた。蔡さんも立ち退きを求められていたが、不動産業者と合意していないとして住み続けていたという。

 蔡さんは1962年に河南省からこの地にやってきた。10年ほど前に夫を亡くし、もともと2部屋だった家を改築して4部屋を貸し出し、生活の糧にしていた。

 蔡さんと同居していた親類は、「荷物や日用品はすべて埋められてしまった。自宅にあった現金もどうなったか分からない」と話している。

 奎屯市公安局は土地再開発にからむ事件とみて、調べを進めている。(編集担当:恩田有紀)

最終更新:4月11日14時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090411-00000056-scn-cn

 

 とても中国らしい話ですね。

 家を壊されたくなかったら、たとえ15分でも外に出かけてはいけないんですね。

 ためになる話ですね~♪happy01

 

 

 

 

|

« 中国の茶色い子犬「テディベアみたいで可愛いでしょ?」 | トップページ | 女子大生が妊婦の腹を蹴る バスの座席争いで »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/29080351

この記事へのトラックバック一覧です: 買い物から帰ったら家が廃虚に…:

« 中国の茶色い子犬「テディベアみたいで可愛いでしょ?」 | トップページ | 女子大生が妊婦の腹を蹴る バスの座席争いで »