« 新型インフルエンザ詐欺・隔離中のタダメシが目的?!「ニセ患者」が出現 | トップページ | 韓国の幽霊空港 全便運休中 「襄陽空港はこのような最新式の設備を持っているが乗客は誰もいない」 »

2009/05/20

「これが俺の教育方針だ」ロシア妻にDV内臓破裂の重傷を負わせたとしてカラオケ店経営の中国夫拘束

Ah8

※ 画像はイメージです。

ロシア妻にDV カラオケ店経営の中国夫拘束-北京

5月19日11時56分配信 サーチナ

 ロシア出身の妻(31歳)に暴力をふるい、内臓破裂の重傷を負わせたとして北京市でカラオケ店を経営している中国人の夫(39歳)が警察に拘束された。2人には8歳と2歳の子供がいるが妻側は離婚を求めているという。5月19日付で北京晨報が伝えた。

 同紙によると、2人の出会いは妻が大学生のときにダンサーとして訪中した1999年まで遡るという。夫がグループのとりまとめをしており、2人は翌2000年4月に結婚。これまでに8歳と2歳の子供ができた。

 しかし2007年初旬頃から夫の暴力が日常化。中にはナイフのさやで8歳の子供を殴って流血させてしまったケースもあった夫は「これが俺の教育方針だ」と述べていたという。

 これに対して妻はすでにある幼稚園で英語教師の仕事を見つけたということで「2人の子供と平穏な生活をおくりたい」として近く離婚を提起する方針だ。(編集担当:麻田雄二)

最終更新:5月19日11時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000089-scn-cn

 

 中国人は野蛮ですね。

 ロシア妻は一日でも早く離婚して、子供を連れてロシアに帰ったほうがいいですね。

 

 

 

 

|

« 新型インフルエンザ詐欺・隔離中のタダメシが目的?!「ニセ患者」が出現 | トップページ | 韓国の幽霊空港 全便運休中 「襄陽空港はこのような最新式の設備を持っているが乗客は誰もいない」 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/29688678

この記事へのトラックバック一覧です: 「これが俺の教育方針だ」ロシア妻にDV内臓破裂の重傷を負わせたとしてカラオケ店経営の中国夫拘束:

« 新型インフルエンザ詐欺・隔離中のタダメシが目的?!「ニセ患者」が出現 | トップページ | 韓国の幽霊空港 全便運休中 「襄陽空港はこのような最新式の設備を持っているが乗客は誰もいない」 »