« 韓国の幽霊空港 全便運休中 「襄陽空港はこのような最新式の設備を持っているが乗客は誰もいない」 | トップページ | 竹やりデモは許さないニダ~! 韓国・都心の大規模集会不許可へ »

2009/05/21

ア~ウ~、「大平元首相の生誕百周年記念イベントが北京で開催」の謎

E4

※ 画像はイメージです。記事の内容とは関係ありません。

大平元首相の生誕百周年記念イベントが北京で開催

5月20日17時16分配信 サーチナ

 2009年は大平正芳元首相が訪中して30年、2010年は大平元首相生誕100周年にあたることから、北京日本学研究センターと日本の大平正芳記念財団は、日中友好に貢献したこの日本の政治家を記念し、日中関係の将来を展望するために、「大平正芳元首相生誕100周年記念シンポジウム」など、一連の記念イベントを10月に北京で開催する。

 同シンポジウムでは、日中関係改善の過程を身をもって経験したハイレベルの人々や日中関係史の専門家や学者による記念講演のほか、大平正芳記念論文賞受賞者による研究発表と日本学優秀論文賞の表彰式も行われる。また大平正芳氏著作集『永遠の今日に生きる』の中国語版発刊式などのイベントも予定されている。

 2007年から大平正芳記念財団の助成により、北京日本学研究センターは、『柳田国男のえがいた日本――民俗学と社会構想』『徳川思想小史』『環境社会学』『環境資源経済学』など、日本の文化・思想・社会や経済を紹介する4冊の著作を中国語に翻訳して出版し、参考教材として中国の70数箇所の大学や研究機関に寄贈している。大平正芳氏著作集『永遠の今日に生きる』の中国語版も10月中旬に出版寄贈する予定。

 北京日本学研究センターは、30年前に大平元首相が訪中した際、日中政府が調印した文化交流協定の協力プロジェクトの一つである「北京日本語研修センター」(通称「大平学校」)の後を受け、中国教育部と国際交流基金の協議により1985年に開設された教育研究機関であり、これまでは日本語教育や日本学研究の専門家を数多く養成し、また大平正芳記念財団の協力を得て、『大平文庫』の設立、日本学優秀論文賞の表彰や日本の名著翻訳出版など、中国の日本研究人材の養成に寄与する助成事業を実施してきた。

(情報提供:チャイナネット)

最終更新:5月20日17時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000181-scn-cn

 

大平正芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より・ほんの一部抜粋

 大平 正芳(おおひら まさよし、1910年3月12日 - 1980年6月12日)は日本の大蔵官僚、政治家。第68・69代内閣総理大臣。正二位大勲位。

政治家としての活動

 田中内閣で外務大臣だったときに中国を訪問、それまでの台湾との日華平和条約を廃し、新たに日中の国交正常化を実現させた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B9%B3%E6%AD%A3%E8%8A%B3

 

 台湾との国交を断絶し日中の国交を正常化(?)させた功労者を、30年後もほめたたえ続ける中国は、わかりやすいのか? 薄汚いのか??bearing

 

 

 

 

 

 

|

« 韓国の幽霊空港 全便運休中 「襄陽空港はこのような最新式の設備を持っているが乗客は誰もいない」 | トップページ | 竹やりデモは許さないニダ~! 韓国・都心の大規模集会不許可へ »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/29709807

この記事へのトラックバック一覧です: ア~ウ~、「大平元首相の生誕百周年記念イベントが北京で開催」の謎:

« 韓国の幽霊空港 全便運休中 「襄陽空港はこのような最新式の設備を持っているが乗客は誰もいない」 | トップページ | 竹やりデモは許さないニダ~! 韓国・都心の大規模集会不許可へ »