« 韓国人が考える、日本のメディアで北朝鮮関連情報に誤報が多い理由 | トップページ | 「一触即発で戦争になる」? 北朝鮮の恫喝外交 »

2009/06/14

飲酒運転の男 病院で血液検査を受けて動かぬ証拠を突きつけられた後も「私から採取されたものではない」と頑なに言い張った

A5

※ 画像はイメージです。

飲酒運転の男 容疑否認「私の血液でない」-深圳

6月12日23時44分配信 サーチナ

 広東省深圳市で6月10日午後2時30分頃(現地時間)に2台の自動車が接触事故を起こした問題で警察は片方の男が飲酒運転していたとして検挙した。この男は病院で血液検査を受けて動かぬ証拠を突きつけられた後も「私から採取されたものではない」と頑なに言い張ったという。6月12日付で深圳新聞網が伝えた。

 同網によると、同市内で同日午後2時30分頃に2台の自動車が接触事故を起こした。警察が駆けつけると片方の車を運転していた男が酒臭く千鳥足だったためその場で検査を行った。その結果、呼気100ミリリットルあたり251ミリグラムのアルコールが検出された。そこで警察は男を近くの病院へ搬送して血液検査を受けさせた。

 すると血液100ミリリットルあたりのアルコールが241.35ミリグラムに達し、法定基準値の約3倍に相当することが分かった。これに対して男は「私から採取されたものではない」と頑なに言い張り、15日間の拘留処分と罰金1500元などがかされた。(編集担当:麻田雄二)

最終更新:6月12日23時44分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000202-scn-cn

 

 

 

 

 

 

 

|

« 韓国人が考える、日本のメディアで北朝鮮関連情報に誤報が多い理由 | トップページ | 「一触即発で戦争になる」? 北朝鮮の恫喝外交 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30085255

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒運転の男 病院で血液検査を受けて動かぬ証拠を突きつけられた後も「私から採取されたものではない」と頑なに言い張った:

« 韓国人が考える、日本のメディアで北朝鮮関連情報に誤報が多い理由 | トップページ | 「一触即発で戦争になる」? 北朝鮮の恫喝外交 »