« 北朝鮮が欧州などの大手保険会社から多額の保険金をだまし取り、金正日労働党総書記に送金している疑いがある | トップページ | 4カ月前に賞味期限が切れた牛乳を特売セールで販売 »

2009/06/19

「朝日新聞の報道はスパイ小説のよう」

A5

※ 画像はイメージです。

「朝日の報道はスパイ小説のよう」 正雲氏訪中、中国は否定

6月18日22時17分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】中国外務省の秦剛報道官は18日の定例会見で、「北朝鮮の金正日総書記の三男、正雲氏が6月10日前後に訪中し、胡錦濤中国国家主席と会談した」などとする朝日新聞の一連の報道について、「報道された事実は存在しない」と明確に否定した上で、「まるで『007』(英作家、イアン・フレミングのスパイ小説のこと)を読んでいるようだ」と述べた。

 朝日新聞はまず16日付の1面トップで、「正雲氏が金総書記の特使として中国を極秘に訪れ、胡主席らと会談し、後継者に内定したことが直接伝えられた」と報道。同日の外務省の定例会見ではこれへの質問が相次ぎ、秦報道官は「中国側はこの件について承知していない」と述べ、婉曲(えんきょく)な表現で事実上、報道を否定した。

 その後、18日付の朝日新聞はさらに1面などで、「正雲氏と胡主席との会談に金総書記の長男、正男氏も同席していた」「正雲氏は深圳、上海なども訪れ、中国軍関連のホテルに泊まった」などと「正雲氏極秘訪中」の詳細を伝えた。

 そしてこの日の定例会見で、秦報道官は報道内容の確認を求める質問に対し、「皆さんは前回の私の東洋的な含蓄のある表現を理解してくれなかったようだ」と語り、「この際、窓に張っている紙を破りましょう(はっきりさせましょう)。報道された事実は存在しない」と明確に否定した。その上で一連の記事をスパイ小説にたとえ、「彼らはどんな続編を書くのだろうか」と述べた。

 中国外交筋によると、外務省の会見ではメディアの報道内容を明確に否定しないのが慣例。メディアに「中国側が明確に否定しないときは本当」と勘ぐられることを防ぐためだという。

最終更新:6月18日22時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000604-san-int

 

 とうとう中国にもバカにされた朝日新聞の捏造報道。

 今後はどうなるのでしょうか?

 朝日新聞が今までの捏造報道を改めた場合、一番困るのは中国だったりして~♪bleah

 

 

 

 

|

« 北朝鮮が欧州などの大手保険会社から多額の保険金をだまし取り、金正日労働党総書記に送金している疑いがある | トップページ | 4カ月前に賞味期限が切れた牛乳を特売セールで販売 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30174108

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日新聞の報道はスパイ小説のよう」:

« 北朝鮮が欧州などの大手保険会社から多額の保険金をだまし取り、金正日労働党総書記に送金している疑いがある | トップページ | 4カ月前に賞味期限が切れた牛乳を特売セールで販売 »