« 「虚偽報道をするな」、現地取材の外国人記者に漢民族から苦情相次ぐ 記者の取材内容が意にそぐわないものであれば、人々は大声で記者をなじったという。 | トップページ | 応募殺到も突然中止 中国「手抜き工事ビル倒壊」見学ツアー »

2009/07/27

中国名物おから工事? 建設中の186mのテレビ塔が強風でポッキリ!

B4

※ 画像はイメージです。

建設中186mテレビ塔が強風でポッキリ―中国・河北省

7月26日12時36分配信 サーチナ

 26日付燕趙晩報などによると、河北省石家荘市に属する県級晋州市内で23日午後7時ごろ、建設中の100メートル以上のテレビ塔が、強風で折れたことが分かった。通常では考えにくい事故であり、構造上の問題があった可能性を指摘する声も出た。

 現地は当時、暴風雨に見舞われていた。瞬間最大の風力は9程度とされている。風速では秒速20.8-24.4メートルで、「屋根瓦が飛ぶ。人家に被害が出はじめる」程度の威力とされている。

 テレビ塔は鉄製で高さ186メートルになる予定で、ほぼ完成していた。関係者によると、地上約56メートルと約70メートルのところで折れた。現場では、地上56-70メートルにあった部分が折れ、残った下部に、逆さになった形で引っかかっている。70メートル以上にあった部分の鉄骨などがばらばらになり、周囲に散乱している。

 テレビ塔が折れた当時はひっきりなしに雷鳴がとどろいていたが、関係者の調べによると落雷の形跡はない。中国では公共事業などで、極端な手抜き工事の「おから工程」がしばしば発生している。行政側と業者が癒着して、浮いた建設費を山分けすることが一般的だ。行政側で「やり手」とされていた人物が「おから工程」に手を染めることも多く、中国の地方出身者によると「私腹を肥やすことができない官僚は無能だ」とみなされるなど、異常な風潮もあるという。

 晋州市政府ラジオテレビ局の史志峰副副局長によると、同局は河北通訊廠と2007年10月にテレビ塔建設で契約を結んだ。2008年2月16日までに完成させる内容だったが、「さまざまな理由」で遅れ、両者は何度も協議を行っていたが、現在にいたるまで結論は出なかったという。(編集担当:如月隼人)

最終更新:7月26日12時36分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090726-00000014-scn-cn

 

 もはや、おから工事がなければ中国ではないですね。

 この国に未来があるのでしょうか?

 まぁ、中国のことですからどうでもいいですけどね~♪bleah

 

 

 

 

|

« 「虚偽報道をするな」、現地取材の外国人記者に漢民族から苦情相次ぐ 記者の取材内容が意にそぐわないものであれば、人々は大声で記者をなじったという。 | トップページ | 応募殺到も突然中止 中国「手抜き工事ビル倒壊」見学ツアー »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30704368

この記事へのトラックバック一覧です: 中国名物おから工事? 建設中の186mのテレビ塔が強風でポッキリ!:

« 「虚偽報道をするな」、現地取材の外国人記者に漢民族から苦情相次ぐ 記者の取材内容が意にそぐわないものであれば、人々は大声で記者をなじったという。 | トップページ | 応募殺到も突然中止 中国「手抜き工事ビル倒壊」見学ツアー »