« 「街で見かける乞食の8割はやらせ、金儲けのために弱者になり済ますプロの乞食だ」 | トップページ | 「中国に同化政策などない」、ウイグル人幹部が海外メディアに反論? »

2009/07/19

中国「ネットユーザーの9割が「反騒乱法」に賛成」って、怪しくないですか?

A12

※ 画像はイメージです。

<ウイグル暴動>ネットユーザーの9割が「反騒乱法」に賛成―中国

7月18日17時26分配信 Record China

 2009年7月17日、環球時報によると、新疆ウイグル自治区で今月5日に起きた暴動をきっかけに、騒乱に関する法律の必要性が再認識されているが、同紙がWebアンケートを実施したところ、中国のネットユーザーの9割が「反騒乱法」の制定に賛成であることが明らかになった。

 16日午後9時(現地時間)の時点で、「中国は早急に反騒乱法を制定すべき?」との質問に、90.3%のネットユーザーが賛成と回答。支持する意見として、「法制化することで、社会のさらなる安全が保障される」「社会の安定・調和によって中国経済は発展し、国民は豊かになれる。暴力事件は断固取り締まるべき」などの声が上がった。

 また、「反騒乱法は予防措置にもなりうる」という意見もあった。専門家が指摘するように、地方当局に対応を丸投げするだけで、中国には分裂勢力を早急に取り締まる法律がない。「反騒乱法の確立は分裂勢力にとって脅威。勢力の拡大阻止につながる」との意見も出ている。

 多くのネットユーザーが「暴力事件や社会の安全を脅かす犯罪に対して、法的手段を断固講じるべき」と考えているようだ。ウイグル暴動をきっかけに民族間の根深い対立が表面化したが、「民族の問題でも、宗教の問題でもない。これは一部の分裂勢力による犯罪であって、テロ行為だ」と指摘するネットユーザーもいた。(翻訳・編集/SN)

最終更新:7月18日17時26分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090718-00000017-rcdc-cn

 

 かなり怪しいWEBアンケートですね。

 はじめから結果が決められていたのではないのでしょうか?

 中国なら何でもありですからね~♪smile

 

 

 

 

|

« 「街で見かける乞食の8割はやらせ、金儲けのために弱者になり済ますプロの乞食だ」 | トップページ | 「中国に同化政策などない」、ウイグル人幹部が海外メディアに反論? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30596866

この記事へのトラックバック一覧です: 中国「ネットユーザーの9割が「反騒乱法」に賛成」って、怪しくないですか?:

« 「街で見かける乞食の8割はやらせ、金儲けのために弱者になり済ますプロの乞食だ」 | トップページ | 「中国に同化政策などない」、ウイグル人幹部が海外メディアに反論? »