« 中国“失政隠し”で2012年にインド侵略!? | トップページ | 人体の不思議展の標本は、中国の死刑囚の遺体だった!? »

2009/07/15

「米ウォールストリートジャーナル紙はテロリストの代弁者」? 中国の新聞が載せた怪しい投書

Ag5

※ 画像はイメージです。

「WSJはテロリストの代言者」中国の新聞が載せた怪しい投書

7月14日23時58分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】中国新疆ウイグル自治区での暴動発生後、中国の国内メディアは連日、「暴動は分離勢力による計画的な陰謀」と繰り返し主張し、中国当局の対応の正当性を宣伝している。一方で、当局を非難した在外ウイグル人組織の主張を伝える外国メディアに、「ウソつき」「中国への敵意に基づく報道」などと徹底批判している。

 ネットなどで話題となっているのが、中国共産党の機関紙「人民日報」傘下の「環球時報」が最近掲載した、「私が2度と(米紙)ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を読まない理由」と題する投書北京在住でWSJ紙を10年以上購読しているという筆者は最近、同紙のウイグル暴動に対する「無知と偏向に満ちた報道」に「我慢ならなくなり、ついに解約した」そうだ。さらに、ウイグル人に同情的な同紙を「もはやテロリストの代言者となった」と切り捨て、「私はWSJを購読するすべての中国人に『もうドルの無駄遣いをやめよう』と言いたい」と訴えている。

 投書は地方紙にも転載され、「中国人読者の素直な気持ちを代弁している」として大々的に紹介されている。しかし、投書は読者が寄せたものではなく、当局によるやらせではないかとの疑惑がネットで浮上している厳しい情報統制が敷かれている中国では、一般市民がWSJ紙を10年間も購読することはまず不可能で、中国では同紙のホームページすら開けない。普通の中国人は同紙の「無知と偏向に満ちた報道」を知るよしもないのが実態だ。

 昨年3月のチベット騒乱の際にも、欧米メディアの“誤報”を批判する北京市民が自主的に立ち上げたとされるウェブサイト「アンチCNN」が話題となった。「情報収集能力があまりにも高すぎる」として外国メディアの間では、「半官製サイトではないか」と疑問視された。

最終更新:7月15日3時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090714-00000611-san-int

 

 語るに落ちるとはこのことでしょうか?

 北京でWSJ紙を購読することは事実上不可能な状態で、このような投書が新聞に送られること自体がありえないということですね。

 まぁ、中国の捏造報道は今に始まったことではありませんが。smile

 

 

 

 

|

« 中国“失政隠し”で2012年にインド侵略!? | トップページ | 人体の不思議展の標本は、中国の死刑囚の遺体だった!? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30551632

この記事へのトラックバック一覧です: 「米ウォールストリートジャーナル紙はテロリストの代弁者」? 中国の新聞が載せた怪しい投書:

« 中国“失政隠し”で2012年にインド侵略!? | トップページ | 人体の不思議展の標本は、中国の死刑囚の遺体だった!? »