« 中国「ネットユーザーの9割が「反騒乱法」に賛成」って、怪しくないですか? | トップページ | 韓国警察と裁判所が労働組合が占拠ストライキを続ける双竜(サンヨン)自動車平沢工場に対する強制執行に着手した。塗装工場屋上に立てこもっている組合員は火炎瓶を投げつけたりスリングショットでボルトやナットを撃つなどして激しく抵抗した。 »

2009/07/20

「中国に同化政策などない」、ウイグル人幹部が海外メディアに反論?

Af9

※ 画像はイメージです。

<ウイグル暴動>「中国に同化政策などない」、少数民族幹部が海外メディアに反論―新疆ウイグル自治区

7月19日5時25分配信 Record China

 2009年7月16日、全国人民代表大会常務委員会のイスマイル・ティリワルディ副委員長は、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で5日に発生した騒乱に絡み、中国政府の少数民族政策について海外メディアの取材に答えた。新華網が伝えた。

 同副委員長はまず、国際社会から批判が集まっている中国政府の「同化政策」についての見解を尋ねられると、「全く聞いたことがない政策だ」と回答。その上で、「新疆ウイグル自治区に様々な民族の様々な人が集まってくるのは、同自治区の潜在的な競争力が高いためだ」と強調した。

 また、「新疆ウイグル自治区にはもともと13の民族が居住していたが、現在は47に増えた」と述べ、「民族間の平等、友愛、助けあいは中華民族の伝統だ」と強調。「漢族には厳しい『一人っ子政策』も少数民族には寛大。人口が少ない民族は完全に免除されている」「少数民族の宗教の自由を尊重し、文化遺産の保護にも力を入れている」と中央政府の優遇ぶりを紹介した。

 同委員長は最後に、「一部の国による内政干渉に反対する」と述べ、「イスラム国家を始めとする国際社会に我が国の民族宗教政策の真の姿を紹介したい」と訴えた。(翻訳・編集/NN)

最終更新:7月19日5時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090719-00000002-rcdc-cn

 

 「少数民族の幹部」とはいえ、中国共産党独裁政権に選ばれた人物。話を鵜呑みにすることはできません。

 そこの民族出身だろうが、党の見解を壊れたレコードのようにくり返して話すことしかできないやつです。

 そんな奴の発言で、外国のメディアを説得できるわけなどありませんね~。catface

 

 

 

 

 

|

« 中国「ネットユーザーの9割が「反騒乱法」に賛成」って、怪しくないですか? | トップページ | 韓国警察と裁判所が労働組合が占拠ストライキを続ける双竜(サンヨン)自動車平沢工場に対する強制執行に着手した。塗装工場屋上に立てこもっている組合員は火炎瓶を投げつけたりスリングショットでボルトやナットを撃つなどして激しく抵抗した。 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30609594

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国に同化政策などない」、ウイグル人幹部が海外メディアに反論?:

« 中国「ネットユーザーの9割が「反騒乱法」に賛成」って、怪しくないですか? | トップページ | 韓国警察と裁判所が労働組合が占拠ストライキを続ける双竜(サンヨン)自動車平沢工場に対する強制執行に着手した。塗装工場屋上に立てこもっている組合員は火炎瓶を投げつけたりスリングショットでボルトやナットを撃つなどして激しく抵抗した。 »