« 中国・新華社、ダライ・ラマ14世を「でたらめ」と非難の内容は? | トップページ | 潘基文は「存在感なし」「地球的な危機に対処する国連の必要性がかつてなく大きくなっているにもかかわらず、潘氏は存在感のなさばかりが目立っている」 »

2009/08/20

スパルタ訓練で中学生が危篤、全身に骨折や臓器破損などの怪我を負い、親でも見分けがつかないほど顔が腫れあがっている。

A5

※ 画像はイメージです。

スパルタ訓練で中学生が危篤、講師1人を逮捕―四川省成都市

8月19日16時32分配信 Record China

 2009年8月18日、登校拒否などの「問題児」をスパルタ訓練によって矯正することを謳い文句にしたスクールが四川省にあるが、これに参加した中学生が重傷を負い、危篤状態に陥っている。四川新聞網が伝えた。

 危篤状態となっているのは14歳の男子中学生。全身に骨折や臓器破損などの怪我を負い、親でも見分けがつかないほど顔が腫れあがっている。中学生の証言によれば、スクールでは食事も満足に与えられず、毎日腕立て伏せ500回など「地獄の特訓」に参加させられていた。

 問題となっているのは四川省徳陽市中江県にある「中国反伝統教育万能訓練機構」。調べによると、このスクールではこれまでに訓練生が少なくとも数人、訓練中に溺死などしており、地元警察による家宅捜索も行われた。講師1人が刑事拘留されている。

 中学生の両親は同省成都市に出稼ぎに来ていたが、子供の不登校に悩んでいたため、評判を聞いて子供を入学させた。両親によれば、子供の病院入院後もスクール側からは一切連絡がないという。(翻訳・編集/NN)

最終更新:8月19日16時32分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000020-rcdc-cn

 

 中国にも「教育」の意味を履き違えているバカがいるんですね。

 殺してしまったら、教育する意味なんかないですもんね。

 ここまでくると無責任な親も同罪でしょうか~?wobbly

 

 

 

 

 

 

|

« 中国・新華社、ダライ・ラマ14世を「でたらめ」と非難の内容は? | トップページ | 潘基文は「存在感なし」「地球的な危機に対処する国連の必要性がかつてなく大きくなっているにもかかわらず、潘氏は存在感のなさばかりが目立っている」 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31024037

この記事へのトラックバック一覧です: スパルタ訓練で中学生が危篤、全身に骨折や臓器破損などの怪我を負い、親でも見分けがつかないほど顔が腫れあがっている。:

« 中国・新華社、ダライ・ラマ14世を「でたらめ」と非難の内容は? | トップページ | 潘基文は「存在感なし」「地球的な危機に対処する国連の必要性がかつてなく大きくなっているにもかかわらず、潘氏は存在感のなさばかりが目立っている」 »