« 「春眠あかつきを覚えず あちこち蚊だらけで農薬ジクロルボスを散布した。いったい何人が亡くなったか分からない」 | トップページ | 世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長の外国訪問で、中国の官製メディアには議長の訪問を許可した国への“対抗措置”を求める強硬論も出てきた。 »

2009/08/10

「中国では全ての人がお互いにダーティーマネーを贈りあっている。もし自分だけが贈賄しなければビジネスチャンスはない」

C4

※ 画像はイメージです。

儒教の遺産か?中国では賄賂なしではビジネスは成立しない状況―ドイツ紙

8月9日10時17分配信 Record China

 2009年8月6日、新華網によると、ドイツ紙・南ドイツ新聞は4日、「儒教の遺産」と題した記事で、中国では賄賂を贈らないとビジネスが成り立たない状況にあり、こうした習慣には儒教が影響していると紹介した。

 中国で今年上半期、贈収賄の疑いで有罪判決を受けた官僚・公務員は9158人にも上る。ある中国人企業家は「中国では全ての人がお互いにダーティーマネーを贈りあっている。もし自分だけが贈賄しなければビジネスチャンスはない」と言い切る。

 ある評論家は、贈収賄が中国社会で習慣化した責任の一端は「儒教」にもあるとの見方をしている。儒教は、官僚の腐敗を2500年も前から疎んできたが、同時に「忠誠」の重要さも強調している。例えば、「論語」の中には「父親が羊を盗んだとしても、肉親の情から息子はこれを告発すべきでない」との教えがあり、こうした内容が腐敗が蔓延する遠因になっている、とこの評論家は指摘する。

 さらに記事では、中国で賄賂が習慣化している例として、「中国日報」に最近掲載された記事中の「相手が賄賂を贈らなければ多くの官僚は侮辱を受けたと感じる。彼らは賄賂を、融通を利かせたことへの一種の代価だと捉えている」という一文を紹介した。

 ある外国企業の中国地区責任者は、賄賂に関する中国の習慣と国際ルールの狭間に挟まれながら、「中国にはどうやっても無視できない習慣がある。現実に沿って受け入れ可能な方法を探し出さなければならない」と中国でビジネスを成功させる秘訣を語っている。(翻訳・編集/HA)

最終更新:8月9日10時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090809-00000007-rcdc-cn

 

 もはや、ダーティーでなければ中国ではないですよね。

 日本人も、中国人を見たら犯罪者と思わなければいけないですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

|

« 「春眠あかつきを覚えず あちこち蚊だらけで農薬ジクロルボスを散布した。いったい何人が亡くなったか分からない」 | トップページ | 世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長の外国訪問で、中国の官製メディアには議長の訪問を許可した国への“対抗措置”を求める強硬論も出てきた。 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/30893675

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国では全ての人がお互いにダーティーマネーを贈りあっている。もし自分だけが贈賄しなければビジネスチャンスはない」:

« 「春眠あかつきを覚えず あちこち蚊だらけで農薬ジクロルボスを散布した。いったい何人が亡くなったか分からない」 | トップページ | 世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長の外国訪問で、中国の官製メディアには議長の訪問を許可した国への“対抗措置”を求める強硬論も出てきた。 »