« 悪女が善人に? 歴史修正主義の中国の建国60周年記念ドラマ | トップページ | 中国は動物を保護します。 »

2009/09/20

韓国人にさせてもらえなかった中国人の話

A5

※ 画像はイメージです。

韓国人にさせてもらえなかった中国人

9月20日0時28分配信 サーチナ

 ある中国人男性が韓国の国籍取得申請を行ったところ、「品行不方正」につき帰化が認められなかったことがニュースになりました。

 中国籍の37歳の男性、金さんはすでに韓国籍を取得している父親に招かれて2006年に韓国にやってきました。そして今年1月に韓国籍を取得するべく申請を行ったのですが、残念ながら申請を拒否されてしまったのです。韓国の法務省によれば、「金氏は2006年に韓国入国後わずか4日で無免許で飲酒運転による事故を起こし、100万ウォンの罰金を科せられている。これは帰化条件中の『品行方正である』の項目に違反しており、帰化申請は認められない」との理由だったそうです。

 「たかだか飲酒運転ごときで帰化できないなんておかしいだろう」と納得のいかない金さんはソウル行政裁判所に訴訟を起こしました。しかし、あっさり却下され終了。理由は「入国後4日での無免許飲酒運転はわが国の法律秩序を無視、蔑視する行為であり、法務省の申請拒否は裁量権を逸脱するものではなく、行使権の濫用には当たらない」と、どうやら「入国後4日」が金さんの「品行不方正」を判断するポイントになったようです。こうして金さんは、これからも中国人として韓国で生活する事になりました。

 なお、韓国国内に20万人いると言われる中国籍朝鮮族の不法滞在者による帰化申請拒否は問題になっているようで、06年7月ごろにも訴訟を起こしてニュースになっています。金さんは「不法滞在」で引っかからなかっただけに、非常に残念な「入国後4日」の飲酒運転となったようです。(環球時報9月4日付の記事より)(編集担当:柳川俊之)

最終更新:9月20日0時28分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090920-00000001-scn-cn

 

 法律を守るのって大切なことですね。

 えらそうなこと言ってますが、韓国人も日本では日本の法律を守るべきですね。

 韓国民団とか、そういう意味では怪しい組織ですしね。

 

 

 

 

 

|

« 悪女が善人に? 歴史修正主義の中国の建国60周年記念ドラマ | トップページ | 中国は動物を保護します。 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31448059

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人にさせてもらえなかった中国人の話:

« 悪女が善人に? 歴史修正主義の中国の建国60周年記念ドラマ | トップページ | 中国は動物を保護します。 »