« 「北朝鮮は自由と平和の新世界構築に向けて努力していく」? | トップページ | 騒音に抗議! 住民が店の前に大便を落とす! »

2009/09/11

「アフリカ象密猟の急増の原因は中国人」との報道に中国大使館員が猛反論の内容は?

A8

※ 画像はイメージです。

「アフリカ象密猟の急増は中国人が原因」との西側報道に中国大使館員が猛反発!―中国メディア

9月9日21時46分配信 Record China

 2009年9月7日、米紙ニューヨーク・タイムズがロイター社の報道を引用して伝えたところによると、中国人がアフリカ各地で象牙を買いあさっていることなどが原因でアフリカ象の密猟が増加し、生息数が急減しているという。成都商報が伝えた。

 記事によると、アフリカ象の密猟は1960~70年代に盛んに行われ、1989年の調査では、アフリカ東部に生息するアフリカ象はわずか1万7000頭に過ぎなかった。その後、象牙の貿易が禁止されアフリカ象の生息数は徐々に回復、現在はケニアだけでも3万8000頭が生息するようになった。しかし、国連が昨年11月、アフリカ各国の要請に基づいて象牙取引の一部を解禁したことによって再び密猟が急増しているという。

 ケニアの野生動物保護関連のあるNGO(非政府組織)の責任者は「今年になって半年間で、ケニアだけで100頭以上のアフリカ象が殺された。08年の年間98頭、07年の年間45頭に比べると大幅に増えている」と語る。密猟が増加した原因について、国連による象牙取引の一部解禁以外に、この責任者は「アジアで中産階級が増加するにつれて、象牙などの宝飾品に対するニーズが急増し、一部では高値で取り引きされている。アフリカで就労する中国人が現地で象牙を仕入れて中国で売りさばくだけでなく、一部は密猟者と共に象牙取引を行っている」と語り、「ケニアの象牙購入者の90%は中国人だといううわささえある」とコメントしている。

 こうした報道に対し、ケニアの中国大使館報道官は「多くの報道は根拠が示されておらず、憶測の域を出ない」と語り、「ニューヨーク・タイムズもロイターも一部メディアの見方を報道しているに過ぎない」と指摘。「中国人はアフリカ各国において、インフラ建設などで大きな貢献をしていることは間違いない。西側メディアは中国人を色眼鏡で見ることをやめるべきだ」と批判している。(翻訳・編集/HA)

最終更新:9月9日21時46分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000030-rcdc-cn

 

 なんか勝手なことを言ってますが、反論になってないですよね。

 第一、中国の報道のほうが根拠が示されていないことが多いですし、

 それに、中国がアフリカで社会貢献をしているからといって、それで密猟が許されるわけではないですからね。

 中国人こそ大きな勘違いをしているのではないのでしょうか~!angry

 

 

 

 

 

 

|

« 「北朝鮮は自由と平和の新世界構築に向けて努力していく」? | トップページ | 騒音に抗議! 住民が店の前に大便を落とす! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31319472

この記事へのトラックバック一覧です: 「アフリカ象密猟の急増の原因は中国人」との報道に中国大使館員が猛反論の内容は?:

« 「北朝鮮は自由と平和の新世界構築に向けて努力していく」? | トップページ | 騒音に抗議! 住民が店の前に大便を落とす! »