« 中国各メディアが一斉に「クレヨンしんちゃん」の作者とは別人の写真を掲載! | トップページ | 「えっ?うちの子、胸大きくなってない?」…、2歳になる娘の胸が膨らむ 第2次性徴が? »

2009/09/24

証言がコロコロ変わる自称・元従軍慰安婦、イ・ヨンスと売国奴・鳩山総理

B10

※ 画像はイメージです。

元慰安婦女性、鳩山首相との「10年来の縁」語る

 【ソウル23日聯合ニュース】「今回は本当に慰安婦問題が解決するでしょう。鳩山首相なら…」――。

 日本植民地時代に慰安婦として被害を受けたイ・ヨンス(81)さんは、鳩山由紀夫首相が就任した16日、「鳩山政権の発足を心より祝う」としながら、慰安婦問題の早急な解決を願う気持ちをしたためた手紙を首相に送った。

 イさんは23日に聯合ニュースの記者と会い、「儀礼的におめでとうと言ったわけではない。わたしが会った鳩山さんは本当に真実性の感じられる人で、慰安婦問題に変化をもたらすと信じているため」と、手紙を出した背景を説明した。

 イさんは1998年の夏に訪日した際、市民団体で活動していた日本人教授の紹介で、当時民主党幹事長だった鳩山氏と会った。当時、日本では慰安婦被害者に対する賠償のため、「女性のためのアジア平和国民基金」が造成されたが、イさんは鳩山氏に「政府の謝罪もなく、民間が集めた金で賠償金を支給するのは理解し難い。政府は責任を回避せず、公式謝罪すべきだ」との立場を伝えた。

 鳩山氏はイさんの話に真剣に耳を傾け、「その問題に対しては真摯(しんし)に考えている。われわれも一生懸命に頑張る」と答えたという。イさんは、「短い時間だったが、リラックスした雰囲気でお互い本音で話し合った」と振り返り、こうした経緯から鳩山氏に信頼を寄せるようになったと話した。

 鳩山氏からの返信を待っているイさんは、忙しい上に一国の指導者としてそう簡単に答えられる問題ではないとしながらも、必ず手紙を読んだだろうし、切実な心が伝わったはずだと期待を寄せた。イさんは、鳩山氏が訪韓する際には慰安婦女性らも会えるように政府に要請する計画だという。

イ・ヨンスさん=(聯合ニュース) 
http://img.yonhapnews.co.kr/Basic/Article/JP/20090923/20090923132746_bodyfile.jpg 

韓国・聯合ニュース

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/09/23/0200000000AJP20090923001200882.HTML

 

李容洙

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 李容洙(イ・ヨンス、이용수)は、自称元慰安婦として各地で証言している人物。

証言

 「証言・強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち 韓国挺身隊問題対策協議会 明石書店 1993」での本人の証言をもとに列記する。

・1928年12月韓国の大邱(テグ)生まれ。

・1944年秋(満16歳)貧乏な様子におばさんから働けと勧められ、「軍服みたいな服を着た男」(国民服に戦闘帽の男の日本人)に服と靴で釣られて働けるものとついて行った。大連から船に乗った。 

・1945年(17歳)新暦の正月、爆撃下の船上で強姦される。台湾の新竹に到着したが股に腫れ物ができて血がべったりついていて歩けない。嫌だと言うと慰安所の経営者に電話線のコード巻き付けられ拷問された。トシコという名で主に特攻隊の相手をした、その際に性病を移された。

・1945年8月(17歳)朝鮮人の人が終戦だと教えてくれた、経営者はもう逃げていなかった。埠頭にある収容所に行った。麦が青い芽を出す頃(11月頃)家に帰った。

・現在はナヌムの家に住む。

別の証言については以下に列記する。

・2002年6月26日の「しんぶん赤旗」では「14歳で銃剣をつき付けられて連れてこられた」「拒むと殴られ、電気による拷問を受けて死にかけた」と証言している。 

・2007年4月27日の「asahi.com」の記事では「私は15歳の時に拉致された。まわりの女性は誰も売春婦のようにはお金をもらっていなかった」と証言している。

・2007年4月28日にハーバード大学で行った講演では「16歳の時に強制連行され、2年間日本兵の慰安婦をさせられた」「日本兵に足をメッタ切りにされ、電気による拷問を受けた」と証言している。

証言履歴

・女性国際戦犯法廷にて慰安婦として金君子らと共に証言。

・2004年12月3日、岡崎トミ子の紹介で細田博之官房長官と面談。

・2007年2月15日、マイク・ホンダ提案の慰安婦法案に関連してアメリカ下院公聴会にて慰安婦として金君子、ジャン・ラフ・オハーンらと共に証言。

証言の内容について

・1993年、ソウル大学教授の安秉直ら「挺身隊研究会」が慰安婦と名乗り出た女性らに聞き取り調査を行った。安秉直教授は慰安婦として名乗り出た人の中には事実を歪曲している人もいた事を記し、調査の対象となった40人のうち、19人についてはそうした事はなく証言の信頼性が高いことを以下のように書いている。

『調査を検討する上で難しかったのは証言者の陳述がたびたび論理的に矛盾することであった。すでに50年前の事なので、記憶違いもあるだろうが証言したくない点を省略したり、適当に繕ったりごちゃ混ぜにしたりという事もあり、またその時代の事情が私たちの想像を越えている事もあるところから起こったことと考えられる。(略)私たちが調査を終えた19人の証言は私たちが自信をもって世の中に送り出すものである。(略)証言の論理的信憑性を裏付けるよう、証言の中で記録資料で確認できる部分はほとんど確認した。』

・西岡力は『この調査で「強制」だったと証言する女性は4人だけであり、その4人のうちの2人は、日本政府を訴えた裁判の訴状で「キーセン」などとして「身売り」された』と書いている。

・秦郁彦は雑誌記事で李容洙の1992年挺身隊対策協議会への証言および2007年アメリカ下院公聴会での証言から、慰安婦になった経緯は民間業者の甘言、朝鮮人による騙しによるものであり官憲による強制連行ではないとし、家出が正しいとしている。

・慰安婦についての研究で一橋大学から博士号を得ている尹明淑は、元朝鮮人慰安婦43人分の証言を調査している。この研究では、このケースは「詐欺誘因」となっており、自分の意志に反した誘拐になっている。

・2004年、「1944年、16歳の時に連行され、3年間強制された(日本の敗戦後まで)」と証言したが、2007年の証言では「1944年15歳の時に連行され1945年に解放とされた」と修正申告。2004年の証言と2007年の証言が違うのではという指摘に、李自身は「私はどちらもそういう風に喋っていない、私が喋ったことが毎回違うと言う人がいるそうだが、集会で話すための持ち時間も違うし、なんにせよ私の体験全部は話せない。その時の選択で喋り方が変わった事をどうして嘘をついたというのか?」と質問に答えている(2007年6月15日、東京・南大塚地域文化創造会館 主催日朝協会にて)。

・1993年当時のイ・ヨンスの証言 1993.7「写真記録 やぶられた沈黙」1993.10「証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち」より抜粋

「1944年夏のある日、酒屋をやっていた友達(キムプンスン)のお母さんが「今のような苦しい生活をしている必要はないじゃないか。私の言うところに行けばご飯がたくさん食べられ、豊かな生活ができる」と言いました。ですが私は「嫌だ」と言って飛び出て来ました。
それから何日かたったある日の明け方、キムプンスンが私の家の窓をたたきながら「そうっと出ておいで」と小声で言いました。私は足音をしのばせてそろそろとプンスンが言う通りに出て行きました。母にも何も言わないで、そのままプンスンの後について行きました。~(中略)~行ってみると川のほとりで見かけた日本人の男の人が立っていました。その男の人は四十歳ちょっと前ぐらいに見えました。国民服に戦闘帽をかぶっていました。その人は私に包みを渡しながら、中にワンピースと革靴が入っていると言いました。~(中略)~それをもらって、幼心にどんなに嬉しかったかわかりません。もう他のことは考えもしないで即座について行くことにしました。大邱から私たちを連れて来た男が慰安所の経営者でした。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%82%B9

 

 随分デタラメなババアですね。

 また、こんないいかげんなやつと鳩山総理が仲良しなのも気になります。

 鳩山は慰安婦問題を解決するつもりなのでしょうか?

 こんなデタラメな証言を信じているのでしょうか?

 なんだか不安です。shock

 

 

 

 

|

« 中国各メディアが一斉に「クレヨンしんちゃん」の作者とは別人の写真を掲載! | トップページ | 「えっ?うちの子、胸大きくなってない?」…、2歳になる娘の胸が膨らむ 第2次性徴が? »

従軍慰安婦はいない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31499933

この記事へのトラックバック一覧です: 証言がコロコロ変わる自称・元従軍慰安婦、イ・ヨンスと売国奴・鳩山総理:

« 中国各メディアが一斉に「クレヨンしんちゃん」の作者とは別人の写真を掲載! | トップページ | 「えっ?うちの子、胸大きくなってない?」…、2歳になる娘の胸が膨らむ 第2次性徴が? »