« 中国の国営TV局がまたまた日本のアニメをパクる! 最後には「模倣なのでパクリではない」と逆ギレ! | トップページ | 中国の骨董品市場はニセモノと盗品だらけ! »

2009/09/14

中国プロサッカー 史上最悪のフェアプレーデー レッドカードが飛び交う、シーズン最悪の日に

A7

※ 画像はイメージです。

<サッカー><レコチャ広場>史上最悪のフェアプレーデー=元Jリーガーが唾吐きで解雇に―中国

9月12日20時53分配信 Record China

 2009年9月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、今月5日の中国スーパーリーグの「フェアプレーデー」について伝えた。クリーンな試合になるどころか、レッドカードが飛び交う最悪の一日になってしまったという。

 以下は同ブログから。

 ラフプレー、八百長、乱闘騒ぎと問題山積みの中国サッカー。メディアとファンからの強い批判を受け、中国サッカー協会も対策を始めています。その取り組みの一つがフェアプレーデー。ところが当日の試合はというと大荒れ。選手、スタッフ7人に罰金が科されるなど2009年シーズン最悪の一日となってしまいました。

 8日に中国サッカー協会が発表した処分は以下の通り。「これって一年分の事件?」と見まごうほどの大量処分です。

・長春亜泰の劉成選手、出場停止3試合、罰金2万元(約26万7000円)。
ペナルティエリア内で相手選手を突き倒した。

・杭州緑城の王宏有選手、出場停止4試合、罰金2万元。
審判を罵り靴を投げつけたため、レッドカードを受けた。

・上海申花の賈秀全監督、出場停止8試合、罰金2万元。通訳の謝暉氏、出場停止8試合(スタジアム立ち入り禁止2試合、ベンチ入り禁止6試合)、罰金4万元(約53万4000円)。陳涛選手、出場停止4試合、罰金2万元。チームドクターの張鵬氏、ベンチ入り禁止5試合、罰金2万5000元(約33万4000円)。
試合後、審判に執拗な抗議。

・山東魯能のジブコヴィッチ選手、出場停止8試合、罰金4万元。
イラン人審判の判定に不服で唾をはきかけ、レッドカード。山東魯能は同選手との契約解除を発表した。

 厳罰路線をとる中国サッカー協会、今シーズンに科した罰金は60万元(約800万円)を超えたそうです。あるサッカー協会関係者は「学がなくて、チンピラ同然の選手を取り締まるのは罰金が一番だ」と述べたそうですが、そういう選手をバカにした態度では問題は解決しないような気が。厳しい処分を科されたジブコヴィッチ選手は以前、Jリーグのジュビロ磐田に所属していましたが、そんなにプレー態度が悪かったイメージがないのですが。「朱に交われば赤くなる」とならないよう、リーグ全体のムードを変えていくしかないのではないかと思います。(筆者:chinanews)

■ 「21世紀中国ニュース」は中国在住経験を持つ翻訳者のブログ。『21世紀は中国の世紀』と言われその成長がもてはやされるなか、「このまますんなりと発展が続くとは思えない」と考え、スポーツにとどまらず中国関連の「気になるニュースをピックアップし」紹介している。FC2ブログに掲載。

最終更新:9月12日20時53分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000021-rcdc-cn

 

 中国人は「フェアプレー」という言葉の意味を知っているのでしょうか?

 これではサッカーなのかノー・ルール・デスマッチなのか区別がつきませんね。

 とりあえず中国のサッカーはサッカーではないので、FIFAから脱会するべきだと思います~♪

 

 

 

 

 

 

|

« 中国の国営TV局がまたまた日本のアニメをパクる! 最後には「模倣なのでパクリではない」と逆ギレ! | トップページ | 中国の骨董品市場はニセモノと盗品だらけ! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31359635

この記事へのトラックバック一覧です: 中国プロサッカー 史上最悪のフェアプレーデー レッドカードが飛び交う、シーズン最悪の日に:

« 中国の国営TV局がまたまた日本のアニメをパクる! 最後には「模倣なのでパクリではない」と逆ギレ! | トップページ | 中国の骨董品市場はニセモノと盗品だらけ! »