« 世界中のウェブサイトをハッキングして建国記念日を祝いましょう! | トップページ | 家政婦にベッドのお供を強要する雇い主が社会問題化、契約書に「禁止」と明文化も… »

2009/09/09

自陣ゴールにドライブシュート! 中国プロサッカー 「八百長する技術すらない」?

A11

※ 画像はイメージです。

八百長? 味方のゴールにシュート3発 中国プロサッカー 疑惑絶えず人気低迷 

9月8日15時37分配信 産経新聞

■「時間稼ぎのバックパス」全面否定

 【北京=矢板明夫】中国のプロサッカー界が八百長疑惑に揺れている。9月2日に行われた公式試合で、終了間際に味方のゴールに向け、立て続けに3発も強烈な“バックパス”。これが大きな話題となり、闇賭博が絡んでいるのではないかと指摘されている。中国サッカー協会はすでに調査に乗り出しており、不正行為があったと判断されれば、刑事事件に発展する可能性もあるという。

 中国紙「体壇週報」などによると、八百長疑惑が浮上したのは、四川省成都市で行われた2部リーグの青島対四川の試合。終了5分前まで青島が3-0でリードしていたが、選手交代でベテラン選手が登場すると、様子が一変した。

 この選手の指示を受けた青島の選手は一斉に攻撃をやめただけでなく、自らのゴールに対し、2人の選手がシュートと見間違えるような強いバックパスを計3発放った。2発はゴールを外れたものの、1発はキーパーに止められ、いずれもオウンゴールにはならなかった。

 しかし、これを見た観客が騒然となり、双方の応援団から「仮球(八百長)!」「仮球!」とのブーイングの大合唱が起きたという。

 試合後、青島の責任者は「時間稼ぎの戦術を取ったにすぎない」と疑惑を全面否定したが、インターネットユーザーの間では「青島の選手は、闇賭博で『得失点差2で勝つ』に大金をかけた暴力団から圧力を受けたのではないか」との見方が広がっている。

 中国サッカー協会はすでに調査チームを立ち上げ、試合のビデオを精査するとともに、両チームから事情聴取を始めている。闇賭博が事実であれば、当局に告発する構えを見せている。

 中国のプロサッカー界ではここ数年、審判員買収や八百長などの疑惑が絶えない。2007年6月に闇賭博絡みで選手同士の殺人事件も起きており、一連の不祥事によりサッカー人気は低迷している。

最終更新:9月8日15時51分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000086-san-int

 

<レコチャ広場><サッカー>自陣ゴールにドライブシュート!ド下手な八百長で大炎上―中国

9月8日16時45分配信 Record China

 2009年9月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、中国サッカーの八百長疑惑について報じた。八百長が不当な行為であるのはもちろんだが、そのあまりにもお粗末なやり方も驚きを呼んでいるという。

 以下は同ブログから。

 2009年9月、中国サッカーにまたも八百長疑惑が浮上しました。「吊射門」(ループシュート事件)と呼ばれる今回の騒ぎ。なんと自陣ゴールめがけてシュートを打ちまくるという、あまりにも露骨かつお粗末な八百長です。事件後、メディアの批判が殺到しているほか、警察も捜査を開始したと伝えられるなど大変な騒ぎとなっています。

 事件が起きたのは9月2日、四川省成都市で行われた中国サッカー甲級リーグ(2部に相当)の四川智谷対青島海利豊の一戦。試合は青島が3対0とリードしていましたが、ラスト5分に奇妙な出来事が。

 青島の選手が敵ゴールではなく、自陣ゴールめがけてロングシュート。どうにかGKがキャッチしましたが、この不思議なシュートが3回も続きました。明らかにオウンゴールを狙う動きで、現地観客からは「八百長だ、八百長だ」と叫び声があがり、異様な雰囲気で試合は終了しました。

 2部の試合でテレビ中継がなかったのか、ホームビデオのようなもので撮られた荒い映像しか確認できませんでしたが、センターサークル付近から明らかにゴールを狙ったような動きで、不自然きわまりないもの。試合後、チーム経営者は「戦術的なバックパス」と弁明していましたが、とても信用できるものではありません。サッカー協会が徹底的な調査を約束したほか、警察も闇賭博との関わりもあると見て捜査を始めています。

 中国サッカーは以前から八百長疑惑がささやかれており、人気凋落の原因になったとも言われています。今回のあまりにも不自然な動きに疑惑が再燃、「他チームにも八百長あり」「サッカー協会もグルだ」などと報道は過熱しています。

 あふれかえる関連記事のなかでちょっと笑ってしまったのが、5日付深セン商報。「前半にちょっとしたミスを装って失点でもしておけばこんな騒ぎにはならないだろうに。八百長の技術すらない」と嘆き、この体たらくでは本気で試合しても期待はできないだろうとばっさり切り捨てています。(筆者:chinanews)

■ 「21世紀中国ニュース」は中国在住経験を持つ翻訳者のブログ。『21世紀は中国の世紀』と言われその成長がもてはやされるなか、「このまますんなりと発展が続くとは思えない」と考え、スポーツにとどまらず中国関連の「気になるニュースをピックアップし」紹介している。FC2ブログに掲載。

最終更新:9月8日16時45分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000017-rcdc-cn

 

 中国のサッカー界ってどうなっているのでしょうか?

 「カンフー・サッカー」だの「八百長試合」だの、とてもまともな状態ではありませんね。

 こういうのって、やっぱり「国民性」なのでしょうかね♪bleah

 

 

 

 

 

 

|

« 世界中のウェブサイトをハッキングして建国記念日を祝いましょう! | トップページ | 家政婦にベッドのお供を強要する雇い主が社会問題化、契約書に「禁止」と明文化も… »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31291043

この記事へのトラックバック一覧です: 自陣ゴールにドライブシュート! 中国プロサッカー 「八百長する技術すらない」?:

« 世界中のウェブサイトをハッキングして建国記念日を祝いましょう! | トップページ | 家政婦にベッドのお供を強要する雇い主が社会問題化、契約書に「禁止」と明文化も… »