« 自陣ゴールにドライブシュート! 中国プロサッカー 「八百長する技術すらない」? | トップページ | 「北朝鮮は自由と平和の新世界構築に向けて努力していく」? »

2009/09/10

家政婦にベッドのお供を強要する雇い主が社会問題化、契約書に「禁止」と明文化も…

A10

※ 画像はイメージです。

<怖い中国事情>家政婦に「ベッドのお供」強要―上海市

9月8日21時24分配信 Record China

 2009年9月8日、中国で家政婦に「ベッドのお供」まで強要する雇い主の存在が社会問題になっていることについて、上海市家政婦協会は「契約書に禁止と明記することは有効的」との見方を示した。新聞晨報が伝えた。

 中国の都市部では農村からの出稼ぎ労働者を安価で雇えるため、家政婦を利用する家庭が非常に多い。だが、立場の違いを利用したセクハラ、パワハラ行為も少なくなく、問題となっている。特に深刻なのは家政婦が「ベッドのお供」を強要されること。事件が起きても「雇い主に強要された」と訴える家政婦に対し、雇い主側が「合意の上だった」と反論し、家政婦が泣き寝入りケースも多かった。

 そこで、家政婦紹介所が雇い主との契約書に「ベッドのお供を強要することを禁止する」と明記することで弱い立場である家政婦を法的に守ることができるとの考え方が広まっている。上海康[日斤]弁護士事務所の張濱(ジャン・ビン)弁護士は、一旦契約書が交わされれば、雇い主が「合意の上だった」とする証拠を提出しない限り、法的な責任を負わなければならないと説明している。(翻訳・編集/NN)

最終更新:9月8日21時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000024-rcdc-cn

 

【中国の検索ワード】「家政婦と寝る」事件多発、禁止明文化も「無意味」の声

9月9日9時2分配信 サーチナ

 共働きが世帯が多い中国では、家政婦を雇うケースが珍しくない。それに加え、昨今は1人暮らしのお年寄りが家政婦を頼む事も増えている。そんな中、家政婦をめぐるトラブルも多発しており、特に最近は家政婦と一夜を明かす事例が各地で発生しているという。そこで上海市家庭サービス業協会では家政婦と一夜を明かす事を禁じる条項を雇用契約に盛り込む動きが出てきた。8日更新の中国大手検索サイト百度(Baidu)の「検索ワード人気上昇ランキング」に「保姆陪睡」が登場した。

 保姆は中国語ではハウスキーパーをさす。中には男性もいるが、その大半は家政婦さんだ。このたび上海市家庭サービス業協会がまとめている契約条項には、「ハウスキーパーを異性の同年代の人と一室に同居させてはならない」というものである。これについて、ネット上や各方面から「意味がないのでは」という意見が上がってきているようだ。

 その理由のひとつが、定義が曖昧であること。「同年代」に一体どれほどの幅を持たせているのかが不明確であることや、「一室に同居」できなくなると、介護サービスが行えないケースが出てくる上、ハウスキーパーのために部屋をひとつ用意するのは現実的に難しいのではないかという声が挙がっている。

 もうひとつの理由は、ハウスキーパーの経済事情である。ハウスキーパーの多くは地方から出稼ぎでやってきた女性であり、稼ぎを多くするために依頼者と一夜を共にする事もいとわない場合が多い。さらには、経済的に余裕のある依頼者の心をつかめば晴れて妻になれるという希望も秘めている。いくら契約で禁止したとしても、これでは一向になくなるはずはない、というものだ。

 日本をしのぐ超高齢化社会の到来による独居老人の増加と出稼ぎ労働の問題。大きな社会問題が絡み合った結果といえる「保姆陪睡」、そう簡単には解決できなさそうだ。(編集担当:柳川俊之)

最終更新:9月9日9時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000008-scn-cn

 

 中国って、どこまで腐りきった国なのでしょうか。

 こんな国を作った中国共産党は責任をとって解党するべきでしょう~♪pig

 

 

 

 

 

|

« 自陣ゴールにドライブシュート! 中国プロサッカー 「八百長する技術すらない」? | トップページ | 「北朝鮮は自由と平和の新世界構築に向けて努力していく」? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31301747

この記事へのトラックバック一覧です: 家政婦にベッドのお供を強要する雇い主が社会問題化、契約書に「禁止」と明文化も…:

« 自陣ゴールにドライブシュート! 中国プロサッカー 「八百長する技術すらない」? | トップページ | 「北朝鮮は自由と平和の新世界構築に向けて努力していく」? »