« 中国プロサッカー 史上最悪のフェアプレーデー レッドカードが飛び交う、シーズン最悪の日に | トップページ | 秋は整形の季節? 韓国人が大挙して整形するために中国へ »

2009/09/15

中国の骨董品市場はニセモノと盗品だらけ!

A11

※ 画像はイメージです。

<骨董品>ニセモノと盗品だらけ!市場は犯罪の温床―中国

9月14日7時29分配信 Record China

 2009年9月12日、北京科技報によると、2007年の1年間に、中国国内で美術品オークションに出品された官窯(時の支配者のために築かれた窯)の陶磁器は2万点に及んだ。さらに06年から現在までに乾隆帝(1711~99年、清朝第6代皇帝)の玉璽(ぎょくじ)が100点もオークションに出品されたが、本物は3点しか作られていないという。

 北京大学資源学院院長で清華大学文化産業研究センター・客員研究員の李彦君(リー・イエンジュン)教授は、前述の数字を挙げて中国の骨董品市場の混乱ぶりを指摘している。李教授はさらに、「現在の民間の骨董品市場は『盗掘、密輸、偽造、闇取引』という4つの問題を抱えている」と説明。国内にある古墳はほとんどが盗掘の被害に遭っており、1990年から2000年までの間に、わかっているだけでも20万か所の古墳が盗掘されたという驚きの事実を明らかにした。

 「盗掘された大量の文物は犯罪組織を通じて国外に持ち出されている。骨董品の密輸は改革開放後に急激に増えた」と嘆く李氏は、「密輸よりひどいのがニセモノの横行」だと語った。オークションや骨董店で、本来法律で規制されている古い年代の物(1911年以前の物)が平然と高値で取引されている実情から、「日本の文化財保護協会のような権威ある組織が正確な鑑定を行う必要がある」と主張しているが、優秀な鑑定士そのものが中国国内に不足しているという。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:9月14日7時29分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00000005-rcdc-cn

 

 さすがは中国人。犯罪行為をさせたら世界一ではないのでしょうか?

 もしかすると、中国4000年の歴史もニセモノかもしれません。

 何しろ、中国人の言うことですから~♪

 

 

 

 

 

|

« 中国プロサッカー 史上最悪のフェアプレーデー レッドカードが飛び交う、シーズン最悪の日に | トップページ | 秋は整形の季節? 韓国人が大挙して整形するために中国へ »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31375624

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の骨董品市場はニセモノと盗品だらけ!:

« 中国プロサッカー 史上最悪のフェアプレーデー レッドカードが飛び交う、シーズン最悪の日に | トップページ | 秋は整形の季節? 韓国人が大挙して整形するために中国へ »