« 大音量で音楽鳴らしたまま2日家を空けた迷惑な中国人 | トップページ | 北朝鮮の乞食外交 「コメよこせ!」「肥料よこせ!」 »

2009/09/27

中国では放送禁止? マドンナの新作ミュージックビデオでヒトラーと温家宝を同一視して、中国で論議を呼んでいる。

A4

※ 画像はイメージです。

温家宝首相やヒトラーが登場、マドンナのMVが波紋

 米国の人気歌手マドンナのミュージックビデオ(MV)に中国の温家宝首相をナチスドイツのヒトラー、アフリカの独裁者と並列して扱ったシーンが登場することが分かった。25日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、このビデオは中国で論議を呼んでいるという。

 問題のビデオは、マドンナが世界ツアーで『ゲット・ステューピッド(Get Stupid)』という曲を歌う際にバックで上映される。ビデオは気候変化で氷河が解け、食糧不足、戦争などを連想させるシーンで始まる。そして、「立ち上がれ、時が来た。君の人生、君の世界」という歌詞とともに、ヒトラーとナチスドイツによる大虐殺の映像が登場する。続いて、中国の国旗とともに温首相の顔が約1秒映し出されるこのほか、昨年8月の北京五輪で歓呼する人々の姿、独立デモを繰り広げるチベットの僧侶を公安が殴打する場面も出てくる。直後にはジンバブエのムガベ大統領、イラの最高指導者ハメネイ師、ミャンマー軍政トップのタン・シュエ議長なども登場する。

 一方ビデオには、彼らと対比される人物として、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん、黒人差別撤廃を訴えたキング牧師、ジョン・F・ケネディ元米大統領などが挙げられている。

香港=李恒洙(イ・ハンス)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

<Copyright (c) 2008 The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>

http://www.chosunonline.com/news/20090926000023

 

 ギャッハッハッハッハ、

 中国マーケットをまったく無視したマドンナは痛快ですね。

 最近は中国に懐柔した態度をとるミュージシャンばかりだったので、こういうマドンナの行動はかっこいいですね。lovely

 

 

 

 

 

 

|

« 大音量で音楽鳴らしたまま2日家を空けた迷惑な中国人 | トップページ | 北朝鮮の乞食外交 「コメよこせ!」「肥料よこせ!」 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31528964

この記事へのトラックバック一覧です: 中国では放送禁止? マドンナの新作ミュージックビデオでヒトラーと温家宝を同一視して、中国で論議を呼んでいる。:

« 大音量で音楽鳴らしたまま2日家を空けた迷惑な中国人 | トップページ | 北朝鮮の乞食外交 「コメよこせ!」「肥料よこせ!」 »