« 「えっ?うちの子、胸大きくなってない?」…、2歳になる娘の胸が膨らむ 第2次性徴が? | トップページ | 大音量で音楽鳴らしたまま2日家を空けた迷惑な中国人 »

2009/09/26

路上で倒れた老人に知らんぷり! 誰もが知ってる「南京徐ばあさん事件」とは?

C8

※ 画像はイメージです。

【中国の検索ワード】とばっちり避け、路上で倒れた老人に知らんぷり

9月25日8時46分配信 サーチナ

 重慶市で19日、市街地を歩いていた80歳ぐらいのお年寄りが突然地面に倒れこんだ。しかし、周囲の人たちは手足が痙攣している老人に手を差し伸べることなく、ただ見ているだけだった。この一件はネット上で激論を呼ぶことになったが、数年前に南京で発生したある事件が話題にのぼり関心が集まった。24日更新の中国大手検索サイト百度(Baidu)の「検索ワード人気上昇ランキング」に「南京徐ばあさん事件」が登場した。

 倒れている老人を見て誰も助けようとしなかった人々の脳裏にはきっと「南京徐ばあさん事件」が浮かんでいたに違いない。約3年前の2006年11月20日、南京市のとあるバス停で老人が倒れているのを彭宇さんという青年が発見、助け起こしてあげ、病院まで付き添った。しかし、検査の結果脛を骨折している事が分かった老人とその家族は、こともあろうに「彭宇さんがぶつかってきた」と主張し彭さんに数万元の治療費を支払わせようとした。彭さんがこれを拒否すると裁判沙汰となり、1審で彭さんに4万5000元(約63万円)あまりの支払いを命じる判決が出たものの双方ともに上訴し、結局彭さんが1万元あまり(約14万円)を支払う事で和解が成立した。

 このニュースは当時広く報じられ、ニュースを知った人々の中で「下手に人を助けないほうがいい」という認識を生む事になった。同じ南京市では今年2月に象徴的な出来事が2回報じられている。2月15日、南京市の解放路を歩いていた老人が口から泡を吹いて倒れた。通行人はみな見なかったフリをして現場を避けて通っていたが、そこを通りかかったダンス教師が再三躊躇した末にやじうま9名を「証人」に見立ててようやく老人を助けた。翌週の22日には、バスから降りようとした老人がつまずいて倒れた際、「自分で倒れたんだ。安心してくれ」と老人が叫んだのを聞いてようやく乗客5~6人が助けるという4コママンガのオチのような現象が起こった。

 ネット上では「助けたいという良心はある」というものの、「助けて何万元も取られるなんてまっぴらだ」「助けた奴がバカを見る」「雷鋒(無私の心で多くの人々を救い命を落とした、人民の模範とされている青年軍人)が今の世にいたら、とっくに倒産してる」などといったような意見が多数見られる。専門家は、写真を取ったり録音したりする他、証人を作って潔白を証明できるようにしておく事と、さもなくば速やかに警察や救急に連絡する事が大切だと指摘している。

 なんとも生きにくい世の中になったものである。(編集担当:柳川俊之)

最終更新:9月25日8時46分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000009-scn-cn

 

 中国はすばらしいですね。

 中国は近代化が進む中、何かを忘れてしまったんでしょうね。

 それは、『常識』でしょうか?happy02

 

 

 

 

 

 

 

|

« 「えっ?うちの子、胸大きくなってない?」…、2歳になる娘の胸が膨らむ 第2次性徴が? | トップページ | 大音量で音楽鳴らしたまま2日家を空けた迷惑な中国人 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31516901

この記事へのトラックバック一覧です: 路上で倒れた老人に知らんぷり! 誰もが知ってる「南京徐ばあさん事件」とは?:

« 「えっ?うちの子、胸大きくなってない?」…、2歳になる娘の胸が膨らむ 第2次性徴が? | トップページ | 大音量で音楽鳴らしたまま2日家を空けた迷惑な中国人 »