« 中国からはなぜノーベル賞受賞者が誕生しないのか? ― 「パクリ」を恥とも思わない風潮が蔓延する今の中国からはノーベル賞受賞者など出るはずがない! | トップページ | 「蝶をつかまないでください。蝶の手足がもげてしまいます。」 蝶1万匹が舞う華麗なイベントが… »

2009/10/09

北朝鮮から見ても、中国は社会主義国家

Bg9

※ 画像はイメージです。

<レコチャ広場>北朝鮮人の見た中国の発展

10月8日12時30分配信 Record China

 2009年10月6日、中国の著名女性ジャーナリスト・閭丘露薇(リューチウルーウェイ)氏はブログで記事「北朝鮮人の見た中国の発展」を掲載した。同氏は温家宝(ウェン・ジアバオ)首相の北朝鮮訪問に同行取材した。

 以下はその概略。

 取材に同行してくれた北朝鮮官僚は若く、英語が堪能だった。英語科出身で仕事柄、世界各国を訪問しているという。その官僚は子どものころ、北京に行った時は平壌と大差なかったが、数年前に再訪した時にはびっくりするほどの変わりようだったと話した。

 閭丘氏が「平壌も同じように変化をしてもらいたいか?北朝鮮も中国モデルの成長を目指すべきか?」と聞くと、「one man's meat is another man's poison」(ある者にとっての利益は別の者にとっての不利益となる)との警句で切り返し、「中国は社会主義市場経済の道を歩んだ。北朝鮮には北朝鮮の社会主義の道がある」と答えたというその表情を見ると、もはや中国はほとんど資本主義そのものであるかのように思っていることがうかがえた。(翻訳・編集/KT)

● 閭丘露薇(リューチウルーウェイ)

中国の女性ジャーナリスト。上海出身の40歳。香港フェニックステレビ(鳳凰衛視)の著名な記者で、03年のイラク戦争でバグダッドを取材した唯一の中国人女性記者として一躍名を馳せた。「戦場のバラ」と呼ばれ、中国全土で高い人気を誇る。

※ 本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

最終更新:10月8日12時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000011-rcdc-cn

 

 もはや中国は事実上の資本主義国家です。

 若い北朝鮮官僚の認識のほうが正しいでしょう。

 この中国人ジャーナリストは大ウソツキですね~♪chick

 

 

 

 

 

|

« 中国からはなぜノーベル賞受賞者が誕生しないのか? ― 「パクリ」を恥とも思わない風潮が蔓延する今の中国からはノーベル賞受賞者など出るはずがない! | トップページ | 「蝶をつかまないでください。蝶の手足がもげてしまいます。」 蝶1万匹が舞う華麗なイベントが… »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31703713

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮から見ても、中国は社会主義国家:

« 中国からはなぜノーベル賞受賞者が誕生しないのか? ― 「パクリ」を恥とも思わない風潮が蔓延する今の中国からはノーベル賞受賞者など出るはずがない! | トップページ | 「蝶をつかまないでください。蝶の手足がもげてしまいます。」 蝶1万匹が舞う華麗なイベントが… »