« 入園者のマナー違反が動物たちを苦しめる パンダもコアラもノイローゼに! | トップページ | 中国からはなぜノーベル賞受賞者が誕生しないのか? ― 「パクリ」を恥とも思わない風潮が蔓延する今の中国からはノーベル賞受賞者など出るはずがない! »

2009/10/08

チェ・ホンマンは「一分以内に倒す」と豪語したが、「弱い選手」のはずのミノワマンに完敗した。

C9

※ 画像はイメージです。

【韓国の検索ワード】チェ・ホンマンは「もはや格闘家ではない」

10月7日11時32分配信 サーチナ

 6日、横浜アリーナで開催された「DREAM.11フェザー級グランプリ2009決勝戦」スーパーハルクトーナメント準決勝でミノワマンと対戦した韓国のチェ・ホンマンが第二ラウンドであっけなくTKO負けとなった。試合結果は韓国のニュースサイトでも取り上げられ、この話題へのアクセスが急増した。各大手ポータルサイトの上位に「チェ・ホンマン ミノワマン」が名を連ねている。

 試合前の2日の取材でチェ・ホンマンは「ミノワマンが僕をテイクダウンすることは不可能。一分以内に倒す」と豪語したが、「弱い選手」のはずのミノワマンに完敗した。「足首折れた『ゴリアテ』チェ・ホンマン、ミノワマンに関節技TKO」とのタイトルでこのニュースを伝えたdaumサイトのスポーツニュースには、ネットユーザーからの書き込みが相次いでいる。

 500件に迫る記事のコメント欄には「もはや格闘家などじゃない」、「見ている方が恥ずかしくなる」、「持久力より技術、技術より戦略という絶対的な真理の前で、ホンマンにあるのは体格だけ」、「自分よりあれだけ低い相手に負ける秘訣を教えて」、「イベントマッチの役割は果たしのでは?」、「もう見ていられない。これは格闘技ではない。このような試合を格闘技と呼ぶのは格闘技に失礼だ」、「恥さらしをしないでもう強制帰国させろ」「もうやめて日本の映画出演でもしたら?」、「格闘技よりは日本のバラエティに出たら?芸能界にもっと興味があるみたいだし」等等、期待にこたえる結果を出せなかったチェ・ホンマンに対する失望から揶揄が爆発している。

 中には、「ホンマンもやるだけのことはやった」、「脳の手術後は、もはや身体的に格闘技をできる状況ではない」など擁護の声もあり、ネット上の過剰のバッシングに対して異議を唱えるユーザーもみられる。

 チェ・ホンマンは2008年脳腫瘍の手術や軍入隊などで悩まされた時期があり、その後の試合での不振もアンチチェ・ホンマンを量産させた。また、5月に公開された日本の映画『GOEMON』で豊臣秀吉の護衛サムライ「我王」役を演じたチェ・ホンマンがインタビューで「役に魅力を感じた」と発言したことで、非難を受けていた。(編集担当:金志秀)

最終更新:10月7日11時32分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000026-scn-kr

 

 負けたチェ・ホンマンに対して罵詈雑言を浴びせかける韓国のネットユーザーはひどいですね。

 限度と言うものを知らないのでしょうか?

 とんでもない野蛮人ですね~♪cat

 

 

 

|

« 入園者のマナー違反が動物たちを苦しめる パンダもコアラもノイローゼに! | トップページ | 中国からはなぜノーベル賞受賞者が誕生しないのか? ― 「パクリ」を恥とも思わない風潮が蔓延する今の中国からはノーベル賞受賞者など出るはずがない! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/31691609

この記事へのトラックバック一覧です: チェ・ホンマンは「一分以内に倒す」と豪語したが、「弱い選手」のはずのミノワマンに完敗した。:

« 入園者のマナー違反が動物たちを苦しめる パンダもコアラもノイローゼに! | トップページ | 中国からはなぜノーベル賞受賞者が誕生しないのか? ― 「パクリ」を恥とも思わない風潮が蔓延する今の中国からはノーベル賞受賞者など出るはずがない! »