« 「若き日の毛沢東」像、建設進む | トップページ | 「中国は温室効果ガスをもっと出す権利がある」 »

2009/11/26

韓国の歴史歪曲、朝鮮詩人尹東柱が逮捕された理由は?

Ba9

※ 画像はイメージです。

尹東柱の生涯描いた演劇、きょうから日本で上演

11月25日12時14分配信 聯合ニュース

 【東京25日聯合ニュース】詩人、尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯を描いた演劇「空と風と星と詩」が、25日~27日に東京千代田区の在日本韓国YMCAで、29日には立教大学で上演される。

 尹東柱は1941年に延禧専門学校(現在の延世大学)を卒業し、翌1942年に日本の立教大学へ留学。同年10月に同志社大学に転校した。立教大在学中に5編の詩を残している。1943年にハングルで詩を書いた理由で日本当局に治安維持法違反容疑で逮捕され、1945年2月15日に福岡刑務所で獄死した。

 今回の演劇は、立教大の韓国人司祭、柳時京(ユ・シギョン)さんが企画した。同大在学中の作品「たやすく書かれた詩」など、多数の詩の朗読も行われる。柳さんは、「同世代の若い人なら何かを感じると思う。第2、第3の尹東柱が出るよう、今自分たちが何をすべきが考える機会になれば幸いだ」と話した。

最終更新:11月25日12時14分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091125-00000023-yonh-ent

 

尹東柱

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 尹東柱(ユン・ドンジュ、1917年12月30日 - 1945年2月16日)は、朝鮮の詩人。日本による併合下にあった朝鮮の「暗黒時代における民族の声」をうたい、現在、大韓民国では国民的詩人として有名である。北朝鮮でも一定の評価を受けている。号は海煥(ヘファン、해환)。本貫は坡平尹氏。

 朝鮮独立運動(友人に朝鮮語・朝鮮史の勉強を勧めたり、朝鮮独立の必要性を訴え、また朝鮮文化の尊重、朝鮮文学における民族的幸福の追求などを主張するなど)の嫌疑により1943年に治安維持法違反とされ、逮捕され1945年に九州で獄死した。

(以下省略) 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E6%9D%B1%E6%9F%B1

 

 チョーセン人は平気でデタラメな記事を書きますね。

 本当は朝鮮の独立運動をして逮捕されたのに、いつの間にかハングルで詩を書いたから逮捕にスリ替わるんですね。

 チョーセン人はいつもこんな感じで歴史歪曲をくり返しているのでしょうね。

 

 

 

 

|

« 「若き日の毛沢東」像、建設進む | トップページ | 「中国は温室効果ガスをもっと出す権利がある」 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32356364

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の歴史歪曲、朝鮮詩人尹東柱が逮捕された理由は?:

« 「若き日の毛沢東」像、建設進む | トップページ | 「中国は温室効果ガスをもっと出す権利がある」 »