« 韓国の反中映画に過剰反応する中国、「高麗棒子は、世界中の嫌われ者だ。」 | トップページ | 北朝鮮には赤ちゃんを産んではいけない日がある? »

2009/11/11

ニセモノ大国=中国は世界一もニセモノ??? 

A5_2

※ 画像はイメージです。

世界一好きは西洋崇拝?1万人入浴、巨大餃子、最長爆竹……=珍ギネス記録はムダ!―中国紙

11月10日17時54分配信 Record China

 2009年11月7日、湖北省咸寧市で「1万人入浴」チャレンジが行われ、上海ギネス記録に認定された。9日、紅網は記事「ムダばかりのギネス記録はもうやめるべき」と、ギネス記録ブームを批判した。

 温泉でのチャレンジは咸寧第1回国際温泉文化観光祭の一環として行われた。今や中国各地でこうした世界記録へのチャレンジが行われている。全長23キロの世界最長爆竹、1万人しゃぶしゃぶ、1万人フットケア、500キロの巨大餃子、500キロの巨大月餅などさまざまなギネス記録が中国人の手で生み出されている。

 ギネス記録をありがたがる心理は西洋崇拝から生み出されたものではないかと紅網は指摘する。「隣の芝生は青い」ということか、何事であれ外国の物のほうが良い物であるかのように目に映る。建国60周年を迎え大国として飛躍した中国だが、まだその心理はぬぐい去れない。

 しかし1万人入浴など中国で生み出されるギネス記録はほとんど意味がないものばかり。紅網は人と金のムダに過ぎないと切って捨てた。なお1万人入浴を認定したのは上海大世界ギネス(基尼斯)総本部。英国のギネス(中国語表記は吉尼斯)記録とは直接の関係はない。中国の珍ギネス記録の多くは上海ギネスが認定している。(翻訳・編集/KT)

最終更新:11月10日17時54分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00000025-rcdc-cn

 

<早分かり><上海ギネス>「ニセモノ大国」象徴するもう一つの「ギネス」記録―中国

11月10日18時4分配信 Record China

 2009年11月7日、湖北省咸寧市で「1万人入浴」チャレンジが行われ、上海ギネス記録に認定された。なんとも紛らわしいことにこの上海ギネス、いわゆるギネス記録とは全くの別物。ニセモノ社会・中国を代表する存在とも言える。

 上海大世界ギネス(基尼斯)総本部が認定する「世界一」の記録、すなわち上海ギネス記録とは、われわれがよく知るギネス・ワールド・レコード社のギネス記録(中国語表記は吉尼斯)とは全く異なるもの。当初、上海大世界はギネス・ワールド・レコード社の代理人であると称し活動していた。しかし当然のことながらギネスブックには記録が掲載されず、2002年には裁判沙汰ともなった。また上海ギネスは多額の認定料を徴収していたとも伝えられ、非難を浴びることとなった。

 しかし不思議なのはその後。上海ギネスがいわば「まがいもの」であることが明るみに出たにもかかわらず、その人気は一向に衰える気配がない。ウェブサイトを見ると記録の総登録件数は2282件。一番新しい更新である9月にはなんと28件もの新記録が登録されている。中には「500人が同時に某社製品を使って髪を染めた」というどうしようもないものも含まれている。

 「まがいもの」と分かっていながらなぜ、と怪訝な気もするが、お手軽に「世界記録」の称号を得られるならば本家ではなくともかまわないといった心境なのだろうか。ニセモノのブランド品を「本物とだいたい一緒で、値段は格安」と喜んで買う心理とそう大きな違いはないのかもしれない。(KT)

最終更新:11月10日18時4分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00000026-rcdc-cn

 

 ギネス記録のニセモノまで存在するとは…、中国のニセモノ好きは筋金入りですね。

 そのうち、『中国のニセモノ』が出現するのではないかと心配です~!!!pig

 

 

 

 

 

|

« 韓国の反中映画に過剰反応する中国、「高麗棒子は、世界中の嫌われ者だ。」 | トップページ | 北朝鮮には赤ちゃんを産んではいけない日がある? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32162460

この記事へのトラックバック一覧です: ニセモノ大国=中国は世界一もニセモノ??? :

« 韓国の反中映画に過剰反応する中国、「高麗棒子は、世界中の嫌われ者だ。」 | トップページ | 北朝鮮には赤ちゃんを産んではいけない日がある? »