« 麻酔を一切かけずに、彼女の心臓、腎臓などの臓器を摘出した。 ― 生きた法輪功学習者の臓器狩り | トップページ | 日本の朝鮮統治によりトラが絶滅? 売国奴が韓国に謝罪 »

2009/12/16

韓国・浦項ラフプレー連発で3人退場して完敗も、監督は主審に激怒? サッカークラブW杯準決勝

A5

※ 画像はイメージです。

エストゥディアンテスが決勝へ 3人退場の浦項監督は激怒/クラブW杯

12月16日13時39分配信 ISM

 クラブW杯は現地時間15日、準決勝の第1試合が行なわれ、南米王者エストゥディアンテス(アルゼンチン)がアジア王者の浦項スティーラーズ(韓国)を2対1で下し、決勝戦へと駒を進めた。ロイター通信が報じている。

 エストゥディアンテスは序盤からブラナのロングシュートやボセッリのオーバーヘッドなどでチャンスをつくると、前半ロスタイムにFKから裏に抜け出したベニテスのヘッドで先制に成功。さらに53分、ペレスが上げたボールを再びベニテスが押し込んで追加点を挙げる。

 対する浦項はファン・ジェウォンが2枚目のカードで退場となると、71分にはデニウソンが1点を返すが、その直後にベロンへのファウルでキム・ジェソンも2枚目の警告を受け退場。さらに77分にはGKシン・ファヨンもエリア外で犯したファウルにより一発退場となり、交代枠を使い切っていた浦項は、デニウソンが急きょゴールマウスを守るなど、最後は8人で試合を終えることとなった。

 浦項のセルジオ・ファリアス監督は、試合後の記者会見で、「我々がこの大会でもっと多くのことを成し遂げたとしてもおかしくなかった。だが、サッカーではとても苦々しい瞬間というものがあり、今日はそういうケースだった」とコメント。一方で、「結果は内容を反映しておらず、主審のミスによって悪化した。陰謀とは言わないが、主審のミスだ」と、イタリア人のロベルト・ロゼッティ審判のジャッジに不満を表した。

 エストゥディアンテスのアレハンドロ・サベリャ監督は、「(ロゼッティ主審の)笛は確かにエストゥディアンテスの数的有利につながったが、彼はFIFAのルールに則り、正しく退場処分を下したように思える」と、審判の判定に誤りはないと話している。

最終更新:12月16日15時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091216-00000018-ism-socc

 

 1試合で3人退場とはデタラメなサッカーですね。

 こんなムチャクチャな試合をして韓国人は恥ずかしくないのでしょうか?

 そもそも韓国人がサッカーのルールを知っているのかどうかすらも疑問ですね。

 FIFAは韓国を国際サッカー界から永久追放したほうがいいと思います~♪pig

 

 

 

 

|

« 麻酔を一切かけずに、彼女の心臓、腎臓などの臓器を摘出した。 ― 生きた法輪功学習者の臓器狩り | トップページ | 日本の朝鮮統治によりトラが絶滅? 売国奴が韓国に謝罪 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32631038

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国・浦項ラフプレー連発で3人退場して完敗も、監督は主審に激怒? サッカークラブW杯準決勝:

« 麻酔を一切かけずに、彼女の心臓、腎臓などの臓器を摘出した。 ― 生きた法輪功学習者の臓器狩り | トップページ | 日本の朝鮮統治によりトラが絶滅? 売国奴が韓国に謝罪 »