« 平壌の地下300Mに金正日専用の秘密トンネル | トップページ | 「メイド・イン・チャイナ」のCMに隠された中国の苦悩とは? ― 中国製品の安全性にまったく触れていない! »

2009/12/09

中国「二酸化炭素削減は自主的にやる。交渉に応じる余地はない!確認作業なども受け入れられない!」

A4

※ 画像はイメージです。

中国政府「二酸化炭素削減は自主的にやる。交渉・確認は不可」

12月8日17時36分配信 サーチナ

 中国政府・国家発展改革委員会(発改委)の解振華副主席は7日、デンマークのコペンハーゲンで、「中国は過去15年間、単位GDP当たりの二酸化炭素排出を47%削減した。2010-2020年にはさらに40%-45%引き下げる」と述べ、「先進国によるこれ以上の節減要求は不合理で、交渉に応じる余地はない」、「確認作業なども受け入れられない」と述べた。

 解副主席は7日に始まった第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)に出席するため、同地を訪れた。中国の削減努力については「2020年までの中国の二酸化炭素排出削減は15億トンに相当し、地球全体の4分の1に相当する」、「中国の(温暖化ガス)総排出量はこれからも増えるが、これは国際的な合意に合致したものだ。発展途上国の目標は発展と貧困からの脱出であり、排出量には適切・合理的な増加がある」と主張した。

 解副主席はさらに、「中国はいかなる資金援助も技術援助も得ることなしに、実際の行動に着手している」、「われわれは、やるべきことをやっている。やらなくてよいことまでやっている」と述べた上で、「中国は、自主的な排出削減行動について、(他国や国際機関の)観測や事実確認を受け入れない」と主張した。

 解副主席によると、COP15に臨む中国代表団の前提と原則は、京都議定書とバリ会議の路線を土台した上での話し合いであり、後退や歪曲は認めない。この前提のもとで、中国政府は臨機応変な態度を示すことを望んでいるが、原則における譲歩はしない。(編集担当:如月隼人)

最終更新:12月8日18時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000064-scn-cn

 

 中国は随分高飛車ですね。何様のつもりなのでしょうか?

 温室効果ガス削減は全地球規模の問題ですが、こいつらは何を考えているのでしょうね?

 こんなゴロツキは地球から追い出さないといけないですね!!!angry

 

 

 

 

|

« 平壌の地下300Mに金正日専用の秘密トンネル | トップページ | 「メイド・イン・チャイナ」のCMに隠された中国の苦悩とは? ― 中国製品の安全性にまったく触れていない! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32537536

この記事へのトラックバック一覧です: 中国「二酸化炭素削減は自主的にやる。交渉に応じる余地はない!確認作業なども受け入れられない!」:

« 平壌の地下300Mに金正日専用の秘密トンネル | トップページ | 「メイド・イン・チャイナ」のCMに隠された中国の苦悩とは? ― 中国製品の安全性にまったく触れていない! »