« ウソにウソを重ねる中国、日中歴史共同研究の結果を捏造! | トップページ | 2010年、北朝鮮が崩壊する! ― おめぱら大予言 »

2009/12/31

中国メディアのウソの報道に狂喜乱舞するバカな中国人

C6

※ 画像はイメージです。

日中共同研究「南京事件は反人道的虐殺」…中国で「対日罵詈雑言」

12月30日10時28分配信 サーチナ

 中国メディアは28日から29日にかけて、日中が共同で進めている歴史研究で、日中戦争中の1937年に発生したとされる「南京事件」を、「反人道的な虐殺事件」と位置づけることが、両国研究者の共通認識として確立したと伝えた。

 中国社会科学院近代史研究所所長で、同研究プロジェクトで中国側首席委員を務める歩平氏によると、「中国側研究者は日中戦争は侵略戦争であり、南京大虐殺は非人道的大虐殺であるなど、歴史的事件の『定性的』な位置づけで共通認識を持つことが必要と特に強調した」、「この問題で双方は同意した」という。

 歩氏の説明が、「定性的な位置づけ」にとどまったことから、南京事件の被害者数など「定量的問題」では双方の合意が得られなかったとみられる。

 ウェブサイトでは、同記事に関連して日本を非難するコメントが相次いだ。「日中両国は世々代々、友好不能」など反日感を示すだけでなく、「10年以内に、敵討ちの戦争だ」、「あの生まれつき野蛮なやつらは、戦争で平定する必要がある」など、“軍国主義的”な書き込みも多い。

 「愚か者どもめ。こんなこと、今さら研究する必要などない」との主張もある。「日本は共同研究の名目で歴史を歪曲するつもりだ」との懸念がにじみ出ており、背景には中国の従来の主張を「絶対的真実」と信じて疑わない考え方があるとみられる。(編集担当:如月隼人)

最終更新:12月30日10時28分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000010-scn-cn

 

 昨日の記事にも書きましたが、日本のメディアの発表では『両論併記』であり、けして共通の認識が得られたわけではありません。

 中国のメディアはよくもまあ抜け抜けと、こんなデタラメを平気で報道できますね。

 一党独裁国家って、バカですね~♪happy02

 

 

 

 

|

« ウソにウソを重ねる中国、日中歴史共同研究の結果を捏造! | トップページ | 2010年、北朝鮮が崩壊する! ― おめぱら大予言 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32791212

この記事へのトラックバック一覧です: 中国メディアのウソの報道に狂喜乱舞するバカな中国人:

« ウソにウソを重ねる中国、日中歴史共同研究の結果を捏造! | トップページ | 2010年、北朝鮮が崩壊する! ― おめぱら大予言 »