« 北京で「新たに発行されたばかりの1000元札」と称する偽札を見せ、真札の800元との交換を持ちかける詐欺事件が発生している! | トップページ | 横柄な中国、米記者団を「追放」 »

2009/12/19

亀裂を接着剤でふさいだ橋がほかにも! 南京市当局は「安全性に問題なし」?

B8

※ 画像はイメージです。

「接着剤でふさいだ橋」がほかにも!市当局は「安全性に問題なし」―江蘇省南京市

12月18日12時15分配信 Record China

 2009年12月17日、江蘇省南京市で橋の亀裂を接着剤でふさぐという前代未聞の修繕方法が市民の度肝を抜いたばかりだが、市内の別の場所でも「接着剤で補修された橋」が見つかり、波紋を広げている。南京の地元紙・揚子晩報が伝えた。

 南京では先日、完成からわずか1年の漢中門大橋で早くも亀裂が見つかり、それを接着剤で取りあえずふさぐという何ともお粗末な修繕方法が市民の怒りを買ったばかりだが、今度は市東部の紅旗橋でも、同じように亀裂が接着剤でふさがれていたことが、市民の通報で明らかになった。

 市当局によると、紅旗橋が完成したのは1969年5月。98年には改修工事が行われている。亀裂が見つかったのは橋の欄干と支柱をつなぐ部分。亀裂は30か所以上を数え、一部はコンクリートで補修されていたものの、少なくとも5か所で明らかに接着剤が使われていた。

 これに対し、市当局は「2005年に市全域で橋の点検を行った時には発見されなかった。(接着剤でふさぐような)問題が起きたとすれば、それ以降だ」と答えた。なお、南京市市政設備総合維持管理所の張(ジャン)副所長は「橋の安全には全く問題ない」と話している。(翻訳・編集/NN)

最終更新:12月18日12時15分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091218-00000013-rcdc-cn

 

 中国・南京では、橋の亀裂は接着剤で埋めるのが普通のようですね。

 まぁ、最近では技術が進んでいるので、橋の亀裂を接着剤で埋めただけでも安全にはまったく問題ないのかもしれませんねぇ~♪chick

 

 

 

 

|

« 北京で「新たに発行されたばかりの1000元札」と称する偽札を見せ、真札の800元との交換を持ちかける詐欺事件が発生している! | トップページ | 横柄な中国、米記者団を「追放」 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32654426

この記事へのトラックバック一覧です: 亀裂を接着剤でふさいだ橋がほかにも! 南京市当局は「安全性に問題なし」?:

« 北京で「新たに発行されたばかりの1000元札」と称する偽札を見せ、真札の800元との交換を持ちかける詐欺事件が発生している! | トップページ | 横柄な中国、米記者団を「追放」 »