« 大ヒット映画『アバター』に便乗! 景勝地を「ハレルヤ山」と改名! | トップページ | パクってやるぞ! iPAD! 「輸入品を手に入れればすぐにパクリ製品の製造がスタートするだろう」 »

2010/01/30

韓国の歴史捏造映画「15世紀にミサイル発明し明の大軍殲滅」に中国人大ブーイング!

I9

※ 画像はイメージです。

韓国映画「15世紀にミサイル発明し明の大軍殲滅」で中国人(怒)

1月29日16時46分配信 サーチナ

 韓国映画の『神機箭』が、中国で“ブーイング”の対象になっている。

 同作品の舞台は15世紀、名君とされる世宗の時代だ。李氏朝鮮では秘密裏にミサイル兵器を開発。それを恐れた明朝はスパイ活動で秘密を盗もうとするが、開発担当者は完成目前のミサイル兵器とともに自爆することで、情報流出を阻止。

 最終的に明は10万の大軍で朝鮮を襲う。朝鮮側の兵力は1000人以下だったが、世界で初めて作られたミサイル兵器「神機箭」を使用。明の大軍を殲滅(せんめつ)するというストーリーだ。

 鳳凰網は「でたらめの韓国作品。15世紀に中距離ミサイル出現」と紹介。同記事を転載した環球網には、批判のコメントが多く寄せられた。

「ここまでやるとは、尊敬だ」、

「わははは」、

「原爆を作ったのが米国でなければ、16世紀に韓国が発明したと言うんだろうな」、

「ええと、日本の連合艦隊を破り、山本五十六を捕虜にしたと言い出すぞ」、

「そんなにすごい武器があるのに、なんで日本にやられたんだ」、

「あいつらは、変わらないねえ」

――などがある。

 「豊臣秀吉の軍に攻められた時、助けた恩義を忘れたか。明が出兵していなければ、加藤清正や小西行長に皆殺しになっていたのだぞ。恥知らずめ」などの書き込みもある。

 同作品は、歴史を徹底的に改竄(かいざん)したとの、かなり長い批判意見も発表された。

◆東北地方の半分が、彼らの領土とされている

◆神機箭と呼ばれる武器は中国・宋朝に存在した

◆明の皇帝が朝鮮に朝貢している

◆明の大軍なのにモンゴル兵の服装、ただし馬は少ない

◆「神機箭」の飛び方は、現在の中距離ミサイルと同じ

◆朝鮮王が「帝」を名のっている。中国の藩属下ではありえないこと

――など8点を列記し、「当時、明と朝鮮に戦争はなかった。約100年後に、明と朝鮮がともに、日本と戦った」とも指摘。「この調子では、火星もやつらのものと言い出すだろう。何の不思議もない」と皮肉った。(編集担当:如月隼人)

最終更新:1月29日19時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100129-00000075-scn-int

 

 韓国人に任せると、歴史映画も想像豊かなファンタジーになるんですね。

 そのうち「宇宙は韓国人のものニダ!」とか言いだすのではないのでしょうか~♪happy02

 

 

 

 

|

« 大ヒット映画『アバター』に便乗! 景勝地を「ハレルヤ山」と改名! | トップページ | パクってやるぞ! iPAD! 「輸入品を手に入れればすぐにパクリ製品の製造がスタートするだろう」 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/33172697

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の歴史捏造映画「15世紀にミサイル発明し明の大軍殲滅」に中国人大ブーイング!:

« 大ヒット映画『アバター』に便乗! 景勝地を「ハレルヤ山」と改名! | トップページ | パクってやるぞ! iPAD! 「輸入品を手に入れればすぐにパクリ製品の製造がスタートするだろう」 »