« 「バカ殿」は天皇陛下? 中国ネットユーザー、勘違いで台湾人を糾弾! | トップページ | アメリカに行って『メイド・イン・チャイナ』を買う中国人、同じものを中国国内で買うよりも海外で買ったほうが安い »

2010/01/27

2億円で建てられた小学校校舎、2年後に取り壊し、「まったくの浪費。ツケはだれに回されることになるのだ」

H6

※ 画像はイメージです。

寿命最短の小学校校舎、2億円で建設・2年後に取り壊し―福建

1月26日11時58分配信 サーチナ

 26日付中国広播網によると、福建省福州市内で2008年9月に完成した小学校校舎が、近日中に取り壊されることになった。最新式の設備が使用できたのは、わずか2年間。地域の再開発のためだが、市政府の不手際で1500万元(26日為替レートで約1億9900万円)が無駄になったとの批判が出ている。

 取り壊されることになったのは祥坂小学校の校舎。約100年の歴史を持つ名門校だが、以前の校舎は老朽化し、問題になっていた。新校舎には32室の一般教室のほか、専用教室10室、多機能教室1室を設け、床面積は8150平方メートル。同学校はかつて校庭も満足になかったが、新校舎を5階建てにすることで、3491平方メートルの運動場を確保した。

 設備が整った校舎・校庭ができたことで、生徒も教師も喜んでいたという。しかし市政府が、学校を含む周辺地域を商業地域として再開発することを決め、学校は引越しを余儀なくされることになった。そのため、「中国で最も寿命が短い校舎」の皮肉る声も出はじめた。

 学校は保護者にも引越しの予定を通達したが、反発は強い。「前の校舎はひどかった。やっと、すばらしい校舎ができたと思ったら引越し」「まったくの浪費。ツケはだれに回されることになるのだ」「1500万元を貧困な農村部の学校建設に使えば、何十棟もの校舎が作れたはずだ」などの批判が出ている。(編集担当:如月隼人)

最終更新:1月26日11時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000030-scn-cn

 

 中国は随分無駄なことをしますね。

 まともに計画を立てられないのでしょうか~♪chick

 

 

 

|

« 「バカ殿」は天皇陛下? 中国ネットユーザー、勘違いで台湾人を糾弾! | トップページ | アメリカに行って『メイド・イン・チャイナ』を買う中国人、同じものを中国国内で買うよりも海外で買ったほうが安い »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/33133283

この記事へのトラックバック一覧です: 2億円で建てられた小学校校舎、2年後に取り壊し、「まったくの浪費。ツケはだれに回されることになるのだ」:

« 「バカ殿」は天皇陛下? 中国ネットユーザー、勘違いで台湾人を糾弾! | トップページ | アメリカに行って『メイド・イン・チャイナ』を買う中国人、同じものを中国国内で買うよりも海外で買ったほうが安い »