« 韓国人はデブが嫌い!!! | トップページ | 世界一のビルを底値で買い叩く中国人商人は、ハゲタカか?ハイエナか? »

2010/01/08

日本のロマンポルノ復活を報じた韓国の新聞に、韓国国民が過剰反応?

C4

※ 画像はイメージです。

ロマンポルノ復活を報じた韓国の新聞に、ユーザーらが抗議

1月7日15時6分配信 サーチナ

 1970年代から80年代にかけて日活が製作したポルノ映画シリーズ「にっかつロマンポルノ」が、「ロマンポルノ・RETURNS」として復活すると韓国のハンギョレ新聞が伝え、この報道に韓国のネットユーザーが抗議している。

 「日本のセックスレス世代、70年代“ロマンポルノ”に熱狂する」と題した記事では、「にっかつロマンポルノ」について、日本の映画界が停滞していた70年代、日活が社運をかけて作った新しい映画ジャンルで、日本の成人用映画界を開拓したと説明。1~2週に1本製作される低予算の映画であったが多くの若手監督を輩出し、『月はどっちに出ている』『血と骨』を製作した在日同胞の崔洋一監督は、1983年ににっかつで『性的犯罪』を製作していると紹介した。

 このニュースに対し、韓国のネット上では「新年早々、掲載するような記事か?驚いた」「多くの未成年者が利用するサイトにこのような記事を載せるなんて酷(ひど)すぎる」「胸にモザイク処理もせず写真を掲載するなんて信じられない」「どうしようも無い新聞だ」と記事に対する非難が殺到。

 中には「ロマンポルノは日本でひとつのジャンルとして認められている。才能溢れる若手監督たちの登竜門だった。このような記事に騒ぐことはない」と語るユーザーもいるが、ほとんどはポルノ関係の内容を伝えた記事や、それをネットに掲載した新聞社、そして大手ポータルサイトに抗議するコメントが目立つ。

 韓国では「日本」「ポルノ」という用語が組合わさると、非常に卑猥(ひわい)なイメージを持つ傾向がある。日本ではひとつの映画ジャンルを築いた「ロマンポルノ(Roman Porno)」だが、韓国ではあまり知られていないため抗議する声が多く寄せられている。(編集担当:新川悠)

最終更新:1月7日15時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100107-00000056-scn-kr

 

参考)

ロマンポルノ「団地妻」「後ろから前から」で22年ぶりに復活

1月4日7時6分配信 eiga.com

 [eiga.com 映画ニュース] 1971~88年のわずか17年間で1133本を製作した「にっかつロマンポルノ」が、「ロマンポルノ・RETURNS」として22年ぶりに復活することが分かった。

 「にっかつロマンポルノ」は、斜陽にあった日本映画界で生き残るべく、日活が社運をかけて製作に着手したポルノ映画シリーズ。短期間・低予算ながらも、10分間に1回の“カラミ”を盛り込めば内容は自由という条件が多くの若手監督たちの創作意欲をかき立て、これまでに滝田洋二郎、中原俊、金子修介、根岸吉太郎、森田芳光ら日本を代表する映画監督を輩出している。

 今回の復活では、アダルトビデオの大量生産やインターネットの普及によって、過激かつ手軽で身近なものになってしまったエロスの“復権”を目指す。空虚で男性の欲望を満たすためだけでなく、想像力を喚起するエロスの表現を追及することで現在の映画界に新たな旋風を巻き起こしていく。そんな記念すべき平成版ロマンポルノとして製作されたのは、「団地妻 昼下がりの情事」と「後ろから前から」の2本だ。

 両作ともにリメイクではなく、オリジナル作品の世界観を踏襲しながら“今”の空気感を注入していく。「団地妻」では、71年に誕生したロマンポルノ第1作「団地妻 昼下りの情事」を基に、「櫻の園」の中原監督が現代の団地妻の姿態に迫るべく“古巣”に復帰。劇団「東京乾電池」で舞台を中心に活躍する高尾祥子が初ヌードに挑戦するほか、オリジナルに主演した白川和子が特別出演する。

 一方の「後ろから前から」は、「板尾創路の脱獄王」の脚本を共同で手がけ出演もした増本庄一郎がメガホンをとる。78年に平尾昌晃とのデュエット曲「カナダからの手紙」で歌手デビューした畑中葉子が出演した「後から前から」。一世を風びした同名曲に乗って、3代目ミニスカポリスとして活躍し、初主演映画「エッチを狙え!-イヌネコ。-」で初ヌードを披露した宮内知美がタクシー運転手に扮するロードムービーで、コメディタッチに描かれる。

 これまでとの相違点は、スカパー!HDによるPPV(ペイパービュー)放映と劇場公開を同時に行う試み。劇場の大画面だけでなく、自宅のテレビでの観賞も可能にすることで、封切り映画の新たな形を提案していく。また、女性が楽しめることを重視して製作しており、観客を限定しない開かれたエロスの世界が浸透するかにも注目が集まる。

 「団地妻 昼下がりの情事」は2月13日から、「後ろから前から」は2月27日から、東京・渋谷のユーロスペースで2週間限定レイトショー。

最終更新:1月4日7時6分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100104-00000001-eiga-movi

 

 このニュース、日本ではほとんど報道されてないですよね? 韓国のほうが詳しく報道されているのでしょうか?

 とんでもないドスケベ国家ですね。

 この程度のことで大騒ぎするなんて、人間が小さすぎますね~♪snail

 

 

 

 

 

 

 

|

« 韓国人はデブが嫌い!!! | トップページ | 世界一のビルを底値で買い叩く中国人商人は、ハゲタカか?ハイエナか? »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32894364

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のロマンポルノ復活を報じた韓国の新聞に、韓国国民が過剰反応?:

» ★呼びかけ人との連絡★「外国人参政権阻止前哨戦」に関する注意事項 [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
【外国人参政権阻止前哨戦】のメール等の送信に関し、拙ブログのコメントにて質問をお預かりしました。質問に対する回答は、呼びかけ人に確認しました上でそのコメント欄に記載しましたが、広く皆さまにお知らせするため、あらためて記事として公開いたしました。なお、このブログは原則として昨年10月末日で更新を停止しておりましたが、今後、状況に応じて不定期に更新させて頂こうかと思っております。改めまして、よろ�... [続きを読む]

受信: 2010/01/13 15:14

« 韓国人はデブが嫌い!!! | トップページ | 世界一のビルを底値で買い叩く中国人商人は、ハゲタカか?ハイエナか? »